Appendix

広告

Entries

ナチス顔負けの優生思想を語る有名人たち 障害者や同性愛者叩き


 優生思想などの話をまとめ。<DaiGo氏、ホームレスを「いないほうがいい」「犯罪者を殺すのと同じ」>、<障害者・同性愛者・ユダヤ人・ジプシーなどを「処分」したナチス>、<ナチス顔負けの優生思想を語る有名人たち 障害者や同性愛者叩き>、<血液型性格診断はアイヌ・台湾人差別と迫害正当化に使用されてた>などをまとめています。

2024/04/05まとめ:
●経済学者の成田悠輔氏「高齢者は集団自決すればいい」繰り返す 【NEW】
●「老害は集団自決」と言いつつ老害批判ある麻生太郎氏は称賛 【NEW】
●「集団自決はたとえじゃない」→批判され「たとえだから」と弁解 【NEW】
●荒唐無稽な机上の空論…三島由紀夫に憧れただけの中二病か 【NEW】

わたしで最後にして: ナチスの障害者虐殺と優生思想 藤井 克徳 (著)




●DaiGo氏、ホームレスを「いないほうがいい」「犯罪者を殺すのと同じ」

2021/08/13追記:メンタリストDaiGoさんはYouTubeチャンネルの登録者数が244万人、Twitterのフォロワーも76万人以上いるという、いわゆるインフルエンサー。多くの人に影響を与え得る、支持されている人。このDaiGoさんが、優生思想に直結するような生活保護受給者やホームレスの人叩きを動画でやっていたそうです。

「僕は生活保護の人たちに、なんだろう、お金を払うために税金を納めてるんじゃないからね。 生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救ってほしいと僕は思うんで。生活保護の人が生きてても僕は別に得しないけどさ、猫は生きてれば得なんで」
(中略)
「自分にとって必要のない命は、僕にとって軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい。どちらかというと、みんな思わない?どちらかというといない方がよくないホームレスって?言っちゃ悪いけど、本当に言っちゃ悪いこといいますけど、いない方がよくない?」
「いない方がだってさ、みんな確かに命は大事って思ってるよ、人権もあるから、一応形上大事ですよ、でもいない方がよくない?正直。 邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、ねぇ。治安悪くなるしさ、いない方がいいじゃん。猫はでもかわいいじゃん、って思うけどね、僕はね」
「もともと人間はね、自分たちの群れにそぐわない、社会にそぐわない、群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きてきてるんですよ。犯罪者を殺すのだって同じですよ。犯罪者が社会の中にいるのは問題だしみんなに害があるでしょ、だから殺すんですよ。同じですよ」
(「ホームレスの命はどうでもいい」人間と猫の命を比較し… メンタリストDaiGo氏の発言に批判殺到 バズフィード 2021/08/12より)

 この一連の発言に対し、「生産性で命の価値をはかる優生思想に直結する」(安田菜津紀氏)「ナチスドイツの『生きるに値しない命』に直結する考え。これはありえない」(望月優大氏)といった批判がTwitter上で殺到。ただ、それでも多くの信者は強く信奉する…といったことが、最近は繰り返されていますからね。


●障害者・同性愛者・ユダヤ人・ジプシーなどを「処分」したナチス

 ここで出てきたナチスの優生思想ですが、意外にまとまってわかりやすく書いているところがありません。「優生思想」そのものについては、前述のバズフィード記事は、「命に優劣を付け、選別する思想」というシンプルな説明が良さげ。一方、ナチスの優生思想については、Wikipediaが比較的まとまっているかもしれません。

<1930年代、エルンスト・リューディン(ドイツ語版)が優生学的な言説をナチスドイツの人種政策に融合させる試みを開始した。アドルフ・ヒトラーが指揮するナチスドイツは、民族衛生の名のもとに、純粋ゲルマン民族を維持するため様々な優生計画を実施した。
 ナチス政府による優生学と安楽死と人種主義の結合は、ホロコースト計画を通してユダヤ人・ロマ(引用者注:いわゆるジプシーと呼ばれる人々)・同性愛者を含む数百万の「不適格」なヨーロッパ人を組織的・大量に殺戮する形となって現れた。そして、絶滅収容所において、殺害に使われた多数の装置や殺害の方法は、安楽死計画においてまず最初に開発されたものであった。ナチス政府の下で、優生学といわゆる「民族科学」のレトリックが多用されたのと併せて、優生学と人種主義に関連した広範な政策が強制力をもって実行されたことで、第二次世界大戦後に優生学とナチスドイツとの間の、消せない文化的つながりが生まれたのである>

