Appendix

広告

Entries

ウエルシアが売上日本一 マツキヨ、サンドラッグ、ツルハを超える


 イオングループのウエルシアが絶好調という記事を読みました。何がうまく行ったのだろう?と興味あったのですけど、単純に合併で売上が伸びたってことみたいでした。(2015/3/18)

2018/05/31:
マツモトキヨシが一気に4位まで低下、5位転落目前の理由


●ウエルシアが売上日本一 マツキヨ、サンドラッグ、ツルハを超える

2015/3/18:以前もウエルシアの話を書いたつもりでいたのですが、検索しても見つからず。やってなかったみたいですね。ドラッグストアの話そのものがありませんでした。

 ウエルシア自体知らない人も多いんじゃないかと思うのですが、この度、売上高でウエルシアホールディングス <3141> がマツモトキヨシホールディングス <3088> を抜き業界トップに躍り出たそうです。

<ウエルシアとドラッグストア業界「ビッグスリー」の売上>
ウエルシアホールディングス 6232億円
マツモトキヨシホールディングス 5351億円
サンドラッグ <9989>  5284億円
ツルハホールディングス<3391>  5275億円
(ドラッグストア戦国時代!? ウエルシアがマツキヨを抜き「業界トップ」に立てた理由 ZUU online / 2017年6月18日 17時10分より)


●売上高増加の理由は「単に合併したから」

 また、このウエルシアがイオングループだというのは、さらに知らない人が多いかもしれません。TOBをかけて子会社化したのは2014年のことでした。

 イオンは本業の方で苦戦しているものの、ドラッグストアは好調なのでしょうか? 売上高が増えた理由はどうなっているのだろうと思ったら、まず買収で大きくなったっというおもしろみのない話が出てきました。

 ウエルシアは2015年にハックドラッグ、タキヤ、清水薬局を次々に買収して業界再編を進めていたとのこと。イオンらしいっちゃらしいのですが、イケイケの拡大路線です。


●ウエルシアは拡大路線で大丈夫なのか?

 ウエルシアが取っている単純な拡大路線は、個人的に好きじゃありません。危うさを感じます。

 ただ、記事によると、イオンはウエルシアに「調剤薬局を組み込んだ成長」を求めているとのこと。"ドラックストア業界の総売上は6兆円程度で、現状ではコンビニ業界の9兆円に及ばない"ものの、"5兆円規模と言われる調剤薬局市場を取り込むことができれば、コンビニ業界との競争を有利に進めることが可能"と見られているためです。

 また、"今後、調剤薬局とともに医薬品の宅配、地域医療参画、介護関連事業などのヘルスケア分野を強化していく"としていました。


●ウエルシア参加の高田薬局は元マツキヨグループという因縁

 あと、ウエルシアホールディングス - Wikipediaを見ていたら、以下のような話がありました。

"2008年9月1日に、ハピコム(旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)のメンバーであるウエルシア関東と元マツモトキヨシグループの高田薬局との共同出資により、グローウェルホールディングス株式会社が設立された"

 母体の一つが、マツモトキヨシグループから離反したという因縁があるんですね。

 高田薬局 - Wikipediaの方を見ると、"2001年5月30日にマツモトキヨシとはじめて業務提携を行い、後のマツモトキヨシグループを形成する礎となった"ということで、マツキヨとの関係はむしろ深かったようです。

 ただ、物流共同化の効果があまり出ていなかった模様。これが離脱の理由となったものの、前述の共同持株会社設立は、"マツモトキヨシ側への事前説明なし"のものでした。"背信行為を行ったとしてマツモトキヨシ側から業務提携を解消"されたともあり、めちゃくちゃドロドロした感じ。

 マツキヨとしては、絶対ウエルシアだけには負けたくないというのがあるかもしれません。


●マツモトキヨシが一気に4位まで低下、5位転落目前の理由

2018/05/31:2位に転落したマツモトキヨシですけど、その後すぐに4位まで落っこちていました。さらに九州地盤のコスモス薬品と差がなく、5位転落も目前といったところまで行っています。

【ドラッグストア主要5社の17年度の連結業績】※以下、社名(決算期)…売上高、営業利益(前期比の伸び率、▲はマイナス)
・ウエルシアHD(2月決算)…6952億円(11.6%)、288億円(19.7%)
・ツルハHD(5月期予想)…6700億円(16.1%)、399億円(13.1%)
・サンドラッグ(3月決算)…5642億円(6.8%)、360億円(5.9%)
・マツモトキヨシHD(3月決算)…5588億円(4.4%)、335億円(18.1%)
・コスモス薬品(5月期予想)…5524億円(9.9%)、200億円(▲10.1%)
(なぜ不動の首位マツキヨは突然4位に没落したのか?ウエルシア、超コンビニ化でダントツ1位に Business Journal / 2018年5月30日 0時0分より)

 ドラッグストア業界そのものは好調。日本チェーンドラッグストア協会の2017年版「日本のドラッグストア実態調査」によると、全国の総店舗数は1万9534店。M&A(合併・買収)によって企業数は減少傾向が続いているが、直近の2年間で1000店以上が新たに出店しています。

 2017年(暦年)の推定売上高も前年比5.5%増の大きな伸びとなる6兆8504億円。売上高が6兆円を割った百貨店を上回ります。調剤分野への取り組みや食品の取り扱い強化に加え、大都市でのインバウンド需要を取り込んだと分析されていました。

 では、なぜマツモトキヨシが駄目なのか?と言うと、実はそもそも駄目じゃありませんでした。都市部の店舗が多いことから訪日外国人観光客の消費が好調で3期連続で最高益を更新。結局、最初の話のように、競合他社のようにM&A路線を採っているかいないかの差だけだったようです。


【その他関連投稿】
  ■百貨店はいらないものを買うところ?場所貸し屋にすぎないからブランド頼み
  ■移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
  ■イトーヨーカ堂の非正社員化は失敗?パート従業員の正社員化へ方針転換
  ■ドン・キホーテは本当に安いのか?大原孝治社長は「安く感じる」と表現
  ■イトーヨーカドーがない県あるの?デニーズもほとんどの地域でない
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由