Appendix

広告

Entries

金縛りは医学用語だと睡眠麻痺という睡眠障害 原因と対策は?


 金縛りの原因は何だろう?とふと思いました。私はレム睡眠の関係じゃないかと思ったんですが、確かめるためにいろいろと覗いてみました。


●「金縛り」は医学用語だと「睡眠麻痺」

 金縛り - Wikipedia(最終更新 2015年4月17日 (金) 08:33)によると、金縛りは「医学的には睡眠麻痺と呼ばれる、睡眠時の全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態」なんだそうです。

 この睡眠麻痺は、"不規則な生活、寝不足、過労、時差ぼけやストレスなどから起こるとされる"とのこと。その他に、以下のような説明があります。

・脳がしっかり覚醒していないため、人が上に乗っているように感じる、自分の部屋に人が入っているのを見た、耳元で囁かれた、体を触られているといったような幻覚を伴う場合がある。


●文化によって異なる「金縛り」

 霊的なものを信じる方にとって上記は非常に不愉快極まりない説明ですが、ご安心を。"覚醒状態においての「金縛り」というものについては科学的にはほぼ未解明であり、精神的なものに起因するとされることも多い"とありました。

 また、霊は信じないが宇宙人が地球に来ていることは信じるという人は、"宇宙人に何かをされたなどという形式の認知になる"とも言われているそうです。まあ、当然何を信じるかによって違ってきますわね。

 長いので読み飛ばし推奨ですが、以下が世界各地の「金縛り」だそうです。
・ラオスでは、睡眠麻痺は「ピー・ウム」として知られていた。これは睡眠中に幽霊のようなものが現れる夢を見て、幽霊が自分を押し付けているか、あるいは幽霊がすぐ近くにいるといったものである。通常、体験者は自分が目覚めているが、動くことはできないと感じている。
・中国の少数民族であるミャオ族の文化では、睡眠麻痺は「圧しつぶす悪魔」と呼ばれていた。睡眠麻痺の体験者はよく子供ぐらいの動物が自分の胸の上に乗っていると主張した。
・ベトナムでは、睡眠麻痺は「マ・デ」(ma đè)と呼ばれ、これは「幽霊に抑えつけられた」ことを意味する。ベトナムの人々は幽霊が身体のなかに入り込み、それが麻痺状態を起こすと考えていた。
・中国では、睡眠麻痺は「鬼壓身」あるいは「鬼壓床」として知られる。これは文字通り訳せば「幽霊に抑えつけられた身体」あるいは「幽霊に抑えつけられた寝床」という意味になる。
・日本における「金縛り」という語は、時に英語圏の研究者によって学術論文などで使われることもある。
・ハンガリーの民俗文化では、睡眠麻痺は "lidercnyomas" ("liderc"の圧力) と呼ばれ、"liderc" (生霊)、 "boszorkany" (魔女)、 "tunder" (妖精) 、あるいは "ordogszeret?" などの超自然的存在によって引き起こされると考えられていた。 "boszorkany" という単語はトルコ語の「圧しつける ("bas-")」という意味の語幹からきている。
・アイスランドでは、睡眠麻痺は通常「マラが来た」と呼ばれていた。マラとは古いアイスランド語で雌馬をさすが、これは悪魔のようなもので人間の身体の上に乗り、その人を窒息させようとするものと信じられていた。
・クルド人は睡眠麻痺を「モッタカ」と呼んでいる。彼らは何物かが幽霊か悪い精の姿となって人の上に現れ、窒息させようとするのだと信じていた。
・ニューギニアでは、この現象は「スク・ニンミヨ」として知られる。これは神聖な樹木が、自分の寿命を延ばすため人間のエキスを吸い取ろうとしているためと考えられた。神聖な樹木は通常は人に知られないよう夜にエキスを吸い取るのだが、たまに人間がその最中に目を覚ましてしまい、そのために麻痺が起こるのだと考えていた。
・トルコでは、睡眠麻痺は「カラバサン(暗闇の抑圧者・襲撃者)」と呼ばれていた。これは睡眠中に人々を襲う生き物と考えられていた。
・メキシコでは、睡眠麻痺は「セ・メ・スビオ・エル・ムエルト (Se me subio el muerto)」と呼ばれていた。これは「死人が乗り移った」ことを意味し、死んだ人の魂が人間に乗り移り、動きを妨害することによって起こるのだと信じられていた。
・アメリカ南部の多くの地域では、この現象は "hag" (魔女) と呼ばれ、通常なにか悪いことが起こる前兆と考えられた。
・「オグン・オル」とはナイジェリア南西部ヨルバ地方で睡眠障害の原因とされている。オグン・オル(夜の争い)は夜間での強烈な妨害をともなっており、この文化ではこれは悪魔が夢を見ている人間の身体と精神に入り込むものとして説明される。オグン・オルは女性の方が起こりやすいとされており、これは地上の配偶者と“霊的な”配偶者の不和によるものと考えられた。この状態はキリスト教の宣教師か、あるいは伝統的な呪術師が悪魔払いをすることで取り除けると信じられていた。
・ジンバブエのショーナ文化においては、「マッジキリラ」という単語が使われる。これは何かが非常に強く圧しつけている状態を指し、ほとんどの場合これはなにかの霊、とくに邪悪な霊が人間をコントロールしてなにか悪い事をしようとしているとみなされていた。人々が信じるところによれば、魔女にはこういった能力があり、そのため魔女はしばしば人の魂をつかってその人の親戚にとりつくとされた。
・エチオピアの文化では「ドゥカック」という単語が使われる。ドゥカックは人が眠っている間にとりつくなにかの悪い霊と考えられていた。また睡眠麻痺は麻薬の一種である「カット (en:Khat)」の使用とも関連しているとされた。「カット」を使用していた者の多くは、長い間使っていたカットをやめた後に睡眠麻痺を経験したという。
・いくつかの研究によると、アフリカン・アメリカンの人々は睡眠麻痺にかかりやすい傾向があるという。これらは「魔女が乗っている」とか「haintが乗っている」と呼ばれている。また、ほかの研究によると、頻繁に(月に一度以上)睡眠麻痺にかかるアフリカン・アメリカンの人は「睡眠麻痺障害」があるとされ、このような人々は平均的な人よりもパニック障害にかかりやすい傾向があるという 。これらの結果はほかの独立した研究者によっても確認されている。