 上記には障害者の話がありませんが、障害者「安楽死」7万人 ナチス 悪魔の優生学|【西日本新聞me】(015/5/31 6:00 (2018/8/1 16:03 更新) )によると、ナチス・ドイツはユダヤ人虐殺より前に、精神障害者らを「安楽死」させる抹殺計画を実行していたとのこと。背景には「ドイツ民族の遺伝子的遺産の強化につながる」という優生学の理論があったといいます。

<ナチス「安楽死」計画>
<「民族の血を純粋に保つ」という思想に基づいてナチス・ドイツが行った「劣等分子処分」計画。障害者らに対し「安楽死」を実行する権限をヒトラーが医師に委任した。本部があったベルリンのティアガルテン通り4番地から「T4計画」と呼ばれた。
 第2次世界大戦開戦直後の1939年10月に開始。各地の精神医療施設などから集めたリストを基に「処分者」を決定し、安楽死施設のガス室で殺害した。41年8月、キリスト教関係者らの批判を受け、ヒトラーが計画中止を命じるまで、全国6カ所の施設で7万人以上が犠牲となった>


●ナチス顔負けの優生思想を語る有名人たち 障害者や同性愛者叩き

 政治的な話にはしたくないのですが、障害者や同性愛者関連の優生思想的な発言があった人を思い浮かべてみると、どうしても右派の人たちばかりになってしまいます。すぐ思いつくのは、石原慎太郎・元都知事や自民党の杉田水脈議員や日本維新の会の長谷川豊候補あたり。生活保護嫌いも右派が多いですし、優生思想と相性が良いのかもしれません。

 とりあえず、今回は「人工透析患者を殺せ」の長谷川豊さんの件だけ軽く。対象が異なりますが、考え方としてはDaiGoさんといっしょで問題だらけ。しかし、この発言が問題となった後であるにも関わらず、日本維新の会の幹部は「維新の会と考え方が近く(引用者注:おそらく憲法改正やカジノのこと)、知名度もある。関東に維新を根付かせたい」として、長谷川豊さんを評価しまくっていました。

<2016年9月19日付で「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」というタイトルのブログを投稿(2日後の2月21日はタイトルを謝罪とともに変更)。
 この記事は読者から「暴論だ」、「透析患者への誹謗中傷だ」、「事実誤認が多い」などと批判が殺到。全国腎臓病協議会(全腎協)が長谷川の発言に対して撤回と謝罪を求める抗議文[20]が送られた。(中略)
 本人だけではなく、テレビ局のスポンサーや株主に対してまで批判が拡大した結果、担当していた全5番組を降板する事態となった>(長谷川豊 - Wikipediaより)


●メンタリストDaiGo氏もやはり政治思想あり?あの政治家を支持してた

2021/08/31追記:最初に投稿したときはメンタリストDaiGoさんについては政治との関わりはないと思っていたのですが、多少あった模様。
メンタリストDaiGo、「N国の参謀気取り」に「単なる中二病」の指摘! アサ芸プラス 2019年8月21日 17:58 141
という記事が出ていました。

 記事に出ていたテレビ関係者によると、「立花氏(引用者注:NHKから国民を守る党(N国)の首の立花孝志さん)を『第一級の政治家』と自身のユーチューブで持ち上げるなど『N国支持』のポジションを取っている」とのこと。以下のように、立花孝志さんだけでなくN国の幹事長に絡む発言もしていたそうで、思った以上に政治への関心が高かったのかもしれません。

「頼まれてもいないのに『N国の参謀』を気取るようになったんです。動画内で立花氏に独自のアドバイスを送り続けているほか、党にマイナスとなる行動を取ったとして上杉隆幹事長を手厳しく批判している。こうしたことから『DaiGoは政界に転身したいのでは』と見る声も出ている。実際は『単なる中二病』なのでしょうが…」

