Appendix

広告

Entries

孫正義氏は投資が下手?仮想通貨ビットコインを高値で買って大損


 孫正義さんは伸びる企業・良い企業に出資・投資するのがうまい…という印象だったのですけど、ビットコインの買い方が下手な素人みたいなもので驚きました。さらに、その後、ウィーワークでも典型的にダメな買い方をしていたことが判明。また、過去には米Uberでも下手な買い方をしていたと知りました。以前の大当たりはまぐれだったんですかね…?

2019/04/24:
●孫正義氏、仮想通貨ビットコインを高値で買って大損
●孫正義氏は投資が下手?ブランドイメージの毀損の方がでかい
●公募のソフトバンク株を買うのも下手な投資家
2020/03/17:
●ダメ会社を買い増し…ウィーワークへの投資が下手すぎ
●米Uberへの出資タイミングも「典型的な下手な投資家」
2020/05/25:
●安く買って高く売るが投資の基本、ソフトバンクのアリババ売却は?
2020/07/29:
●ソフトバンクの倒産はあり得ない!ただし、未公開株は怪しい…


●孫正義氏、仮想通貨ビットコインを高値で買って大損

2019/04/24:ビットコインでは企業も大損 GMO・SBI・DMM・ビットメインが赤字か?の方に追記しても良いかなと思いましたが、一応別で。企業ではなく、個人での損失でもあります。ソフトバンクの孫正義さんが大損したそうな。

 ダウ・ジョーンズ通信によると、孫さんは、フトバンクグループ傘下の米投資会社「フォートレス・インベストメント・グループ」の幹部の勧めで仮想通貨のビットコインへの投資。高値をつけていたビットコインを2017年後半に購入しました。

 ところが、その後相場が急落。その急落していた2018年の早い時期に売却し、1億3000万ドル(約145億円)以上の損失を出したといいます。ただ、ソフトバンクグループの広報担当者は「コメントを差し控える」としていて詳細は不明。個人の話ではあるのですが、孫正義さんは寄付みたいな個人の話も広報でやっていたので、ここが窓口としては良さそうなんですけどね。
(孫正義氏、ビットコインで145億円損失か 毎日新聞2019年4月23日 22時25分(最終更新 4月23日 22時31分より)


●孫正義氏は投資が下手?ブランドイメージの毀損の方がでかい

 私は投資自体オススメしていませんが、実を言うと勝率というのは素人が思うほど大事ではありません。初心者は勝率に引っ張られてしまいむしろ負けやすくなります。勝率が高くても大損すればマイナスになるのです。逆に言えば、勝率がそう高くなくても、うまい人はプラスに持っていきます。孫正義さんについても1回の失敗であげつらうのは良くないでしょう。

 ただ、私がそもそもビットコインに投資するという選択を取ること自体が賢くないとは正直感じました。素人っぽさがあります。成功したお金持ちが投資するイメージのものでなく、むしろ嫌っている人が多かったはずです。

 さらにそのビットコインも高値で買って、急落して売るという投資の下手っぴさが全開。損失そのものは全体の資産からすれば屁みたいなものですけど、それよりも孫正義さんのブランドイメージの毀損の方が大きいと感じました。

 より詳細な報道によると、マジで最も高いときに買って損失を出した感じ。ビットコインは2017年12月にピークをつけて以降、2018年末までに80%以上下落したのですが、よりによってその2017年にビットコインが最高値を更新した頃に買っていたとのことでした。

 また、孫正義さんって「言うほどすごくないよね」ってのは、他の人も感じているみたいです。ウォール・ストリート・ジャーナルは、190億ドル(2兆1300億円)の資産価値が推定される孫社長に対して些細な損失にすぎないだろうが、「忍耐強く、預言者的な投資家という評判に傷がついた」と指摘していました。
(ソフトバンク孫社長、仮想通貨ビットコイン投資で145億円超の損失:WSJ「忍耐強い投資家という評判に傷ついた」より)


●公募のソフトバンク株を買うのも下手な投資家

 仮想通貨は、うまい投資家、特にお金を多く持っている人だったらまず買わないだろうというものですけど、ソフトバンク関連で言うと、親子上場で新たに公募したソフトバンク株というのもうまい人ならやらない投資でした。

 これは、ソフトバンク株を買った人の末路…今頃「妥当な株価は半分」と言い出す証券会社たちで書いた話であり、意外なことに「カリスマ投資家」とされる人も「買い」だと言っていて驚きました。これもブランドイメージを傷つけた感じですね。

 ただ、こちらの件は逆に言うと、個人などに高値で価値の低いソフトバンク株を売りつけた、というわけで、孫正義さんは非常にうまくやったということ。こういうゲスい儲け方は、孫正義さんって非常にうまいんですね。その他、価値のある企業への投資も正直うまいと思います。でも、波を読んで稼ぐ投資みたいなものは下手なのかもしれません。


●ダメ会社を買い増し…ウィーワークへの投資が下手すぎ

2020/03/17:その後、孫正義さんでは、孫正義ソフトバンク社長の投資したウィーワークは詐欺企業だった?というのを書いています。このウィーワークへの投資の仕方は、素人の典型的な失敗パターンに見えたんですよね。

 上がると思って買った会社が実は全然ダメで値下がりして損したときに、今ならむしろ安く買える!と買い増ししていくうちに損失が膨大になった…という感じでした。

 今まで私はむしろ孫正義さんの投資のうまさを評価していたものの、このように最近はボロクソみたいですね。【大赤字ソフトバンク】Uber、Pepper、WeWork……孫社長はなぜ「ハズレ」を引くのか? | 文春オンライン(2019/11/14 石川 温)という記事も出ていました。


