Appendix

広告

Entries

有名な心理学研究の60%に再現性なし 医療分野では70~90%も


 以前も似たような話をやった気がしますが、証拠を積み重ねていった方が良いですので。


●有名な心理学研究の60%は再現性がない
有名な心理学研究のうち「再現性がある」ものはわずか39%だった  | World Biz News | 現代ビジネス [講談社] 2015年07月11日(土) クーリエジャパン

英「ネイチャー」誌によると、2011年以降、世界の250人以上の研究者からなるプロジェクトグループが、有名な心理学の研究成果100件を試す実験を行った。すると、実際に再現性が確認できるのは、わずか39件に留まるという結果が出たのだ。実験の対象となったのは、心理学の主要な学術誌3誌に掲載された、08年発表の研究成果。

(中略)再現性が確認されなかった心理学研究61件のうち、24件には「それなりに似た」結果は出た。

●がん研究や新薬開発の分野ではもっと再現性が取れない

 「有名な」ですので、それ以外だと多少変わりそうです。なので、同じ条件とは言えませんが、"心理学がほかの分野に比べて、厳密性が低いことを意味するわけではない"としています。他の分野ではもっとひどいためです。
スタンフォード大学で、研究者の不正行為について検証しているダニエル・ファネリによると、がん研究や新薬開発の分野では、再現性のある研究の割合はさらに低くなるという。

●医療分野では再現性のない論文が70~90%

 以前も似たような話をやった気がしますと書きました。なので、ブログ内を検索。STAP細胞問題のときに書いたと思ったのですが、実際その時期で論文が不正だらけである理由 再現性をとる追試が行われないからというところで出ていました。

 このとき引用した記事はいろいろとありました。ただ、今回と関係が深いのはクマムシ博士こと堀川大樹さんのブログです。記憶と違って具体的な数字部分は当時引用していませんでしたけど、以下がその部分です。

 引用部には「製薬会社が行った追試」とありますので、さっきあった「がん研究や新薬開発の分野では(中略)さらに低くなる」と同じ結果を元にしているのかもしれません。
再現性の無い研究論文を減らすにはどうすべきか - むしブロ 2013-10-26 堀川大樹ことクマムシ博士

自然科学、とりわけ医学生物学系の多くの論文で再現性の無いことが問題になっている。製薬会社が行った追試では、実験結果が再現できなかった論文は70〜90%にまでのぼっているらしい。

●重要ながん研究論文の実験、再現性がなかったものが9割

 下書きを書いた後に見つけた記事でも、データが載っていましたので追加。以下の2つ目は今日の最初のと同じ研究かと思ったんですが、掲載誌が異なりますね。
科学の危機に対する大人の対応 | Medエッジ 大人の国と子どもの国 西川伸一 THE CLUB 2015年9月3日 4:00 AM

 2013年にエコノミストの記事で指摘された、重要ながん研究論文の実験をアムジェンやバイエルなどの製薬会社が再現したところ、53論文のうち6編の結果しか再現が取れなかったという再現性の危機の問題があった。(中略)

(中略)心理学分野の再現実験の結果が8月28日号の有力科学誌サイエンス誌に掲載された。

 136人、125施設が参加した研究で、タイトルは「心理学の再現性を評価する(Estimating the reproducibility of psychological science)」だ。

 この研究では2011年から、心理学のトップジャーナル3誌の中に掲載された論文をなるべく先入観を排して検討し、最終的に100論文については計画通り再現実験を行い、論文の結果と比べている。(中略)

 結果はこれまで指摘されている通り、論文の結論を支持する結果が得られる率は全体で36%、特に社会心理学の実験になると23%~29%と、再現できる可能性の方が低いという結果だ。

 「53論文のうち6編の結果しか再現が取れなかった」は、確率で言うと、11%。つまり、89%で再現性なしです。

 なお、元記事のメインは、アメリカの提言と日本の提言の内容が全く異なるというもの。"小保方問題を構造と捉えず、事件とだけ捉え、倫理と研究機関のコンプライアンスだけに頼った薄っぺらい意見でしかなかった"と批判していました。

 ただ、さらっと「小保方問題」と言っているものの、作者の西川伸一さんは元理研でSTAP細胞論文についてもアドバイスしていたんですよね…。


●追試が少ないのは研究者に追試するメリットがないから

 以前の論文が不正だらけである理由 再現性をとる追試が行われないからというタイトルでもわかるように、こういった追試が全然されてこなかったため、再現性のない研究がなくなりません。再現性のない研究の中にはおそらく不正もあるでしょうから、研究不正がまかり通ってしまうとも言えます。

 では、なぜ追試がされないのか?と言うと、追試をしてもあまり評価されないためです。これは今回の最初の記事でも指摘しており、"「新発見」をする研究者のほうが、他人の発見を検証する人より注目されやすい"としていました。

 メリットがないから追試されないというわかりやすいものですが、それだけにこの課題はなかなか解決されないものと思います。


 関連
  ■論文が不正だらけである理由 再現性をとる追試が行われないから
  ■研究不正は倫理教育では防げない 「教育する」では対策になっていない
  ■日本では最優秀の人は博士にならない 就職難で大学院進学を避ける傾向
  ■学術誌掲載論文でも信頼してはいけない STAP細胞とソーカル事件
  ■科学論文ニュースに注意!チョコレートダイエットの嘘に世界が騙される
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由