Appendix

広告

Entries

追い込まれたときに集中力でいい仕事ができる…科学的根拠ない?


2015/10/18:
●「精神論はいっさい言いません」という精神論くさい経営コンサルタント
●極端に追い込まれたり、プレッシャーを感じるとフロー状態に
●魅力的に見える「ゾーンに入る」「フロー状態になる」方法はあるのか?
●エンドルフィン・ドーパミンって本当にいいこと?実はストレスのせい…
●チクセントミハイが挙げたフローの構成要素を見るとなんか違う…?
●「プレッシャーの元で、脳はより良く働く」は嘘で迷信という指摘も
●プレッシャーでむしろ思考能力が鈍るおそれを研究者は指摘している
●人間はストレスに脆弱…基本的にはストレスは普通に良くないもの


●「精神論はいっさい言いません」という精神論くさい経営コンサルタント

2015/10/18:横山信弘さんという経営コンサルタントの方がいらっしゃいます。この方の記事を読んだことがあるのですが、具体的にここがダメ!とは言えないものの、何か苦手な感じがしました。精神論系の仕事理論を主張するタイプだと感じたのかもしれません。

 ところが、<超集中状態「ゾーン」に入る方法(横山信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース(横山信弘 | 経営コンサルタント 2014年6月29日 7時21分)>という記事では、むしろ「精神論はいっさい言いません」とおっしゃっていました。

<私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。「絶対に結果を出せ!」「最後まで諦めるな!」「念ずれば叶う!」といった精神論はいっさい言いません>


●極端に追い込まれたり、プレッシャーを感じるとフロー状態に

 この記事そのものは、こちらはゾーンに入る、あるいはフロー状態になるといった話について書かれたもの。横山さんによると、極端に追い込まれたり、プレッシャーを感じるとき、人間はフロー状態になるとのこと。心理学者のチクセントミハイによって名付けられたので、これを俗に「ゾーンに入る」とも呼ぶそうです。

・きわめて高い集中力を発揮している「研ぎ澄まされている感覚」を味わう
・時間が止まったかのような「時間感覚」の歪みを覚える
・陶酔状態に陥り、恍惚感、多幸感を抱く
・痛みや苦しみ、ストレスから解放され、感情のコントロールができる
・きわめて短い時間の中で適切な判断ができる


●魅力的に見える「ゾーンに入る」「フロー状態になる」方法はあるのか?

 そして、なぜこのような状態になるのか?と言うと、以下のような理由だとされていました。

・神経伝達物質「エンドルフィン」が分泌し、ストレスの鎮痛作用が働く
・脳の「回転数」が極限までアップすることで、「心理的時間」が異常に長くなる

 プレッシャーや追い込まれることで仕事に集中するとフロー状態になるのですから、これはそのまんまフロー状態になる方法だと言えます。ここだけ見ると、超絶精神論くさいのですが、要するに追い込んでプレッシャーを与えろという話みたいでした。

「あと1時間で5枚の見積り資料を作成しなければならない」
「あと8分で駅に着かないと、電車に間に合わない」
「午前中に6社に電話をしなければならない」
「あと2日で24件、新規のお客様をまわらないといけない」


●エンドルフィン・ドーパミンって本当にいいこと?実はストレスのせい…

 うーん、本当なんですかね? とりあえず、気になってしまったのはエンドルフィンの記述でした。プレッシャーを与えることでエンドルフィンが出るとしても、それはストレスを軽減する、要するにストレスを誤魔化しているのであって、望ましい状態だとは限らない可能性があります。

 ちなみにエンドルフィンはマラソンや体を傷つける行為でも出ると言われています。これらの場合は今回のケースといっしょにできないのですけど、とりあえず、良くない状態を誤魔化すためのエンドルフィン放出という例として、以下のものを掲載しておきます。
エンドルフィン - Wikipedia

エンドルフィン(endorphin)は、脳内で機能する神経伝達物質のひとつである。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の「報酬系」に多く分布する。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。(中略)

 作用

ストレス時に視床下部からCRFが分泌されると、下垂体前葉からPOMCから切り出されてACTHとβエンドルフィンが1:1の割合で放出される。

β-エンドルフィンは、μ受容体に作用し、モルヒネ様作用を発揮する。ストレスなどの侵害刺激により産生されて鎮痛、鎮静に働く(中略)βエンドルフィンが中脳腹側被蓋野のμ受容体に作動し、GABAニューロンを抑制することにより、中脳腹側被蓋野から大脳皮質に投射するドーパミン神経系(別名A10神経系)のドーパミン遊離を促進させ、多幸感をもたらす。

●チクセントミハイが挙げたフローの構成要素を見るとなんか違う…?

