Appendix

広告

Entries

NetflixとHuluが日本で苦戦する理由 より人気なのはどっち?


2015/8/30:
●Netflixが日本で苦戦する理由 日本人は~~が好きだから
●「検索をする必要がない」方が実はユーザーフレンドリー
●作品数が多く見えるのに、Netflixは数の多さを強調していない
●強さの秘訣?社長の鶴の一声よりもA/Bテストを重視する
2018/05/17:
●NetflixとHulu、日本で人気なのはどっち?動画調査によると…
2019/11/24:
●飛ぶ鳥を落とす勢いだったネットフリックスが苦戦
●新興ネット企業が従来のテレビ局や映画会社に勝てるのか?


●Netflixが日本で苦戦する理由 日本人は~~が好きだから

2015/8/30:以前、Hulu(フールー)についてもおもしろいと紹介した…と思って検索かけたら、やっていませんでした。ただ、このHuluは、結局、日本ではいまいちな感じですね。伸びていません。ということで、「Netflix」もコケそうな感じがありますが、ビジネスモデル的な話はやはり興味があります。

 「デアデビル」などの独自配信とともにやってくる「Netflix」の日本戦略を徹底解説、一体何がすごいのか? - GIGAZINE(2015年08月26日 12時00分00秒)という記事の前半じゃ、延々と「デアデビル」という作品の紹介していてつまらなかったです。PR記事なんでしょうね。ただ、後半にはビジネスモデル的な話がありました。日本法人のPR担当の中島啓子さんへのインタビューです。

 まず、先述のHuluがパッとしない理由も同じなのかな?と感じた話から。アメリカで成功した動画サイトが日本で苦戦する理由と考えられそうです。

<日本の場合、「日本のコンテンツを見たい」と思っているユーザーが多いので、Netflixでは日本向けのコンテンツとして「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」と「アンダーウェア」の2作品を発表しました。ですが、サービス開始時点では「Netflixだけで見られる日本オリジナル作品」に関して大量に揃えているという状態ではないので、スタートダッシュで大成功を収めると楽観視はしていません>

 映画なんかはよく邦画がクソだと言われるんですけどね。テレビドラマは確かに海外より国内コンテンツが主流です。

 ネットで継続的に見てもらうものなので、おそらくNetflixもそういった続き物が主体なのでしょう。そうなると、やはり日本で作られたコンテンツ(ローカルコンテンツ)が必要ということになりそうです。


●「検索をする必要がない」方が実はユーザーフレンドリー

 Huluもここらへんの話がおもしろかった記憶がありますが、ユーザーの見たいものをいかに届けるか?という部分。Netflixではユーザーの視聴履歴を参考にした独自のレコメンドシステムで大量のライブラリーの中からおすすめ作品を選び出していて、75%のユーザーがこのシステムによって次に見る作品を決めているというほどだそうです。

 一方で、こういうのは日本企業が下手ですよね。例えば、ネット通販でのオススメは楽天市場よりAmazonがうまく、動画でもニコニコ動画よりユーチューブがうまいです。最初にニコニコ動画を見たときは、オススメコンテンツのひどさに慣れず、かなり戸惑いました。今はだいぶマシになりましたけどね。

 宣伝的な話になりますが、上記のようなオススメ機能の強さは以下のような思想によるそうです。

「まず第一の発想が、「検索をさせない」「検索をする必要がない」ということなんです。Netflixのモットーに「徹底的なユーザーフレンドリー」というものがあります。広告がないことでスキップする必要がなく、スキップのための待ち時間もないので、見たいものに早くたどり着ける。だから、検索もする必要をなくす、というのがベースです」

 ただ、日本の場合ローカルコンテンツ好きってのがありますから、そううまく行かなそうな気がします。


●作品数が多く見えるのに、Netflixは数の多さを強調していない

 おもしろいと思ったのが、「あまり、作品のタイトル数や何話見られるという数字は前面に押し出していないようですが」という質問があったことです。

「弊社のレコメンデーションで、多くのユーザーの皆さまに納得できるだけの作品数を誇っていると思っていますので、公表する必要がないんです。大きな投資をしてレコメンデーション機能の改良をしているのは、作品数が多くても「探すのが面倒くさい」「探しきれない」となってしまうからです。数の多さを押し出すのは、私たちの進んでいる方向とは違うという考えから、あまり数字を出していません」

 「レコメンデーション機能は使えば使うほど育っていくので、触ってもらえばそれだけ気に入っていただける自信があります」という話もありました。規模の大きさが効いてくるという話。これはネット検索なんかもそうですね。


