Appendix

広告

Entries

老舗企業柿安本店の赤塚保正社長、伝統を守らずに攻める!


2015/7/26:
●老舗企業柿安本店の赤塚保正社長、伝統を守らずに攻める!
●需要の読みとお値打ち価格が事業多角化の秘訣
●高級惣菜店は田舎じゃダメ、都会でなくてはいけない
●危機になる前に次の事業を探すことが大切
2019/06/24:
●また多角化!フードコートレストランを開始して牛肉以外まで


●老舗企業柿安本店の赤塚保正社長、伝統を守らずに攻める!

2015/7/26:柿安本店の赤塚保正社長は、インタビューアーに「老舗企業にどんなイメージを持たれていますか」と最初逆に質問していました。

 インタビューアーの方は「一子相伝の技を受け継ぎ、祖業を堅実に守り抜く」と答えましたが、赤塚保正社長は「だとすれば、柿安本店は異質な老舗企業と言えるかもしれません」として、以下のような話をしていました。

<赤塚社長> 創業者、赤塚安次郎が三重県桑名市に祖業である牛鍋店を開業したのは1871(明治4)年。安次郎は柿の行商を生業としていたのですが、幕末から明治にかけ東京界隈で牛鍋が流行っていると知るや歩いて上京し、地元・桑名に牛鍋店を開業しました。
(中略)安次郎だけではありません。私は6代目の社長になりますが、創業者を筆頭に代々の経営者は祖業に縛られることなく、様々な事業に挑んできました。そんな当社ですから「長寿の秘訣を話せ」と聞かれれば、「主力事業が旬の時期を終える前に次の分野を見つけ出し、収益の柱を少しずつ移してきたこと」としか言いようがありません。
([深刻!高齢化社会]なぜ田舎の母は、むやみに和菓子を買い込むのか:日経ビジネスオンライン 鈴木 信行 2015年5月25日より)

 柿安本店 - Wikipediaによると、現在は5事業を主要事業としているそうです。

<精肉・惣菜・レストラン・食品・和菓子の5事業を主要事業としている。店舗ブランドとしても採用されている現社名は、創業者である赤塚安次郎が果樹園において柿を栽培しており「柿の安さん」「柿安」と評判になっていたことに由来するという。赤塚は1871年(明治4年)、三重県桑名川岸町(現在の桑名市)において現在の事業の礎となる牛鍋屋を開業した>


●需要の読みとお値打ち価格が事業多角化の秘訣

 過去に何度も書いているように、私は変わらない企業より変わる企業の方が好みです。とはいえ、ただ単に多角化すれば良いというわけではありません。勝てる事業でなければ意味がないのです。

 私は勝ちやすいものの一つとして「相乗効果・シナジー効果が出せるもの」を想定しています。ところが、赤塚保正社長はそれも否定してしまっており、おもしろかったです。

<赤塚社長> ただ、特徴的なのは、闇雲に次の挑戦先を選んできたわけではないことです。「同じ食の分野だから」「何となく儲かりそうだから」。そんな曖昧な基準で多角化を図ったのではうまくいきません。結論から言えば、柿安本店は、次の2つの条件が当てはまる分野にのみ、事業領域を拡大してきました。(1)人口動態や社会の変化から見て、今後、確実に需要が増える分野、(2)創業から続く経営理念「おいしいものをお値打ちに提供する」ことが可能な分野、です。


●高級惣菜店は田舎じゃダメ、都会でなくてはいけない

 たとえば、総菜店「柿安ダイニング」もそういった基準だったそうです。

 まず、きっかけは、2001年に発生したBSE(牛海綿状脳症)騒動。それまで柿安は牛肉だけのビジネスを手掛けていました。ところが、BSEという外的要因により、客足がパタリ。そこで、当時社長を務めていた父の赤塚保さんは、総菜事業の強化を掲げ、総菜店「柿安ダイニング」の都市部への大量出店に踏み切ったといいます。

