Appendix

広告

Entries

趣味が仕事のリブセンス村上太一社長、交友関係も経営者ばかり


2015/3/23:
●村上太一リブセンス社長、「わからなかったら人に聞く」を実践
●社長が全部やらない方が良いし、社員にはチャレンジさせた方が良い
●他の会社・サービスにも関心?他社の話が非常に多い村上太一社長
●趣味が仕事のリブセンス村上太一社長、交友関係も経営者ばかり
2016/7/24:
●誤解されてる…ケチなイメージの村上太一リブセンス社長、ケチ疑惑を否定
●ケチじゃないと言いつつQUOが貰える!とはしゃぐ村上太一リブセンス社長
●金銭欲より効率欲?クレジットカード使用でつくポイントについて力説


●村上太一リブセンス社長、「わからなかったら人に聞く」を実践

2015/3/23:リブセンスの社内の雰囲気は和気あいあい?大学生サークルのノリ?では、「ワーカホリック」という言葉も使いましたが、趣味が仕事で、休みの日でも仕事のことを考えていて、仕事が好きで堪らないというリブセンスの村上太一社長。今回、「かっこいい」から、社長になりたかった:日経ビジネスオンライン(古市 憲寿 2013年11月26日)で読んだ交友関係の話も非常に村上社長らしくておもしろかったです。

 ただ、まずは、その前に別の話を。以前のリブセンスの社内の雰囲気は和気あいあい?大学生サークルのノリ?でもあった話とも関係するやりとりがあったのです。これは、古市 憲寿さんの「初めの仲良しや仲間だけでやる段階から、ある程度会社を大きくしてマネジメントをしっかりさせる段階へのステップ。そこでトップの仕事も変わると思うんです。戸惑いなどはありませんでしたか」という質問に答えたものでした。

 戸惑いについては、「思い返せば、ないこともなかった」と回答しています。ただ、分からなければ「どうやればいいんですか」「社長って何をやればいいですか」と、実際に先輩経営者らに聞いていたとのこと。「いちいち人に聞くな!」と怒る人もいるのですけど、「わからなかったら人に聞く」を実践していたようです。


●社長が全部やらない方が良いし、社員にはチャレンジさせた方が良い

 「わからなかったら人に聞く」と違う方向性のように見えますが、社内での仕事に関しては、「やっているうちに、自分が意図的に意識して手を出さないようにするほうがいいことがある、というのも学びました」とのこと。「自分で何から何まで全部やってしまうと社員が育たないとか、答えをいきなり教えてしまうとダメにしちゃう」といったものです。

 こうしたことは本にもよく書かれており、村上社長も知ってはいました。ただ、「腹の底からは理解できていなかった」といいます。でも、「会社の規模の変化に応じて理解できるようになった」「同じ本を読んでも経験値によって、本当の意味で入ってくる情報は違ってくるんだな、と身を持って感じた」といった話をしていました。

 ここで出てきた失敗を許容する、失敗させるという方向性の育て方は、私がいつも良いと言っているもの。前回もそれぞれのプロジェクトの報告だけ受けて、あまり口出しせずに任せているという話を書きました。その他、新人らにもいきなり権限持たせて新しいものを作ってもらうなどもしています。 もちろんいきなり成功しても良いんですが、「小さく作って失敗する」という私好みのやり方です。


●他の会社・サービスにも関心?他社の話が非常に多い村上太一社長

 さて、ここからやっと最初に書いた交友関係の話。上記でもすでに、わからないことについては、「諸先輩方にお聞きしました」という話が出ていますが、他の話もありました。

 今回のもの以外のいろいろな記事を読んでいて村上社長で特徴的だと思ったのが、とにかくたくさん他社の名前を出すことです。これはあまり他の経営者のインタビューでは見ない独特なものだと思います。

 村上社長が起業した理由自体が会社を作りたかったからというものであり、何か新しいサービス・製品を作るということ自体が関心事なのでしょう。他社の名前がポンポン出てくるのもそういう理由だと思われます。


●趣味が仕事のリブセンス村上太一社長、交友関係も経営者ばかり

 また、その会社の中にはちょくちょく「知り合いで…」というのがあったんですよね。で、その理由が今回この記事を読んでわかりました。まず、「普段の交友関係をお聞かせいただけますか。仲が良い人、というのはどんな人が多い」という質問に関して、「経営者が多いですね」と答えています。

 この知り合い方は仕事で出会うというのより、<仲が良い人から「会いたいと言っている人がいるから会ってみて」といった紹介から、というケースが多い>とのこと。こうして人脈がどんどん広がっていったようです。

 学生時代の友人にも会っていると話していましたが、比重は経営者が多いそうです。よく合う知人まで経営者というのは、非常に村上社長らしくて笑いました。

 「やはり、経営者の方々とは話が合いますか」の質問にも「合う気がします」としていました。別のところで書きましたけど、結婚する相手とも仕事の話がしたいって言っていましたからね。

