Appendix

広告

Entries

広告が失敗!福原愛・江宏傑夫妻が家庭内トラブル本を手に笑顔


 アイデアのあるものやおもしろい広告の話をまとめてという投稿…のはずだったのですが、その前に失敗広告を追加しています。また、広告関係総まとめといった感じで、<日経新聞がおもしろい広告「あなた専用の動画をご用意しました」>などといった話もまとめています。

(失敗) 広告が大失敗!日立の宣伝の下に日立の不祥事ニュースが一面掲載(2019/06/25)
(失敗) 福原愛・江宏傑夫妻が家庭内トラブル本を手に笑顔で洗濯機の宣伝 (2021/03/05)【NEW】
1. ギネス記録認定!アウディが世界最大となる実物大の新聞広告 (2015/7/14)
2. 金鳥が消費者に作業させる広告 何が完成するかと思ったら… (2015/7/14)
3. キンチョールが新聞読者にゴキブリを作らせる新聞広告で話題に (2017/05/28)

<その他広告に関わる話>
日経新聞がおもしろい広告「あなた専用の動画をご用意しました」(2017/04/22)
メルマガで稼ぐコツ 1回で売上数千万円の無印良品の良品計画(MUJI.net) (2013/3/5)

hitachi_news


●広告が大失敗!日立の宣伝の下に日立の不祥事ニュースが一面掲載

2019/06/25: 1999年の新聞一面の切り抜きが出てきました。なんでこんなの取っておいたのかな?ってものですけど、「日立プラント」の一面右上の下にデカデカとトップニュースで「日立電子が不正輸出」という不祥事が載っていて、ちょっとおもしろかったためだったんだと思います。

 一面記事の内容としては、日立電子が中国に核兵器製造が可能な機器を不正に売っていた疑いがあるという話。今なら「日立は反日売国だ!」と言われそうな案件ですね。この件は最終的にどうなったのかな?と検索かけたものの、ニュースは全然見つかりませんでした。古い話だったからかもしれません。

 どちらにせよ広告が台無しであることには違いないのですけど、日立の名前がつくものの、日立グループでないという可能性があるので検索。まず日立電子は、グループ企業。日立グループ内にて無線通信機器や放送・映像機器の製造販売を手がけていた、国際電気・日立電子・八木アンテナの3社が、2000年10月1日付で、旧国際電気を存続会社として合併して、今は日立国際電気となっています。

 一方、日立プラントは似た名前の企業が多くて苦労。当時東証一部に上場しており、比較的大きそうだった日立プラント建設が該当のところじゃないかと。今は親会社の日立製作所に吸収合併された日立プラントテクノロジーは、2006年まで日立プラント建設と名乗っていました。ということで、どっちもしっかりグループ会社っぽいですね。


●福原愛・江宏傑夫妻が家庭内トラブル本を手に笑顔で洗濯機の宣伝

2021/03/05:福原愛・江宏傑夫妻が台湾の洗濯機の宣伝で笑顔。家族愛を強調した感じの宣伝だったのですが、福原愛さんが手に持っている本がやばすぎる…と話題に。「家事事件」と言われてもピンと来ない人が多く、台湾人はわからなかったでしょうし、福原愛さんもよく確認しなかったんでしょうが、これ、深刻な家庭内トラブルに関する本なんですよ…。


<家庭内の紛争などの家庭に関する事件は,家族の感情的な対立が背景にあることが多いので,これを解決するには,法律的な観点からの判断をするばかりでなく,相互の感情的な対立を解消することが求められています。(中略)
 そこで,家庭内の紛争やその他法律で定める家庭に関する事件については,家庭裁判所が,それにふさわしい非公開の手続で,どのようにすれば家庭や親族の間で起きたいろいろな問題が円満に解決されるのかということを第一に考え,職権主義の下に,具体的妥当性を図りながら処理する仕組みになっています。
 この家庭に関する事件は一般に家事事件と呼ばれ,さらに審判事件及び調停事件の二つに分かれます。また,家庭裁判所では,履行勧告手続など,これらに付随する手続も扱います>(家事事件とは | 裁判所より)