●金縛りの前兆と対処法

 金縛りには必ず前兆があるとのこと。そうなんだ! でも、本当ですかね? 初めて聞きました。

・およそ1~3キロヘルツ (kHz) の「ジーン、ジーン」または「ザワザワー」というような幻聴と、強い圧迫感を伴う独特の不快な前駆症状の数秒後~数分後に一瞬にして全身の随意運動が不可能となる。
・症状は数秒で収まるものから、30分以上に及ぶものもある。

 "前駆症状に気づいた時点で金縛りを回避しようと試みても、ほとんどの場合そのまま金縛りへと移行する"ということですので、あんまり効かなそうですが、対処法があるそうです。

・この状態で意識が覚醒し予兆を感じた場合、無理に身体を動かすよう努める事により金縛りにならずに回避できる。

 成功率は高くなさそうでしたが、さらに、"金縛りが解けてもすぐに前駆症状が現れ、再発することも多く、睡眠の妨げになることも多い"とのこと。たいへんですわ。


●金縛りが起こるのは必ずレム睡眠のとき

 私の予想したレム睡眠の話が出ないじゃないか!と思っていましたが、読み進めていると出てきました。やった、当たりました!

・睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるが、金縛りが起こるのはこのレム睡眠の時である。
・レム睡眠の時に夢を見るのだが、夢を見ている時には脳は活発に活動しているが、体は活動を休止している。
・レム睡眠は呼吸を休止させてしまうことがあり、強い息苦しさを感じたり、胸部に圧迫感を覚えることがある。他にも、他動的に四肢を動かされる感覚などを感じる場合もある。
・そのような不条理な状態を説明するために脳が「自分を押さえつけている人」などの幻覚・夢を作り出すと言われる。

 上の説明のとおりですが、レム睡眠は身体が休む睡眠です。ですので、体が動きづらいということはあるだろうなと予想しました。

 また、レム睡眠は身体が休んでいる代わりに、脳の方は絶好調です。金縛りのときに幻覚を見るというのも、これで説明できます。

 実を言うと、私は最初、幽霊の理由としてこの説を考えだしました。睡眠時に幻覚を見たという話を聞いて、レム睡眠で説明可能では?と考えたのです。

 ただ、幽霊自体の説明としては、過去に幽霊を見る方法が判明する! スイスの大学教授らが真面目に研究をやっていたことを思い出しました。じゃあ、そっちの方が良いかと敢えなくボツに。

 しかし、後から金縛りの説明ならこっちで良いかも!と再び復活してきました。上記の説明を読むと、睡眠時の幽霊の場合ならレム睡眠説でも当てはまりそうですね。


●金縛り=睡眠麻痺の予防法

 前兆になってからでは遅いので、その前の予防法について。Wikipediaではヒントになる話がたくさんありましたので、また箇条書きでまとめ。

・金縛りは、普段余り運動しない者が突然運動を行った場合などに起こりやすくなる。特に有酸素運動は金縛りを誘発しやすい。過酷な有酸素運動をしているスポーツ選手の中には、毎日のように金縛りに掛かる者も多い。
・旅行の移動中や宿泊地での金縛りも多い。これは、移動によって身体が疲弊しているのに対し、環境の変化などにより脳が興奮していることが影響している。
・その他、ストレスや肉体疲労が金縛りを引き起こすこと、体質的に金縛りに掛かりやすい(特に寝入りの悪い人)、事前に「このホテルは(幽霊が)出るらしいよ」などという噂話を聞くなど様々な理由がある。
・レム睡眠時は脱力が起き、仰向け時に舌が下がり上気道を塞ぐため息苦しくなる。 横向き寝の時は起こらない。