 ただ、「村上さんは今26歳。年齢は村上さんが下という場合が多いと思います」と言われていたように、年齢差はあります。村上社長は「合いますよ。私はあまり年齢を気にしませんし」と気にしていませんでしたけど、相手はどうなんでしょうね? 友達…っというのとは、ちょっと違うかもしれません。

 もう一つ変わっているなと思ったのが、経営者ネットワークの~会みたいなものに所属しているわけではないと回答していたことです。フリーの立場で、仲の良い人たちと個人的な付き合いがどんどん広がっていくんだそうな。これも前述したように、ビジネス上有利だからといった動機よりも、個人的な興味が先行しているためかもしれません。


●誤解されてる…ケチなイメージの村上太一リブセンス社長、ケチ疑惑を否定

2016/7/24:ブックマークだけしていて読んでいなかったリブセンスの村上太一社長の対談、というかインタビュー的な記事。お金が欲しいんじゃなく、ムダをしたくないんです:日経ビジネスオンライン(古市 憲寿 2013年12月3日)というものです。

 インタビューでは、今はすっかり人間のクズというイメージがついた古市憲寿さんが聞き手。村上太一リブセンス社長はお金を使いたがらない社長というイメージが強く、私もそういう風に紹介してきましたが、「ケチではないんですよ!」と否定していました。

 そして、これはリブランディングしなきゃ!と言っていました。リブランディングというのは、ブランドイメージを再構築することです。「コストパフォーマンスを意識して、費用対効果が良いものにお金を使いたい。でも、なぜか私はケチっぽく思われているんですよ、世の中に(笑)」と言っています。


●ケチじゃないと言いつつQUOが貰える!とはしゃぐ村上太一リブセンス社長

 で、睡眠は大事なのでお金をかけてベッドは100万円といった話を最初はしていたのですが、結局だんだんケチくさい話になっていて笑いました。まず、ホテルの話になって、「家と同じで、居住空間には特には……。だから、(引用者注:良いホテルには)泊まらないです」と言っています。

 さらに「あそこはサンキュッパでした。4千円しないんですよ」と、安いビジネスホテルであるスーパーホテルに最近泊まったという話に。そして、「泊まるとクオカードがつく。ああいうプラン、よくできていますよねえ」(村上)「そうですね。経費で泊まってクオカードがもらえる、すごく良いプラン」(古市)といった話をして、編集者に「社長が盛り上がるネタがクオカード…」と苦笑されていました。

 ただ、まあ、一応フォローしておくと、おそらくビジネスモデルとしておもしろいということでしょう。村上太一社長の話を聞いていると、本当によく他社の名前が出てきます。あまり他の社長さんにない特徴ですね。おそらく画期的だと思えるビジネスモデルのようなものに、興味があって仕方ないのだと思われます。ビジネスオタクって感じですかね。


●金銭欲より効率欲?クレジットカード使用でつくポイントについて力説

 あと、対談の最初の方で、担当編集のYさんから「起業して社長になりたいという背景には、お金や物欲、名誉欲といったものはないのか?」「一言で言えば『成り上がりたい』という、ルサンチマン、矢沢永吉っぽさが、村上さんに全然感じられないので『ホンマかいな?』と、アラフィフ世代には思えるんですよ」といった話が出ていました。

 そして、最後に金銭欲より効率欲という話があります。この直前にはクレジットカード使用でつくポイントについて力説しており、これまたケチくさい話で、「それでも細かいポイントとかが気になるんですね(笑)」と聞かれて、「うーん、効率的にしたい、というだけなんですけど」と答えています。

 「お金をためたい」わけでもないのか、あるいは単に「お金を使いたくない」のかという質問には、「ムダ使いしたくない。ムダはしたくない。それだけかなあ」との回答。編集者は、<「お金持ちになりたいとは思わないけれど、無駄遣いはしたくない」ですか。金銭欲より効率欲? うーん、本当に私たちが出会ってきた起業家とは世代が変わっているなあ…>との感想を述べています。

 私の場合は単なるケチのような気がしますが、企業のおもしろいビジネスが気になるってところも含めて、全体にわかるわかる!と思えるところが多い話でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■リブセンスの社内の雰囲気は和気あいあい?大学生サークルのノリ?

【関連投稿】
  ■減益で株価下落、リブセンスやばい? 祖母忠告の悪い時期来たる
  ■リブセンス村上太一社長は暑苦しい 無欲な爽やか青年…は不正解
  ■リブセンス村上太一社長の幸せと向上心の両立 危機感と不安の良い作用
  ■リブセンス村上太一 リクルートがジョブセンスを作れない理由
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由