Appendix

広告

Entries

中国はロシアの属国になる?罠にかかったプーチン大統領


 ロシアと中国は同じ社会主義国だった国だったから仲が良い国というのは誤解。むしろ仲が悪い国でした。ただ、最近両者は接近。「中国はロシアの属国になる」というのは大げさだと思うのですけど、ロシアが中国依存を深めすぎて中国から離れようとしても離れられないところまで行っているという見方まで出ています。

2019/10/30:
●ロシアと中国、同じ社会主義国だった国なので昔から仲良し?
●中国はロシアの属国になる?罠にかかったプーチン大統領
●ロシア経済で一番大事な資源の輸出が中国に依存する状態に
●中国に食い物にされるかわいそうなロシアを欧米は助けるべき?
2020/03/19:
●中国とロシアの巨大ガスパイプライン開通でプーチン大統領歓喜
●ロシアが中国に頭が上がらない理由とは?トルコにも完敗の過去
2020/08/30:
●ロシアの中国通貨の割合が増加!ロシアの銀行はますます中国元を信頼
2021/03/25:
●ロシアと中国が共闘、両国の外相がそろって欧米の制裁を批判する 【NEW】
●中国とロシアは新型コロナウイルスの「ワクチン外交」でも一致 【NEW】


●ロシアと中国、同じ社会主義国だった国なので昔から仲良し?

2019/10/30: 2019年6月7日放送のニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演した外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦さんは、「私の経験で言うと、大陸にあって、国境が陸上で接している国同士で仲のいい国はない」と、いきなり大雑把なことを言っていました。

 「例えばフランスとドイツ、ポーランドとロシアとか。アメリカとカナダだってそうですからね」と例を挙げて、似たような人種構成のアメリカとカナダが仲悪いのに、中国とロシアなんて仲が良いわけないでしょ…というわけみたいです。

 ただ、両国が仲良しアピールしつつも、「中露はまだまだ脆弱な関係」「両者は戦略的な同盟国ではなくて、あくまで戦術的な協力者、妥協の産物」という見方自体はそうでしょうね。現在は利害関係が一致しているため仲良しアピールしているものの、飽くまで一時的なものではないかとは、私も思います。共産圏の国だったから仲良しなんてことはなく、歴史的にも仲が悪い国でした。
(中国とロシアが国交樹立から70年~それでも脆弱な両国の関係 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93より)


●中国はロシアの属国になる?罠にかかったプーチン大統領

 上記の記事を読んだのは、中国の属国と化すロシアを待つ残念な未来:日経ビジネス電子版(2019年8月1日 エコノミスト)という記事があったので、その前に別の話も読んでおいた方が良いかなと思ったため。ただ、選んだ記事が悪かったのか、上記はだいぶ薄っぺらい内容でした。

 日経ビジネス電子版<であったエコノミストの記事もタイトル見ると極端な感じでどうかな?というものなのですけど、記事では、今回の関係が特殊であるという見方をしていました。

 第2次世界大戦後、中国、ロシア、米国は相手を代えながら接近したり遠ざかったりを繰り返してきたことをまず指摘。この指摘自体は今回の中露の接近も今まで通りであるように見えるものです。ただ、今まではいずれの場合も孤立した国が損をする形だったのが、今回の中露の接近の場合、孤立したアメリカではなく、中国に接近しているロシアが一方的にコストを支払う形であることが特殊であるとの指摘でした。

 今までのパターンでは仲良くなった国はお互いに利益を得られるために良い策だったのが、今回はそうではないと言うんんですね。そして、タイトルの話が登場。プーチン大統領は罠にはまっており、「対等のパートナーどころか、ロシアは中国の属国になりつつある」としていたのです。


●ロシア経済で一番大事な資源の輸出が中国に依存する状態に

 ロシアの中国依存の証拠としては、ロシアにとって中国は資源を輸出する極めて重要な市場であるということ。資源は、依然としてロシア経済を支える最も重要なものであるので、ここを抑えられているというのは、確かに大きいかもしれません。

 また、ロシアはドルの覇権体制を回避すべく、外貨準備高に占める人民元の比率を上昇させています。さらに、中国はロシアの先進兵器システムに不可欠な部品を供給。ロシアが国民をコントロールするために使うネットワーク関連機器や安全保障装置という重要なものもそうだといいます。ここらへんは中国にとってもロシアを重視せざるを得ないという話な気がしますけどね。

