Appendix

広告

Entries

ダーウィンの進化論に矛盾?獲得形質の遺伝唱え消された科学者という陰謀論


 獲得形質の遺伝で有名な科学者に、パウル・カンメラーという人がいました。(以下、Wikipediaからの引用部は改行を変更)
ネオ・ラマルキズム - Wikipedia(最終更新 2013年11月30日 (土) 14:23)

獲得形質の遺伝を巡って

 ダーウィニズムが進化論において主流の地位を占めた後でも、獲得形質の遺伝を証明しようとする実験が何度か行われている。特に有名なのは、オーストリアのパウル・カンメラーによるサンバガエルの実験である。
 彼は両生類の飼育に天才的な才能を持っていたと伝えられ、陸で交接を行い足に卵をつけて孵化まで保護するサンバガエルを、水中で交接・産卵させることに成功した。
 水中で交接するカエルには雄の前足親指の瘤があって、これは水中で雌を捕まえるときに滑り止めの効果があると見られる。本来この瘤はサンバガエルには存在しないのだが、カンメラーはサンバガエルを3世代にわたって水中産卵させたところ、2代目でわずかに、3代目ではっきりとこの瘤が発現したと発表した。つまり、水中で交接することでこの形質が獲得されたというのである。
 ところが公表された標本を他の研究者が検証してみたところ、この瘤はインクを注入されたものであることが発覚。実験自体が悪質な捏造であると判断され、カンメラーは自殺した。その後、サンバガエルの水中飼育に成功した例は存在しない。

 ただ、カンメラーのこの実験は、最近見直されてきています。以下のように実際にはネオ・ラマルキズムとは異なるものの、獲得形質の遺伝に見えるものを別の形で説明できるエピジェネティクスが知られるようになってきたためです。

 しかし、これは進化論に決定的な矛盾をもたらすという意味ではありません。
エピジェネティクス - Wikipedia(最終更新 2014年7月30日 (水) 07:56)

ラマルキズムとの関連

 エピジェネティクスはラマルキズムまたはネオ・ラマルキズムと同じようなものと考えられることもあるが、それらを支持する研究分野ではないことに注意が必要である。
 エピジェネティックな表現型変化は遺伝子の突然変異を原因とするものではないが、エピジェネティックな機構そのものは遺伝子の制御の下にある。
 さらに根本的なことであるが、自然選択による選択結果は、表現型が遺伝子突然変異に支配されているか支配されていないかということとは無関係である。
 以上の2点を言い換えると、「エピジェネティックな表現型変化に対して自然選択がおきる可能性はあるが、選択されるのは表現型をもたらした機構の遺伝子型である」となる。エピジェネティクスの解明は、進化発生生物学にとって重要で想定外の貢献につながるかもしれない。そしてそれは、現代の進化論の進展になることはあっても、根本からの転覆とはなりえない。
 だたし生物集団でのエピジェニックな効果が、進化生物学において単なる微調整あるいは大幅な見直しのどちらをもたらすのかという検討課題は残されている。

 エピジェネティクスが知られたことにともなってか、それ以前からなのか、カンメラー個人についても名誉回復の動きがあります。

 たとえば、先のネオ・ラマルキズムのWikipediaでは、以下のような註がありました。
公表された標本は実験中のものとは明らかに異なり、確かに瘤はできていたとの実験の途中経過を見た人による証言もある。或いは共同研究者によって何等かの理由ですり替えられたというのであるが、疑惑を持たれた研究者が(標本の検証以前に)既に亡くなっていたことから、真偽のほどは分からない。アーサー・ケストラーの言う様に検証した側が捏造に関わっていたという見方もある

 また、双子の遺伝子 page 7/10 | ActiBookによれば、チリの生物学者アレクサンダー・バルガスさんは、2009年に、「カンメラーこそがエピジェネティクスとラマルク生物学の始祖だ」としています。こちらはやはりエピジェネティクスの関連で出た見直し論みたいですね。

 バルガスさんは、"カンメラーの研究や実験の詳細を調べなおし、これまで嘲笑の的となってきたカンメラーの発見の多くは、現代科学と遺伝子への「刷り込み」によって説明できる、と結論づけ"ています。確かにカンメラーがインチキをしていなかった可能性はあるでしょう。

 しかし、「嫉妬深いアメリカ人やナチ工作者」によって彼は嵌められたのだと決めつけるのも、行き過ぎです。ネットでは全面的に受け入れている人がいますが、結局、こちらも証明できていないのは同じことです。
(なお、これ以外にも助手の女性が工作していたという説があります)

 この本が「永遠に謎のままなのだろう」としていたように、どちらにしても証明できないと考えるのが冷静な見方でしょう。

 また、2010年のアメリカの生物学の専門誌には、カンメラーが"斑点の形を修正したサンショウウオの写真をその雑誌に送ってきた"ことも指摘されています。

 
 さらにもう一つ、カンメラーが詐欺をやっていたとしてもおかしくないであろうという要素があります。この本には書いておらず、私も最近知ったばかりなのですが、彼は社会主義者で、社会主義のロシアを支持していたという信条の問題です。

 本では、カンメラーが社会主義者であったとは書いていないものの、続いてトロフィム・ルイセンコの話を出しています。このルイセンコというのは、政治的な主張を科学に持ち込んだことで悲劇を起こした人物として知られます。
ルイセンコ論争 - Wikipedia(最終更新 2013年3月23日 (土) 00:1)

ルイセンコの学説は1934年に発表され、スターリン政権下で「マルクス・レーニン主義の弁証法的唯物論を証明するものだ」とされ、メンデルの遺伝学はブルジョア理論として否定された。

ルイセンコは低温処理によって春まき小麦が秋まきに、秋まき小麦が春まきに変わることを発見したとされている。これはいわゆる春化処理であるが、ルイセンコはこれを遺伝的性質がこのような操作によって変化するものと見なし、これまでのメンデル遺伝学や自然選択説を否定した。後天的に獲得した性質が遺伝されるというルイセンコの学説は努力すれば必ず報われるというM 共産主義国家には都合のよい理論であり、スターリンは強く支持した。

当時のソ連の生物学会ではルイセンコの学説に反対する生物学者は処刑されたり、強制収容所に送られるなど粛清されていた。(中略)また中国でも毛沢東が大躍進政策の中でルイセンコの学説を採用し、数多くの餓死者を出した。(中略)スターリンの死後はスターリン批判に伴いルイセンコも批判され論争で得た地位を一旦は失ったものの、フルシチョフの知遇を得たルイセンコ派は再び巻き返すことに成功する。この結果、ソ連の農業生産は著しいダメージを受けることになる。

 これはそういう背景がありそうだというだけで、カンメラーが社会主義者であったからと言って彼がインチキをやったとは決めつけられません。ただ、「嫉妬深いアメリカ人やナチ工作者」の陰謀に嵌められたという説はそれと同様に言い切ることはできません。

 ルイセンコ同様に「こうであってほしい」という願望を、科学の世界に持ち込んではいけませんよ、という話です。


 関連
  ■後天的な遺伝とエピジェネティクス 恐怖の記憶で遺伝子にスイッチ
  ■遺伝子組み換え作物への恐怖のせい?トウモロコシ発がん論文撤回
  ■週刊文春「今のところ、遺伝子組換えの食塩はない」で恥を晒す
  ■自然界は弱肉強食という思い違いと人間社会が弱者を救済する理由
  ■米で農薬の効かないスーパー雑草出現!遺伝子組み換え作物のせい?
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由