Appendix

広告

Entries

成功は失敗のもと?失敗体験が成功体験以上に大切な理由とは?


 「失敗は成功のもと」という言葉は皆さんご存知でしょうが、逆に「成功は失敗のもと」という言い方もされます。今日はこれらのことわざをを統計的に確認できるのか?という話です。この話の中では、失敗体験が成功体験以上に大切…という意外な事実にも言及されています。

2015/8/9:
●成功は失敗のもと?ロケットの打ち上げの成功・失敗について分析した論文
●「失敗は成功のもと」は統計で確認できたが、「成功は失敗のもと」は間違い?
●信じられない分析結果!大事なのは成功体験よりも失敗体験である
●成功は悪いことではないが「成功は失敗のもと」が正しいときもある
●ビジネスとは違う?「ロケットの打ち上げ」の分析ではわからないこと
2017/11/25:
●失敗は成功のもと、池谷裕二・東大教授が脳研究によって証明!
●環境が変化しても初期のサーチ行動の豊富さがプラスに
●初期の成功体験に影響されるがそれでも全体としてはプラス
●幅広い試行錯誤が良い!「サーチ行動」と「認知地図」の共通点


●成功は失敗のもと?ロケットの打ち上げの成功・失敗について分析した論文

2015/8/9:今回の話は、世界最高峰の経営学術誌の1つである「アカデミー・オブ・マネジメント・ジャーナル」(AMJ)に発表した論文がベース。2010年度のAMJの最優秀論文賞の最終候補に残ったほどのもので、ブリガム・ヤング大学のピーター・マドセンさんとコロラド大学デンバー校のヴィニット・デサイさんらの研究論文です。
 
 この論文では、宇宙軌道衛星ロケットの打ち上げについての、成功体験・失敗体験を調査しています。ロケットの打ち上げは、成功・失敗が明確に評価できるためです。

 また、1957年から2004年までに世界9カ国の30の機関で行われた軌道衛星ロケット打ち上げ4646回のうち、1割にあたる426回が失敗しているというのもポイント。このように、失敗が多く見られることも分析対象として適切だったようです。
(「失敗は成功のもと」は、実は統計的にも正しかった!:日経ビジネスオンライン 入山 章栄 2015年5月26日(火)より)


●「失敗は成功のもと」は統計で確認できたが、「成功は失敗のもと」は間違い?

 論文によると、"打ち上げの「失敗体験」と「その後の打ち上げ失敗確率」の関係"はマイナスだとわかりました。"組織は失敗からも学習して、その後のパフォーマンスを高められる"ということです。

 「失敗は成功のもと」を統計的に確認することができました。

 一方、「成功体験」と「その後の打ち上げ失敗確率」の関係もまたマイナスになりました。"「成功すればするほど、成功する(失敗しなくなる)」わけです"。

 「組織は成功体験から学んで、パフォーマンスを上げる」ので、「成功体験はむしろ足を引っ張る」という格言は間違っているように見えます。


●信じられない分析結果!大事なのは成功体験よりも失敗体験である

 ここだけだとあまりおもしろくないのですけど、非常に興味深いのが"大事なのは成功体験よりも失敗体験"だと導き出せたことです。
「成功体験」と「失敗体験」のその後のパフォーマンス向上効果(回帰分析の係数でみた失敗減少の確率)をみると、前者は-0.02なのに後者は-0.08で、明らかに後者の方が影響力が強い結果になっています。その他の各種統計テストでも、やはり失敗効果の方が強いことが示されました。

 「失敗体験」がなぜ大切か?と言うと、「サーチ行動」のせいではないかと研究者らは予測します。"組織学習に最も重要な基本原理の1つが「サーチ行動」だというのは、学者のコンセンサスになってい"るのだそうです。
 組織というのは、サーチ行動をすることで学習していきます。サーチとは、一言でいえば「新しい考え方・アイデア・知見・情報などを常に探す」ことです。学習するということは、常に経験を通じて新しい考えや情報を自分に取り込んで行くことです。そして一般に、なるべく幅広くサーチ行動をするほど、「広い世界」の中から多様な情報を取り込み、また客観的に「広い世界」での自身の立ち位置が分かってきます。

 そして組織は、失敗を経験すればするほど「これまで自分がしてきたことは、正しくないのではないか」と考えるので、新しい知見を求めてサーチをするようになります。したがって長い目で見ると学習効果が増して、成功確率が上がってくるのです。

●成功は悪いことではないが「成功は失敗のもと」が正しいときもある

 成功体験が失敗体験より劣るのは、「自分のやっていることは正しい」と認識してしまうため、"いつのまにかサーチ行動をとらなくなる"からと説明されています。

 ただ、成功体験を続けていくことは、必ずしもパフォーマンスを下げるわけではありません。前述の通り、「成功すればするほど、成功する(失敗しなくなる)」ことがわかっています。ここらへんは失敗体験の豊富さの違いで説明されていました。
 組織に失敗体験が乏しい場合に限り、成功体験はむしろ「その後の失敗」確率を高める(パフォーマンスを下げる)

 すなわち「全般的には成功体験はよい効果をもたらす(発見1)」のですが、しかし「失敗経験が乏しいまま、成功だけを重ねてしまうと、むしろその後は失敗確率が高まって行く」のです。

 これは「成功は失敗のもと」が部分的に正しいとも言えそうです。


●ビジネスとは違う?「ロケットの打ち上げ」の分析ではわからないこと

 なお、今回の対象となった「ロケットの打ち上げ」は経営などの参考にならないところもあると感じました。環境の変化に関する違いのためです。

 「ロケットの打ち上げ」の場合、物理的な条件などは時間が経過しても変わりません。たとえば、ロケットに用いている燃料が昔は燃えていたのに、次第に燃えなくなっていく…なんてことはありません。諸条件が劇的な変化を起こすことはあまりないでしょう。

 しかし、経営の場合は市場などの環境の変化は常に起きています。たとえば、高級品が飛ぶように売れていたのがすっかり売れなくなって低価格であることが第一になる…そして、また、時間が経つと安いだけでは売れなくなるといった変化は珍しくありません。

 「成功は失敗のもと」は成功体験にこだわってしまい、こういう環境変化についていけない場合も多いのではないか?と思います。


●失敗は成功のもと、池谷裕二・東大教授が脳研究によって証明!