 使用された書籍は、有斐閣という出版社の家事事件手続法--理論・解釈・運用みたいですね。<家事事件手続法の制定過程における議論を下敷きに,理論的・実務的な視角から検討を加え,その理念と残された課題,運用にあたっての指針を示す>というかなりお固い内容の書籍ですが、単に「家事」というワードと表紙の雰囲気が気に入られたのだと思われます。




 この宣伝の「ミステリー」が話題になったのは2020年6月。ところが、2021年3月初め、「江宏傑さんによる福原愛さんへの深刻なモラハラ」と「福原愛さんの不倫」という記事が別々の週刊誌で同日に出て再び話題に。こうなると、福原愛さんが「内容をわかっていたのにそのままやった」という可能性も出てきそうです…。


●ギネス記録認定!アウディが世界最大となる実物大の新聞広告

2015/7/14:アイデアのあるものやおもしろい広告で最初に紹介するのはアウディ。スマートというよりは力技な感じの広告を出していました。「さすがアウディ…」 新聞に折り込まれた「驚きの広告」がギネス記録に認定へ IGNITE / 2015年4月21日 12時6分という記事で紹介されています。

<4月17日の朝日新聞の朝刊に折り込まれた「Audi A3」の正面実物大の新聞広告が、世界最大の新聞折込広告としてギネス世界記録に認定された。
展開サイズは1,485mm×1,868mmと超巨大で、多くの人から驚きの声が上がっていたようだ。(Lion-Maniacs)>


 記事では、"「Audi」はなぜこのような広告を製作したかというと、単に記録の為ではなく、普段ディーラーに足を運ベない人にも、まるでショールームにいるような感覚をご家庭で味わえるように、という趣旨がある"という説明。本当は、普通に話題作りなんでしょ?と思いますが、もっともらしい理由を考えたところまで含めて秀逸です。


●金鳥が消費者に作業させる広告 何が完成するかと思ったら…

 一方、もっとどストレートだったのが、「金鳥」「KINCHO」の商標名でお馴染みの大日本除虫菊の宣伝。やはりこちらも新聞広告。「飛んでる蚊の数字順に線で繋いでみましょう」というものだったそうです。




 で、これをやってみると、どうなったのか?と言うと、こういうことに! 




 誤魔化しなくストレートに「買って」と。小細工なしで逆に好感度アップ。うまいと思います。


●キンチョールが新聞読者にゴキブリを作らせる新聞広告で話題に

2017/05/28:で、今度は金鳥が、別の新聞広告で話題に。やはり読者に作業させる形式ですけど、なんと今度は「完成形を知らせずにゴキブリを作らせる」という広告でした。ゴキブリ嫌いには恐怖です。


 はてなブックマーク - キンチョールの新聞広告に超難解な折り紙→折った結果に悲鳴「やっぱりか!」「思ったより生々しい」 - Togetterまとめでは、お褒めの言葉もありました。

“正しい新聞広告の使い方だ。巨大折り紙なんて新聞広告のでしか出来ないからねぇ”(keshitai 2017/05/28)
“発想の勝利だな。紙媒体ならでは。”(quality1 2017/05/28)

 私もよく考えられた広告だと感心します。こうして話題にもなっていますし、新聞以上にネットでの広告効果がでかかったかもしれません。広告の問題ではないのですが、以下のようなコメントもありました。

“ゴキにキンチョールなんて使ったら暴れまわって大変だから絶対に使いたくない。ゴキジェットプロで瞬殺しないと”(gnta 2017/05/28)

 キンチョールでも十分にゴキブリは死ぬのですが、時間差があり、大きい個体だと確かにかなり動き続けることがあります。なので、食器洗剤がオススメとしている人もいます。(関連:ゴキブリ駆除・退治法 合成洗剤と熱湯の効果はいかほど?)

 ただ、洗剤というのは、もともと虫に噴射することを想定した容器に入れられていません。正直、かなりゴキブリに当てるのは難しいと思います。なので、殺虫剤と洗剤両方持って、殺虫剤で動きを鈍らせつつ、洗剤でトドメをさすといった感じが良いかもしれません。(私の経験では、洗剤もそこまで効果絶大って感じではありませんでした)


●日経新聞がおもしろい広告「あなた専用の動画をご用意しました」

2017/04/22:最近の話じゃないのですが、「○○ ○○様専用の動画をご用意しました 《日経電子版》」というメルマガが入っていて、いつもは読まないのに気になって見てしまいました。

