Appendix

広告

Entries

日本と世界のうつ病の割合・患者数 日本は多くないどころか最低の比率


 うつ病の人がどれくらいいるのか?という話。複数データがあるでしょうから、集めてみることに。

●日本でうつ病が多いというのは嘘だった?

 とりあえず、Wikipediaから。
うつ病 - Wikipedia 最終更新 2015年4月9日 (木) 20:48

厚生労働省によれば、うつ病の12カ月有病率(過去12カ月に経験した者の割合)は世界では1〜8%、日本では12カ月有病率が1〜2%である。

また、生涯のうちにうつ病にかかる可能性については、川上によれば3〜16%である。 日本では、水野らによれば12ヶ月有病率は3.1パーセント、川上によれば生涯有病率6.7パーセントとされている。

これらの研究結果から、ある時点ではだいたい50人から35人に1人、生涯の間には15人から7人に1人がうつ病にかかると考えられている。米国では、うつ病による経済損失は5兆円におよぶと試算されており、その内訳は生産性低下53%、医療費28%、自殺17%である。

 厚生労働省によると、うつ病の12カ月有病率は世界では1〜8%、日本では1〜2%ということで驚いたことに日本の方が低いのです。日本はうつ病大国みたいな言われ方をされているので予想外でした。

 上記では自殺の話が出ています。実は私が今度調べようと思っていた中には、「日本人はうつ病が多いので自殺者が多い」という説がありました。ところが、このうつ病の比率(割合)を見ると、完全に否定されてしまいますね。

 まだ、

・日本ではうつ病への偏見が強く顕在化していない
・世界の方のうつ病の割合も幅が大きく未確定なところがある

といった反論も考えられますが、少なくとも確認できるデータ上は日本でうつ病が多いとは証明されていないと言えます。

 とりあえず、Wikipediaのデータを整理します。

【うつ病の12カ月有病率】
世界 1〜8% (厚生労働省)
日本 1〜2% (厚生労働省)
日本 3.1% (水野創一ら)

【生涯のうちにうつ病にかかる可能性】
世界 3〜16% (川上憲人)
日本 6.7% (川上憲人)

 なお、先ほどの引用中の川上とは川上憲人さん。水野というのは、水野創一さんです。下記のあたりが出典だそうです。

水野創一、宮岡剛、稲垣卓司、堀口淳「Prevalence of restless legs syndrome in non-institutionalized Japanese elderly」、『Psychiatry and clinical neurosciences』第59巻第4号、2005年8月1日、 461-465頁、 NAID 10018029436
川上憲人「世界のうつ病,日本のうつ病--疫学研究の現在 (第5土曜特集 うつ病のすべて) -- (疫学)」、『医学のあゆみ』第219巻第13号、医歯薬出版、2006年12月30日、 925-929頁、 NAID 40015165979


●日本のうつ病比率、低めどころの話ではなく、世界一低い!

 別のデータから。
うつ病世界地図、日本が最もうつ病が少なかった。:ザイーガ 2013.11.11 09:00

 最も多いのがアフガニスタンで5人に1人がうつ病認定されております。逆に最も少なかったのは日本だったそうで人口比率2.5%、それでもまあ40人に1人という計算となります。

 うつ病比率が高かった国は、アフガニスタン、ホンジュラス、パレスチナ自治区など、中東諸国や北アフリカ諸国。逆にうつ病比率が低い地域はアジアで、その中でも一番日本が低かったそうです。

 日本のうつ病比率は低めどころの話ではなく、世界一低いとのこと。うーん、完全に予想外ですね。

 ただ、このサイトは定義がはっきりしていません。7%未満の国が多いので「12カ月有病率」ではないかと思いますが、Wikipediaでは「世界 1〜8%」だったのに最低が日本の2.5%というのも何かしっくり来ませんね。

 元ネタは以下のワシントン・ポストの記事だそうな。

A stunning map of depression rates around the world - The Washington Post By Caitlin Dewey November 7, 2013

 英語なので読むのが面倒ですが、"Australia’s University of Queensland"、つまりオーストラリアのクイーンズランド大学の研究者によるもの。

 ここだと世界では4%強というデータかな? ただ、定義についてはしっかり触れられていない感じです。使えませんね。


●日本と世界のうつ病患者数

 先ほどの比率からも計算できますが、人数で出している別のデータがありました。
うつ病患者、世界に3億5千万人 WHO推計  :日本経済新聞 2012/10/10 0:57

 世界保健機関(WHO)は9日、世界で少なくとも3億5千万人が精神疾患であるうつ病の患者とみられるとの統計を発表した。毎年100万人近くの自殺者のうち、うつ病患者の占める割合は半数を超えるとみられている。

 日本の厚生労働省によると、1996年には国内で43万3千人だったうつ病など気分障害の患者数は2008年に104万1千人に増加。WHOはストレスの多い日本など先進国だけでなく、発展途上国でも精神疾患の患者が目立つとしている。(ジュネーブ=共同)

 だから、日本はむしろ少ないんですって…。

 まあ、それは良いとしてまとめ。これも定義が書いていませんね。

【日本と世界のうつ病患者数】
世界 3億5000万人 (WHO、2012年)
日本 104万1000人 (厚生労働省、2008年)

 ちなみに人口はこちら。

【日本と世界の人口】
世界 70億人 (2011年、国連など)
日本 128,057,352人 (2010年10月1日国勢調査)

 非常に粗いですが、これを元に比率を出すとこちら。

【日本と世界のうつ病比率】
世界 5.0%
日本 0.81%

 日本が低すぎですね、これ。うーん、病院に受診していないうつ病患者が多いみたいなものですかね?


