Appendix

広告

Entries

葬式の喪服が黒は日本の伝統ではない 死に装束と結婚の白無垢の意味


 喪服と結婚衣装の色に関する話をあれこれ。黒の印象が強い喪服というのは日本ではかなり最近広まった風習であること、花嫁衣装の白のウェディングドレスと白無垢が同じ色である一方、日本では死に装束も白であることなどについて書いています。(2017/09/06)


●死に装束は白装束で黒じゃない

2017/09/06:日本の伝統だと思っているものが意外に歴史が浅かったり、西洋の風習だったりということがよくあります。喪服が黒というのも、日本の伝統ではないのではないかと思いました。

 まず、喪服というか、亡くなっている人が着る服の話。死に装束 - Wikipediaでは、死に装束を、故人に対して施される衣装のことであり、白を基調とすることから白装束(しろしょうぞく)とも称すと説明していました。

 "近年では、故人に対し死に装束を施さずに浴衣や故人が生前によく着用していた服を着せ、死に装束は遺体の上からかぶせたり、棺内に入れるだけであったりすることもある"ともありましたが、これは逆に言えば、現在でも白装束の風習が残っていることを意味しています。


●葬式の喪服が黒は日本の伝統ではない

 では、喪服はどうだったのでしょう? 喪服 - Wikipediaによると、大坂の場合、江戸時代まで、喪服は喪主に限らず、白が一般的でした。親族は白または水色の無紋の麻の上下で、夏は白の晒(さらし)を着用。女性も白絹白麻布の着物に白絹白綸子(りんず)の帯を着用したそうです。

 ただ、「大阪では」とあったように、地域によって違ったようです。江戸では親族でも染服に小紋上下を着用したと書かれていました。この「染服」を検索しても出てこないのですが、要するに色付きの服って意味ですかね? とりあえず、白とは限らなかったようです。

 しかし、これは結局、喪服が黒というのが日本の伝統ではないことも意味しています。Wikipediaによれば、上流階級において黒が喪の色として認識され、次第に明治期を通じて黒に変わっていったのは、明治11年の大久保利通の葬儀の際多くが黒の大礼服で出席したことだそうです。

 これにより、和服では、男性は紋付地黒の羽織袴、女性は黒色の紋付が着用されるようになり、さらに、昭和30年代には、喪主や親族以外は洋服の喪服を着用するようにと変わっていきました。


●西洋のウエディングドレスは18世紀ごろの発祥

 このように喪服の色が気になったのは、同じ白だけど…? 「ウエディングドレス」と「白無垢」の微妙な違い オトナンサー | ライフ・美容 | 2017年09月05日を読んだのがきっかけでした。こちらでは、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんが、「ウエディングドレス」と「白無垢」の発祥について説明しています。

 ウエディングドレスは18世紀ごろの欧州が発祥。英国のヴィクトリア朝時代において、花嫁は処女であることが求められ、それを視覚的に示すのが白のウエディングドレスでした。白のウエディングドレスが一般に普及したのは1840年、英国のヴィクトリア女王が結婚式で白のドレスを着たことがきっかけとされています。

 それまで庶民の間ではウエディングドレスの色に決まりがないどころか、式後もドレスをリフォームして着回していたとのこと。ただ、裕福な上流階級の女性たちはほとんど着回さず、若い女性の正装用だった白のドレスをウエディングドレスとして着用していました。ヴィクトリア女王はこの例にならったようです。


●なぜ死に装束と同じ色?日本の白無垢の意味

 一方、日本で婚礼に白無垢が着用されるようになったのは室町時代とこれより早いようです。室町時代は1336年 – 1573年ですからね。

 ところが、これ、前述の死に装束と同じ色だということになります。不思議な気がするのですが、そもそも日本人には「白=不吉」という概念がないと説明していました。ただし、以下の説明は結局死に関係しているというものです。

「当時、女性が他家に嫁ぐ際には『生家で身に付けた習慣や風習、しきたりなどを全て捨て、生まれ変わったつもりで嫁ぎ先の家族として生きる』という覚悟を強いられました。つまり、白い花嫁衣装は娘時代と決別するための『死に装束』としての意味合いもあったのです」
「白無垢はその名の通り、何にも染まっていない無垢な状態で嫁ぎ、婚家に染まることを示します」


●白装束の理由は神聖な色?修行僧の衣装?

 うーん、上記の「他家に嫁いで妻が古い家を捨てる」という考え方が、日本の伝統なのか、あるいは強固に根付いた考え方だったのかといったところはちょっと怪しい気がしますので、もう少し確かめたいところです。

 例えば、古い家を捨てる象徴のような気がする妻の苗字の変更というのは、日本では実はかなり新しい風習なのです。
(関連:夫婦同姓は日本の伝統文化ではない 明治前半までは夫婦別姓が原則)

 また、家族制度 - Wikipediaでは、"江戸時代以前の日本では、儒教の影響が強い中国や朝鮮よりは家族制度が緩やかであり、強固な家族制度を有するのは、武家や公家に限られた。明治時代に近代法体系を整備する過程で、庶民にも男系重視の家族制度(家制度)が採り入れられた"としています。

 一方、死に装束が「白」である理由は、日本では古くから「白」は太陽の光の色であり、神聖な色だったことによる、という説が一般的だと、記事ではしていました。ただし、先のWikipediaでは「多くは仏式で巡礼者または修行僧の衣装」と指摘していましたし、こちらも定説ではないかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■夫婦同姓は日本の伝統文化ではない 明治前半までは夫婦別姓が原則

【その他関連投稿】
  ■葬式に菊は日本らしい風習なのか?
  ■日本人の性はおおらかだった…は本当?男も女も全裸で平気との記録
  ■無料貸し出しの傘、盗難率99%でも「日本の民度低い」に異議あり!
  ■マナー悪い中国では無理?ほぼ全部盗難されて、シェア自転車会社が倒産
  ■日本人のマナーが良いは幻想で実は悪い?世間体と相互監視が本質
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由