 「N国」は当初NHK絡み以外の政策はやらないようなことを言っていたものの、発言内容を見るとこれまた右派系なんですよね。批判の矛先も自民党ではなく、リベラル系などの野党ばかりになっています。やはり右派系の思想にもともと近い人でないと、生活保護の人を死なせるという優生思想的な発想にはなかなか繋がらないのかもしれません。


●血液型性格診断はアイヌ・台湾人差別と迫害正当化に使用されてた

2022/10/20追記:別件でやっていた血液型性格診断の話をこちらにも転載。血液型性格診断の開祖・古川竹二さんについて検索していると、古川竹二に見る台湾とアイヌ民族への「まなざし」 | ほたるいかの書きつけというページが目にとまりました。アイヌ民族の話は血液型性格診断と関係ないように見えて、共通点がある…というのが作者さんの見方です。

 まず、現代において、血液型性格判断を批判する際の視点として、優生学や差別との関連が語られると指摘。一方で、古川竹二さんの著書『血液型と気質』(1932年)を読むと、差別と関連どころか、差別的な視点に満ちていることがよくわかるとしていました。そもそも最初から差別的な研究だという見方です。

 なお、<無論、古川には自分が差別をしているという自覚はなかったろうし、また彼を取り巻く人々の間でも、それが差別であるという発想はなかったかもしれない>とも指摘。差別する人って差別しようと思っているわけではなく、差別ではないと思ってナチュラルに罪悪感なく差別するものなんですよね。

 このページでは、古川竹二さんの著書『血液型と気質』(1932年)を引用。古川竹二さんは、アイヌ民族は気が荒い血液型であるO型が23%で、日本人の31%より少ないから、日本による「自然の圧迫」に抗する気力無く自滅しているとして、日本がアイヌ民族を迫害・侵略していたことを正当化していました。

 一方、この「O型は気が荒い」理論は台湾にも適用。台湾人は日本好き…と今言われていますが、実際には激しい抵抗があったんですよ。そのため、日本人と台湾人を結婚させて民族改造することにより、気が荒いO型を減らすように提案。優生学的な思想の他、日本の台湾侵略に強く賛同する姿勢が見えます。

 また、台湾の人々をこともあろうに馬と比較して貶めていることも指摘。一方で、O型の多い日本の陸軍大学出身将校団と比較する際は、わざわざ「智能に於ては勿論比較すべくもない」とし、ダブルスタンダードに日本の軍人を賛美しつつ、台湾の人々を貶めていることも指摘されていました。


●障害者に不妊処置のガチ優生思想施設、批判どころか擁護する日本

2022/12/29追記:<障害者の結婚、不妊処置が条件>(22/12/18(日) 16:32配信)というニュース。優生思想っぽい…ではなく、ど真ん中の優生思想です。昭和ならともかく今でもこんなことやってるの?と驚き。さらに驚いたのが運営者側がヤクザっぽく逆ギレしたように猛然と正当化する主張をしていたことでした。

<グループホームで、知的障害があるカップルらが結婚や同棲を希望する場合、男性はパイプカット手術、女性は避妊リングを装着する不妊処置を20年以上前から条件化し、8組16人が応じていたことが18日、分かった。「同意を得た」としているが、障害者が拒否した場合は就労支援を打ち切り、退所を求めていた>
<理事長は「養育不全になった時に誰が責任を取るのか。生まれてくる命の保証はしかねる」と主張した。厚生労働省は「障害の有無を問わず人としての尊厳は守られるべきで、事実なら不適切だ」としている>
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f2aeeb12c2633bfdc01ac31b821ff5e77c9d2e9

 ただ、優生思想と相性の良い右派が多いヤフーニュースコメント欄では、むしろ施設側に賛同する主張しか人気上位になし。今見ると、見当たらないのですが、最初見たときは「そもそも知的障害者がカップルになることを認めるからこういう問題が起きる」みたいなカップルになることすら制限しようというコメントもあった気がします。

 ところが、こうした優生思想バリバリの考えはひょっとしたらヤフーだけの問題じゃないかもしれません。日本人全体で見ても、こういう感覚が主流という可能性があります。はてなブックマークでは、以下のようなコメントが人気していましたが、このはてなブックマークですら施設に理解を示すコメントがかなり人気になっていたんですよね…。

