Appendix

広告

Entries

全く意味がない誰得ゲームとゲーム実況動画が流行した理由


 ゲームのアイデアに関する話と、なぜゲーム実況動画が流行したのかという話をセットで。セットにしたのは単にゲーム関係でというもの。二つの話に繋がりがあるわけではなく、ヒットの理由は別々です。(2015/1/25)

2017/10/16:
不思議生物をただグネグネウネウネさせる意味なしゲーム
完走が無理っぽい100メートル走ゲーム


●全く意味がない誰得ゲームがなぜかヒット

2015/1/25:取り上げるのは、「誰もやりたくないアプリ」を3日でつくったら、広告収益3,500万円超え。800万ダウンロードの無駄タップアプリ「100万のタマゴ」が世界各国でヒットするまで。 | アプリマーケティング研究所(2014年12月17日)という記事。はてなブックマークはネガティブなコメントが人気でしたが、大事な話が多いと感じたものです。

 世界800万ダウンロード「100万のタマゴ」を作ったバイバイ 大杉友哉代表へのインタビュー。「100万のタマゴ」のネタバレもありますのでご注意を。
大杉:「3日でおもしろいアプリをつくる」って無理だと思ったので、逆に「誰もやりたくないアプリ」をつくろうと考えました。

それで「延々と画面をタップする」という苦痛な作業と、タップから連想して数字を数える「カウンター」を組み合わせたんです。

あと、数字が増えていく形は終わりがないので、ゼロに向かっていく形式にしたんです。「ゼロになると何かが起こる」と直感的にわかるように。

タマゴにしたのは「何かがでてくるはずだ」と気になるから、例えば石や水晶玉だと「中から何か出てくる」とイメージがしにくいですよね。

 基本的に若い子に人気みたいですね。時間の無駄だと思うのである程度大人の人には向かないでしょう。これもはてなブックマークで不評だった理由の一つかもしれません。アイデアはすごいと思いますが、意味がないゲームです。

 そして、ネタバレである100万回タップした後も、またナンセンスさ抜群でした。

"100万回タップが終わると「ワレルトオモウナヨ」ってでてくるだけ。海外だと「So What?(だから?)」"

 いいセンスしているなと私は思いますけどね。割れると思わせて割れない。見事です。

 アプリの評価は★5「この面白さがわからないのか?」と★1「このアプリはクソだ」できっぱり半々。韓国のレビューでは「このようなアプリをつくって、あなた方は生きている価値があるのか」とのコメントもあったそうです。

 はてなブックマークでは、「こういうのが荒稼ぎしてるのを横目にユーザーにちゃんと対価払ってもらうゲーム作ってたら虚しくなっちゃうかもしれないね」というコメントも。基本的に不評でした。


●スペインでヒットした理由は勘違いで偶然

 「100万のタマゴ」は日本だけでも最初結構ヒットしました。一月で3万ダウンロードされたのです。「Android版を日本だけでリリース」されたものでしたが、なぜかその後スペインで大ヒット。ここからさらに拡散されます。

 好意的に見られていないのは、この売れ方もあるかもしれません。意図せずにしてパチもん商法になりました。
大谷:実はスペインでは「たまごっち」が流行っていたらしく、「たまご(TAMAGO)」という言葉が認識されていたんですね。海外版「100万のタマゴ」は「TAMAGO」というアプリ名にしてたんです。

なので、アプリストアで「たまごっち」「たまご」などで、検索されていたのかなと推測しています。アプリ名を「Egg」にしていたらダメだったかもしれない。

 さらに海外ではパクリアプリがたくさん登場。ドイツでは偽物にも負けます。ただ、"でもある意味、「パクリが大量にでたおかげで、違う国にも広まった」という効果もあったかも"という前向きな捉え方もしていました。

 パクリというよりは海賊版の話ですが、海賊版がない場合よりある場合の方が正式版も売れるというケースはあるようです。ただ、一般的にはパクリや海賊版は目の敵にされることが多いです。なかなかこういうことは言えません。

 ただ、アプリは広告で収益を上げていたため、ユーザー数に反して海外での収益は小さく、日本が主体だったようです。これは困りますね。

 あと、ヒットしていてもAppleStoreの審査は落ちまくりでした。「もっとちゃんとしたアプリつくれ」って言われて、タマゴを叩く音」をつけて「音を選べる機能」もつけたら審査が通ったとのこと。

 アップルの気持ちもわかりますけど、これは見る目のなさを示していますよね。今までにないものを作ることが売りだったアップルが、従来の概念に縛られてヒット作に駄目出しってのは何となくアップルの行く末が心配になるエピソードです。


●マスメディアや宣伝を打たないとなかなかヒットしない現実

 はてなブックマークでは、「バズらせたもの勝ちなんだよなぁ。宣伝命だな」というネガティブコメントもありました。

 これはおそらく「日本は約10万ダウンロードで止まっていたのですが、『全世界500万ダウンロードを突破』というプレスリリースをうったら、ネットメディアで話題になりました」あたりを踏まえているんだと思います。

 「きのこガーリー」というあまり売れていない別のアプリについても、「ねとらぼさんが取り上げてくれて話題になったくらい」とありました。これなんかもメディアの取り上げが左右させることを感じさせるものであり、ネガティブコメントに繋がったのかもしれません。

 バイバイで2番目にうまくいっているアプリは、「笑う聖者の行進」というホームレスを育てる放置ゲーム。これまたおもしろさがわからないと批判されていました。

 そして、これがまた、結局宣伝効果かよ?という話なのです。
大杉:iOS版でブーストを1回打ったんですよ。GAMEFEATのブースト(1ダウンロード20円)をつかって2万5000ダウンロード分のブーストを実施して、Appstore総合23位までいけました。

