Appendix

広告

Entries

反ワクチン派、ワクチン自閉症トンデモ論文で麻疹拡大 新型コロナウイルスでも危険


2015/9/22:
●世界的に科学論文の撤回が増えている理由は?
●不正があってもチェックされていないため、捏造論文は大量生産が可能
●「ワクチンで自閉症になる」の論文には、データ捏造があった?
●ワクチンで自閉症になるという捏造論文のせいで麻疹が流行
2017/06/02:
●反ワクチン活動団体がワクチンと自閉症を関連付ける新たなトンデモ論文を発表
2018/11/16:
●日本も渡航しないように勧告されている国だった
2019/04/01:
●イタリアで反ワクチン派の政権が誕生しえらいことに…
2020/05/25:
●反ワクチン派がSNSで布教し麻疹拡大 新型コロナウイルスでも危険


●世界的に科学論文の撤回が増えている理由は?

2015/9/22:「ワクチンで自閉症」の話がやりたいのですけど、紹介する記事は、世界的に科学論文の撤回が増えている。その理由 : ギズモード・ジャパン(2015.07.01 20:00)というタイトル。なので、まずこの研究不正の話kara
やります。

 論文の撤回が増えている理由については、"不正は昔から一定数あった、単に検出能力が上がっただけ"という説があります。また、記事ではセットにしていたものの、"発表する学会誌が増えただけ"というのは別の説でしょう。こちらは論文自体が増えたから、あるいは質の低い論文も載りやすくなったからというものです。

 技術の発達が盗作をしやすくしている面もあるため微妙なところがありますが、"テクノロジーの進化のおかげで、盗作もだいぶ検出が安価・簡単"になったというのが、前者に対する説明です。また、"通報がネットで楽にできるようになった"ため、告発が増えたというのもあります。

 こういったもともとあったがわからなかっただけ、増えているように見えるだけ…というのは、他の事象でも見られますね。

 たとえば、以前、児童虐待の話で出てきたように、児童虐待件数が増えているのは実際に虐待が増えているわけではなく、認知件数が増えただけという可能性が高いです。そもそも古き良きしつけにおいては、多くの児童虐待がしつけの範疇であり、虐待という意識はありませんでした。
(関連:児童虐待が過去最悪というマスコミの嘘 虐待死減少というのが事実)


●不正があってもチェックされていないため、捏造論文は大量生産が可能

 不正へのチェックが過去には甘かったとわかるのは、捏造疑惑が出た人では過去論文でも多量に疑惑が見つかることです。日本だと、東邦大藤井善隆元准教授の全論文193本に不正・捏造の疑い、世界新記録か?が極端な例です。

 記事では海外の例が載っており、その一つが「ワクチンで自閉症」でした。
「ワクチンで自閉症になる」
「肉好きの人間は自己中」

どちらもソースの論文書いた人は、データ捏造で医師免許や博士号剥奪になってるって知ってました?

前者は社会的インパクトが大きすぎて、データ捏造で論文撤回になって著者が医師免許剥奪になって5年が経つというのに、ワクチンに対する不信感は消える気配もありません(中略)。

後者はオランダの著名な社会心理学者ディーデリック・スターペル元教授が書いた論文です。この肉食自己中の論文を書いて数日後、博士課程の学生2人から常習的な捏造の告発が行なわれ、1週間後に大学が不正を正式発表。10年間にデマ論文を少なくとも55本量産していたことがわかり、学会を揺るがす一大スキャンダルとなりました。

●「ワクチンで自閉症になる」の論文には、データ捏造があった?

 タイトルにしたように、私が気になったのは「ワクチンで自閉症になる」の話。載せたのはランセット(Lancet)だったようです。ここは日本のディオバン事件でも論文が載っていた有名どころです。(関連:慈恵医科大学、望月正武の客員教授取消 ディオバンに有利な報告など)
ランセット - Wikipedia

『ランセット』は、1998年に、MMRワクチンと自閉症との関係を示唆する内容の文書を刊行したとき、厳しい批評を受けた。2004年の2月に『ランセット』は同文書の一部撤回を発表した (Lancet 2004;363:750)。[7] 編集長のリチャード・ホートンは、同文書について、著者の一人のアンドリュー・ウェイクフールド氏 (en)が『ランセット』に開示していなかった重大な利益相反(conflict of interest)があったために、「致命的な利益相反」があったと正式に言明した。[8]そして2010年に論文全体を正式に撤回した。