●米Uberへの出資タイミングも「典型的な下手な投資家」

 記事では、孫社長の「判断ミス」はWeWorkに限った話ではない、としています。そして、ここ数年の孫社長が熱を上げて、のめり込んでいる投資に限って「ハズレ」を引いている感があるとのこと。孫正義さんが評価するほどむしろ悪いってことみたいですね。

 2016年の株主総会で孫社長は、2014年に米Uberに出資できるチャンスがあったにもかかわらず、手を出さなかったことを後悔していると打ち明けたそうです。こうしたミスは仕方ないものの、問題は遅れてUberに出資したこと。「安値で買えなかったことを後悔して高値買い」というのも、下手な投資家の典型的なミスそのものです。

<ソフトバンクは2017年から2018年にかけて、満を持してUberの1兆円規模の株式を取得する。しかし、現在は大幅赤字を計上中で、株価は上場時がピークで現在は公開価格を下回っている。孫社長が2014年の段階でUberに出資できていれば、状況は全く異なり、大儲けしていたはずだ。
 このUberへの投資についての後悔から「出資のタイミングを逃がしたくない」という焦りが生まれ、結果として、WeWorkの大失敗に繋がったともいえる>

 なお、記事では、アメリカの携帯電話会社のスプリント買収やロボット事業のペッパーも失敗だったとみなしていました。投資とは言えないものの、グーグルから引き抜いたニケシュ・アローラさんを後継者にしようとして思い直したことも失敗として加えています。一方で、熱の入れ具合が違うためか、うちでやっていたビットコインについては触れていませんでした


●安く買って高く売るが投資の基本、ソフトバンクのアリババ売却は?

2020/05/25:上記を追記した直後の話であったため、ブックマークだけしておいて追記するまでに間を空けたのですけど、ソフトバンクG、4.5兆円の資産売却-最大2兆円の自己株取得へ - Bloomberg(2020年3月23日 14:02 JST)というニュースが気になっていました。これは株価が下がっていたことが理由でしょう。

<ソフトバンクグループは23日、自己株式取得と負債削減のため最大4兆5000億円の資産売却や資金化を行うと発表した。最大2兆円の自己株式取得に加え、負債償還や社債買い入れに充てる>
<世界同時株安による投資先企業の株価下落に加え、新規株式公開(IPO)による利益回収の先行きも不透明になり、ソフトバンクGの株価は下落していた。格付け会社のS&Pグローバル・レーティングの格付け見通し引き下げなどを受け、19日終値は1994年の上場後、最大の下落率となっていた>

 孫正義社長は「負債の削減を通じてバランスシートを強化する」とも表明。これらの説明により、ソフトバンクグループ株が上昇しました。一方で、ソフトバンクグループの主な資産であり、売却に使われると予想されるアリババなどは株価を下げていたタイミング。このアリババは本来なら高いときに売るものだと指摘されていました。

<市場が荒れているため、売れるものはアリババ・グループ・ホールディングなど優良資産に限られる>(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)
<投資会社である以上、資産を相場が「安いときに買って高いところで売るのが本来の姿」>(いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員)

 アリババはソフトバンクグループを支える超優良資産であるため、これを安売りしてしまうというのは、ソフトバンクグループの強みを失わせ、本来は悪手だと思われます。ただ、記事では、<取引は今後、4四半期にわたり実施><これから検討していく>としていたので、口先だけで株価を上げて、叩き売りは避ける…ということだったのかも。こういう口先だけのことなら、孫正義さんは非常に有能ですよね。


●ソフトバンクの倒産はあり得ない!ただし、未公開株は怪しい…

2020/07/29:前回のアリババ売却の話。銀行員のための教科書というブログさんは、世の中で騒がれている問題について、専門的な金融知識を元に「実は大したことがない」といった解説をされることが多いです。ソフトバンクの件について書いた株価が暴落しているソフトバンクグループは大丈夫なのか?も、やはり大丈夫で倒産はあり得ないといった結論になっています。

 ただし、銀行員のための教科書さんでも、問題をいくつか指摘していたことの方が印象的でした。例えば、孫正義さんが言うように、ソフトバンクグループが保有する他社株の価値からすると、ソフトバンクグループ自体の株価が低すぎるというのは本当だとしつつも、有利子負債を考慮しておらず都合が良すぎだとしていました。

 また、ウィーワークのような未公開株(非上場株)が不透明なために、損失が隠されている可能性も指摘。ウィーワークは実際失敗が隠蔽されていましたしね。これに関連して、投資企業として能力に懸念が発生していることも指摘。暴落は過小評価であったものの、孫正義さんが主張するほど価値の高い企業でもないといった感じでした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■孫正義ソフトバンク社長の投資したウィーワークは詐欺企業だった?
  ■ビットコインでは企業も大損 GMO・SBI・DMM・ビットメインが赤字か?

【関連投稿】
  ■日本のスマホはすごいのになぜシェア低い?海底放置でも動いた!ソニーの技術力
  ■格安スマホを使っているのは低所得者より高所得者の方が多いという事実!
  ■東日本大震災ではファーウェイ以外は逃げた?孟晩舟CFOも日本入り
  ■撤退続き…日本の携帯スマホメーカーは何社でシェアはどれくらい?
  ■ファーウェイスマホは危険?カナダの教授「プライバシーと監視の悪夢だ」
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由