ランキングからの自然流入も結構あって、ブースト広告の費用は3日ぐらいで回収できましたね。

 はてなブックマークでは、「昔実験でSEOだけ尖らせたクソコンテンツのWebサイトを作ったら広告収益がそこそこ高かったのを思い出した。検索エンジンの改良でアクセス来なくなって閉鎖。結局ユーザーを騙してるに過ぎない手法は長続きしない」というのも、宣伝命というのを感じさせる話です。

 ただ、記事では「放置ゲームは稼ぎやすい」というヒントはありました。


●ゲーム実況動画流行の理由

 もう一つ、全然関係ないんですけど、かろうじてゲーム繋がりということでゲーム実況プレイ動画の話を。
ゲーム実況動画が流行るのは当たり前だよねという話 : けんすう日記 2014年12月26日

2014年も終わろうとしていますが、今年もいろいろと話題になったニュースがありました。

そのうちの一つが、Twitchというゲームプレイ動画サイトをAmazonが買収したことです。(中略)

つまり、ゲームのプレイ動画が、ビジネスとして成り立っているということですね。

 これは違和感ある人にはあるだろうと前置きして、人気の理由について以下のような解説していました。
多くのゲームにおいて、「実際にプレイする」人よりも「そのプレイを見て楽しむ」ほうが人数が多いのです。当たり前ですね。

感覚的にもわかってもらえると思いますが、例えば野球やサッカーは非常に多くの人がファンです。(中略)

スポーツだけじゃなくて、囲碁や将棋の知的スポーツも同じです。

当たり前なんですが、ゲームをプレイして楽しむより、上手な人のを見るほうが敷居が低いので、当然の結果なのではないかなぁと。

 最初はこれ見てなるほどと思っていたんですが、だいぶ経ってからちょっと疑問になることも。

 ゲーム実況プレイ動画って、うまくない人の動画も多いんですよね。これはスポーツ・囲碁・将棋とは異なると思いますが、どうでしょう?  ただ、今読み直してみると、以下の話はより近かったです。
そして、これはスポーツでも限らず、たとえば

・2chは見ているだけの人が99%(まとめサイトも含めるともっと多いのでは)
・クックパッドは見ている人だけがほとんど?
・食べログも調べているだけの人がほとんど

ってことになります。

 ゲーム動画に限らず、ニコニコ動画の素人の生放送や素人の動画全般もそうでしょうね。また、作者はこの傾向がさらに今後広がるのではないか?といった話もしていました。


●不思議生物をただグネグネウネウネさせる意味なしゲーム

2017/10/16:ゲームアイデアの話ということで、ブログ初期に書いた投稿をこちらに追加しました。

2009/6/7:発想がおもしろいなぁと思ったゲームを2つ紹介。一つ目は、「のびのびBOY」というもの。バンダイナムコが発売したプレイステーション3のゲームで、「塊魂」等の開発者・高橋慶太が2年前から暖めていた企画だそうです。(※1より)

 ピンク色の不思議な生き物「BOY」の体を引っ張って、グネグネウネウネさせるゲームで、クリアやゲームオーバーもないという意味なし系。モノや生き物を飲み込んだり、体に文字を書いたりといろんなことができるが、基本的には何をしようがプレイヤーの自由だそうです。(※2より)

 また、この各プレーヤーのBOYの伸びた長さを「GIRL」というこれまたわけのわからない生物に分け与えることで、GIRLが伸びて行き、月や他の惑星まで伸びると行き来できるようになるとか。(※2より)

 文章を読んでいても何がおもしろいのかサッパリわかりませんので、動画を見ました。それでもなおサッパリですが、わけのわからなさと強烈な個性、バカらしさなどは伝わってきます。すごいです。

 

※1 のびのびBOY(Wikipedia)
※2 のびのびするだけで楽しい……けどやっぱり意味不明な「のびのびBOY」で遊ぶ(池谷勇人,ITmedia)


●完走が無理っぽい100メートル走ゲーム

 もう1つはQWOPというもの。海外サイト「foddy.net」にて公開中のFLASHゲームで100メートルを完走するのが目的なのですが、半端なく操作が難しいようです。

 キーボードの「Q」「W」が左右の太もも、「O」「P」が左右のふくらはぎ。これらをうまく組み合わせて押していくことで走り、バランスを崩し、上半身が地面についてしまったらアウト---とこれだけなのですが、やってみると異常に難しいとのこと。

 「多くの人は最初の一歩を踏み出すのにさえ相当な苦労を強いられる」上、二歩目はもっと難しく「後ろ足を前に出しながら、重心を前足から後ろ足へと移し替えるという作業」で「バランスが崩れていると、体はたちまち前か後ろに倒れてしまう」んだとか。(※3より)

 これも動画をどうぞ。



 記事では「普段は特に意識することもなく、息をするように行っている『二足歩行』ですが、実はこれってかなりスゴいことなのかもしれません」とか「『走れないもどかしさ』と『走れた時のうれしさ』を味わい、人体の奇跡をあらためて発見してみてはいかがでしょうか」などと書いています。(※3より)

 ちょっと大袈裟な書き方ですが、二足歩行ロボットが技術的に相当難しかったことを考えれば、やはりすごいことなのかもしれません。

※3 ひたすら走るだけ――なのに人体の神秘を再発見できるゲーム「QWOP」(ITmedia)


【関連投稿】
  ■浮気をゲームにするという発想
  ■チートは犯罪?チートで書類送検、電子計算機損壊等業務妨害容疑
  ■カプコンの買収防衛策否決 モンハン以外に目玉となるゲームもなし
  ■パクリ戦国BASARAカプコンが戦国無双コーエー訴えて、逆だろとの声多数
  ■昭和天皇実録の謎の遊びクロックノールは、クロキノールのことか?
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由