Windymelt この件についてはTwitter検索しないことをおすすめします。日本人の人権意識の平均値を見ることになってつらい思いをすることになるからです


●きれいごとではないと擁護もきれいごとを言っているのは擁護側

 ヤフーニュースでは、「綺麗事だけで片付けてはいけない」というコメントが人気だったのですけど、これ、逆だと思うんですよ。「命を守る」などという「きれいごと」を言えば許されると思っていることこそが「きれいごと」。障害者施設を運営するのであれば、たいへんなこともたくさんあるという現実を無視して運営するからこうなるのです。

 これは、ブラック企業を正当化する人たちの論理に似ていると感じました。「甘えるな!」という人が一番甘えているという構図と似ているんですよね。例えば、「社会は甘くない」と言って残業代を支払わない経営者は、法律や社会のルールを守らなくて良いと言う甘えがあるからそんなことが言えるのです。

 不正企業擁護では、問題視すると倒産するから許すべき!という主張まで出ます。この施設にも同様の擁護が出そうなところ。ただ、そもそも特定の不正企業を守らないと、途端に日本が終わるわけじゃないんですよね。不正や差別をしていない企業もあるわけで、悪い企業を特別優遇しなくてはいけない理由がありません。

 これ、知的障害者への不妊治療を事実上強制するようなことをやらずに真面目にやっている日本全国の障害者施設から見ると、この優生思想の施設や擁護者たちが「生まれてくる命を守るために仕方なく不妊治療を勧めている」などと言っていることこそが「きれいごと」を言っているように見える気がするんですよ…。

 日本のすべての知的障害者施設が不妊治療を事実上強制している…と信じている人はさすがにいないでしょう。つまり、優生思想をやらずにやっている施設もあるのが現実。そんな中で不妊治療を事実上強制しているこの施設が、「障害者のため」「社会のため」「命のため」やっていると、本気で思いますか? 私は違うと思います。

 こういうのは単に「きれいごと」を言って現実を見ず、負担すべき負担をせずにズルして金儲けすることを正当化したいだけじゃないでしょうか。不正企業・ブラック企業は、本来やるべきことをやらずに儲けるために、まともな企業を圧迫しているとも考えられます。まともな組織を守るためにも、少しずつ是正していった方が良いでしょう。


●「子供が生まれたらどうするの?」その答えはすでに出ている

2023/01/07追記:上記の件、「じゃあ、子供が生まれたらどうするの?」と言う人はいるでしょう。施設側の主張に理解を示している人は、おそらく施設側のこの詭弁に説得力を感じているのだと思われます。ただ、下のヤフーニュースの専門家コメントで指摘のように、実を言うと、日本にはそのための施策がすでにあるんですよ。

高野龍昭12/18(日) 18:28 東洋大学ライフデザイン学部准教授/介護支援専門員
<この施設長のコメントからは、産まれる子どもの養育を懸念しているようですが、親に養育能力が乏しい場合、社会的養護の各種施策で一定の水準の養育が可能なことを知らないとも思えません>

 実際に施設を利用する知的障害者の人に子供が生まれた場合、その対応が簡単ではない…というのは、私にもわかります。ただ、日本人の大多数が子供を養育できない知的障害者であるならともかく、該当者は極めて少数。ただちに日本が破綻するというのは大きな誤解で、施設側の詭弁にまんまと騙されてしまっています。

 また、子供を育てるのが難しいと思わせるのは知的障害者だけではないため、不妊治療正当化が波及しかねません。例えば、貧困層に子供の養育は困難と考える人は一定数います。「いや、貧困層に不妊治療強制は許されない」と思うのでしたら、逆になぜ知的障害者ならOKと思ったの?という話に…。そこに差別が潜んでいるのかもしれません。


●これが正義の施設?問題の施設は障害者の虐待繰り返し嘘の答弁

2023/02/01追記:先に紹介するか迷って後回しにしたのですが、実を言うと、前述の施設は「前科」のあるところ。地元北海道である私はニュースをひと目見て「またやらかした!」と思いました。先に過去の問題を知っていれば印象が変わる人が多いでしょうし、上記までのものとは別件であり、別の問題を挙げて印象操作するのは本来卑怯ではあるのですが、偶然とは考えづらいです。

