Appendix

広告

Entries

パワハラは甘え!上司が部下を叱るのすらダメ?管理職の誤解とは…


 <「社会は甘くない」と言う上司が実は一番甘えていると言える理由>、<パワハラは甘え!上司が部下を叱るのすらダメ?管理職の誤解とは…>、<こんなことぐらいでパワハラ扱いされたらたまらない!具体例を学ぶ>など、叱る・パワハラ関連の話をまとめています。

 その後、<競馬のパワハラ暴行調教師が不在の間、厩舎の成績はどうなった?>なども追記しました。

2024/02/12追記:
●「ポンコツ3人を除名した方がいい」発言も言い訳も典型的パワハラ 【NEW】


●「社会は甘くない」と言う上司が実は一番甘えていると言える理由

2015/5/13:部下や学生に対して、「社会は甘くない」といったことを口にする上司や先輩がいます。ただ、先輩後輩の上下関係は日本だけの文化?海外の上司部下でも注意!で感じたのは、日本の管理職らこそ上司という立場に甘えて何を言っても良いと思っているのでは?というものです。

 普通の職場の話ではなく芸能界という特殊そうな現場の話なのですけど、非常に日本的だなと感じたのが、ビートたけし 18歳の根岸拓哉をたしなめる「半殺しの目に遭うよ」 - ライブドアニュース(2015年1月13日 12時38分 トピックニュース)というニュースでした。

 「ビートたけしのTVタックル」では、「成人の日大激論SP 18歳は大人か子供か?」と題し、俳優の根岸拓哉さんをはじめとしてプロボクシングなどさまざまな分野で活躍する18歳の若者たちがゲストで登場。番組の終わり頃、根岸拓哉さんは「多分、若い子たちってみんな怖いものがないんだと思います」としていました。

 根岸拓哉さんが「多分、若い子たちってみんな怖いものがないんだと思います」と言ったのは、今回の番組で、ビートたけしさんのような有名人に向かっても臆せず自分の考えを直接ぶつけられたということが、その理由ではないかと記事では推測されていました。

 すると、たけしさんは「あなた達はおいらのことを怖くないっていうことは、なぜかというと、あなたたちはゲストだけど、私たちは主催者側なの」と説明し「これがもし俺の弟子になってみな、半殺しの目に遭うよ」と言ったそう。上司と部下の関係だったなら、半殺しでも仕方ないというわけです。


●日本代表で暴力、体罰で殺人まで…あらゆるところでパワハラが多発

 番組見ていないのでわかりませんが、若い人たちが生意気な口の聞き方をしていたのかもしれません。私は別に先輩に敬意を払わなくていいという考え方ではなく、先輩も後輩もお互いに相手を尊重すべきだと思っているので失礼なことを言っていたのならそれは擁護しません。

 でも、それに対して「半殺しの目に遭うよ」と言っちゃうのは、さすがにおかしいでしょう。記事ではこれを「たしなめる」と表現していましたが、これをたしなめると言う適切ではないように思えます。さすがにネットでもこれに対する非難の方が多く、擁護する声はあまりありませんでした。

 ただ、先輩ならある程度ひどいことを許されるという「常識」には、芸能界に限らず日本全体にあると思うんですよ。「日本人は気軽に上からモノを言い過ぎている」と弁護士警告- NEWSポストセブン(2013年2月1日07時00分)では、以下のように書いていました。

<(引用者注:指導者の体罰で死者が出た)大阪市立桜宮高校バスケ部、そしてロンドン五輪柔道女子代表と次々に起きた指導者による教え子への体罰問題――。いま日本はスポーツ界のみならず、学校、職場など至る現場で暴力的な行為が横行し、“パワハラ列島”と化している>


●パワハラは甘え!上司が部下を叱るのすらダメ?管理職の誤解とは…

 「パワハラは甘え」というのは、ちょっとしたことでパワハラだという部下が甘えているという意味じゃないですよ。逆です。最初に書いたように、パワハラという楽でなおかつ間違った手法を安易に使う上司が甘えているという意味。上司は努力せずズルして安易なパワハラに走っているのですから、甘えまくりです。

 記事で出ていた労働問題に詳しいウェール法律事務所の石井逸郎弁護士は、かなり踏み込んだことをおっしゃっていました。"職場でありがちな部下への叱責や暴言といった「精神的な攻撃」もパワハラ行為に該当することが多い"という見解です。上司はパワハラというズルをやりまくっているということになります。

「よく上司が部下を叱るとき、『お前が一人前になるように厳しく指導しているんだ!』という人がいますが、それは言い訳に過ぎず“愛情あるパワハラ”なんてあり得ません」(石井弁護士)