●強さの秘訣?社長の鶴の一声よりもA/Bテストを重視する

 もう一人NetFlix ディレクター 下井昌人さんの話は、あまりおもしろいところがなかったんですが、以下は好きな考え方です。

「Netflixのレーティングは5段階なんですが、リード(引用者注:創業者のリード・ヘイスティングス)があるとき「3.5や4.5のように中間の値があってもいいんじゃないか。うちのレーティングを変えよう」と言ったことがありました。ところが、うちのエンジニアは「Yes」とは言わず、「リードが言っていることが正しいかどうか、まずはユーザーに聞こう」と言ったんです。それでA/Bテストをしてみた結果、「3.5や4.5といった細かい選択肢を与えた方が、人はレーティングをしない」ということがわかりました。たとえ有名なCEOの提案であっても「データは逆の結果を示しました。従って、やりません」となりました。分からないことはユーザーに聞くということが徹底している文化があるんです」

 前述の通り、日本では苦戦するんじゃないか?と思いますし、海外企業なので応援するつもりもないんですが、学ぶべきところがあると思います。


●NetflixとHulu、日本で人気なのはどっち?動画調査によると…

2018/05/17:Netflixは日本だと苦戦するんじゃないか?と予想していたので、今検索して日本で一番人気の有料動画は?Netflix・Hulu・DAZN・dTV・Amazonプライム・ビデオなどを書きました。

 パッとしない感じのHuluよりもさらにユーザーが少なく、やはり大ヒットという感じではありませんでした。ICT総研が2017年末に行った有料動画配信サービスの利用動向に関する調査で、定額制ユーザーの利用サービスを聞いたところ、Huluが25%で2位なのに対し、Netflixは14%で4位に留まりました。Huluの方が勝っています。

 ただし、前年度との比較がある「動画配信ビジネス調査報告書2017」を見ると、善戦しているのはNetflixの方であることがわかります。3か月以内に有料の動画配信サービスを利用した人に聞いた、利用している有料の動画配信サービスの比率は以下でした。

Hulu 前年18.5% → 14.9%
Netflix 前年3.9% → 7.6%

 この差を見ると、前述のような海外有料動画が日本人に人気になりにくい理由をよく理解しているNetflixの方が、より頑張っているのかもしれないと感じました。


●飛ぶ鳥を落とす勢いだったネットフリックスが苦戦

2019/11/24:日本だけではない世界全体のネットフリックスの話。どうも苦戦しているようです。ネットフリックス、増収も有料会員伸び鈍く 4~6月  :日本経済新聞(2019/7/18 7:59)という記事がありました。

 米ネットフリックスが発表した2019年4~6月期の売上高は、前年同期比26%増の49億2311万ドル(約5310億円)だったものの、中身は良くない数字。世界の有料会員数は1億5156万人と3月末比で270万人の増加にとどまり、会社予想の「500万人の増加」を下回りました。1月に値上げした米国は、なんと12万6千人の減少。最も成功したように見えたアメリカでは、増えるどころか減っているようです。

 リード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は、伸びが鈍化した要因について「コンテンツ」としていました。ネットフリックスは、一にも二にもコンテンツであり、ここは重要です。ヘイスティングスCEOはこのコンテンツで巻き返すと強気です。

 ただし、状況的にはむしろ苦しいところ。ウォルト・ディズニーが独自の動画配信サービスを始め、AT&T系のワーナーメディアやコムキャスト傘下のNBCユニバーサルも20年に参入予定。これはライバルが増えるという問題より、ネットフリックスのコンテンツが減る危機の方が大きそうな感じ。自社サービスの開始に伴い、ネットフリックスから人気ドラマを引き揚げる動きが出ているそうです。


●新興ネット企業が従来のテレビ局や映画会社に勝てるのか?

 ネットフリックスはこうした番組に支払っていた費用を、独自コンテンツの制作に振り向ける方針。しかし、日経新聞は、市場がこれをあまり評価せず、悲観的に見ていることを強調していました。

 ただ、Netflix、Amazonらがエミー賞独占 TVドラマ衰退、俳優の反応は?でやっているように、今やネット配信のオリジナル作品はテレビドラマ以上に評価されてるので勝てる可能性はあると思います。勝敗は予想しづらいですね。ネットフリックスはデータ企業で、視聴者の好みを抑えているというのも大きいです。結局、できあがるコンテンツ次第としか言えないでしょう。

 なお、世界で苦戦する中で、ネットフリックスが日本重視の姿勢を見せているといった報道も見られます。日本市場ではそれほど成功しているようには見えないものの、逆に成長の余地が大きいと考えているのかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■日本で一番人気の有料動画は?Netflix・Hulu・DAZN・dTV・Amazonプライム・ビデオなど
  ■Netflix、Amazonらがエミー賞独占 TVドラマ衰退、俳優の反応は?

【関連投稿】
  ■FC2終了?実質運営会社の社長や創業者の弟が逮捕 高橋人文・足立真、創業者は高橋理洋
  ■アマゾンも楽天も千葉県市川市に物流センター その理由は?
  ■荒らしはサイコパスでナルシストでサディスト 不快コメントが目的
  ■イギリスアーム社(ARMホールディングス)はインテルを倒すか?
  ■infoQとくまポンの感想 さすがに評判の悪いGMOグループだけある?
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由