 ただ、中国からロシアに向かう投資というのは、意外なことに多くないみたいですね。理由の一つとして、ロシア版国家資本主義はプーチン大統領の取り巻きが自らの懐を膨らませるための制度だからだ、としていました。日本では第1次安倍政権のときに、外資を乗っ取って日本に被害を与えたロシアのサハリン2事件があったことを思い出しましたが、第2次安倍政権でもロシアとの経済強化を重視しており、中国とは違う方針のようでおもしろいです。


●中国に食い物にされるかわいそうなロシアを欧米は助けるべき?

 エコノミストでもこの関係は長く続かないかもしれないといった話はあったのですけど、一方でロシアが中国から離れようとしても依存しすぎたことや、力関係の差によって、それができなくなっているかもしれないといったことも書いていました。海外の翻訳記事らしく、まどろっこしくてわかりづらい文章なんですけどね。

 また、中国に接近して食い物にされるかわいそうなロシアを欧米諸国は助けないだろうし、助けない方が良いといったことも書いていました。ロシアでもそのうちプーチン大統領などとは異なる(おそらく欧米的な価値観を持つ)タイプの指導者が誕生するときが来て、その政権に助けを乞われて初めて手を差し伸べるべきといったことを勧めています。

 助けを乞われるまでは手を差し伸べるべきでない理由については特に書かれていませんでしたけど、できるだけ欧米にとって有利な状況にした方が良いとか、敢えて火中の栗を拾う必要はないとか、そういったところではないかと想像しました。


●中国とロシアの巨大ガスパイプライン開通でプーチン大統領歓喜

2020/03/19:関連しそうな記事じゃないかな?と思ったので、プーチン、歴史的な大失態か…中露・巨大ガスパイプライン開通がロシア経済を傾ける Business Journal / 2019年12月5日 6時10分というのを読んでみました。内容はロシアと中国を結ぶ初の天然ガスパイプライン「シベリアの力」を開通させたことについて。藤和彦・経済産業研究所上席研究員による記事でした。

 このパイプラインは全長約3000km。当初は年間50億立方メートル、全線が稼働する2025年には年間380億立方メートルの天然ガスが中国へ供給される見込みだといいます。後者は日本の年間消費量の3分の1にあたるとこと。これによりロシアはドイツに次ぐ第2位のガス輸出先を確保することになりました。

 プーチン大統領は式典に際し、「世界のエネルギー市場にとって、そして何よりも両国にとって歴史的な出来事だ」とその意義を強調。ただし、エネルギー専門家の見方はまったく違っているとのもいいます。ロシアのエネルギー専門家は「プーチン大統領はロシアの面子を保とうとするあまり、今後多額の負債を抱えたことになった」と酷評していました。


●ロシアが中国に頭が上がらない理由とは?トルコにも完敗の過去

 ロシア側にとっての最大の懸念は、「ホールドアップ問題」。外国向けパイプラインの仕向先が1国に限られる場合、輸入国の一方的な事情で「事前に契約された量や価格で原油や天然ガスを買い取れない」と主張されると、生産国がその要求を一方的にのまざるを得ない状況に追い込まれる問題を指す言葉だそうです。

 パイプラインが1国向けだと他の国には売れないために、売り手側が弱くなります。一方、買い手の方は、別の国から買える場合、ロシアから買わなければ良いだけ。売り手側が一方的位弱くなるというのです。これは通常のビジネスでもよくあるもので、有名大企業が悪用していることあがります。

 国同士でもそんなことあるの?と思うかもしれません。ただ、実際にトルコ1国に天然ガスを供給するブルーストリームパイプラインで、ロシアがトルコ側の要求に屈したことがあるそうです。上記まで出てきた話より、ロシア側が一方的に弱い理由が、よりわかりやすい記事でしたね。


●ロシアの中国通貨の割合が増加!ロシアの銀行はますます中国元を信頼

2020/08/30:別のところに追記した話を、ロシアの中国接近関連ということでこちらにも追記。2020/08/30:ロシアの銀行はますます中国元を信頼する(2019年04月09日 19:05)という記事が、「Sputnik 日本」から出ていました。「信じられない、左翼マスゴミのデマだ!」と思う人もいるかもしれませんけど、「Sputnik 日本」はそもそもロシア政府系メディアなんですよね。

