Appendix

広告

Entries

「神奈川県が30歳までセックス禁止」は、おもしろいけどデマ?


 読んでいて「いくら何でもそりゃないだろう」とたまげたのが、神奈川県が30歳までセッ○ス禁止だってよwwwwwwwwww ブラブラブラウジング


 おもしろかったところだけ抜き出して引用すると、以下のような感じ。


> かながわ青少年育成指針の改定素案にご意見をお寄せください

> ◆ 改定素案の全体像

> <指針の対象>
> 青少年(0歳から30歳未満の者)が対象。ただし、施策によっては、40歳未満までの者も対象とします。

【神奈川県青少年保護育成条例 ※改正素案】
PC http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seisyonen/shishin/kaitei-soan.html

【神奈川県青少年保護育成条例】
PC http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seisyonen/jorei/jorei.htm

> > ■保護者は特別の事情がある場合の外は、深夜(午後11時から午前4時までの間をいう。以下同じ。)に30歳未満を外出させてはならない。
> ■深夜にカラオケやネットカフェ等に30歳未満を立ち入らせてはならない。
> ■いわゆる有害図書類(AVとか、残虐・暴力ゲーム等)を30歳未満に販売してはならない。
> ■大人の玩具を30歳未満に販売してはならない。
> ■30歳未満が使用済みの下着である旨の表示をし、またはこれと誤認される表示をし、若しくは形態を用いて、包装箱その他の物に収納されている下着の販売禁止。
> ■30歳未満の競馬やパチ○コ等の禁止。
> ■30歳未満はキャバクラ等の出入り禁止。
> ■30歳未満の入れ墨の禁止。
> ■何人も、30歳未満から物品を質に取り、買い受け又は質入れ若しくは売却の委託を受けてはならない。
> ■何人も、30歳未満に対し、みだらな性行為またはわいせつな行為をしてはならない。


 で、本当にこんなのやるんだぁ、相変わらず何かずれてるよな~と元のページ見ていたら、何か変なんです。神奈川県青少年保護育成条例 ※改正素案とされたhttp://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seisyonen/shishin/kaitei-soan.htmlには、「カラオケやネットカフェ等に30歳未満を~」みたいな話はありません。

 「パチ○コ」みたいに伏せなくて良い文字を伏せているのは、ギャグか単に規制なのかはわかりませんが、とりあえずスレを立てた人がある程度文章を作っている感じがしたのですが、どうも間違いっぽいのです。


 よーく見ると、「条例 改正素案」であるとされたページは「指針 改正素案」であり、「青少年保護育成条例」のリンク自体は正しいものの、今回改正を検討しているのは「青少年保護育成指針」の方です。(条例の青少年は「18歳未満」と定義付けています)

 そして、指針が想定している30歳未満は内容からすると、主に「ひきこもりへの対応」や「社会的・経済的な自立の促進」だと思われます。(指針中の「不登校」「児童」などと書かれている部分は、明らかに対象となる年齢を限定しています)


 これ誰か他に書いているかな?と探してみると、「神奈川県が30歳までセックス禁止」という誤解 2010年10月03日 クソブログというページがありました。

「明らかにデマ」

「この30歳未満の者=青少年はあくまでも指針の中で適用される定義であって、条例には適用されない」

 などと書かれている他、「ソースは提示して信憑性を高めつつ、原典にはあたらせない。巧妙なやり方です」と批判的です。

 そして、これらに対しては、さらにコメントで批判されています。


 私としては、最初の紹介者も、それに乗って神奈川県を批判している方も、クソブログ(ブログ名ですよ?書いていてドキッとします)の方も、それへの批判コメントの方も、非難するつもりはないのですが、クソブログの方がかわいそうになったので、ちょっと弁護しておきます。(下書きのときには無かったのですが、既に本人が反論されています)


>ソースは提示して信憑性を高めつつ、原典にはあたらせない。巧妙なやり方です。

ちっとも巧妙ではありません。
もともとこの素案を作成する根拠が示されているのは,「かながわ青少年育成指針の改定素案にご意見をお寄せください」という文書であって,神奈川県庁のHPに文書をPDF化したファイルにアクセスするようにしているから,根拠として提示しているに過ぎません。
原典に当たらせないのであれば,原典のリンク先を示すことすらしないでしょう。

(引用者注:PDF云々は、クソブログの方が「アクセスし辛いPDFにわざわざリンクしてる」という主張のため)


 これについては、そもそも「原典」というのがどれを指しているのかがよくわかりません。

 これがかながわ青少年育成指針改定素案だというのであれば、コメントの方に同意します。ただ、これを条例だとしてリンクしたり、今回そもそも無関係の条例についてリンクしているのが問題であるというのは、クソブログの方に同意します。


 主に弁護するのは、こっち。

>指針でいくら30歳未満を青少年と定義しても、条例での定義が満18歳未満の者である以上、30歳未満の者の行動は制限されません。

30歳未満の者の行動が制限されないのであれば,なぜあえて青少年の定義を30歳未満にする必要があるのですか?
勘違いをされているようですが,指針の改定素案が条例4条(1)の規定にならっていないということが政策立案上問題なのであって,条例の規定が指針に従わなければならないということが問題となっているわけではありません。



 「指針の改定素案が条例4条(1)の規定にならっていないということ」は確かにややこしいので、様々なところで定義が違うのはやめてほしいと思います。

 ただ、現状、法律、条例、その他の公的な文書によって、言葉の定義が違うということは珍しくありません。

 ちょっと今回の条件と異なるのであまり良い例ではありませんが、死体と遺体の違いで書いたように、法律によって「死体」だったり、「遺体」だったりするという例もあります。

 また、これもちょっと違う例ですけど、消防法における「危険物」には、包丁や拳銃はもちろん、普通の感覚では危険である水素や、毒物なども含まれなかったりします。

 こういった誤解を招く用語は、今回の指針でもそうであるように最初に定義付けて、ここではこういう意味ですよと明示する方が良いと思います。それは先の青少年保護育成条例でもそうですし、消防法でもそうだったはずです。

 そもそも「青少年」という曖昧な言葉を全て統一の見解で運用するのは、相当難しいと思います。それを言い出すと、国の法律での言葉の使用とも合わせないとおかしな話になります。(指針で用いる言葉の定義が条例と違っちゃ駄目なら、法律で用いる言葉の定義と条例や指針が違って良いわけないという話です)


 思いのほか長くなりましたが、とにかく「神奈川県が30歳までセックス禁止」は単なる勘違いでした。

 神奈川県はそこまで馬鹿じゃないと安心しましたが、ちょっと残念なような気もしつつ、今日はここで終わりにします。

(違うんじゃないかというコメントをいただきましたので、少し補足しました)


 関連
  ■「神奈川県が30歳までセックス禁止」デマの補足
  ■死体と遺体の違い
  ■その他の法律・裁判について書いた記事
  ■日本は不法入国者OKなの?
  ■推定無罪とは
  ■死刑と自殺と拡大自殺
  ■契約は絶対ではない

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由