Appendix

広告

Entries

江戸時代には白いカラスがたくさん?でも「城を枯らす」ので撃ち殺された?


 もともと書いていた"龍と玄武とガメラ"は、龍の正体はマチカネワニ?龍と関連する様々な動物たち 蛇、恐竜、鯉などにまとめました。こちらは別の話で再利用しています。

 白いカラスに関する話をあれこれ。"江戸時代には白いカラスがたくさんいた?"、"白いカラスは「城を枯らす」ので撃ち殺す!"、"神話における白いカラス"といった話を書いています。(2017/5/20)

2017/09/02追記:全身ではなく、翼の一部が白いカラスを日本で発見


●アルビノと見られる白いカラスが見つかる

2017/5/20:"全身真っ白 珍しいカラスを捕獲 京都 | NHKニュース"(5月18日 21時24分)によると、5月18日午後、京都府南部の和束町の水田で全身が真っ白な珍しいカラスが見つかりました。

 「羽をばたつかせている白い鳥がいる」と通りかかった人から町に連絡があり、町の職員が捕獲しています。なぜ捕獲する必要があるかよくわからん話ですけどね。翌日には逃がすとのこと。

 とりあえず、この捕獲によって詳しい情報が判明。体長35センチほどのカラスで、羽だけでなく、くちばしから足まで全身が真っ白でした。

 このカラスは、生まれつき色素が少ない「アルビノ」と呼ばれる突然変異のカラスと見られています。アルビノは虚弱体質だというのは誤解ですけど、けがをしている様子はなく、羽をばたつかせて大きな声で鳴いているのに、飛び上がることはないとも書かれていました。これは単に飛ぼうとしていないだけで、アルビノの間違った知識による思い込みかもしれません。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170518/k10010986781000.html


●江戸時代には白いカラスがたくさんいた?

 実はこの少し前に、江戸時代には白いカラスがたくさんいたという話が話題になっていました。どうもテレビで取り上げられていたようです。

 そして、上記のニュースと合わせて江戸時代に白いカラスがいた証拠と理解している方もいました。ただ、もし仮に江戸時代に白いカラスがたくさんいたのであれば、アルビノが大量発生しているのではなく、そういう種類のカラスだったという可能性もありそうです。

 なお、アルビノでたくさんいる…という例もきちんとあり、赤い目・白い毛のウサギは特別だった アルビノを固定化した種類でやった日本のウサギが有名です。日本では兎=白のイメージなんですけど、実は兎としては特殊なのです。


●白いカラスは「城を枯らす」ので撃ち殺す!

 この江戸時代の白いカラスの話は正直言って胡散臭いと思ったのですけど、検索してみるとどうも江戸時代後期に肥前国平戸藩第9代藩主の松浦清(号は静山)が書いたエッセイ集『甲子夜話』(かっしやわ)が出どころっぽいです。

 ただし、「たくさんいた」という記載はありません。「白いカラス」江戸時代のエッセイ『甲子夜話』より|貧乏酒によると、"天明の末の頃、京の都の近くで白いカラスが捕獲され、朝廷に献上された"とのことで、むしろ珍しかったようです。

 この白いカラスは当初、「これはおめでたいことが起こる前兆だ」と見られていました。しかし、その翌年、京都は大火事に見舞われ、御所まで燃えるという災難が起きます。そして、松平信濃守が以下のように、白いカラスは殺すことになっていると言ったそうです。このセリフから「たくさんいた」と誤解したのかもしれません。

「私の実家の中川領内では、白いカラスを見かけたときは使用人にそれを追わせ、銃で撃ち殺すことになっています。というのは、白いカラスは『城を枯らす』ということで、忌み嫌っているからです」

 ダジャレですね。この「城を枯らす」の話は白いカラスとセットで話題になっていて、そのせいで白いカラスが絶滅したと解釈しちゃっている人もいました。やはり今回の話題は、『甲子夜話』が元ネタと考えて良さそうです。

 なお、松平信濃守は「田舎の風習みたいなものですが」と付け加えていたため、白いカラスに対する迷信を本気で信じていたわけではないのでしょう。京都で大火事ってのも、そもそも白いカラスが出現した直後の災厄ならともかく、翌年なのですからこじつけすぎでした。


●神話における白いカラス

 話は変わりますが、うちで過去に書いた神話・伝承におけるカラスでも、白いカラスがちらっと出ていました。

 日本の神話・伝説上では、色違い・特徴違いのカラスが存在し、吉祥と霊格の高い順に以下の通り。白いカラスは吉祥ではあるものの、レベルとしては一番下。一方、一番上の八咫烏は普通に黒だとされています。

八咫烏
赤烏
青烏
蒼烏=白烏

 また、ギリシア神話の太陽神アポロンに仕えていたカラスは、色は白銀(白・銀とも)だったと言います。こちらも良いイメージのあるカラスであり、美しい声を持ち、人の言葉も話すことができる非常に賢い鳥だったと言います。

 これは「白」に関する話だけを取り上げたものですが、八咫烏がそうであるように、白に限らずカラスそのものが昔は結構良いイメージもあったよというのが、神話・伝承におけるカラスのテーマ。

 カラスが嫌われ者の象徴となったのは、都市化が進んだ近年だけの話かもしれません。


●全身ではなく、翼の一部が白いカラスを日本で発見

2017/09/02:全身真っ白のカラスではなく、翼の一部だけ白いカラスが、島根県益田市匹見町の水田地帯で見つかりました。


 白い翼のカラス、島根で撮影 地元博物館の見立ては…:朝日新聞デジタル(礒部修作 2017年9月2日15時17分)で出ていた撮影者は、「カラスの翼が白いのは止まっていると気づかないのですが、飛んで初めて分かりました」と話していました。

 羽をたたんでいるときは黒い部分しか見えないのかもしれません。翼は右側がおよそ半分、左側も一部が白く見え、爪も一部が白い状態のようです。

 県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル学芸課の星野由美子さんは、「一部の色素が遺伝子の変異により発現しないで、部分的に白化したのでしょう」と解説。このように一部が白化した野鳥は時々発見されるとしていました。

 記事では終始「白化」という言葉を使っていましたが、おそらくこれはアルビノを生じることを意味しているのでしょう。例えば、アルビノ - Wikipediaでは、"アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化現象という"と書かれています。

 ということで、もともと書いていた白いアルビノカラスと同系統で、その一部バージョンだったようです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■赤い目・白い毛のウサギは特別だった アルビノを固定化した種類
  ■神話・伝承におけるカラス
  ■龍の正体はマチカネワニ?龍と関連する様々な動物たち 蛇、恐竜、鯉など

【その他関連投稿】
  ■カラスとフクロウ、不吉な鳥はどっち?
  ■東京都のカラス数激減していた カラス対策は捕獲が有効だった?
  ■さまざまな動物の可聴域
  ■子供の嫌いな動物ランキング
  ■人間の可聴域
  ■大人の嫌いな動物ランキング
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由