 フロー状態の方も見てみました。ところが、Wikipediaに限って言えば、追い込めという話もエンドルフィンの話も見つからなかったんですよね。追い込まれた状況というのは、「フローの構成要素」である「7.状況や活動を自分で制御している感覚」とも相性が悪そうに思えます。
フロー (心理学) - Wikipedia 最終更新 2014年6月6日 (金) 11:05

フロー (英: Flow) とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ZONE、ピークエクスペリエンスとも呼ばれる。心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱され、その概念は、あらゆる分野に渡って広く論及されている。

 フローの構成要素

チクセントミハイが見たところによれば、明確に列挙することができるフロー体験の構成要素が存在する。彼は8つ挙げている。

1.明確な目的(予想と法則が認識できる)
2.専念と集中、注意力の限定された分野への高度な集中。(活動に従事する人が、それに深く集中し探求する機会を持つ)
3.自己に対する意識の感覚の低下、活動と意識の融合。
4.時間感覚のゆがみ - 時間への我々の主体的な経験の変更
5.直接的で即座な反応(活動の過程における成功と失敗が明確で、行動が必要に応じて調節される)
6.能力の水準と難易度とのバランス(活動が易しすぎず、難しすぎない)
7.状況や活動を自分で制御している感覚。
8.活動に本質的な価値がある、だから活動が苦にならない。

フローを経験するためにこれら要素のすべてが必要というわけではない。

●「プレッシャーの元で、脳はより良く働く」は嘘で迷信という指摘も

 私がこの話を警戒してしまったのは、以前、脳トレーニングの効果はない? 脳トレに関するネイチャーの論文を書いていたため。こちらも出典がしっかりしておらず信頼性が高いわけじゃないのですが、「プレッシャーの元で、脳はより良く働く」は迷信だとされていたんですよ。

 とりあえず、このときでは、普通にストレスは脳の働きを悪くする方に働くとされていました。それだけでなく、長期的にも仕事のパフォーマンスを低下させる可能性にも言及がありました。

 日常的にストレスを感じ続けていると、危機的状況下で出るホルモンが出続けることで脳細胞を殺してしまうことになりかねないという話です。


●プレッシャーでむしろ思考能力が鈍るおそれを研究者は指摘している

 エンドルフィンという話を抜きにして、ストレスと脳に関する話なら結構簡単に見つかります。以下は、ちゃんと研究者のものですので、他よりはやや信頼性が高い記述です。
ストレスと脳|生物学科|東邦大学理学部 神経科学研究室 増尾好則

プレッシャーを感じると思考能力が鈍ったり、思考が停止してしまったりする場合もあります。この状態は、「緊張する」、「あがる」、「頭が真っ白になる」、「凍りつく」、「パニックになる」、最近では「テンパる」などと表現され、誰しも経験することです。これまでの生物学的知識では、ストレスを受けると脳の底部にある進化的に古い視床下部が反応して、下垂体と副腎からのホルモン分泌が促進され、心拍数の増加、血圧の上昇、食欲の低下などが生じると理解されています。これらの変化は、脳に生じる原始的な反応であるといえます。

●人間はストレスに脆弱…基本的にはストレスは普通に良くないもの

 増尾好則さんによると、最近、ストレスは霊長類で最も発達している大脳皮質前頭前野にも影響を及ぼし、高度な精神機能を奪ってしまうことが分かってきたとのこと。ストレスは、感情や衝動を抑制している前頭前野の支配力を弱めるため、視床下部などの進化的に古い脳領域の支配が強まった状態になります。

 この進化的に古い脳領域の支配が強まった状態では、不安を感じたり、普段は抑え込んでいる衝動(欲望にまかせた暴飲暴食や薬物乱用、お金の浪費など)に負けたりするとのことです。さらに、説明は以下のように続き、ドーパミンの悪影響の話もここで登場してきます。

<この神経の高次中枢は、三角形をした錐体細胞という神経細胞同士が接続した大規模なネットワークを介して働きます。(中略)このネットワーク内の回路は、日々遭遇する不安や心配に対して敏感に反応し、非常に脆弱であることが分かってきました。ストレスがかかると、脳全体に突起を伸ばしている神経からノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が放出されます(図2)。これらの濃度が前頭前野で高まると、神経細胞間の活動が弱まり、やがて止まってしまいます。ネットワークの活動が弱まると、行動を調節する能力も低下します。視床下部から下垂体に指令が届き、副腎がストレスホルモンであるコルチゾールを血液中に放出して、これが脳に届くと事態はさらに悪化します。こうして、自制心はバランスを崩していくのです>

 以上です。これらだけでは、プレッシャーや追い込まれることで仕事に集中するという説を、完全に否定するには不十分でしょう。腑に落ちなかったので、ちょっと調べてみたという程度です。なので、横山信弘さんの説を肯定できる話の方も含めて、もっと良い話があればまた紹介しようと思います。 


【本文中でリンクした投稿】
  ■脳トレーニングの効果はない? 脳トレに関するネイチャーの論文

【関連投稿】
  ■マルチタスクは愚かな仕事の仕方だと、科学的に証明されている
  ■仕事を効率よくやるコツ8箇条 納期の確認、即相談、説明責任など
  ■成功確率は低くて良い 失敗しない人はチャレンジしない人だから
  ■仕事が早い人の特徴とは? 生産性の高い人が人脈でわかる不思議
  ■落ち込んだときの気分転換・ストレス解消の方法 やる気を出すときにも
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由