Appendix

広告

Entries

サヴァン症候群と右脳・左脳 原因は左脳の損傷で人工的に再現可?


 サヴァン症候群でまだいくつか書いておきたい話があります。


●サヴァン症候群は左脳の損傷によって起きる?

 右脳と左脳の働き・機能や利き手との関係はどこまで本当なのか?でやっているように、右脳・左脳による診断は血液型性格占いのように根拠に欠ける可能性が高いです。そのため、私は右脳・左脳という言葉を見るだけで、身構えてしまいます。

 ところが、サヴァン症候群の説明でもこれらの言葉がよく出てきます。サヴァン症候群とは?知的障害・発達障害・低いIQで高い記憶力でも用いた厚生労働省厚生労働省の健康用語辞典には、"サヴァン症候群についてはまだ解明すべき謎が多く残されていますが、現在では、左脳の損傷によるという説が有力視されています"とありました。
(サヴァン症候群とは - 健康用語 Weblio辞書)

 ただし、有力視されているというだけで、確定的といえるかどうかはまだわかりません。慎重に見ておいた方が良いと思われます。


●まだある大脳の左半球損傷説

 左脳あるいは右脳に関係する話は、他にも多数出てきました。日経サイエンスは記事を購入してダウンロードしないと読めないものの、概要の紹介があるため、ある程度の内容を見ることができます。

 ここで左脳について触れたサヴァン症候群関連の記事が二つ見つかりました。
既成概念をオフ サヴァンに学ぶ独創のヒント | 日経サイエンス  A. W. スナイダー S. エルウッド R. P. チー(いずれも豪シドニー大学)日経サイエンス  2013年6月号

 通常なら優勢な脳の左半球の機能が低下している一方,それを右半球が補っているようだ。これと同様の脳活動パターンを,脳を電気的に刺激することで誘導する試みが進んでいる。既成知識のフィルターによらない認知スタイルを生み出して,与えられた問題を違った角度から見られるようになるだろう。

 もう一つはこちら。
右脳の天才 サヴァン症候群の謎 | 日経サイエンス  D. A. トレッファート(セント・アグネス病院) G. L. ウォレス(ロンドン精神医学研究所) 日経サイエンス  2002年9月号

 サヴァン症候群についてはまだ多くの謎が残されている。だが脳の画像診断法の進歩により,疾病の全貌が明らかになってきた。長い間,大脳の左半球損傷説が唱えられてきたが,画像研究の結果はその説を裏付けている。

 日経サイエンス以外にも触れている記事があって紹介するつもりのものがありましたが、インチキ・疑似科学批判のある茂木健一郎博士をさらっと紹介している人でした。信頼性が不安になったので、引用はやめておきます。

 で、紹介するのは以上だったものの、少ないので他の話もまだ探します。いくらでも出てくる感じです。
人間の脳はいったいどれほど多くのことを憶えることができるのか? - GIGAZINE 2015年04月08日 01時05分20秒

Orlando Serrellさんは10歳の時、左頭部に野球のボールが当たったことをきっかけにサヴァン症候群の症状を見せ始め、自動車のナンバープレートをいくらでも覚えたり、複雑なカレンダーの計算ができるようになりました。

 もう一つ、また日経サイエンス由来のもの。(よく見ると上と同じ人の例でしたわ)
ある日「天才」が目覚める 脳が秘める無限の可能性  :日本経済新聞 2014/12/27 7:00(詳細は25日発売の日経サイエンス2月号に掲載)

 FTD(引用者注:前頭側頭型認知症)では特に脳の左前側頭領域と眼窩(がんか)前頭皮質がよく侵される。この2つの領域は後頭部から送られてくる視覚系の活動を抑制する働きをしている。FTDを患うとこうしたブレーキ役が解除され、芸術的な感性が生じるようだ。

 この話は「芸術的な感性」と言い出していて、警戒してしまいます。ただ、私も右脳と左脳の働き・機能や利き手との関係はどこまで本当なのか?において、サヴァン症候群では視覚絡みの特殊な才能が結構あるといった話を書きました。


●右脳・左脳説で右脳はどういった役割だった?

 そもそも右脳・左脳説で右脳はどういった役割だったでしょう?