・北海道は、2020年2月、江差町の障害者支援施設対して、職員が利用者に身体的な虐待を行ったとして、虐待防止の勧告を出す。
・その後、この施設に勤務する職員2人が、入所者の顔などを素手で十数回殴ったり、入所者の首を腕で締め付けた疑いで、2020年年9月、警察に逮捕される暴行事件があり、道が再び施設を監査する。
・道は、、2020年2月の勧告の後も、日常的に虐待があったほか、監査の際にうその答弁をしていたとして、2021年12月23日から3か月間、新規利用者の受け入れを停止させる行政処分を行いました。
(空手ヲタと人間は共存できるより孫引き、引用元はNHKニュース)

 残念ながら職員が利用者に暴行してしまう施設はあります。しかし、問題発覚後にも暴行が続くとなると数は減少。その上、監査の際に嘘の答弁をしていたとなるとさらに稀です。そして、同じ運営のところが今度は現在まで知的障害者に不妊治療を事実上強制するという優生思想をやっていた…という話なんですよ。これらは偶然でしょうか?

 別の言い方をすると、虐待・暴行を繰り返し、行政に隠蔽するような嘘の答弁をして、知的障害者に不妊治療を事実上強制する施設が、「障害者のため」「社会のため」と思って真摯に運営していると、本気であなたは信じますか?という話。それこそ「きれいごと」だと思いますけどね…。


●経済学者の成田悠輔氏「高齢者は集団自決すればいい」繰り返す

2024/04/05まとめ:古市憲寿さんの投稿で書いていた学者だという人の「高齢者を殺せ」発言につていの話を転載。古市憲寿さんとはワイドナショー出演者という共通点も。ワイドナショーでは右派系御用学者で統一教会擁護の三浦瑠麗さんもいますし、番組出演学者に特定のカラーがあるんでしょうか。

 今回話題になった学者さんは、イェール大助教授で経済学者だという成田悠輔さん(38)。成田悠輔氏、物議醸す「高齢者は集団自決」発言は持論だった メタファーと説明も...「老害化」社会防ぐ「最強のクールジャパン政策」と直言: J-CAST ニュース(2023年01月12日)などの記事で取り上げられています。

21年12月のABEMA Prime
「僕はもう唯一の解決策ははっきりしていると思っていて、結局高齢者の集団自決、集団切腹みたいなものではないかと...」
「やっぱり人間って引き際が重要だと思うんですよ。別に物理的な切腹だけでなくてもよくて、社会的な切腹でもよくて、過去の功績を使って居座り続ける人がいろいろなレイヤーで多すぎるというのが、この国の明らかな問題」

19年2月開催の「G1サミット2019」の社会保障改革に関するパネルディスカッション
「集団自決みたいなことをするのがいいんじゃないか。特に集団切腹みたいなものがするのがいいんじゃないか」
「『江戸中期にあって、もう華々しく戦場で死ぬこともできなくなった、サラリーマン化した武士たちに対して、死ぬに値する大義と目的をでっち上げてみたらどうか』という挑発だと捉えることもできるのではないか」
「ここにいらっしゃる皆さんのような傑出したエリート、リーダーの方が次々と切腹をするような日本社会になったら、ただの社会保障政策であるだけではなくて、最強のクールジャパン政策にもなるはずで、世界に再び日本のプレゼンスを発揮する良い方法なのではないか」


●「老害は集団自決」と言いつつ老害批判ある麻生太郎氏は称賛

 こうした優生思想的な主張、高齢者は殺せ的は右派系に多いということは、過去の数々の発言から明らかです。とはいえ、成田悠輔さんはどういう人なのかわからないと思っていて読んでいたら、日本で最も「老害」と叩かれることが多い人の一人である麻生太郎さんを評価していて笑いました。ダブスタがわかりやすい方です。