2017/11/25:失敗がむしろ成功に繋がるという話では、他に早く失敗せよ(シリコンバレーの名言) ジョブズとニトリという成功例という投稿もしています。一方、今回追記する話は、「失敗は成功のもと」は科学的に正しかった!~脳研究者・池谷先生の新たな発見(池谷 裕二) | 現代ビジネス(2016/3/24)という記事からです。

 脳科学という怪しいワードを使っていないのに好感が持てますが、脳研究を行っている池谷裕二・東京大学大学院薬学系研究科教授は、14匹のマウスに、迷路を解かせる実験をしました。実際に迷路というイメージほど複雑ではないのですが、スタートからエサのあるゴールまで7つの経路があるものです。

 その結果、すべてのマウスが最短経路を見つけることができました。しかし、差が出たのが、最短経路を見つけるまでにかかったトレーニングの日数。3~18日とマウスによって大きく差が出たんですね。

 そして、おもしろいのが、これを解析したもの。トレーニングの初期に、エサのない行き止まりの道に入ってしまったり、何度も同じ道を通ってしまったりというエラーが多かったマウスほど、よりはやく最短経路を見つけることができたのです。


●環境が変化しても初期のサーチ行動の豊富さがプラスに

 さらに、最短経路を通れないように道を塞いでしまう実験もやっています。最初に1箇所通行止め、その後、もう1箇所通行止めに。このような通行止めがあっても、マウスはすぐに別の経路をとるようになります。そして、何度か繰り返すうちに、ある経路ばかりを通るようになりました。

 おもしろいのが、この場合は最終的にどの道を選ぶかは、マウスによって異なっていたこと。つまり、最短経路を見つけられるとは限らなかったのです。差が出ました。

 で、実を言うと、この場合も初期行動の差が影響してきました。それぞれのマウスの行動を解析すると、最初の実験でよく道に迷ってまんべんなく迷路全体を歩き回っていたマウスほど、経路を塞がれたときにより効率のよい経路を選んだのです。

 これは私が最初の投稿で書いた、環境が異なってしまった場合の実験に近いですね。環境が変化しても初期の「サーチ行動」の豊富さがプラスになった形です。


●初期の成功体験に影響されるがそれでも全体としてはプラス

 ところで、この初期にいろいろ通ったマウスは、道が変更された後の最短経路を認識しても、それに固執することなく、10回に3回くらいは別の道を通るという変わった行動も見られました。これは、経路を塞いでいない最初のトレーニング時の道草の頻度(10回に1回程度)にくらべて、あきらかに高くなりました。

 おそらく「いまは行き止まりだから仕方なく他の道を通るけど、ほんとうはもっと近道があるのに」とわかっているのだと思われます。

 私が言う「成功が失敗のもとになる」というのは、この当初の最短経路に固執してしまうというケースだと考えられます。ただ、前述の通り、このマウスではなく初期にエラーが少なかったマウスの方が、どの実験でも劣っていました。

 この初期にエラーが少なかったマウスの方も、「成功が失敗のもとになる」とはちょっと違いますかね。トライアンドエラーが不十分な状態で成功してしまった場合には、環境の変化にうまく対応できないといった感じでしょうか。


●幅広い試行錯誤が良い!「サーチ行動」と「認知地図」の共通点

 記事では行き止まりや同じ道を通ってしまったことを「失敗」と表現していたものの、「失敗は成功のもと」というより「初期段階の幅広い試行錯誤が良い」という話ではないかという感想もありました。ただ、これは結局、最初の投稿で言う「サーチ行動」のことではないかと思われます。二つの研究は同じ方向性で、互いに相手の説を強化するものでしょう。

 また、今回は「認知地図」という言葉が出てきました。池谷裕二教授は、今回のような迷路課題の場合、脳内にできる「認知地図」が大きく関わっていると考えられている、と説明しています。

 この認知地図というのは、1948年に心理学者のエドワード・トールマンが提唱した概念。そのまんま迷路を歩きながら頭の中にできる地図のことを意味します。今回の場合、トレーニングの初期にいろいろなルートを歩いたほうが、迷路を解くための頭の中の地図の完成度が高くなったと考えられるわけです。

 この用語は飽くまでそのままな「地図」に限ったものみたいですが、「サーチ行動」的な考え方と似たものを感じ、やはり「失敗は成功のもと」の考え方を補強できそうです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■早く失敗せよ(シリコンバレーの名言) ジョブズとニトリという成功例

【関連投稿】
  ■マイケル・ポーターの競争戦略 マクドナルドとモスバーガーの違い
  ■売れる商品は機能ではなくストーリーで売る?コモディティ化対策、レゴの例
  ■雇われ社長として成功する経営者の条件 外部要因の不振では失敗
  ■変わった万引き対策・防止策 レンタル万引き犯や再犯防止受講
  ■寡占市場の具体的な例20 ゲーム機・携帯電話・ビール・航空機など
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由