Appendix

広告

Entries

ナチス軍国主義の産物だった「健全なる精神は健全なる身体に宿る」


 健全なる精神は健全なる身体に宿る?部活でいじめ・体罰横行の現実でちょっと書いた「健全なる精神は健全なる身体に宿る」の誤用について。

 ユウェナリス - Wikipediaによれば、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」は、古代ローマ時代の風刺詩人ユウェナリスの詩の一部が広まったものです。

 この「健全なる精神は健全なる身体に宿る」は現在、「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」という意味の慣用句として定着しています。子供に運動させたい大人や体育会系の人に非常に都合の良い言葉です。

 しかし、健全なる精神は健全なる身体に宿る?部活でいじめ・体罰横行の現実で書いたように、健全なる身体を持っていた人が精神的にも健やかとは限りません。

 普通に考えてみればわかりますが、病気がちな人でも心が正常な人はたくさんいます。逆に、体が丈夫でも性格のネジ曲がった人ってのも前述の通り、存在します。

 で、なんて変な意味の言葉だろうと思っていたら、誤用だったようです。ユウェナリスが悪いわけではありませんでした。


 この文句が出てくるのは、『風刺詩集』第10編です。この部分の詩はどんな内容か?と言うと、"幸福を得るため多くの人が神に祈るであろう事柄(富・地位・才能・栄光・長寿・美貌)を一つ一つ挙げ、いずれも身の破滅に繋がるので願い事はするべきではないと戒めている"というものだそうです。

 あれこれ欲しがって神に祈るべきではない…つまり、欲張るなという戒めでしょうか?

 しかし、ユウェナリスはこの詩の中で、もし祈るとすれば…として、一つ願い事をすることも許しています。それが「健全なる精神は健全なる身体に宿る」のベースとなったものでした。以下のような文句です。

「健やかな身体に健やかな魂が願われるべきである」

 この流れだと、"単に「健やかな身体と健やかな魂を願うべき」、つまり願い事には慎ましく心身の健康だけを祈るべきだという意味"に見えます。そういう些細な願いならいいよ…という雰囲気です。

 ところが、これがまた違うんだそうな。Wikipediaによると、"それも厳密には誤り"であり、"健全な精神については数行に渡って詳細に記述されており、ユウェナリスがローマ市民に対し誘惑に打ち克つ勇敢な精神を強く求めていたことが窺える"としていました。
(ただ、今の意味と元の詩の意味は異なるというところは異論はなくとも、元の詩の解釈については諸説あるようです。Wikipediaの解釈が唯一絶対正しいとは限らないことにご注意ください)


 …ということで、「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」という都合の良い解釈とは全く違います。むしろ運動さえしていれば、勝手に健全な精神が育まれる…みたいな怠けた考えなんかもっての他でしょう。

 では、現在行き渡っているような馬鹿な意味を与えたのは、どこのどいつなのか?と言うと、ナチス・ドイツだそうです。まさかこの話でナチスが出てくるとは!?

 Wikipediaでは「ナチス・ドイツを始めとする各国は」としていますので、ナチスだけではないと思いますが、第二次世界大戦中に、"ナチス・ドイツを始めとする各国はスローガンとして「健全なる精神は健全なる身体に」を掲げ、さも身体を鍛えることによってのみ健全な精神が得られるかのような言葉へ恣意的に改竄し、軍国主義を推し進めた"とのことでした。

 「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」というのは、軍国主義の賜物だったようです。体育会系のいわゆる脳筋的な思想だなと思ったら、それもそのはず…という理由でした。


 以上、ポイントは2点ですね。

(1)「健全なる精神は健全なる身体に宿る」は、本来「健やかな身体に健やかな魂が願われるべきである」というユウェナリスの詩の一節。「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」という意味でもなく、「誘惑に打ち克つ勇敢な精神を持つべき」といった意味。

(2)「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」という意味を広めたのは、ナチス・ドイツを始めとする軍国主義の国。身体を鍛えさせるのに利用した。

 私的に一つ付け加えると、以下。

(3)そもそも身体を鍛えたからと言って、健全な精神が育まれるはずがない。

 体の調子が悪い人が精神的にも病みやすいといった研究があった気がしますし、そういうのは感覚的にもわかりますが、ビシバシ鍛えたからと言って健全な心が育つというのとは別です。


 軍国主義では身体さえ鍛えれば正常な心を手に入れられる…と利用したようですが、自分の頭でそれが正しいのかを考えることなく言われるがままにそれに従うことは、むしろ正常な心からは離れていっている気がします。

 こういう頭を使わせずに~さえしていれば良い…というのは、いかにも体育会系的です。そのため、過去に体育会系思想はブラック企業体質と親和性が高いのでは?という話を書いていました。
(関連:ブラック企業向きな体育会系は就活有利 人事「会社は部活だ」バイトが語るユニクロ=ブラック企業説の真実 体育会系朝礼など)

 体育会系バッシングになってしまっていて申し訳ないんですが、今回の話をやっていて、軍国主義とも親和性が高いんだなとさらに印象が悪化してしまいました。


 関連
  ■健全なる精神は健全なる身体に宿る?部活でいじめ・体罰横行の現実
  ■ブラック企業向きな体育会系は就活有利 人事「会社は部活だ」
  ■バイトが語るユニクロ=ブラック企業説の真実 体育会系朝礼など
  ■骨折事故でもやめない…危険な組体操・人間ピラミッドを続ける教師ら
  ■高校野球で深刻な陰湿ないじめと体罰 名門PL学園は存続すら危機に
  ■体罰を無くすと銃乱射事件? 厳しいしつけで非行・犯罪防止説
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由