 利益相反による撤回とデータ捏造による撤回では、意味がかなり異なりますが、以下では最初の記事と同じく捏造という説明。
自閉症 - Wikipedia

 MMRワクチン説

MMRワクチンが自閉症の原因であるとする論文[13]をベースにしているが、この論文にはデータに捏造があったことが発覚し[14]、掲載したLancet誌は2010年2月にこの論文を撤回した[15][16]。

●ワクチンで自閉症になるという捏造論文のせいで麻疹が流行

 罪深いのが、これによってワクチンに疑いを向ける人が出てしまったこと。そして、彼らがワクチンを避けることにより、病気になる人が増えてしまったことです。
麻疹 - Wikipedia

英国ウェールズ地方では、1219名が感染。この流行の原因は1998年当時に英国人医師による『ワクチンが自閉症を引き起こす恐れがあると示唆する』発表の結果、ワクチン接種率が低下したことによる[46]。

 なぜかこういういかにも怪しいトンデモ研究を頭から信じてしまう人は、トンデモ研究者は人々の本当の健康について考えている立派な人で、それを否定する人は金儲け目当てだと思い込みます。

 でも、このワクチン説のように、健康被害を広げているのは前者である場合が多いのです。本当に世の中の役に立っているのはどちらか?というのを、もっとよく考えてほしいのですが…。


●反ワクチン活動団体がワクチンと自閉症を関連付ける新たなトンデモ論文を発表

2017/06/02:日本では、新たな反ワクチン運動が盛り上がっており、海外の科学者が懸念を示しています。(関連:WHO「子宮頸がん予防ワクチンの副作用が疑われる理由は一切ない」)

 ただ、海外でも、未だにワクチンと自閉症を関連付ける勢力が残っているようで、匿名オンライン調査による論文というトンデモ研究に頼る反ワクチン活動 小野昌弘 | イギリス在住の免疫学者・医師 5/28(日) 22:13という記事が出ていました。

 "今回の論文は、伝聞メールで依頼した匿名オンライン自己報告に基づいた研究"という代物。ヤフー個人ニュースの記事なのですが、"「ヤフー知恵袋で聞いてみました」というレベルの研究"と説明されていました。本来、偏らないように選ばなくてはいけない回答者について、全く注意が払われていないのです。

 もちろん載っている学術雑誌もまともではなさそうです。無名で雑誌名も意味がないJournal of Translational Scienceというオンライン雑誌で、"現在山のようにはびこっている中身のないオンライン雑誌の一つと思われます"としていました。たぶん偽学術論文誌を悪用している日本の大学ランキング 驚きの1位は?で出てきたような偽学術雑誌なんじゃないかと。

 研究のお金を出しているのも、反ワクチン活動団体で"Children’s Medical Safety Research Institute"というところだそうです。和訳だと、「子供の医学安全の研究所」といういかにも「子供のためを考えています」という名前だとわかります。

 そして、多くの方が、こういう耳障りの良いスローガン的なものを、科学的根拠があるかどうかよりも優先してしまうために、大きく広がってしまうことがあります。フェイクニュース問題と同じ構造です。


●日本も渡航しないように勧告されている国だった

2018/11/16:ヨーロッパでは2018年上半期、麻疹(はしか)が感染者4万1000人以上、死者40人と大きな流行が起きています。欧州では子供に予防接種を受けさせない反ワクチン派が多いためです。

 アメリカではここまでの流行は起きていないものの、2018年9月8日時点ですでに感染者が137人。「かなりの数」と言える人数だとのこと。困ったことにアメリカでも、前回書いたフェイクニュースの大御所であるトランプ大統領などの著名人が、ワクチンが自閉症を引き起こすという誤った説を支持しているといいます。

 ただ、驚いたことに日本の方が患者が多いみたいですね。10月23日の発表時点で、昨年1年間の14倍になる1289人もの風疹患者が報告されています。疾病対策センター(CDC)が、日本に対して風疹の予防接種や感染歴のない妊婦は渡航しないよう勧告しているほどひどいようです。
(反ワクチンが招いたヨーロッパのはしか大流行 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトより)

 こうした内容のニュースだったにも関わらず、普段ネトウヨ的な発言をしている方は、「摂取した方がいいんだろうけど」と摂取に疑いを持った感じのコメントでリンクしていました。トランプ大統領もそうであるように、ワクチン懐疑論と保守派は相性が良いですね…。子宮頸がん予防ワクチン問題なんかでもそうなっていました。
(関連:子宮頸がんワクチンを利用する保守派 世界日報・統一教会が純潔教育推進に利用?)


