Appendix

広告

Entries

新国立競技場の総工費がまだ上がる理由とその他に数百億円いる理由


 新国立競技場、維持費莫大で毎年数十億円の赤字が出るおそれの続き。


●当初は1600億円だったのが2500億円に

 前回は総工費とは別に維持費の問題もあるという話でした。その総工費の話をおさらいしておきましょう。
社説:新国立競技場 納得できぬ見切り発車 - 毎日新聞 毎日新聞 2015年06月27日 02時30分

 総工費は約2500億円に上る。昨年5月の基本設計段階時に公表された1625億円から約900億円も膨らんだ。当初の見積もりの甘さに加え、東日本大震災の復興需要などによる建設資材や人件費の高騰などが原因だ。

●消費税増税が総工費の膨張要因に

 他紙ですと、この総工費が跳ね上がったことの要因の一つとして、上記の他に消費税増税も指摘されていました。5%から8%に上がっています。

 ところが、この消費税増税について、毎日新聞の場合は"消費税が10%に引き上げられれば、総工費がさらに膨れ上がるのは間違いない"と指摘していました。

 そういや、そうですね、すっかり忘れていました。ここからまだ上がる要素があるということです。もうめちゃくちゃですわ。


●総工費と維持費以外にもまだ656億円必要

 また、前回の維持費とも関係するのですが、さらに恐ろしい話があります。
 しかも、試算通り年間3億円強の黒字が出たとしても、完成後の50年間で大規模改修費が約656億円かかるという。本当の意味で収支をトントンにするには、単純計算で年間13億円以上の黒字が必要な計算となる。

 私は他の公共事業についても問題視しているのが、この改修費用や建て替え費用です。一度作って永遠に持つわけではないために、これらの費用まで頭に入れて必要性を考えなくてはいけません。


●金なら豊富にあると言って、招致に成功した東京オリンピック

 お金のきつい話ばかりが出ているのですが、今回の東京オリンピックの招致活動について思い返してみると、キャッシュは潤沢にもあると当時の都知事である猪瀬直樹さんが豪語していたはずです。話がずいぶん違うんじゃありません?
猪瀬氏の「キャッシュ45億ドル」と5000万円 | ニュースのフリマ 2013年12月11日

 五輪招致では「キャッシュ45億ドル」も東京の強みとしてIOC委員らに訴えた。これは石原慎太郎前都知事時代の16年五輪招致に備え、都が積み立てた開催準備基金4000億円のことを言う。現在は利息がついて4000億円強。これを称して「45億ドルのキャッシュが銀行にある」。言ってみれば「現ナマ十分ありますよ」。

●4000億円じゃ全然足りなかった?

 この4000億円ですけど、結局、「足りなかった」ということになるようです。
日刊ゲンダイ|役人焼け太り 舛添都知事が画策する「五輪バラまき2兆円」 2014年8月16日

 舛添要一都知事が2020年東京五輪の会場整備費について、「4000億円にこだわる必要はない」と明言した。今週、朝日新聞のインタビューに答えたもので、舛添はさらに、「仮に1000億円、2000億円違っても、1964年五輪の会場になった駒沢公園のように50年後もみんなが喜ぶものをつくれるなら、都民もOKする。額の高さが問題ではない」とも言い放った。

(中略)招致レースのプレゼンで、当時の猪瀬直樹知事が「キャッシュ イン ザ バンク(現金なら銀行にある)」とほえたが、都はこれまで、積み立ててきた「開催準備基金」4000億円で会場整備費を賄うことを前提として計画を立ててきた。舛添はタガを外すつもりだ。

●嘘で塗り尽くされた五輪招致活動

 積立の4000億円があるから東京都民は不利益を受けないみたいな話がありましたが、それは未来の都民から奪わないというだけで、過去の都民は不利益を受けています。本来でしたらそのお金で何か都民のための仕事ができたためです。

 これだけでもひどい詭弁でしたが、結局その4000億円でも足りないという話。他の嘘も指摘されていますけど、どれだけ嘘をついてオリンピックを招致してきたのか…。嘘をつきすぎです。

 前回の五輪招致費用予定2億・結果158億 東京都の発表は信用できる?ってのを書いたことありますが、今回も結局こうなりました。

 ところが、この4000億円絡みでもまだ他にも嘘があったようです。先のニュースのフリマでは以下のように指摘していました。
五輪招致では「キャッシュ45億ドル」も東京の強みとしてIOC委員らに訴えた。これは石原慎太郎前都知事時代の16年五輪招致に備え、都が積み立てた開催準備基金4000億円のことを言う。現在は利息がついて4000億円強。(中略)そもそも45億ドルは円高時代のレートに基づくもの。1ドル=約89円の計算で、アベノミクスの始まったころに猪瀬氏が都知事に就任して以降は円安基調となり、5月には1ドル=100円になっている。「45億ドル」はオーバーな表現だ。

 こんな嘘ばかりついていて、恥ずかしくないんだろうか?と思います。


 関連
  ■新国立競技場、維持費莫大で毎年数十億円の赤字が出るおそれ
  ■前回の五輪招致費用予定2億・結果158億 東京都の発表は信用できる?
  ■新国立競技場問題で晩節を汚した安藤忠雄 ザハ案選定が黒歴史に
  ■責任者の下村文科相、新国立競技場は「責任の所在不明確が問題」と発言し総ツッコミを受ける
  ■建て替えの新国立競技場 大きすぎ・美観壊す・明治天皇への不敬
  ■東京オリンピックの建築は、北京の失敗に学べるか 新国立競技場の不安
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由