 右脳と左脳の働き・機能や利き手との関係はどこまで本当なのか?を見直してみると、以下のようになっていました。

左半球:言語や論理的思考の中枢
右半球:映像・音声的イメージや芸術的創造性を担う

 左半球がダメになって右半球が発達、つまり、映像・音声的イメージや芸術的創造性が発達するということです。私が警戒した最後の日経サイエンスは、やはり右脳・左脳説の理解に似ていますね。

 とりあえず、右脳と左脳の話でやったように、以下は一般的に支持されている理解のようです。

・大脳においては、一般的には体の右側の末梢神経(感覚や運動)は左半球に投射され、左側の末梢神経は右半球に投射される。ヒトの視覚においては、網膜の右視野(右目の外側、左眼の内側)は左半球に投射され、左視野は右半球に投射される(半交叉)。

 ただ、ある程度の傾向であり、そうでない例も多いです。個人差も大きいく、カチッと役割分担しているわけじゃないんですね。


●左脳が発達している場合も

 また、左脳ではなく、逆に右脳を損傷している例も見つかりました。
後天性サヴァン症候群―脳への衝撃で一転、理系の天才に マイナビウーマン 2014年5月3日 22時24分 (2014年5月5日 23時44分 更新

フィンランドの医師Berit Brogaard氏によると、パジェットさんの脳は左側、特に頭頂葉がより活発化していたとのこと。脳への衝撃により神経伝達物質が彼の脳の左部分に大量に集まり、脳内構造を変えたと考えられています。

 ただ、芸術系ではなく、数学系という違った才能を発揮。むしろ右脳・左脳説を補強しそうな逸話ですね。


●人工的にサヴァン症候群を作り出せる?

 先のGIGAZINEでは、人工的にサヴァン症候群を作り出すかのような実験を行っていました。
左頭部に野球ボールを受け、サヴァン症候群になったSerrellさんの事例を基に、Snyder教授は実験を行っています。実験には自閉症とサヴァン症候群による機能不全を持つ人が参加し、磁界を生成するキャップをつけてもらうことで、左前頭葉の神経活動を抑制させたところ、絵を描く能力やカードの枚数を数える能力が上がることがわかりました。ただし、記憶の検証のテストは比較的簡単なもので、今後はさらに改善が必要としています。科学者の中にはSnyder教授の実験結果に懐疑的な声も挙がっているのは事実ですが、今後における脳の仕組みの解明にはSnyder教授の基礎的な研究は欠かせないものと言えそうです。

 これはロボトミーを連想させます。
精神外科 - Wikipedia

 ロボトミー

1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)がチンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと報告したのを受け、同年、ポルトガルの神経科医エガス・モニスがリスボンのサンタマルタ病院で外科医のペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトにおいて前頭葉切裁術(前頭葉を脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。その後、1936年9月14日ワシントンDCのジョージ・ワシントン大学でも、ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、米国で初めてのロボトミー手術が激越性うつ病患者(63歳の女性)におこなわれた。当時に於いて治療が不可能と思われた精神的疾病が外科的手術である程度は抑制できるという結果は注目に値するものであって世界各地で追試され、成功例も含まれたものの、特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。また生還したとしても、しばしばてんかん発作、人格変化、無気力、抑制の欠如、衝動性などの重大かつ不可逆的な副作用が起こっていた。

しかし、フリーマンとジェームズ・ワッツ (James W. Watts) により術式が「発展」されたこともあり、難治性の精神疾患患者に対して熱心に施術された。1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられた。しかし、その後、抗精神病薬の発明と飛躍的な発展がされたことと、ロボトミーの副作用の大きさと相まって規模は縮小し、脳神経学では禁忌とまでにされて追い込まれる事になる。また、モニス自身もロボトミー手術を行った患者に銃撃され重傷を負い、諸々の施術が(当時としては)人体実験に近かった事も含め、槍玉に挙げられ廃れる事になる。

日本精神神経学会が1975年(昭和50年)に、『精神外科』を否定する決議を採択し、ロボトミー手術の廃止を宣言した事から、現在の日本において、精神疾患に対してロボトミー手術を行うことは、精神医学上禁忌である。しかし、精神障害者患者会の一つ、全国「精神病」者集団の声明(2002年9月1日)では『厚生労働省の「精神科の治療指針」(昭和42年改定)はロボトミーなど精神外科手術を掲げており、この通知はいまだ廃止されていない。』としている。

 何だか怪しい感じもありますが、日経サイエンスの記事が多かったように結構注目されている感じがありますので、今後研究がどんどん進んでいく分野なのでしょう。


 関連
  ■サヴァン症候群とは?知的障害・発達障害・低いIQで高い記憶力
  ■右脳と左脳の働き・機能や利き手との関係はどこまで本当なのか?
  ■「サヴァン症候群」とは異なる「超記憶症候群」という症状
  ■脳手術の性格への影響
  ■60歳の老人と6歳児はキレやすさがいっしょ
  ■誤解の多いアルツハイマー病の特徴 老化現象、遺伝、死の危険性
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由