 普段何気なく冗談のつもりで行っている言動も、立派なパワハラに当たることを上司は自覚しておく必要があるとも記事ではありました。ここらへんは全然管理職に理解されていないでしょう。


●こんなことぐらいでパワハラ扱いされたらたまらない!具体例を学ぶ

 さらに、「こんなことぐらいでパワハラ扱いされたらたまらない」と、部下への指導を投げ出したくなる上司も多かろうという、日本では慣例化しているパワハラ事例について、石井弁護士が解説しています。

・「お前はバカか。こんな仕事もこなせないなら単なる給料泥棒だ」
「バカ」「アホ」といった言葉は、相手の人格や尊厳を否定していることになります。また、「給料泥棒」、「お前なんかいなくても同じ」との暴言は、相手に雇用不安などを与えます。

・部下を机の前に立たせて1時間叱り飛ばす
 程度の問題もありますが、上司が座ったまま、部下は立ったままの状態で1時間も叱責するのは、明らかに常軌を逸しています。会議室にでも場所を変えて、双方が座って冷静に議論を戦わせればいいだけです。

・遅刻やミスばかりする部下に対して、部署の皆の前で叱責する
 いくら部下が怠慢で能力がないとしても、皆の前でそれを論い叱責することは許されない行為。本来なら会社のルール(就業規則や評価制度)に則って、極めてドライに処分するべきでしょう。


●部下や子供を叱ることの効果は?多くの研究成果を眺めてみると…

 ビジネスでの部下への接し方と子どもの育て方は共通する話が多いと思います。最後の「部署の皆の前で叱責する」に似たものも以前読みました。子どもにだって自尊心があるのだから人前で叱りつけるような真似はしてはいけないというものです。

 というか、ビジネスでも子育てでも叱ることが大事って研究は、全然ないんですよね。「褒めて伸ばす」の絶大な威力 青少年犯罪が半減した警察署の試みなど、褒めることの優位性を示した研究ばかりです。

 それなのになぜ叱ることにこだわるのか?と言うと、さっき言ったように甘えでしょうか? 「いまの日本人は気軽に上からモノを言い過ぎ」と石井逸郎弁護士はおっしゃっていましたが、上の立場から相手をこき下ろすのは気持ちいいのでやめたくないのだと思われます。

 あと、勉強不足や能力不足などもあるかもしれません。前述のように褒めることが良いという研究が多いのにそれを実行していないというのは、上司や先輩がよく勉強していないか、知っていても実行できていない可能性が考えられるためです。

 これはこれできっつい言い方なのですが、以前書いた記事で出てきた「部下を叱る上司は皆馬鹿である」が、ズバリ当てはまっている状況かもしれません。


●競馬のパワハラ暴行調教師が不在の間、厩舎の成績はどうなった?

2022/06/26追記:叱るマネジメントというのは効果があまり高くないことが研究でわかっているのものの、むしろ効果が大きいと誤解している人が多いです。パワハラまがいの上司ですら、「今の時代では悪いと言われるけど仕事はできるよね…」といった感覚を持つ人も少なくないでしょう。

 個別事例より研究結果を優先すべきなのですが、非常におもしろかったのが、競馬のパワハラ暴行調教師が処分により調教できなかったときの厩舎成績の話。木村調教師に調教停止3カ月 暴行で罰金刑: 日本経済新聞(2021年8月18日)などの記事が出ていた木村哲也厩舎の戦績についてです。

<日本中央競馬会(JRA)は18日、木村哲也調教師(48)が当時所属していた大塚海渡騎手(20)に暴行を加えた件について裁定委員会を開き、7月29日から10月31日まで調教停止とする処分を決めた。
 同調教師は土浦簡裁から罰金10万円の略式命令を受け、すでに納付している>

 木村哲也厩舎自体はもともと有力馬が多い厩舎。ジオグリフ、イクイノックス、ステルナティーア、リアグラシアというG1級の期待馬の名前が挙がっていました。そういう意味では「パワハラ上司は仕事ができる」のイメージ通り。ところが、競馬まとめざんまい2021年11月1日によると、パワハラ暴行上司がいないときの方が戦績が良かった模様。しかも、半端ないほど成績が上がっています。

10: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/10/31(日) 22:11:46.18 ID:QxkWPQJK0
キムテツ(引用者注:木村哲也調教師の愛称)がいる7ヵ月で22勝
キムテツ不在の3ヵ月でキムテツ厩舎17勝 (引用者注:単純に同じ7ヶ月に換算すると、40勝ペース)

20: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/10/31(日) 22:16:10.97 ID:6CP7FFAH0
調教師本人がいない方が成績上がるってのが面白かった

