Appendix

広告

Entries

安心の日本製、トヨタ系の高品質デンソーが欠陥でメガリコール


2020/08/30:
●安心の日本製、トヨタ系の高品質デンソーが欠陥でメガリコール
●品質管理が売りだったトヨタグループ、実は管理していないと判明
●他社では考えられない異常!不具合調査を手抜きかそもそも実施せず?
2020/11/26:
●その後ホンダでもメガリコール、合計で479万台以上リコールに

トヨタ式「すぐやる人」になれる8つのすごい! 仕事術 トヨタ式「すぐやる人」になれる8つのすごい! 仕事術 (サクラBooks)


●安心の日本製、トヨタ系の高品質デンソーが欠陥でメガリコール

2020/08/30:他の日本製品の欠陥問題とセットにしようかと思いましたが、単独でデンソー問題を一つ。もともと書きたかった記事は最近のものですけど、今回は、「デンソー品質」に大きな亀裂、巨人はこれでつまずいた 340万台超のメガリコール | 日経クロステック(xTECH)という2020.05.15の記事からです。

 私も日本製には優れたものが多いと思いますが、盲目的な日本製品信仰や海外製品バッシングはどうかと思っています。デンソーの欠陥も「安心の日本製」イメージを汚すものでしょうが、記事では、「トヨタグループの高品質の一翼を担ってきたデンソー」の「高品質の看板に大きな亀裂が入った」という書き方をしていました。トヨタのイメージを汚すものだったみたいですね。

 デンソーが欠陥燃料ポンプを自動車メーカーに供給し、340万台を超える「メガリコール」の原因になってしまった…というのが、この記事当時の状態。今回は書きませんが、その後、デンソーの欠陥はホンダでもメガリコールの原因となり、問題がさらに大きくなっていました。

 ここらへんで出てきた「メガリコール」という言葉自体馴染みがないのですが、これはマスコミが大げさに書いているわけではなさげ。あるトヨタの社員は「当社は年間1000万台のクルマを販売している。その3割以上がリコールになったという計算だ」と説明。こう言われてみると、いかに欠陥車の台数が多かったのかがわかりますね。


●品質管理が売りだったトヨタグループ、実は管理していないと判明

 なお、私が興味を引いたのは、「なぜ、こんな枯れた製品(部品)で……」とデンソーOBが驚いていたことです。「枯れた」というのは製造分野でときどき使われる言葉で、例えば、「枯れた技術」といった言い方をします。そして、「枯れた技術」とは最新・最先端とは逆に、昔からある使い古された技術のことを指す言葉でした。

 新規性の高い技術を使うCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)関連の部品ならともかく、以前から使っている部品が巨額リコールを生んだことにOBらは衝撃を受けたんですね。価格的にも高くなく、その高くもない製品で巨額の賠償金を支払うことなってしまったとも言えます。最悪な感じです。

 この理由を読もうとしたのですが、有料でしたので読めず。同じ日経新聞系で似たようなタイトルの デンソー欠陥問題 「枯れた技術」軽視の手抜き露呈 デンソー欠陥の原因(下) 2020/5/28 2:00 日本経済新聞を読んでみました。

 ここではわりと単純で、「品質管理のところで手を抜いた」ためだとされています。「品質管理」というのは、実を言うと、トヨタグループの最大の売りの一つだったようですので、そこが実は全然できていなかったという、詐欺みたいなことになってしまいました。やはり「トヨタのイメージを汚すものだった」とも言えるかもしれません。


●他社では考えられない異常!不具合調査を手抜きかそもそも実施せず?

 「品質管理」というふわっとした言い方だとあれなのですが、具体的な話を聞いた方がすごさが伝わりそうですね。まず、欠陥低圧燃料ポンプが市場に出てからリコールになるまでに6年半もかかっているなど、欠陥製品をそのまま長く使い続けていたということ。品質の専門家は時間がかかりすぎておかしいと驚いていました。

 長く使われていたんだから問題なしだったんじゃないの?と思うかもしれません。ところが、市場から上がってきた不具合件数は少なくなかったんですよ。少なくないどころではなく、この品質の専門家が「異常だ」というほどの多さ。欠陥低圧燃料ポンプでは555件、欠陥HEV用燃料ポンプでも125件の不具合が出ていました。

 専門家によると、そもそもリコールは、不具合件数がたとえ多かったとしても1桁台のうちに判断しなければならないもの。多くても一桁、つまり、二桁であっても遅すぎだってことです。理想を言えば、市場からの不具合件数がゼロのうちにメーカー側が発見してリコール処理すべきだとのことでした。

 なぜかと言うと、早めに手を打たなければ、リコール対策費用が膨れ上がるため。実際、デンソーはリコール台数が増えまくったことで、賠償費用がひどいことになりました。これはむしろ海外を含めた他の製造業企業らと比べると、ずば抜けて対応が悪かったってことになっちゃいますね…。

 こうしたことが起きたのは、本来すべき不良品、さらには不良品ではない良品を回収して調査することをしていなかったのではないか?という予想が出ていました。また、調査していたとしても手抜きだった可能性も指摘。日本企業では手抜き検査が近年多数判明していることも思い出してしまう指摘です。


●その後ホンダでもメガリコール、合計で479万台以上リコールに

2020/11/26:最初にちょっと書いていた「その後、デンソーの欠陥はホンダでもメガリコールの原因となり、問題がさらに大きくなっていました」の方の補足。デンソーの欠陥、ホンダに波及 判断遅れメガリコール  :日本経済新聞(2020/9/1 2:00)などの記事が出ています。

<デンソーの欠陥燃料ポンプ問題が深刻化している。ホンダが5月下旬に届け出た「シビック」や「CR-V」「HR-V」「NSX」など世界で137万台を数えるメガリコールの原因も、デンソー製欠陥燃料ポンプにあることが関係者への取材で分かった。(中略)これにより、既に判明している322万台のトヨタ車と20万2000台のSUBARU(スバル)車と合わせて、デンソーの欠陥燃料ポンプは世界で479万台を超える大規模リコールへと拡大した>

 リコールとなったホンダ車が搭載していたのは、欠陥のある低圧燃料ポンプ。樹脂製インペラ(羽根車)が変形し、ポンプケースと接触して作動不良となり、最悪の場合はエンストを招く可能性があるということで、やはり問題が大きいものであったようです。インペラを成形する際に、金型の温度が低すぎて結晶化度が低くなったことも指摘されています。


【関連投稿】
  ■日本史上最高の売上達成のトヨタ豊田章男社長「ボーナス減らそう!」
  ■税金払っていなかったトヨタ自動車、巨額の政治献金はしっかり
  ■日本人がヘイトスピーチで応援の日産西川広人社長、正義ではなかった…
  ■三井物産も出資…トヨタも?ルーシッドモーターズとテスラの違い
  ■テスラキラー・ファラディの末路 フィスカーも失敗、ポルシェなども不人気
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由