Appendix

広告

Entries

小保方晴子の不正確定、STAP細胞論文で指摘の捏造を認めた形に


★2014/7/29 STAP細胞論文の画像・グラフの7割以上に疑義 NHKスペシャルで放送
★2015/1/6 小保方晴子の不正確定、STAP細胞論文で指摘の捏造を認めた形に


★2014/7/29 STAP細胞論文の画像・グラフの7割以上に疑義 NHKスペシャルで放送

 日曜日の「NHKスペシャル」でSTAP細胞問題を取り上げていました。「調査報告 STAP細胞 不正の深層」のタイトルだったようです。

 番組を視聴した小保方晴子さんの代理人を勤める三木秀夫弁護士は、「たいした内容のものではなかったが、想像通り偏向に満ち、一方的な観点からの番組でした」とおっしゃったようです。さらに以下のような発言も。

「先頭を切って批判を繰り返している方々、各番組で批判的コメントばかりを発信しておられる方々が出てきて、ミーティングをして、あら探しをしていた。集団リンチの先頭を切っておられるという認識しかない」

小保方氏弁護士Nスペを「集団リンチ」/デイリースポーツ online 2014年7月28日
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/07/28/0007186005.shtml

 小保方さんが逃げていてほとんど発言していないというのもありますが、私は小保方さんより三木弁護士の方が腹が立ちます。それこそ現在進行形で科学を愚弄するような発言を連発していて、腸が煮えくり返る思いです。

 ただ、他でも書いたように、NHKの小保方さんへの執拗な取材は悪手でした。たとえ小保方さんの演技による怪我であったとしても、しつこく張り付いた時点で分が悪いです。

 三木弁護士は番組内容を「偏っている」と言いましたが、小保方さん側からは笑っちゃうような言い訳だけで、まともな反論がないために言われっぱなしになっている状態です。取材に応じない姿勢がわかった時点で切り上げて、「回答は得られませんでした」で良かったと思うんですよね。疑惑の人物が都合の悪いときに回答してくれないってことはよくあることです。


 あと、「今回の番組のあまりにも偏った報道、行き過ぎた取材」(三木弁護士)に関しては、「今後何らかの対応を考えざるを得ない」と言っていましたが、これはやるやる詐欺みたいなものでしょう。

 言ったそばから、刑事告訴については「現場検証などで時間を取られ、再現実験に支障をきたす可能性が高い」と否定しています。法に触れない形での脅迫というか、世論を味方にするためのポージングでしょう。

 いつでも大げさなことを言っていますが、大抵大したことありません。たとえば、「それさえあれば捏造吹き飛ぶ」と言っていた証拠画像も、結局何の役にも立ちませんでした。


 上記の記事は、三木弁護士の胸くそ悪い発言ばかりなのかな?と思っていたら、意外に番組の内容にもよく触れていてなかなか良いものでした。たとえば、以下のようなものです。


・独自に2000ページに及ぶ内部資料を入手した。

・大阪大学など複数の大学教授(他を見ていると日本分子生物学会メンバーみたいですね)が出演し、小保方氏の論文を分析した結果、「理研が不正認定したのは2点だが、140点ある画像、グラフの7割以上に、何らかの疑義、不自然な点があるとの指摘があった」とした。

・入手資料の中に小保方氏の研究ノートのコピーもあり、細胞の万能性を証明する「キメラマウス」の作成成功に関する記述が見当たらない。


 最後のところは、"「実験成功の記述はどこにあるのか。小保方氏に文書で質問したが答えは返ってこなかった」とし、この点が追跡取材での取材ポイントだったことを示唆した"とありました。

 これはデイリースポーツの別記事によると、"「キメラマウス」作成に初めて成功したとされる11年11月の2ページには、カレンダーに「キメラ実験」の文字はあるが、詳細な記述がない"と書いていました。

STAP追及「Nスペ」小保方氏に要望 2014年7月28日 デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/07/28/1p_0007186120.shtml

 こちらの記事ではさらにもう少し追加。これも新情報です。


・入手した内部資料には、「Haruko」と書かれた小保方氏の実験ノート2冊のコピーもある。

・問題発覚後に小保方氏の研究室の冷凍庫から見つかったES細胞は、「別の研究で解析中のもの」で、昨年に別場所に移動させているべきものだった。このES細胞を作ったとされる学生の「びっくりした。私が小保方さんに渡したものではない」と証言している。


 "番組は「私たちはこうした疑問に答えてほしいと考えている」と要望した"というので、たぶんこれも取材で聞こうとした部分でしょう。これは結局さっき私が書いた「回答は得られませんでした」というパターンに近いです。取材なしだと偏向と批判されますが、取材拒否された時点で、この形に持ってこれます。それで良かったのに。


 あと、2ちゃんねるですけど、まとまったものがありましたので、そちらからも。
2:名無しゲノムのクローンさん[sage] 2014/07/28(月) 07:49:34.08
【NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」まとめ (仮)】
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0727/index.html
(このスレで指摘済みのものは除く)

・NHKは2000ページの内部資料を入手済み。小保方氏の実験ノートのコピーも入手

・STAP細胞から初めてキメラマウスの作成に成功したときの記述が小保方の実験ノートに存在しない (!) → 小保方氏に問合わせたが返答なし

・日本分子生物学会のメンバー (九大・中山教授、阪大・篠原教授、仲野教授ら) で論文を徹底検証。論文中の140の画像・グラフの7割に何らかの疑義・不自然な点があることを指摘

・若山研にあったES細胞が小保方氏の冷蔵庫から発見された。小保方氏側は「若山研から譲与された」としているが、そのES細胞の作製を行った当時の留学生は「渡していない」と話している。

