Appendix

広告

Entries

カジュアルな服装の企業はビジネススーツの企業より優れている?


 形から入るだとか、格好だけだとかそういうのは好きじゃないんですが、まず見た目から変えるのが良いという研究があるそうです。



●カジュアルな服装の企業はビジネススーツの企業より優れている?

 カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の研究によると、スーツを着ている人の特性は以下の3つだそうです。

(1)権力を誇示したがるが、他の従業員とのコミュニュケーション量が少ない
(2)物事の詳細よりも概念的な考え方をしがち
(3)具体的なデータや事実ではなく主観に頼った決断をしがち
大企業病を治したいなら、まず服装を変えよう  :日本経済新聞 2015/5/19付 ブランドン・ヒル(米ビートラックスCEO)[日経産業新聞2015年5月19日付]

 米国の一部の大企業でも、スタッフにカジュアルなファッションスタイルを推奨する動きも出て来ている。グーグルやアップル、フェイスブックなどシリコンバレーの多くの企業が次々にイノベーションを生み出しているのにならい、まずは見た目からスタートアップ的カルチャーを根付かせることで、イノベーションを喚起しようというのが狙いだ。

 実はこのスタートアップ的ファッションスタイルとその効果については、米国に先駆けて日本でもかなり以前から一部の人々によって実践されていた。かつて日本発イノベーターの代名詞であったホンダの創業者、本田宗一郎氏は現役時代、自らほかのスタッフと同じ純白のつなぎを着て、現場で一緒に汗を流した。社長もほかのスタッフと同じ服装にすることで、同じチームの一員としての意識を根付かせ、無駄な緊張感を排除するのが目的だったという。現代の日本の職場でも服装のカジュアル化が少しずつ進んでいるが、イノベーションを生み出したい企業は、思い切ってスタートアップ型ファッションスタイルを取り入れてみるのも良いかもしれない。

●ネットでは記事の著者に非難

 上記の記事は日経新聞のランキングで上位だったので目についたのですが、ネットの反応はそれほど多くありませんでした。

 その数少ない反応を見ると、特に根拠なく「馬鹿らしい」と上の記事を批判するものでした。記事の著者のブランドン・ヒルCEOが研究結果を出しているのに対し、批判側は何の裏付けもありません。

 まさに「具体的なデータや事実ではなく主観に頼った決断をしがち」という研究結果の通りになってしまいました。


●スーツを着た人の方が、むしろ仕事がデキる?

 とはいえ、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の研究が胡散臭いというのは私も同意します。こういった研究は一つ出てそれで決まりではないわけですので、研究手法に問題がないかを他の専門家に見てもらったり、同様の研究を他の人たちがしてみたりして、少しずつ確かめていくものです。

 カジュアルな服装の人とビジネススーツの人をどう比べたのか?というのは気になるんですけど、実験の条件なども一切書かれていません。頭ごなしに否定する根拠はないものの、信頼できるような感じでもないですね。

 で、気になって検索すると、何か「ビジネススーツの人の方がむしろ良いんだぞ」という感じの、全く逆のタイトルのページを発見しました。同じカリフォルニア州立大学ノースリッジ校ですので、研究そのものが同じものっぽいです。これはどうしたことでしょう?
スーツを着た方が、仕事はデキる!目からウロコな「身だしなみの心理学」 | TABI LABO Chikaya

科学やビジネスなど、幅広い分野のニュースや論文を紹介している「SAGE Journal」で、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の心理学部、Abraham Rutchick教授は「スーツを着ることで、自信を持ったり、物事を見る視点が変わる」との研究結果を発表。

普段着よりもフォーマルな服装をしていることで、広く総合的に判断する視点を持つことができるのだとか。具体的には、抽象的に物事を捉えるための認知プロセスが強化されるといいます。

 私はビジネススーツの人の方ができるはず…と疑っているのではなくて、そもそも適切に比較できるような条件になっているのか?という根本部分が気にかかるのですが、全く逆になってしまいました!

 うーん、著者らが互いに研究論文の中から、自分の都合の良いところを取り出して見ているだけなんですかね? ビジネススーツにもカジュアルにも一長一短あるというのは、わりと無難な結論ではあります。


●詳細を見ず真実に向き合わないことがむしろメリットになる!

 このページでは、Michael Slepian博士の以下のようなコメントを引用していました。

「仕事で批判を受けたときも、脳が抽象的に事実を受け止めるようになります。そのため、カジュアルな服装をしている時よりも、批判に対して落ち込まずに冷静な判断を行うことができます」

 スーツの人は詳細を見ず真実に向き合わないのですが、批判されたときにはそのような悪いところが有利に働くのかもしれません。逆転の発想みたいでおもしろいですね。短所を長所として活かすという理想通りな感じです。



●職業や役割がその人の行動に影響する

 胡散臭い研究だなと思っていたものの、「なるほど」と感じてきたのが以下のようなエピソードです。

"調査では、白衣を着用した人々が、医者のように注意深く行動するようになる傾向も見られた"

 仕事の向き不向きなんてものはない…とまで行くと過激ですが、職業や役割がその人の個性を作ったり、行動に影響を与えたりするという研究なら昔からあります。たとえば、過去にやったミルグラム実験とスタンフォード監獄実験もそういう話です。

 こういう風に類似した研究が複数あると、ある研究がおかしいか・おかしくないかといった判断をするときの目安になります。

 服装が人々の行動に影響を与えるというのは、それほど不自然なことではないかもしれないと思ってきました。


 関連
  ■ミルグラム実験とスタンフォード監獄実験 ネットリンチと正義の暴走
  ■赤ん坊を殺したフリードリヒ2世の人体実験とオキシトシンの効果
  ■人は傷つきやすい生き物 感情の中で最も長引くのは悲しい気持ち
  ■理研のスパコン京の無駄 コストパフォーマンス最悪でランキングも低下
  ■日本人が逃した3Dプリンター特許 発明者・小玉秀男はランク賞受賞
  ■人差し指より薬指が長い男性は女性にモテる…指の長さでわかること
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由