 楽天も近頃「あなたにピッタリの商品を楽天市場からご紹介」「2億商品の中から あなたの為だけにセレクトしました」といったメルマガを送ってきています。こういった手法は目新しいものではなく、閲覧履歴などから推測してパーソナライズされた広告が出るというのもそういうのです。

 この他に、過去の購買履歴を元にファーストフード店などが、自分専用のキャンペーンをやるといったものがあります。これらは昔からあったもの。しかし、日経新聞のような専用の動画というのは、ちょっと珍しいと思って見てみました。
 
 最近見たんじゃないということで忘れちゃったのですが、大部分は使い回し的な内容。たぶん個人ごとにオススメのキャンペーンをいくつか選んで、その内容の動画を組み合わせて再生したのだと思います。技術的には単純で十分できそうですが、それでも動画でってのはちょっと珍しく、目新しさを感じました。

 完全にオリジナルなのが、「先月あなたが読んだ記事は106記事です」みたいな件数表示と音声の読み上げがあったこと。これもボーカロイドみたいな感じで対応できるでしょうから技術的には余裕でしょうが、初めて見ました。おもしろいと思います。

 あと、ここの部分では、「日経新聞だけで1ヶ月で100記事以上読んだろうか?」ともびっくりしました。日経グループを合わせればそれくらい読んでいるけど、日経電子版だけだとそこまで行っていないのでは?と、最初感じました。ただ、考えてみると、1日あたりだと3記事程度。これなら十分読んでいる可能性がありそうです。

 この先月の読んだ記事数というのは、おそらく私が無料版なので「これだけ読んでいるなら有料契約どうです?」という宣伝の意味もあるでしょう。なので、「こんなに読んでいるんだ!」と思わせたというのも、またうまいやり方だと言えます。いろいろとおもしろいと感じた広告でした。


●メルマガで稼ぐコツ 1回で売上数千万円の無印良品の良品計画(MUJI.net)

2013/3/5:無印良品の良品計画で出していたメルマガの話がおもしろかったです。チームを率いる奥谷孝司Web事業部長によると、ここ1年半、メール配信によって催している半年に1度のプレミアムクーポンの発行で、月額3~5%の売り上げを達成するとしていました。

 良品計画 1回のメール配信で売り上げ数千万アップの驚異(後編)(田代 真人  2012年11月19日(月))というタイトルでしたので、たぶんこの月額3~5%が「数千万」なのでしょう。このクーポンのコツについては、以下のように言っていました。

「現在は、それまでの購買回数によって1000円、500円、300円というクーポンを配布していますが、売り上げはむしろ上がっているので、このカタチを変更することは考えていません(中略)
 私たちのいまの目標は半年のあいだに3回ネットで買い物をしてほしいというものです。というのもネットストアの利用回数が3回を超えると離脱率がグンと落ちるのです。その後継続してご購入いただける方が多いのです。
 ですから、会員登録をしていただいて、まずは未購買フォローメールで1回ご購入いただきたい。その後半年のうちの半分の会員にはお誕生日が来ます。そのときに300円もしくは500円のクーポンが届きます。それでもう1度ご購入いただきたい。そして、2回ご購入いただけると、さきほどのロジックで、再び少なくとも300円のクーポンが送られる。そこで3回目のお買い物をしていただきたいと思っているのです。
 このような取り組みで、アクティブユーザーが12%、13%、14%、15%と伸びてきているのです。これは、どうやらこのような施策の効果が出ているんだろうなと思っています」

 ただし、"購入回数0回の人"もいるので、そこらへんを現在攻略中。とりあえず、"『3000円以上購入すれば送料無料にします』というようなメールを配信し"てみて、反応を見てみるようです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■ゴキブリ駆除・退治法 合成洗剤と熱湯の効果はいかほど?

【その他関連投稿】
  ■ほしくないものまでほしくなる広告・商品のキャッチコピーのコツ
  ■洋画の邦題に学ぶネーミングのコツ、マスマーケティングの重要性
  ■売れる高級ブランドと売れない高級ブランドの違い 二極化の理由は?
  ■虫歯予防のキシリトールのマーケティング 敵だった歯医者を味方に
  ■水に落ちた犬(溺れる犬)を打てとは?ビジネス的には正しい戦略
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由