●イタリアで反ワクチン派の政権が誕生しえらいことに…

2019/04/01:ヨーロッパでは近年はしか(麻疹)が流行。イタリアでも問題となったため、政府は2017年5月、6歳までの子どもが保育園や小学校に就学する条件として、10種類のワクチンの予防接種を義務付け、子どもが予防接種を受けていない場合は保護者に罰金を課すことを決めました。

 ところが、反EUなどで知られるポピュリズム政党「五つ星運動」がイタリア総選挙で、ワクチン接種の義務化に反対する公約を掲げて勝利し、2018年8月、ワクチン接種に関する政令を廃止する法案を可決。創設者のベッペ・グリッロさんはかつて、「HIVはデマだ」とも主張した方。連立を組む右派政党「同盟」もワクチン接種の義務化に反対しているというところでした。

 五つ星運動首脳の1人、パオラ・タバーナ議員は、子供たちが集まって互いにはしかを感染させ、免疫を高めようとする「はしかパーティー」という危険な催しまで支持。連立する右派の同盟のマッテオ・サルヴィー二党首も、強制的なワクチン接種は「無意味で、危険な場合が多い」とデマを拡散していました。

 総選挙の候補者や幹部の中には、もともと書いていたのと同じ、ワクチンは自閉症を引き起こすものといった主張をしていた人もいたようです。国家によるワクチン接種の義務化を「無制限の大量虐殺だ」とすら言っていました。実際に人を殺しているのは彼らなんですけどね。
(反ワクチン派の政党が政権をとったイタリアで今、起きていること | ハフポスト 2018年09月11日 18時19分 JST | 更新 2018年09月11日 18時20分より)


●反ワクチン派がSNSで布教し麻疹拡大 新型コロナウイルスでも危険

2020/05/25:新型コロナウイルス問題においても、反ワクチン派の増加が感染拡大に寄与する可能性があり、危険だと考えられます。そういった危険性を考えさせる反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢となっている理由が明らかに | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト(2020年5月19日(火)18時10分)という記事がありました。

 記事によると、2019年に米国で確認された麻疹の感染者は1282名で、1992年以来、最多となりました。ワクチン未接種の人々の間で感染が広がったとみられているとのこと。ワクチン反対運動を推進する活動家や団体からの偏った情報や意見がSNSを通じて拡散され、予防接種への躊躇や不安感を煽っているとの指摘もあります。

 米ジョージワシントン大学(GWU)の研究チームは、2019年に米国で麻疹が流行した際、約1億人のフェイスブックユーザーを対象に、ワクチンにまつわる議論を追跡し、ワクチンに関する科学的な専門知識への不信がオンライン上でどのように進展していくのかをマップで可視化しました。

 これによると、ワクチン反対派の人はワクチン賛成派より少ないとのこと。一方で、コミュニティ数で言うと、反対派は賛成派の約3倍となっています。さらに、反対派が判断を保留しているコミュニティをより積極的に巻き込んでいることもわかりました。勧誘活動というのは、賛成派は行っておらず、盲点になっているようです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■WHO「子宮頸がん予防ワクチンの副作用が疑われる理由は一切ない」
  ■偽学術論文誌を悪用している日本の大学ランキング 驚きの1位は?
  ■東邦大藤井善隆元准教授の全論文193本に不正・捏造の疑い、世界新記録か?
  ■慈恵医科大学、望月正武の客員教授取消 ディオバンに有利な報告
  ■児童虐待が過去最悪というマスコミの嘘 虐待死減少というのが事実
  ■子宮頸がんワクチンを利用する保守派 世界日報・統一教会が純潔教育推進に利用?

【その他関連投稿】
  ■展覧会図録を論文流用、岡本哲志法政大教授の経歴 ブラタモリでもお馴染みの先生
  ■ついに光山勝慶熊本大教授を不正認定 山中伸弥教授共著の論文も
  ■大分大、論文26本に捏造など不正 高井教行・萩原聡元講師の経歴
  ■岡山大学、31論文全てで不正なしと結論 柏倉祐司元議員の論文も
  ■金沢大教授の教え子の論文盗用問題 検察審査会が不起訴不当と議決
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由