Appendix

広告

Entries

世界の食糧危機を救うには虫を食べるべき 虫ではコオロギが最適


2015/9/26;
●2050年には人口90億人…世界の食糧危機を救うには虫を食べるべき!
●この記事大丈夫?ミミズを昆虫、ミドリムシを虫と分類する記者
●食べられる虫ではコオロギが最適な3つの理由、栄養価以外には?
●そもそも昆虫が禁忌の宗教ってあるの?実はユダヤ教でもタブーが…
●食べて当然でしょ!東南アジアでは大量に売られているコオロギ
●一番の問題は別のところ…果たしてヨーロッパ人は虫を食べられるのか?
●デザートやコオロギチップス…実は既にたくさんあるコオロギ製品


↓もっと写真を大きくできますし、もっと写りの良い写真もあったのですが、嫌いな人もいるでしょうから小さく。

●2050年には人口90億人…世界の食糧危機を救うには虫を食べるべき!

2015/9/26;世界の食糧危機はコオロギが救う?:日経ビジネスオンライン(蛯谷 敏 2015年7月1日)という記事がありました。現在の場合、食糧危機が起こるのは食糧不足ではなく、実は主に政治や社会の問題。ただ、"2050年には90億人に達するとの予測"とあるので、将来は問題なのかもしれません。

 とりあえず、記者は、"間違いなく言えるのは、食糧自体が今後確実に足りなくなるという現実が訪れる"と断言されていました。そして、その対策として有効なのが、「虫を食べる」なんだそうです。

 昆虫が注目される理由の1つは栄養分。例えばコオロギは、100グラム当たり21グラムのプロテインを含いんでいます。これは牛肉や粉ミルクの26グラムとほぼ変わらない数字だそうです。「動物と比べても、栄養分に遜色はない」と食用コオロギのベンチャー企業エント・キューブのオット・パーロネンさんは言います。

 一方で、飼育のコストは一般の家畜に比べてはるかに安いという魅力があります。例えば、環境にうるさい人が敵視する牛1頭を1グラム増やすのには、8グラムの飼料が必要になるのですが、昆虫ならば2グラム以下で済むという調査もあるとのこと。同様に必要な水分も少なくて済みます。食事は、人間などが排出した残飯でも十分に育つといいます。

 さらに、飼育に必要な時間も、数年単位の期間が必要な牛に対して、コオロギは1カ月ほどで成長と良い所だらけ。家畜を悩ませる口蹄疫やBSE(牛海綿状脳症)といったウイルスの心配もありません。昆虫は、食糧難の時代には実に理にかなった食糧なのだとのこと。環境問題にうるさい方は是非食べるべきです。


●この記事大丈夫?ミミズを昆虫、ミドリムシを虫と分類する記者

 いきなり話がそれちゃうのですが、この記者の方は心配なところがありました。この後引用する部分に"ミミズやバッタなど様々な食用の昆虫"と書いていたのですが、ミミズは昆虫ではありません。そもそも虫とも言わないのでは?と検索したところ、広義の虫にミミズなどの蠕虫(ぜんちゅう)を入れることがあるそうです。

 あと、全部読み終わったところで、<本文中にミドリムシをムシの一種と表現している部分があったので改めました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです>という注書きがありました。

 ミドリムシについては本文で「ミドリムシは正確にはムシではなく藻類に属する」とあったので、てっきりわかって書いているんだと思ったら、後で訂正しただけだったようです。…ということで、下調べが甘そうな感じで、非常に不安も感じる記事ではあります。


●食べられる虫ではコオロギが最適な3つの理由、栄養価以外には?

 話をぶった切ってすみませんでした。「世界の食糧危機を救うには虫を食べるべき」という話に戻ります。

 先に例として出ていたコオロギですが、食用コオロギのベンチャー企業エント・キューブでCEOを務めるロバート・ネルマンダさんは、"ミミズやバッタなど様々な食用の昆虫の培養の可能性を検討した"結果、コオロギが最適だとわかったんだそうです。(正確には「House Cricket」。日本語ではヨーロッパイエコオロギ)

 理由のひとつは、前述の栄養価の問題。もう一つは宗教の問題で「イスラム教では、コオロギは食べてもよい昆虫であることが分かった」(ネルマンダCEO)とのこと。さらに別な理由としては、"東南アジア地域ではコオロギを食べる習慣がある"という、もともと食べている人がいるということです。


●そもそも昆虫が禁忌の宗教ってあるの?実はユダヤ教でもタブーが…

 でも、食べちゃダメな昆虫って本当にいるんですかね?っと検索すると、ユダヤ教の方が出てきました。こちらだとむしろバッタの方が良さそうです。ただ、コオロギはバッタ目なので、「バッタの仲間」ってことでOKかも。もう少し狭いバッタ亜目だと、コオロギはダメになります。
食のタブー - Wikipedia

ユダヤ教では、イナゴやバッタの仲間を除く虫は全て不浄であるとされる。虫が混入した食物も、虫を誤って食べるおそれがあるために避けられる。

 個人サイトで、イスラム教も発見。ネルマンダCEOが確認したのだからそっちが正解なのでしょうが、昆虫全般禁止なので、むしろダメっぽい雰囲気。私の検索した限りでは、コオロギ最適説を補強する話は出てきませんでした。
http://www.rikkyo.ne.jp/~z5000002/p1000/07-ensyuu/07-ensyuu-03/tabu.html