●男性より女性のほうが2倍ほどうつ病になりやすい

 いろいろと探したものの、結局、最初のWikipediaが一番良いという感じに。ついでにWikipediaから性別による違いなども見てみましょう。
性差

男性より女性のほうが2倍ほどうつ病になりやすいとされている。

閉経や子どもの自立による喪失体験、PMSによるストレス、男性より寿命が長いことによる配偶者との死別などによる部分も少なくはないと思われ、社会生活によるストレスが多い男性にも普通に見られる。

女性の発症率の高さについては、妊娠・出産期・閉経期・月経前(PMS、PMDD、セロトニンの減少)の女性ホルモン、セロトニンの激減がマタニティブルーや産後うつに関与している可能性がある。産後うつは乳児の育児時の睡眠不足もある。日本ではうつ病が増加傾向にあるが、女性の高齢化による自然増もある。

 女性の方が多いんですね。しかし、男女による自殺率の違いでやったように、男性の方が自殺が多いです。これまた自殺者の多さと相反します。

 ただ、一般的には自殺とうつ病は関係が深いと考えられているとのこと。自殺絡みの話はどうもしっくり来ませんね。
 自殺企図者とうつ病の統計

WHOの自殺予防マニュアルによれば、自殺既遂者の90%が精神疾患を持ち、また60%がその際に抑うつ状態であったと推定している。日本においては、重大な自殺を図った者の75%に精神疾患があり、その46%はうつ病である。

●日本ではやはりうつ病は隠れている?

 Wikipediaでは隠されたうつ病に関わる話も。
 患者数とその推移

日本の患者数の少なさについては、受診率の低さが原因としてあげられる。

日本の患者数の年度ごとの増加傾向には、高齢化やうつ病についての啓発活動による受診率の増加が原因としてあげられる。

うつ病の患者数が20世紀になって増加していることについて、SSRIの導入後6年間で2倍に増えるという経験則があり、製薬会社のキャンペーンが影響している、とした説もある。「副作用の少ない」抗うつ薬の普及に伴い、うつ病と診断される患者数が増加している側面がある。

 SSRIというのはセロトニン仮説に基づく薬です。ところが、うつ病の原因はセロトニン不足は仮説 抗うつ薬は効果なしで危険?でやったように、セロトニン仮説はかなり怪しいところがあります。この薬の普及度がうつ病患者数に影響している可能性もあるみたいですね。


●子どももうつ病になる

 他の話とまとめられませんでしたが、子供のうつ病について。
子どものうつ病

子どもでもうつになる場合があり、子どもの大うつ病の時点有病率は児童期で0.1から2.6パーセント、青年期で0.7から4.7パーセントとされている。 いじめ等の自殺行為は、重度に発展したうつ病による可能性もある。
うつ気分が、イライラする、怒りっぽくなる、落ち着きがなくなるなどの形で表現されることも多い。

●非常に厄介な喫煙者のうつ病

 また、タバコとうつ病というテーマもありました。
 喫煙との関連

製薬会社のファイザーが2009年6月に10年以上の喫煙歴がある40 - 90歳の男女計600人を対象にインターネットで行った調査によると、ニコチン依存症の人の16.8パーセントにはうつ病やうつ状態の疑いがあり、ニコチン依存症でない人でのその割合は6.3パーセントのため、ニコチン依存症の人ほど、うつ病・うつ状態の可能性が高いと報告している。また、典型的な抗うつ薬であるイミプラミンについて、喫煙者は効果が半減するとの指摘がなされている。

ただし、喫煙者であって重症のうつ病の間の禁煙は医師との相談が必要である。ニコチン離脱時にうつ病が再燃しやすいのである。

 ニコチン依存症の人がうつ病が多いのに、禁煙したらしたで危険って面倒くさすぎますね。

 なお、喫煙者がうつ病になるのではなく、ストレスが溜まっているから喫煙するんだと考える人もいるでしょう。ただ、喫煙はストレスを解消するのではないという考え方が主流です。それどころか、むしろストレスの原因になるとも言われています。


●まとめ

 最後にまとめ。とは言っても、最初のWikipediaのまとめそのままです。これが一番良かったですわ。

【うつ病の12カ月有病率】
世界 1〜8% (厚生労働省)
日本 1〜2% (厚生労働省)
日本 3.1% (水野創一ら)

【生涯のうちにうつ病にかかる可能性】
世界 3〜16% (川上憲人)
日本 6.7% (川上憲人)


 関連
  ■うつ病の原因はセロトニン不足は仮説 抗うつ薬は効果なしで危険?
  ■男女による自殺率の違い
  ■男性用うつ病チェック12項目
  ■冬うつとは?不眠、食欲減退ではなく、過眠と食べ過ぎのうつ病で、甘いもので「うつ太り」も
  ■再発が常識で治らないうつ病患者を9割復職させる不知火病院の治療法
  ■睡眠過多ならうつ病かも?
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由