 あら、横向き寝最強ですね。私は仰向け派じゃないので、金縛りになりそうにありません。


●金縛りにあっている人、傍から見ると安眠しているように見える

 何かWikipediaだけで完璧っぽい内容ですが、一応他に4つほどページを探しておきました。同じ内容ならもういいやという人は終わって結構ですけど、最初の一つだけおもしろそうなので、良かったら最後にこちらもどうぞ。

 実はWikipediaでは、"現在は金縛りの研究も進んでおり、閉眼型の金縛りは睡眠中に何度も起こすようなストレスを与えることで人工的に作り出すことも可能である"とありました。

 その研究かな?と感じるタイトルの記事も、下調べで集めていた中にありました。「金縛り]の謎を解く 夢魔・幽体離脱・宇宙人による誘拐 (PHPサイエンス・ワールド新書)という本のレビューだそうです。



 金縛りの説明はWikipediaと同じなので省略。違う話だけ。
わざとかかることもできる? 科学的に解明された金縛りの秘密とは ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月20日 11時50分

 金縛りにあった人は、多くの人が「胸やお腹に重さを感じる」というだろう。なかには、何か重いものが乗っているのを見たという人も。

 しかし、実際に赤外線のモニターカメラで観察していても、金縛りにあっている人はずっと眼を閉じたまま。眉間にしわを寄せて苦しそうな顔をするわけでもない。実はこれ、レム睡眠中に睡眠麻痺が起きて呼吸が止まってしまっていることに対してなんとかつじつま合わせをしようとした結果、自分自身で胸やお腹に重いものが乗っているという「幻覚」や実際に乗っているのを見るという「幻覚」を生み出してしまうからなのだそう。

 へー、見た目はちっとも苦しそうじゃないんですね。これはびっくり。漫画なんかだとうなされているんですが、あれは嘘だったみたいです。


●「夕方に長めの仮眠」も金縛りを呼ぶ
 一度金縛りにあった人なら、短時間で終了することも、危害を与えられるものではないこともわかっているが、それでも金縛りにあうと毎回強い恐怖を感じるはず。でも、こんな風に何度経験しても恐怖感を体験するのにも理由があったのだ。金縛りと同じく、夢を見るレム睡眠中には、主に、不安や恐怖、怒りといった負の感情と関係していると考えられている扁桃体が活性化する。金縛りに対する恐怖感は、これによって「自動的に起こされた付随症状」で、夢に悪夢が多いのもこのせいだと考えられているのだ。

 Wikipediaにあった話ですが、仰向け寝の話。以下を読むと、仰向け寝は緊張していないのだから、悪いことばかりじゃない気がしてきます。
 日本人が金縛りにあったときの睡眠姿勢を調べてみると、その80%以上が仰向けだったのだ。逆に、椅子に座ったまま寝ると、睡眠麻痺にはならなかった。これは、姿勢を維持するために筋緊張を保たなければならない状態では、レム睡眠が出現しにくいから。逆に最も筋緊張を必要としない体勢だと金縛りになりやすいということ。

 また、「夕方に長めの仮眠」もNG。仮眠の長さに関する話は、意外に短い最適な昼寝の睡眠時間 コーヒーでカフェイン摂取も良いでやっています。理由は大体同じ感じです。
 夕方に仮眠をとってから夜0時を過ぎて眠る人は、より金縛りになる確率が高くなるという。これには、ちゃんとした理由がある。普通、睡眠は浅いノンレム睡眠から始まって深いノンレム睡眠に移り、しばらく経つと急に眠りが浅くなって、その後レム睡眠が出現する。しかし、夕方に長めの仮眠をとると、そこで深いノンレム睡眠が出切ってしまい、なかなか深いノンレム睡眠が出にくくなるそう。

 おもしろい話だと思ったんですが、タイトルの「わざとかかることもできる?」については、"超常現象でも心理現象でもなく、科学的にきちんと説明できるものなのだから、金縛りになりやすい状況を作り出すことはできる"だけ。あっさりでした。

 では、別の記事…と思ったものの、いい加減長いですし、あまりおもしろくなかったので、途中まで書いていたもののボツに。

 Wikipediaがやっぱり一番詳しかったですが、「金縛り]の謎を解く 夢魔・幽体離脱・宇宙人による誘拐 (PHPサイエンス・ワールド新書)の紹介記事もおもしろかったです。十分満足しました。


 関連
  ■幽霊を見る方法が判明する! スイスの大学教授らが真面目に研究
  ■意外に短い最適な昼寝の睡眠時間 コーヒーでカフェイン摂取も良い
  ■6時間睡眠10日で徹夜レベルまで認知機能低下 少し睡眠不足の怖さ
  ■スポーツ選手の睡眠時間は一般人より長い・短い…さて、どっち?
  ■朝型勤務「ゆう活」やサマータイム制度のメリットとデメリット
  ■レム睡眠のときだけ夢を見るは嘘?ノンレム睡眠でも夢を見ている
  ■寝苦しい熱帯夜でも快眠するための工夫 ダンボールが役に立つ?
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由