イスラム教
 ・クルアーンによる規定
   豚肉、死獣の肉、血、アッラー以外の邪神に捧げられた物、アルコール類、2つの世界を生きる動物、爬虫類、昆虫類、漬物、紅茶

●食べて当然でしょ!東南アジアでは大量に売られているコオロギ

 また、東南アジアの件も検索すると出ました。コオロギ - Wikipediaの「食用・薬用」の項目には以下のような記述があります。

<東南アジアでは食用として、各種のコオロギが市場で大量に売られている。一方、大型種は食用や民間療法の薬として利用されることもある。日本では20世紀後半以降一般的ではなくなったが、21世紀に入ってもこれらの利用が行われる地域は世界各地に存在する>

 なお、最初の記事でもちょっとあったんですが、動物の餌としてもお馴染みなんだそうです。

<コオロギは飼育管理に比較的手間やコストがかからず繁殖力も旺盛である。このため、実験動物やカエルやトカゲ、大型肉食魚など肉食の愛玩動物のための手軽な生き餌として大量にヨーロッパイエコオロギ(Acheta domesticus)または、フタホシコオロギ(Gryllus bimaculatus)が人工繁殖、販売がおこなわれている>


●一番の問題は別のところ…果たしてヨーロッパ人は虫を食べられるのか?

 最初の記事に戻りますが、まあ、食べられるとわかっても普通は食べませんよね。そこが一番の問題です。
 一番の問題は、「コオロギを食べることの抵抗感」だ。確かに、日本でもイナゴの佃煮などはあるが、決して一般的な食物ではない。まして、昆虫を食べる習慣のない西洋で、受け入れられるだろうか。

 ネルマンダCEOらは現在、レストランなどと連携して、西洋人にも受け入れられるコオロギ料理の研究も同時に進めている。さらに、すりつぶしてパウダー状に加工することなども検討している。(中略)

 既に、地元のNPO(非営利組織)やレストランと交渉し、食用コオロギの反響などを確かめる。今年の夏には、具体的なサービスを提供する予定だ。ただし、欧州の一部の国では虫を食用にして販売してはならないという規制があるため、展開は限られることが分かっている。このため、彼らの主眼は東南アジアやアフリカなどに絞っている。

 そりゃそうだろうと思いましたが、"まだ具体的な事業をスタートしていないにもかかわらず"、「非営利組織などからの問い合わせが増えている」とのこと。これはおそらくヨーロッパ内での反応を指しているのでしょう。意外にイケるのかもしれません。とりあえず、野心的なプロジェクトでおもしろいとは思います。


●デザートやコオロギチップス…実は既にたくさんあるコオロギ製品

 …と書いた後にさらに検索していると、コオロギだと分かっていても思わず食べてみたくなる食べ物5選(The Huffington Post | 執筆者: Leigh Weingus 投稿日: 2015年02月06日 14時50分 JST 更新: 2015年02月06日 14時50分 JST)という記事が見つかりました。何か結構もう既にかなり進んでいる感じです。
1. デザートにコオロギを

ミーガン・ミラー氏によって創設されたBitty Foods社は、穀物や乳製品を使わないデザートを作る会社で、代わりに使うのは「持続可能な方法で育て、ゆっくりとローストして、炒ったナッツの味を引き出した」コオロギの粉。(中略)

2. パンケーキをつくろう

ミラー氏は、ウェブサイトで、コオロギ粉を使って自宅でつくれるレシピも掲載している。レシピを参考に、コオロギ粉のケシの実入りレモン風味パンケーキなどを作ることができる。

3. 午後4時のスランプを、コオロギのエナジー・バーで乗り切ろう

Exo社は、「持続可能な食料源として昆虫を社会に広める」ことを使命に、コオロギのプロテイン・バーを生産している。ピーナッツバターとジャム、ブルーベリーバニラ、カカオナッツなど、インパクトのあるフレーバーを数多く揃えており、1本のバーに含まれるコオロギの数は約40匹だという。

4. コオロギ・チップもある

新しいものに挑戦することをモットーにしているボストン近郊の新興企業Six Foods社は、コオロギ粉を使ったチップスを作り、その開発過程を動画で紹介している。

プロジェクト支援サイト「Kickstarter」で目標の3万ドルを超える7万ドルの資金を集める事に成功したSix Foods社は、このチップスを、「Chirps」という商品名で出荷する予定だ(「chirp」はコオロギの鳴き声を表す英語)。

5. オーガニックキャンディー・バー

Chapulバーは別名「元祖コオロギ・バー」としても知られ、コーヒー豆・ナツメヤシ・ココア・ピーナッツバター・生姜・そしてもちろんコオロギ粉と、すべて天然素材で作られたキャンディー・バーだ。

 エント・キューブはもうかなり出遅れている感じで、大丈夫?と思います。ただ、まあ、こんなにも世界のコオロギ食は進んでいるのか!?という驚きの方が上回りました。日本で手に入るかは不明ですが、食糧問題にうるさい方は是非チャレンジしてみてください。
 

【関連投稿】
  ■【クイズ】世界三大料理は中華料理・フランス料理、あと一つは?
  ■伝統を守らずに攻める異色老舗企業・柿安本店 事業多角化の秘訣
  ■キャラ弁禁止幼稚園の意外な理由、それはいじめ! 他に衛生面も
  ■物価上昇でもサラリーマンの小遣い、史上2番目の低さ 最低はいつ?
  ■鏡見て食べるだけ!簡単なご飯のおいしい食べ方を発見 「共食」効果か?
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由