Appendix

広告

Entries

脳科学=疑似科学と思え 川島隆太・茂木健一郎など脳科学者に批判


 ニュースを読んでいて怪しいなと思って作者のプロフィールを見ると、脳科学者だった…ということがありました。何かもうこの脳科学ってもの自体が既に胡散臭いなぁ…と思って、Wikipediaを見るとこういう記述がありました。
脳科学 - Wikipedia(最終更新 2014年11月24日 (月) 04:33)

脳科学(のうかがく、英: brain science)は、ヒトを含む動物の脳と、それが生み出す機能について研究する学問分野である。神経科学の俗名であり、専門的な文献ではあまり使わない。

 そもそも俗称なんですね。そこまで言ってしまうと言い過ぎではあるのですけど、脳科学=疑似科学と思った方が良いかもしれません。

 というのも、疑似科学的な脳科学の方がかなり世の中に蔓延してしまっているためです。専門家でも「脳科学」と「疑似脳科学」と言い分ける形で「脳科学」という言い方を認めてはいるものの、非科学的な脳科学の方が存在感が大きいので警戒した方が無難なのです。



 たとえば、坂井克之・東京大学大学院医学系研究科准教授(認知神経科学)の脳科学の真実--脳研究者は何を考えているか (河出ブックス)はそういった警告をする本のようで、レビューを見ると何となく中身がわかります。
科学的事実と流行する脳科学の違い
投稿者 be3osaka 投稿日 2009/10/23

脳科学者という人が書いた本は他の本に比べて本物だという気がする。だからそういう本を読んで
大脳の動きを活発にしてよりいい仕事をしたい、より効果的に勉強したいと思ってしまう。
しかし、よく吟味する必要があると反省させてくれるのがこの本である。


「脳科学」と「脳研究」のあいだ
投稿者 しゅてんだる 投稿日 2014/1/15

「はじめに明言しておきたいことは、メディアに頻繁に登場する脳科学にもとづいた
主張が、実際の脳研究の現場の考えをまったくと言ってよいほど反映したものでは
ないことです。本書では、この『お茶の間の脳科学』が『現場の脳研究』とどのように
違い、どこが間違っているかを指摘してゆきます。……本書の主眼は、どうしてこの
『お茶の間の脳科学』がブームを引き起こすほどの説得力をもつのかについての
考察にあります。……本質的な問題は、脳と心の研究そのものが、社会との接点の
拡がりに伴って変容しつつあることではないでしょうか」。

 2人目のレビュアーの方は、本書は"疑似科学論に紙幅が割かれてしま"っており、"表題から期待される「脳科学の真実」、研究の前線で今、いかなる知見が生まれているのか、という点への言及に薄いこと"が残念としていました。脳科学への疑似科学性への言及が主体なわけですね。

 レビュアーさんはその疑似科学論の部分には期待していないと書く中で、茂木健一郎さんの名前を出していました。
 因果関係も破綻して、再現性もろくにない、お前が言うなの極み茂木健一郎曰く
「みのもんたの脳科学」批判についてはもうどうでもいい、この手の疑似科学への
反論や糾弾くらい、別に本書に頼らずとも、いくらでも世に溢れているのだから。

 上では学者じゃないですけど、みのもんたさんの名前も出ています。このみのもんたさんについては、日本人は科学を信じないが、みのもんたらの疑似科学は信じるで書いているように、ある人にとっては問題外であっても、強い影響力があるのは確かです。

 同様に茂木健一郎さんの影響力も侮りがたいものがあります。一般人への影響を考えると、軽視できないものがあり、繰り返し批判を続けていくことも大切だと思います。


 また、具体的に名前が挙がっていた方はもう一人。「この本の最初の部分で批判的されている」とのことで、本ではこちらが大ボスみたいですね。最初の方のレビューからどうぞ。
この本の最初の部分で批判的されているのが、川島隆太氏の言説である。川島氏の本を読むと簡単な
ドリルをやったり計算を行うと脳の働きが活発になり、きっとトレーニング(鍛えること)になって
いると思ってしまう。しかし、この著者はそこに疑問を呈し厳密な意味で科学的には証明されて
いないことを証明されたかのように信じさせてしまっていると批判する。

 川島隆太さんは脳トレで有名です。その話でしたら、過去の脳トレーニングの効果はない? 脳トレに関するネイチャーの論文でも出てきました。

 今回出てきたお三方とも有名な方であり、そうなってしまったのはマスメディアの罪が大きいです。(「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は開発・発売の任天堂が一番悪いですが)

 また、近年の「放射能」騒動やSTAP細胞事件での反応なども、マスメディアが問題を広げる土壌を作ったのでは?と感じています。

 ここらへんは改善を求めたいところなんですが、国民がそもそもそういう状態ですので、そういった批判の声も大きくなりません。困ったことですね…。

 とりあえず、私は地道にこういった話を書いていこうと思っています。


 関連
  ■脳トレーニングの効果はない? 脳トレに関するネイチャーの論文
  ■日本人は科学を信じないが、みのもんたらの疑似科学は信じる
  ■脳は10%しか使っていない,右脳が芸術,左脳が論理的という迷信
  ■モーツァルト効果はない クラシック音楽で幼児のIQ上昇は迷信
  ■血液型診断の祖・古川竹二の論文が予想以上にひどい 根拠以前の問題
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由