13: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/10/31(日) 22:12:48.93 ID:KHwguVbQ0
外厩の馬は天栄、しがらき(引用者注:外部にある調教師以外による競走馬の調教施設)が調教助手に指示していただけだから
いてもいなくても変わらんのでは
19: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/10/31(日) 22:15:48.10 ID:QxkWPQJK0
>>13
どんなに有望な能力ある社員がいってもパワハラくそ野郎がリーダーならその会社はダメになるんや
29: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/10/31(日) 22:36:54.99 ID:wpCD4Un20
>>19
厩舎の雰囲気が悪くなるんだろうなぁ…

 ということで、この例では「パワハラ上司は仕事ができる」ではなかった感じ。たまたまかもしれませんけど、興味深い結果でした。ただ、こういう人に良い馬が集まるというのは、「パワハラ上司は仕事ができる」の思い込みが影響した可能性もありそう。サイコパスは人に好かれやすい…という話も思い出しました。


●「ポンコツ3人を除名した方がいい」発言も言い訳も典型的パワハラ

2024/02/12追記:裁判や調査委員会で確定したものではありませんけど、パワハラの具体例を追加。暴言としてパワハラの例としてふさわしいだけでなく、反論で言っていることが、実にパワハラ問題としてわかりやすい典型的なものだと感じたため、別件で書いたものをベースにこちらもで紹介します。

・「ポンコツ3人を除名した方がいい」パワハラなどを理由に日本維新の会 3議員が離党届 総支部「事実と大きく食い違っている」 長崎 | NBC長崎放送(2023年11月24日(金) 19:09)
<日本維新の会から離党したのは、長崎市の梅本圭介市議、都留康敏市議、大村市の中村仁飛市議で、いずれも今年4月の市議選に、党の公認候補として立候補し、初当選しました。(中略)離党の理由として『県総支部執行部によるパワハラ行為』などがあったと説明しました。>
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/nbc/856697?display=1

 これは長崎県だけの問題とならず、党本部も関与。3人は、党本部に執行部の刷新を求めたものの、認められなかったため、党本部に離党届を郵送した…と、経緯を説明しています。一方、山田博司幹事長は主張について「事実と大きく食い違っている」と反論しているそうです。

<会見のなかで、3人は『今月18日に開かれた日本維新の会の役員会での発言』とする音声を公開しました。
音声:「はっきり言ってこのポンコツ3人除名した方がいいですよ。あまりにもポンコツ具合が激しいですよ」
 これに対し県総支部は “ポンコツ”と発言したのは「議員報酬の一部を寄付するという党の規約を守らなかっため」などと説明していて、山田博司幹事長は3人の主張について「事実と大きく食い違っている」と反論しています。>

 ただ、ポンコツ発言がある時点で苦しいかもしれません。大学や企業で同様の発言があった場合、パワハラと認められていることが多いです。また、ポンコツ発言をした正当な理由として出されたのが、「議員報酬の一部を寄付するという党の規約を守らなかっため」というのも注目でしょう。

 維新は「政治とカネ」問題に厳しいことが特徴で、この点では比較的仲が良い右派仲間の自民党をも批判していますけど、維新自身お金の問題が多く五十歩百歩。ただ、とりあえず、今回の寄付というのは、「身を切る改革」を実行させるためのものだったようで、これでトラブったのかもしれません。

 ポンコツ発言は当初の記事で石井弁護士が指摘していた<「バカ」「アホ」といった言葉は、相手の人格や尊厳を否定していることになります>に該当しています。また、パワハラ問題としては、別記事で出ていた反論コメントが典型的で紹介したくなりました。

<今回の問題について日本維新の会長崎県総支部の山田博司幹事長は「3人に指導、監督はしたが、パワハラをした認識はない。党勢拡大のために一致団結できていたと思っていたので、残念だ」などと述べています。>
(長崎 NEWS WEB 維新所属 市議会議員3人離党届 総支部執行部からパワハラか 11月24日 17時44分)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20231124/5030019524.html

 これはもともと書いていた話の「よく上司が部下を叱るとき、『お前が一人前になるように厳しく指導しているんだ!』という人がいますが、それは言い訳に過ぎず“愛情あるパワハラ”なんてあり得ません」(石井弁護士)に該当。愛のある指導というのは、体罰問題なんかでもよくある言い訳ですね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■先輩後輩の上下関係は日本だけの文化?海外の上司部下でも注意!
  ■「褒めて伸ばす」の絶大な威力 青少年犯罪が半減した警察署の試み
  ■部下を叱る上司は皆馬鹿である 最低でも3回褒める・1回怒るのバランスが必要

【関連投稿】
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由