・笹井氏が論文執筆に関わって以降、論文中の画像が40以上増えている

・論文には「STAP細胞から作ったキメラマウスのTCR再構成を調べた」とはあるが「再構成があった」とは書かれていない。
  1月の会見で「TCR再構成があった」のような発言をした笹井氏に問合せたところ「少なくとも Nature の査読者は不十分だとは思わなかったということは言える。TCR再構成は他の多くのデータの一つで、それだけで初期化を立証するという論旨ではない」などと論点ずらし

・先端医療センター長・鍋島氏「本当に大きなものを本人たちは失ったんです。たったいっぺんと言ってはいけないけど、本当に一つの論文のためにね。人生をかけてやってきたことを。」

STAP細胞の懐疑点 PART574 - READ2CH
http://read2ch.net/life/1406501322/#r2

 TCR再構成はわざと誤解されるような上手な書き方をしたのでは?と、プロトコル(実験手法)発表でTCR再構成なしと判明したときに言われていました。笹井芳樹理研CDB副センター長は論文が書くのがうまいって言われていましたが、そのうまさってこういうところにも出ているんですかね。


★2015/1/6 小保方晴子の不正確定、STAP細胞論文で指摘の捏造を認めた形に

 新年早々、またSTAP細胞問題のニュース。
STAP問題 小保方氏の不正が確定 NHKニュース(1月6日 12時20分)

STAP細胞の問題で理化学研究所は、小保方晴子元研究員が、実験データをねつ造したとする調査委員会の報告書に対し期限の5日までに不服申し立てを行わず、不正が確定したことを明らかにしました。

 不正が確定したことで、理研は"今後、懲戒委員会を開き関係者の処分を検討します"。ただし、小保方晴子さんは先月すでに退職しているために、実質的な処分はできません。

 仮に職員のままいたとしたら…で、「~相当」という形の処分を決めると思われます。たとえば、「懲戒解雇」なら「懲戒解雇相当」です。

 最近だと、北村正敬山梨大元教授、4論文に捏造と改ざん 諭旨解雇相当と処分というのがありました。


 こうやって別の例を出したように、辞職後に「~相当」という処分をするのは、研究不正ではよくある形です。本来なら特別おかしいわけではありません。

 しかし、辞職直後に調査が終了というタイミングの良さは解せません。あまり話題になりませんでしたが、私はおかしいと思って、小保方晴子辞職直後にSTAP細胞調査終了 理研は退職を待っていた?を書いています。

 たとえば、先に例を出した北村正敬山梨大元教授の場合は、調査結果が出る1年も前に辞めています。小保方さんのケースは、非常に不自然です。


 それから、今回強調しておきたいのが、不服申し立てを行わなかったことで、調査委員会で指定された捏造を小保方晴子さんも認めたという形になっていることです。小保方さんは調査中の聞き取りでも既に不正を認めていたわけですけど、より確かに認めた形です。

 毎日新聞がまとめていますので、捏造・改ざんとされた不正の中身を改めて見ておきます。
◆STAP細胞論文で理研調査委が認定した不正◆

(カッコ内は認定時期)

(1)実験データ画像の切り張り(昨年3月)

2枚の写真の合成で、画像の長さやコントラストの調整がされている。誤って解釈される危険を認識した加工で改ざんに当たる

(2)博士論文と酷似した別の画像の流用(同)

博士論文の画像はSTAP細胞論文とは別の実験。取り違えたと主張する画像も元の実験が特定できず、捏造に当たる

(3)細胞の増殖率を比較するグラフ(昨年12月)

実験が行われた記録がなく、勤務記録と照合しても約3日おきに測定していたと認められないため、捏造と判断される

(4)遺伝子の働き方が変わる現象を示す図(同)

データの一部を仮説に沿って意図的に選別したうえ、手作業で作図して存在しないデータを作り上げており、捏造に当たる

(STAP論文:不正確定 小保方氏、不服申し立てせず(毎日新聞 2015年01月06日 10時01分(最終更新 01月06日 12時22分))より)

 太字にしたところはもう真っ黒という内容であり、どう考えても悪質です。小保方晴子さんが悪くないと主張される方の気持ちが理解できません。


 ただ、まあ、この不正一覧を見てもおそらく擁護者の方は態度を変えないと思われます。

 陰謀論というのは便利なもので、小保方さんは本当は納得しておらず無理やり認めさせられたと解釈すれば良いだけです。真実ではないもののどうせ不服申し立てをしても変わらないからしなかった、でも良いです。彼らの中では、なんぼでも言い逃れが可能なんですね。

 万人に理解してもらう努力は必要ですけど、実際にはこういう風に全員が納得ということはできません。必ず理解できない人が出てきます。

 それ自体は仕方のないことだと諦めるべきですが、そういう人が少数ではなく結構いたり、マスコミなど影響力のあるところにもいたりする場合があります。これはかなり困ります。

 彼らは大人しくしているわけではなく、マスコミなら記事を出してきますし、一般人でも誹謗中傷をしたり殺害予告を出したりします。こうやって迷惑をかけているというのは、非常に頭が痛い問題です。


 関連
  ■北村正敬山梨大元教授、4論文に捏造と改ざん 諭旨解雇相当と処分
  ■小保方晴子、STAP細胞の殆ど証拠提出せず そもそもデータがない?
  ■小保方晴子「ES細胞を混入させたことは絶対にない」 STAP細胞問題に関して
  ■STAP細胞のすべて、ES細胞の混入が濃厚 ミスではなく故意の不正も濃厚
  ■STAP細胞の遺伝子、9年前に理研で作製のES細胞と99.99%以上一致
  ■若山照彦山梨大学教授、笹井芳樹副センター長にも捏造誘発の責任
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由