Appendix

広告

Entries

就活に強いのは女子か?男子か? 就職試験で差がありすぎて差別も


2015/3/2:
●女性幹部を増やそう!運動は変、女性自身からも疑問の声が出る
●女性管理職の割合を決めるのは欧米では当たり前…日本も倣うべき?
●面接・自己PR・コミュニケーション能力、すべてが男性と女性で差
●女性は一般的におしゃべりが得意な印象…就活に置いても有利に働く?
●就活に強いのは女子か?男子か? 就職試験で差がありすぎて20人全員が…
●優秀すぎて試験結果で採用できず!差別した上で男女比率を調整
●実は就職率でも男女で差が出ている…就職率が高いのはどちら?
2020/02/10:
●女性の方が優秀?その後、東京医科大学などで女子学生差別が判明


●女性幹部を増やそう!運動は変、女性自身からも疑問の声が出る

2015/3/2:まず就職ではなく管理職での男性・女性に関する話を先に。管理職について、性別で数値目標を出して無理やり…というやり方があります。ただ、個人的にはこのやり方には抵抗があります。性別ではなく、能力本位で決めないとおかしいと考えているためです。

 女性管理職の数値目標は有効か?(By Toko Sekiguchi 2014 年 9 月 12 日 17:35 JST WSJ ウォール・ストリート・ジャーナル)によると、女性幹部登用の数値目標に対しては経済界だけでなく女性からも疑問の声が上がっているといいます。

 安倍首相の掲げる目標をたった6年で達成するのは困難だとの意見があるそうで、これは単に無理だというもの。ただ、この数字にとらわれすぎて女性の継続的な労働環境を整える本質的で時間のかかる変革に目が行かなくなるとの懸念もあるそうです。

 例えば、日本総合研究所のESG(環境・社会・ガバナンス)アナリスト、小島明子さんは「(女性管理職)クオータの目的は機会の平等化と働き方の多様化。本人の意思にかかわらず研修して管理職にするということではない」と指摘していました。


●女性管理職の割合を決めるのは欧米では当たり前…日本も倣うべき?

 ウォール・ストリート・ジャーナルでは、"日本企業の悪名高い長時間労働が生産性や国際競争力を下げているだけでなく、出産後に正社員を強制的にやめさせる風潮が女性幹部候補の芽を摘み取っている"としていました。日本の状況が悪いのは間違いなく、そこには異論はありません。

 ただ、数値目標を掲げてそれに向けて…というのは、問題もあるのです。上記は日本の例でしたが、記事では"女性管理職の割合を定めるクオータについては、企業や政治の世界で女性幹部が当たり前となってきている欧州でさえ意見が割れている"としていました。

<欧州議会は、20年までに取締役会に最低40%の女性社外取締役を割り当てるよう上場企業に求める法案を提出。これは欧州連合(EU)加盟国の承認を待っているが、議論がないわけではない。全米経済研究所が最近発表した研究によると、03年にノルウェーで可決された同様の法案から「新たに任命された女性役員に直接与える影響以上に、女性の労働への影響はほとんど観察できなかった」という>


●面接・自己PR・コミュニケーション能力、すべてが男性と女性で差

 で、こういった話が頭にあったので、就職試験上位は女子学生ばかり 男子に下駄履かせ内定与える(NEWSポストセブン 2014年5月29日 07時01分 (2014年5月29日 07時33分 更新) 週刊ポスト2014年6月6日号)を見たときに、一瞬男女が逆だと思ってしまいました。

 この記事で言っているのは、「女性が少ないから女性を優先しよう」というのではなく、「男性が少ないから男性を優先しよう」というもの。あまり数値的な話がなく、個人の話が多いのですが、男性より女性の方が優秀なようで、能力重視で入れると女性ばかりになるとされていたんですよ。

 まず、以下は、面接・自己PR・コミュニケーション能力で見ると、女性が圧倒的すぎて勝負にならないという話。経験談であり、科学的根拠はありませんけど、とりあえず、就活の担当者ではそう考えている人が結構いらっしゃるようです。

「面接官10人がまとめた学生評価を回収すると、ほぼ全員が推してくるのは圧倒的に女子学生。学生時代の成績も立派で、面接の受け答えも申し分ない」(中堅生保人事部)
「学生時代に力を入れたことを質問したら、男子は“アルバイトを頑張っていました”で話は終わり。女子は“ファミレスのアルバイトで接客のアイデアを出し、3年目にはチーフ・マネジャーを任されました”と、面接官が興味の持てる具体的な自己PRをする。企業が求めるコミュニケーション能力は段違いです」(大手不動産会社の人事担当)


●女性は一般的におしゃべりが得意な印象…就活に置いても有利に働く?

 私が以前勤めていた会社で評判の良かった女性の先輩ですが、見ているとちょっと複雑な感じがありました。完全な男性職場で事務職でない女性は稀。そのため、珍しがって構われている雰囲気です。セクハラと呼ぶようなものではないものの、何かモヤモヤします。男性で言うと、いじられキャラ的な評価のされ方に近いです。

 ですので、就活での評価の高さもそういったおもしろがり方はあるかもしれません。ただ、私の経験的にも、女性の方がコミュニケーション能力が圧倒的に高いという印象は、正直強くあります。

 コミュニケーション能力ってのは、何だかんだ言ってお喋りをする力が重要ででしょう。そして、女性の方が男性よりお喋り好きなものです。初対面の男性同士、初対面の女性同士での集まりに参加してみても、圧倒的に打ち解けるのが早くてよく喋るのは女性のグループです。この項目が女性上位というのは素直な評価だろうと思います。