 最初は父のこの狙いがよく分からなかったというものの、以下のような考えがあってだったといいます。

「日本の都市部では、1人で暮らす人が増えている。彼らが家族を持っても夫婦2人と子供1人といった核家族で、多くは共働きになる」
「さらに、都市部で暮らす人は今後『食』にお金をかけるようになる。地方は『車』⇒『住』⇒『食』の順位でお金を使う。でも都市では車は必要ない、賃貸で暮らすと言う人も多い。となると、お金をかけるのは『食』だ」
「都市部に高級惣菜店を出せば成功する」


●危機になる前に次の事業を探すことが大切

 特にいいな!と思ったのが、赤塚保正社長のお父さんが2005年頃、"精肉事業もBSEショックから立ち直り、総菜事業進出時のような危機的状況では"なかったのに、「今のうちに次の柱を探せ」と命じたことです。流行り廃りがあるので、平時のうちに次の準備をしておくことは大切。でも、なかなかできないことです。

 そこで先の2条件を満たした高級和菓子事業に赤塚保正社長は取り組むことになりました。これは良かったのですけど、「百貨店に出店するのがベスト」という意見については父に却下されていまします。高級和菓子と百貨店自体は合いそうなものですよね。

 しかし、「百貨店には、長い伝統を持つ和菓子屋さんがある。そんな“横綱”の横に店を出して、“新入幕”の柿安が本当に『おいしいものをお値打ちに提供』できるのか」との指摘。なるほどというものです。

 そこで量販店(おそらく総合スーパーみたいなところ)に進出したんですが、「百貨店と同じく200円前後」だと60、70円が普通の量販店から見て割高感があるので、「120円程度」とさらに工夫。

 また、普通の食べ物といっしょに売り場で売る(=レジイン)と、あまり売れないこともわかりました。一般食品の会計を済ましたレジアウトの方が売れるのです。これは何となく想像できますね。

 レジで支払いを済ませた後は、「予算通り買い物したから帰ろう」という気持ちが一旦リセットされ、たとえ予算オーバーでも追加でついつい買ってしまうという心理のようです。これもおもしろいと思いました。


●また多角化!フードコートレストランを開始して牛肉以外まで

2019/06/24:柿安本店で検索かけると、柿安本店、出店計画を50店に上方修正 新業態第3ブランド開発: 日本経済新聞(2018年10月24日 19:30)というニュースが出てきました。絶好調なようです。

・柿安本店は2019年2月期の出店計画を上方修正。飲食や和菓子事業などの出店数を期初計画より10店増やし、50店とする。過去最多の水準という。

 あと、フードコート事業というのをやっていますね。上記の記事では出てこなかった話で、たぶんこれもまた新規事業ではないかと思われます。あと、牛肉ではなく豚肉中心ということで、これもまた伝統とは異なるところが見えていました。

・中でも新業態のフードコート型レストランの出店を加速し、豚肉料理を中心に据えた新たな店の業態開発も進める。幅広い客層の取り込みを狙う。
・同社の主力は精肉や総菜事業だが、百貨店以外の販路拡大策の一環としてフードコート型レストランの出店を加速させている。牛肉料理を提供する「柿安Meat Express」は関東を中心に展開。今期は前の期の出店実績の倍近い10店以上の出店を見込む。
・一方、「第3ブランド」として豚肉料理を提供するフードコート店の開発を進めている。「奇跡の親子丼」や「Meat Express」とすみ分け、フードコートの出店に幅を持たせる。


【関連投稿】
  ■外国人の好きな日本食=子供が喜ぶ料理 カレー、ハンバーグなど
  ■雪国まいたけでお家騒動 大平喜信オーナーと星名光男社長らバトル
  ■最近の食のトレンド 熟成肉,ランチパスポート,高級ポップコーン
  ■食べログの評価の点数3.1〜3.3のお店がおすすめできる理由とは?
  ■物価上昇でもサラリーマンの小遣い、史上2番目の低さ 最低はいつ?
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由