Appendix

広告

Entries

日本の製造業は労働生産性の低い仕事ばかり 国も海外委託を推奨、工場国内回帰信仰は間違いだった


 日本が誇るものづくりというのは、実を言うと、収益性が最も低い部分であったようです。これは、日本の労働生産性の低さとも関係しているかもしれません。ただ、同時にこれを改善する処方箋を政府は提示していますので、悲観する必要はないでしょう。前向きになれる話です。

 ところが、この対策というのが、「国内でやっている製造業の仕事を海外にアウトソーシングせよ」というものですので、話がややこしくなりそう。正しいとわかっていても、感情的に受け入れられない人が多そうなもので、反発が大きいかもしれません。

2018/02/27:
●実は日本の製造業がやっているのは収益性の低い仕事ばかりだった…
●「収益性」と「労働生産性」は関係がある!内閣府の資料での説明
●国も海外委託を推奨、工場国内回帰信仰は間違いだった
2020/05/20:
●日本の労働生産性、先進国で最低ではない!日米欧19カ国で何位だった?


●実は日本の製造業がやっているのは収益性の低い仕事ばかりだった…

2018/02/27:AI発展でもなくならない仕事 必要な能力はスティーブ・ジョブズ的な感性で使った記事では、製造業に関する話もありました。

 製造業では収益構造を表す「スマイルカーブ」という曲線。日本企業が強い組み立て・製造部分というのは、このスマイルカーブでは最も下の底のところ。つまり、日本が得意な「ものづくり」というのは、最も収益性の低い仕事のようです。

 一方、スマイルカーブを見てわかる最も収益性の高いところは、研究開発部門とマーケティング部門。駒澤大学准教授の井上智洋さんは、こちらは日本企業が弱い、つまり、苦手なところと指摘。なかでも自社製品を他社製品と差別化していくブランディングが不得手だとしていました。

 これがなぜAIの話と関係するのかというと、ブランディングはAIでは難しいことのため。逆に言うと、日本企業の得意な分野はみなAIに取られちゃうってことですね。
(スティーブ・ジョブズがAIに勝てる理由 プレジデントオンライン / 2018年1月12日 9時15分より)


●「収益性」と「労働生産性」は関係がある!内閣府の資料での説明

 日本は「労働生産性」の低い先進国として有名です。うちではAIとも絡ませて書いた、日本は最もロボット・AIに仕事を奪われる国?労働生産性が低いためかという話をやっており、労働生産性の低さと関係するのでは?といったことを書きました。

 スマイルカーブは飽くまで「収益性」の話なのですけど、実を言うと、生産性とも関係します。内閣府の資料で以下のような説明があり、政府もそのような見解のようでした。

"企業の生産性、収益性とマクロ経済パフォーマンスには以下のような関係があると考えられる。個々の企業の目的は収益を上げることであり、そのために生産性を高めようと努力する。その結果、個々の企業の収益性が向上し、企業部門全体のROAも上昇する。同時に、経済全体の生産性(ここではTFP(全要素生産性))が高まり経済成長につながる"
(平成25年度 年次経済財政報告(経済財政政策担当大臣報告)―経済の好循環の確立に向けて― 第2章 第1節 製造業企業の収益性と生産性 - 内閣府 平成25年7月 内閣府より)


●国も海外委託を推奨、工場国内回帰信仰は間違いだった

 ここまでは、別に驚くような話ではなかったのですけど、その後、この政府の資料で、「国内でやっている製造業の仕事を海外にアウトソーシングせよ」という対策の話が出てきて驚きました。

 これに驚いたのは、安倍政権による報告のため。海外に委託すべきというのが正しいことは以前の研究からわかっていました。工場国内回帰が良いというのは宗教思想みたいなもので、データ的な根拠はありません。しかし、海外がダメで国内が良いというのは、アメリカを含めて保守派の信仰です。それを全否定する内容ですので驚いたわけです。思わず日付を見直しちゃいましたわ…。(平成25年=2013年ですので、間違いなく安倍政権時代です)

 この経済財政政策担当大臣の年次経済財政報告では、様々なタイプの企業を分析。例えば、アメリカやヨーロッパに見られる、モジュール化の流れの中で、スマートフォンやタブレット端末の生産を台湾企業に委託するなど、海外子会社ではなく海外の現地メーカーにアウトソーシングを実施して収益性を高めている企業を分析しています。保守派にとっては、売国奴のような企業さんですね。

 そして、様々な分析をした結果、アウトソーシングの実施は企業の生産性を高める要因となっていることがわかりました。逆に、このアウトソーシングを停止することで企業の生産性が低下してしまう可能性も示唆されました。「アウトソーシングを通じた自社外の生産要素、資源を効果的に活用することが生産性向上のカギを握ることが明らかである」とまとめています。

 さらに、海外・社外企業へのアウトソーシングは、他の形態のアウトソーシングよりも、生産性を高める効果も見られることも確認。そして、「我が国製造業においても、海外の社外企業への製造委託の活用可能性を、一段と考慮すべきであろう」とまとめていたのです。

 うーん、まさか今の政府からこんなまともな報告が出ているとは思いませんでした。


●日本の労働生産性、先進国で最低ではない!日米欧19カ国で何位だった?

2020/05/20:労使と学者でつくる調査研究機関、日本生産性本部が、日本の労働生産性を日米欧19カ国で比較しています。中国や台湾、韓国などは日米欧と正確に比べられるデータがなく、比較対象にしなかったということで、先進国同士の比較といった感じです。

 このように先進国同士で比較した場合、日本は一応最底辺ではない模様。日本の労働生産性は日米欧19カ国で製造業は11位、サービス業は15位でした。これは、原則2017年の各国のデータをもとに、就業1時間あたりの付加価値額(もうけの多さ)を比べたものです。
(日本の労働生産性、製造業11位 19カ国で:朝日新聞デジタル 2020年5月19日 5時00分より)

 なお、製造業よりサービス業の順位が悪いために、サービス業が日本の労働生産性を押し下げている…と思うかもしれませんが、これはもう少し詳しく見ないとわかりません。というのも、国によって製造業とサービス業の割合が異なるため。この割合の違いが、労働生産性の違いに大きく響いている可能性もあるでしょう。

 あと、余談となるのですけど、ここで日本の労働生産性を日米欧19カ国と比較して調べていた日本生産性本部って、無意味すぎる新入社員のタイプを発表していたところなんですね。お前らが一番労働生産性低いわ!と思ってしまう話です。


【本文中でリンクした投稿】
  ■日本は最もロボット・AIに仕事を奪われる国?労働生産性が低いためか
  ■AI発展でもなくならない仕事 必要な能力はスティーブ・ジョブズ的な感性
  ■無意味すぎる新入社員のタイプの一覧 日本の生産性の低さを象徴

【関連投稿】
  ■円安で製造業国内回帰という幻想 トヨタ自動車は否定、キヤノンは無人工場の現実
  ■脱中国はダメでした…アパレル日本企業が中国回帰 人件費より大事な短納期の問題が理由
  ■日本は製造業と工場を捨てよ 海外へ製造委託でファブレス化が正解
  ■製造業に未来はない 年々雇用を生まなくなる製造業に期待はできない
  ■下町ボブスレー失敗で反応が二分 日本のものづくりの敗北かジャマイカが悪いのか
  ■高機能なら売れると思ったら大間違いだよ メディアで話題の製品は別の理由
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由