●就活に強いのは女子か?男子か? 就職試験で差がありすぎて20人全員が…

 ただ、コミュニケーションのうまさは、次の討論でも有効になってきます。討論というと、男性の方が得意なイメージがある人もいるでしょうが、現実には逆だというのです。

「就活セミナーでも、何をしゃべっているかわからずボソボソしゃべる男子学生に助け舟を出して、討論を盛り立てる女子学生という光景はよく目にします。男子は覇気がありませんねェ」(教育ジャーナリストの石渡嶺司氏)

 ここまではまだマシでしょう。ただ、男性の方が一番ショックであろうと思うのが、試験成績まで負けていると言っている人がいることです。

「採用試験の結果だけでランク付けすると、上位20人全員が女性。上から採用したら女子社員だけになる」(家電メーカー人事担当)

 私個人の話であり、一般論にはできませんが、私の所属した学部でも上位は女子学生が優勢でした。私の学部は理系では女性が多い方だったと思うものの、それでも圧倒的に男子が多いです。にも関わらず、上位優秀者は女性なのです。

 不思議に思いますが、4年制大学への進学率は日本以外の先進国だと女性の方が高いのが普通という話も知りました。これはなぜか?と不思議だったのですが、単純に成績が良いということで説明可能です。


●優秀すぎて試験結果で採用できず!差別した上で男女比率を調整

 ただ日本の場合、上位優秀者が女性だらけのときに問題になってくることがあります。先ほど管理職について問題視した「数値目標を出して無理やり女性を増やす」の逆バージョンです。以下のような記述がありました。

<さすがに女性だけを採用するわけにもいかず、選考結果に目をつぶって男子学生に“下駄をはかせている”>

「優秀といわれながらも、大手企業の総合職の女性の割合は8%ほど。最初から女性採用枠を絞り込んだり、採用責任者が“調整”したりして、男性を採用しているのが実情ですね」(人事コンサルタント・城繁幸氏)

 うーん、これはやっぱり差別なんじゃないですかね。私の行っていた会社は女性が珍しいと書いたように、「男性だけ」を採用するのは一般的であり、問題になることはありません。しかし、「女性だけ」だと男子の成績を無理やり上げて採用…というのには違和感を覚えます。個人的には、差別だと言って良いと思います。冒頭の女性管理職登用も同様の問題があり、私は反対です。男女逆でも同じでしょう。

 あと、さっきの管理職の話との絡みでは、それだけ女性が優秀なのに企業はうまく活かせていないのではないか?という疑問も出てきます。これは企業側が損しているわけですから非常にもったいないですね。より広く見ると、社会の損失だとも言えます。日本復活のためには差別せずに女性の力を活かすべきでしょう。


●実は就職率でも男女で差が出ている…就職率が高いのはどちら?

 また、最初に数値的な話が少ないと書いたものの、就職率を見ても女性が上回るようです。

<厚労省と文科省が先ごろ公表した「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」によると、2014年春に卒業した大学生の就職率は、女子95.2%、男子93.8%と、女子が2年連続で男子を上回る結果となった>

 ただ、これは単純な内率で中身を見ていませんからね。毎度毎度「就職難」だと言われるのは希望のところに入れていないためです。男子と女子で希望する職種や企業側が求める職種も異なるでしょう。たとえば、女性を活かせていないと書いたように、女性は男性とは違う役割のところで集中して採用する…といったやり方をしているおそれがあります。この数字の見方はなかなか難しそうです。

 とはいえ、素直に見ると女性の方が男性より就活に強いという話ではあります。男性にとっては本当、全体にショッキングな記事でした。


●女性の方が優秀?その後、東京医科大学などで女子学生差別が判明

2020/02/10:その後、東京医科大学など多数の大学で、女子学生差別が判明しています。他に浪人生差別もありましたが、このページのテーマである性別の問題で言うと、素直に成績で決めると女子学生が増えるために、男子学生を増やすために男子に加点していた…といった話でした。こちらでもともと書いた話と一致する結果になっています。

 東京医科大問題のときは、一般的な反応は「差別だ!」というものになってくれました。ただ、うちで書いたこの関連の投稿が、頭悪い男子に加点し女子を減点の東京医科大を田母神俊雄が擁護というタイトルだったことでわかるように、一部右派の人などが擁護しています。ここらへんは頭が痛いですね。

 あと、うちではタイトルで「頭悪い男子に加点し女子を減点」と単純化して書いたものの、実際にはそこまで極端な差は出ません。もとの話で書いていた「上位20人全員が女性」というのも極端なケースでしょう。というのも、人間の能力差は、男女差よりも個人差の方が大きいため。女性が全員優秀なわけでもなく、男性が全員優秀でないわけでもありません。そこは勘違いしないでください。

 また、このことが私が最初から言っているように、性別ではなく能力で取るべき!という理由。その結果たまたま性別が偏ってしまう企業が出てくるでしょうけど、それは企業が考える採用試験で測った結果なので仕方ないでしょう。そもそも自分たちで決めた採用試験を軽視するというのは、アホすぎな気がします。


【本文中でリンクした投稿】
  ■頭悪い男子に加点し女子を減点の東京医科大を田母神俊雄が擁護

【関連投稿】
  ■就活で内定が多いのは、長男長女・次男次女・三男三女以降のどれ?
  ■学生が内定辞退でお祈りメールを出すと、なぜか失礼で損害賠償に
  ■圧迫面接のような馬鹿なことをする企業の意図とコンピテンシー面接
  ■就職活動での履歴書の賞罰、逮捕歴・前科・前歴を書かないとダメ?
  ■就職人気企業ランキング 三菱東京UFJ銀行対みずほ,JAL対ANAなど
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由