 記事によると、ロシアの外貨準備高における中国通貨の割合は13.6% に増加。ここでは米ドルがどれくらいなのか書かれていなかったのですが、記事では「もちろん、 人民元のシェアよりもユーロのシェアの方がまだ大きい」という書き方をしていました。人民元が1位ではないが増えている…というニュアンスですね。

 また、ロシアの中国重視の姿勢がわかるのは、「ロシア中央銀行が中国よりも多く投資しているのは唯一フランスのみ」であるためだとのこと。ロシアの従来のビジネスパートナーであるドイツの有価証券でさえ、準備高の割合は12.2%しかないそうです。

 プーチン大統領の右腕ともされる、ロシア中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ 総裁は人民元における外貨準備高の割合の増加について、「地政学的、経済的、財政的リスクの状況下で政策を多様化し、準備金を維持しようとしている」ためと説明していました。


●ロシアと中国が共闘、両国の外相がそろって欧米の制裁を批判する

2021/03/25:ちょっと方向性の違う話ですが、ロシアと中国が共闘 欧米の制裁を非難 - BBCニュース(2021年3月24日)という記事が目についたので追記。中国のウイグル族に対する人権侵害を理由に、欧米各国が中国当局者らへの制裁を発動したことを受け、ロシアと中国は021年3月23日、共同でこの制裁を非難しました。

<ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相はこの日、中国南部・桂林で中国の王毅外相と会談。両者はそろって欧米を批判した。
ラヴロフ氏は、欧州連合(EU)の「一方的な決定」が、ロシアとEUの関係を「破壊」したと述べた。また、国際関係において制裁は「受け入れられない」手法だと、王氏との間で認識が一致したと説明した>

 中国への非難は無理のあるものも多いですが、ウイグル族に対する人権侵害は本当に最低だということに同意します。人権団体は、中国がここ数年間で100万人以上のウイグル族を拘束し、同国政府が「再教育施設」と呼ぶ建物に収容しているとみていました。中国は「再教育」はテロ対策のためだと説明しているものの、「再教育」というのがある時点で異常でしょう(戦前は日本も似たようなことをやっていました)。

 記事では、前世紀の冷戦下、共産圏のライバルだったにも関わらず、プーチン政権においてロシアが中国との関係を経済や軍事、科学の面で強化してきたことも指摘。これはこのページと合う話題ですね。


●中国とロシアは新型コロナウイルスの「ワクチン外交」でも一致

 あと、記事では、いわゆる「ワクチン外交」交への批判的な記述もあったのですが、こちらは同意できないもの。ワクチン支援に関しては中国とロシアの活動の方が世界の役に立っているかもしれません。自国だけ優先して新型コロナウイルス対策をしても問題は解決せず、ワクチンの世界的な供給が必要であるため。むしろ他の先進国が頑張れよ!というものですね。

<中国医薬集団総公司(シノファーム)が開発したワクチンと、ロシアで開発されたワクチン「スプートニクV」は、欧米のワクチンより短時間で入手でき、価格も低いことなどから、多くの国が購入している。中国がワクチンを無料提供している場合もある。
 ラヴロフ氏は、スプートニクVの輸出は「人間愛」と「人命救助」の原則に立って実施されていると説明。地政学や商業利益を考えてのものではないとした。
 王氏も、中国の目的は当初から、「可能な限り早期にワクチンを入手させる」ことと、「全世界を助ける」ことだと述べた>


【本文中でリンクした投稿】
  ■外資を乗っ取ったロシアのサハリン2事件 三井物産・三菱商事が損失

【関連投稿】
  ■支持率低下、プーチン人気ついに終わる その後の支持率は…
  ■ガガーリンの名言は捏造?「地球は青かった」「神はいなかった」
  ■おそロシア 森で人間の胎児の遺体248体を発見、その真相は?
  ■ロシアと北方領土、アメリカの立場 ソ連への戦利品って本当?
  ■資本主義ロシアのGDPほぼ半減…ソ連の共産主義が正しかった?
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由