22年1月NewsPicks(ニューズピックス)
「高齢者は老害化する前に集団自決、集団切腹みたいなことをすればいい」
「誰しも『周りに必要とされてない感』をガンガン出されると辛いものだと思うので、少し世代交代につながるのではないか」
「安楽死の解禁とか、将来的にあり得る話としては安楽死の強制みたいな話も議論に出てくると思う」
「そういう問題、今の日本社会は見て見ぬふりをし続けていて、それに簡単に言及できるのは麻生太郎さんみたいな、ちょっと宇宙人系の人だけ...という感じになっていると思う。そういうものを、もっと直接的に議論できるような状況、雰囲気を作ろう、というのが言いたい」


●「集団自決はたとえじゃない」→批判され「たとえだから」と弁解

 発言に賛同する人も少なからずいるのですが、そういう人に残念なお知らせがあります。成田悠輔さんの発言がブレブレなんですよ。今回批判を受けて「メタファー(たとえ、比喩、隠喩)だから」と弁解しているのですが、以前、「集団自決はたとえじゃない」とカッコよく断言しており、信念もないことが確認できるのです。

・22年元旦に配信された2022年の元日、YouTubeチャンネル「日経テレ東経済学」での生配信
《(集団自決は)まったくメタファーではなくて、三島由紀夫とかリアルにそういうことをやって、しかもそれが日本人の死に様の1つの象徴みたいな感じで。国内外でも結構受け入れられていて、『カッコいい』ってことに三島由紀夫は今でもなっている訳じゃないですか。普通にファッションとして、『ハラキリ』は成立するんじゃないかと思っているんですよね》

・『ニューヨーク・タイムズ』に批判されて
<成田氏は『ニューヨーク・タイムズ』の取材に対して、(中略)
《『集団切腹』『集団自決』という表現は『抽象的な比喩』であるが、潜在的なネガティブな意味合いについて、もっと注意深くあるべきだった》とし、《反省して、昨年からこの言葉を使うのをやめた》と答えている>
https://news.infoseek.co.jp/article/jprime_26964/

 なお、これを報じた記事は、<“集団自決”発言で世界で炎上中の成田悠輔氏を「今後も起用」制作側が使い続けたいウラ事情>(週刊女性PRIME / 2023年2月22日 11時30分)というタイトル。テレビ局としては、過激発言で話題になるので使い続けたいといった話でした。テレビに出る学者はこうやって逆選択が起きるんですよね…。


●荒唐無稽な机上の空論…三島由紀夫に憧れただけの中二病か

 「成田 机上の空論 三島由紀夫好きの中二病」とのメモが手元にありました。成田空港・羽田空港問題と石原慎太郎さんの話だろうか?でも全く覚えがない…と悩みます。で、試しに「成田 机上の空論」で検索すると、成田悠輔さんがヒット。たぶん彼のことを書きたかったんだと思います。

 一見過激でも正論だとか、議論を呼ぶために敢えて過激な主張をだとかはあるかもしれませんけど、成田悠輔さんの主張はあまりにもひどくて話になりません。これは残酷という意味だけではなく、非現実的すぎるという意味でもひどいんですよ。これぞ「机上の空論」であり、何の役にも立ちません。

 というのも、現実に集団自決のような制度が可能か?というと、不可能なため。受け入れるお年寄りはほとんどいないでしょう。現実に全く可能性のない話をしても仕方がありません。過激なことを言って、注目を浴びたいだけじゃないですかね? 迷惑ユーチューバーや回転寿司の迷惑動画の人たちと似た精神性に見えます。

 喋り方のような部分についての個人的な印象を言ってしまうのは申し訳ないのですけど、私が見た動画では小学生が過激なことを言って悦に入(い)るような喋り方でドン引き。前回書いたように、批判されると途端にナヨっており、信念もなさげ。切腹した三島由紀夫に憧れた小学生の戯言みたいな感じでした。


わたしで最後にして: ナチスの障害者虐殺と優生思想 藤井 克徳 (著)




【関連投稿】
  ■美しい日本語を書く宮本輝氏「在日外国人の問題は日本人には他人事」
  ■できないくせに批判するな!できる人以外に批判する権利はない?
  ■欧米では有名なアジア人差別「つり目」 なぜ?意味がわからない?
  ■見てないくせに批判するな → 見て批判すると「嫌なら見るな」
  ■日本人はストライキが嫌い?大坂なおみ黒人差別抗議棄権に批判
  ■人生・生活についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由