Appendix

広告

Entries

ノーベル賞ばかりを騒いではいけない理由 白川英樹筑波大名誉教授の警告


 ノーベル賞有力候補の経歴 森和俊京大教授・坂口志文大阪大教授で、日本人はノーベル賞で騒ぎすぎという批判があると書きました。実際にノーベル賞を受賞した白川英樹筑波大名誉教授も、そういった懸念を示している方の一人です。


●ノーベル賞で馬鹿騒ぎする日本のマスコミ

 ノーベル賞報道は単にフィーバーするだけでなく、人となりや動静に注目が集まり、肝心の研究内容が薄い傾向があるというのも問題点としてよく挙げられます。これはSTAP細胞での小保方晴子さんのときにも見られた批判です。
特集ワイド:筑波大名誉教授・白川英樹さんの憂い ノーベル賞の裏で科学研究の危機が 毎日新聞 2015年01月23日 東京夕刊【小林祥晃】

「ノーベル賞ばかりが、なぜこれほど騒がれるのか。これは本当に疑問でしてね」。横浜市郊外のホテルのラウンジで会った白川さんは、そう言ってノートパソコンを開いた。見せてくれたのは、自身が受賞した00年から3年間のノーベル賞関連の新聞記事のリストだ。

 「白川英樹さんが母校で講演」「授賞式へ出発、野依良治教授」「田中耕一さんが富山へ帰郷」……。日本人が受賞する度に見かける新聞記事の見出しが並ぶ。その数は軽く100本を超える。世間のフィーバーぶりがよく伝わるが、白川さんは「研究内容についての報道は最初だけで、その後はほとんどないんですよ」と苦笑する。

●ノーベル賞ばかりを騒いではいけない理由

 "ノーベル賞以外にも素晴らしい賞はたくさんある"のに、まるでノーベル賞と扱いが違うという批判もされています。これが冒頭で挙げたような話ですね。

 よく言われることと言うのはまるで改善されていないということなのですが、白川英樹教授の他の批判も今までに指摘されてきたものの繰り返しになっています。

 ただ、よく言われている批判の中でも特に重要なのが、ノーベル賞に繋がらないと考えられる分野が疎かになるということです。
 以前から、ノーベル賞だけを特別扱いする風潮に疑問を投げかけてきた。01年、国の科学技術基本計画で「今後50年間で受賞者30人」という数値目標が示されると、他の受賞者とともに異論を唱えた。その主張の根底には、ノーベル賞の華やかさに目を奪われている間に、科学から独創性が失われる現状を見過ごしてしまうのではないか−−という危機感がある。

●成果至上主義が独創的な研究を潰す

 この記事は今年1月のものであり、国がカネをちらつかせて国立大学の文系縮小を提言したことは意識されていないと思います。(関連:国立大文系廃止、日本学術会議が批判 ユネスコ系国際団体・国際社会科学評議会(ISSC)も懸念)

 ただ、国のお金の配分の仕方については、白川教授も心配していました。この時期ですと、内容的にはSTAP細胞問題の方を強く意識されているのでは?と思います。

 以下ではその話は出てこないものの、巨額の予算を奪い合う格好にしたことは、若手だけではなく笹井芳樹理研CDB副センター長(当時)のようなベテランにも焦りを与えたと、私は思っています。
 今、若手の科学者を取り巻く環境は厳しくなっている。特に国立大学では04年の法人化以降、研究費のあり方が激変した影響が大きい。

 法人化以前は、国から各大学の規模に応じて平等に配分される「積算校費」があり、これが基礎研究の財源となってきた。ところが法人化後、平等に配分する資金は減り続けている。その代わりに、優れた研究テーマを選んで配分する「競争的資金」の割合が高まっている。

 考え方だけをみれば、やる気のある研究者や成果の見込まれる分野を伸ばし、研究が活性化するようにも見える。だが、白川さんは「巨額を要する大きなプロジェクトに割り当てられる比重が大きく、基礎研究に取り組む若手研究者には十分行き渡っていません。また、各大学が自由に使途を決められる運営費交付金は法人化以降の10年間で10%以上も削減され、若手の教員ポストは3〜5年の任期制が増えています」と指摘する。

 任期制で採用された教員は限られた期間に研究を仕上げて論文を作り、成果を出さなければならなくなった。「そうしないと『次』がないのです。だから成果の出やすいテーマを選択せざるを得ない。でも、本来は自分の研究室を軌道に乗せるのに1、2年はかかるものです。それから実験を始めて、論文を書くと、それだけで3年。規定の年限内に成果が上がらないことなんて、いくらでもある。結果を出すまで研究者が何十年も、場合によっては一生涯をかける場合だってある。『成果、成果』と追い立てる成果至上主義が、研究者の興味に基づいた独創的な研究を阻害しているのです」

●カネをかければノーベル賞を取れるのか?

 また、カネをかければノーベル賞を取れるかどうか、さらに、そもそもノーベル賞を取れる研究を予想できるかどうかも、怪しいところを感じています。

 というのも、画期的な発見・発明というのが、誰もが有力だと思っている競争の激しい研究だけでなく、見向きもされないようなマイナーな研究から生まれることが、往々にしてあるためです。

 この点白川教授はかなり思い切っていて、「お金をつぎ込めば独創的な研究が増えるというものではありません。ましてやノーベル賞をとれると考えるのは間違っています」と言い切っています。

 白川教授が受賞した「電気を通すプラスチックの開発」という業績は、"プラスチックの合成中に薬品の量を間違えたミス"がきっかけでした。こういった経験が、特定分野に金を増やしてもノーベル賞につながらないという考えに繋がっているようです。

 そういえば、同じくノーベル賞をもらった田中耕一さんも"試薬の調合を間違えて新しい発見につながった"とされていました(関連:繰り返しだから気付くこと ~田中耕一さんの発見~)。似たような逸話は他にもあり、世界的な成果が狙ってできたものでないことは、かなり多いと感じます。

 それから、"自然科学系の日本のノーベル賞受賞者の多くは、80年代以前の研究実績を評価された"ものの、"当時の科研費の年間総額は数十億〜数百億円程度だった"というのも、説得力がある話です。

 なお、予算が膨れ上がった経緯については、理研の予算が肥大化した理由 科学者の楽園から族議員の楽園へをご参照ください。自民党の族議員が跋扈して科学研究に膨大な予算がつくようになったのは、わりと最近の話なんですよね。


 関連
  ■国立大文系廃止、日本学術会議が批判 ユネスコ系国際団体・国際社会科学評議会(ISSC)も懸念
  ■繰り返しだから気付くこと ~田中耕一さんの発見~
  ■理研の予算が肥大化した理由 科学者の楽園から族議員の楽園へ
  ■ノーベル賞有力候補の経歴 森和俊京大教授・坂口志文大阪大教授
  ■ノーベル賞中村修二、韓国のソウル半導体科学顧問と判明し批判を浴びる
  ■ノーベル物理学賞の中村修二教授は日本人か?アメリカ人の答え
  ■日本人ノーベル賞受賞者、団塊の世代だけいないは本当か 老害説強化?
  ■ノーベル賞と人格は無関係 人種差別発言のジェームズ・ワトソン氏、科学界から追放
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由