Appendix

広告

Entries

アニメ業界の惨状を作り上げたのは手塚治虫ではなくサンライズ?


 だいぶ前に書いたアニメ業界はやりがい搾取型ブラック企業 「夢がある」と誘う離職率90%の世界

 ここで使った記事でもう一つおもしろかったのが、今のアニメ業界の惨状を作り上げたのは誰か?という話でした。

●今のアニメ業界が悪いのは手塚治虫氏のせい

 有力な説は漫画の神様・手塚治虫さんが元凶だ、というものです。以下なんかもそういう記事ですね。
過酷なアニメ制作現場……“神様”手塚治虫の功罪 | ORICON STYLE 2015-05-14 08:40(文/五目舎)

 1963年1月1日、国産TVアニメ第1号として『鉄腕アトム』(フジテレビ系)の放送が開始されると、驚異的な人気となり、各テレビ局がこぞってアニメ番組を放映するようになった。だが(中略)虫プロダクションに支払われる放映権料(制作費)は非常に安かったという。そこで手塚治虫は、制作費を削るほか、おもちゃなどに版権を与えて補てんしようとした。さらにそれでも赤字なら、漫画で稼いだ莫大な私財を惜しみもなく投入したという。

 人気漫画を玩具などの版権収入でフォローしながら、安い制作費でアニメ化する――現在でも続くこうしたキャラクタービジネスの図式は、手塚が礎を築いた。しかし当時、手塚は漫画界の第一人者。漫画の神様・手塚治虫が安い制作費で受けているなら、他のクリエイターが高い制作費を要求するわけにはいかないだろう。さらに、私財を投げ打ってアニメ化に情熱をそそぐ手塚のもとでは、アニメーターたちはどんなに薄給でもついていく――そんな“古き良き”日本人気質が、半世紀経った今のアニメ制作現場にも受け継がれているのかもしれない。彼が「アニメ化するにはこれぐらいの金がかかる」と主張・要求していれば、現在のアニメ制作現場の惨状はなかったのではないかとの意見さえあるほどだ。

●現在のアニメのビジネスモデルは手塚治虫氏のものとは異なる

 ただ、これをくみかおるさんは全面否定しています。なぜか?と言うと、理由は簡単。手塚治虫さんの築いた手法は上記のように失敗であり、根付かなかったためです。

 くみかおるさんの説によると、現在のアニメ業界の手法が誕生したのはもっと後でした。
「良い作品を作ろう!」主義がもたらす弊害――日本のアニメはブラック業界 / くみかおる / 著述・翻訳家 | SYNODOS -シノドス- 2015.06.09 Tue

現在に至る日本の商業アニメのビジネスモデル、つまり少ない制作費をマーチャンダイジング等で埋め合わせて利潤を得るやり方が確立したのはいつ頃だと皆さんは思われるだろう。

手塚のテレビアニメ『鉄腕アトム』だ、とこれまで言われてきたが、近年のいくつかの研究(私のものも含む)を踏まえるに、どうも正しくは1970年代、それも虫プロの倒産「後」、すなわち手塚の夢が破たんした「後」ではないかと自分は確信を深めている。


●現在のアニメ業界を作り上げたのは手塚治虫氏ではなくガンダムのサンライズ

 前述の通り、虫プロダクションはビジネスモデルを確立できず破綻しました。東映アニメも"観客動員数で歴代一位になったはずの『長靴をはいた猫』"でさえ赤字になるなど失敗。

 "テレビアニメについても同様で、キャラクター商品の印税収入をもってしても赤字が億単位で累積していく、せっぱ詰まった状態だった"と言います。どこも赤字でした。

 その赤字なのが悪いんだ!というのが上記の説ですが、失敗したのであればアニメはそれでおしまいです。前回出てきた関東経済産業局の人が「なぜ、そんなに低い労働単価なのに皆さん仕事を請けるのですか?」と不思議がっていたように、本来は成立しないビジネスモデルでした。

 今もアニメが健在だということは、誰かがどこかの時点でアニメで儲かる手法を生み出してたはずです。本来成立しないはずの賃金体系で無理やり成り立たせてしまった誰かがいたんですね。

 くみかおるさんによると、その誰かというのは、ガンダムで有名なサンライズって感じですね。サンライズの役割が特に大きいという書き方でした。
大規模な再編成とは、零細スタジオが次々と店じまいしていったことにくわえ、台湾や韓国の安い労働力に着目して作画・彩色を発注する体制の本格化、それに「製作」と「制作」を明確に分離して前者を重んじることで二次商品の利潤を独占するやり方が、大手スタジオの経営方針としてはっきり打ち出されたりしたことを指す。

一番大きかったのは、後に『機動戦士ガンダム』シリーズで名が知られることになるサンライズのように、設立当初からアニメ絵描きを「社員」として雇用せず個人事業主として扱い、会社経営から分離するやり方に徹するスタジオが現れ、それがやがて業界全体のスタンダードになっていったことだった。

●「海外発注で国内に新人が育たなくなった」説なども間違い

 ということで、くみかおるさんは以下のように他のもろもろの説を、すべてなで斬りにしていました。(なお、別に手塚治虫さんを擁護しているわけではないようで、あっちはあっちで問題があったというのも匂わせていました)
現在の商業アニメの製作それに制作システムが確立したのは実は70年代の半ばだったとするこの史観にもとづいてアニメの労働環境を論じなおすと、これまでの堂々巡りの議論、たとえば「広告代理店の中間搾取が悪い」「手塚治虫が安い制作費でテレビアニメを請け負ったのが悪い」「いや手塚は制作費をそれなりに貰っていた」「海外発注で国内に新人が育たなくなった」式の論争が、いかに見当違いであるかが浮かび上がってくる。

●宮﨑駿監督も手塚治虫氏を批判?

 あと、最初のオリコンの記事では、なぜか"そのアニメ制作現場の惨状に待ったをかけるべく立ち上がったのが、現在では手塚と並ぶアニメ界の巨匠となった宮崎駿監督だ"と、宮﨑駿監督を持ち上げていました。(「立ち上がった」とあるものの、具体的な逸話は以下のみ)
 かつて手塚への追悼にあたり、“手塚治虫が1本50万円という安価で日本初のテレビアニメ『鉄腕アトム』を始めたおかげで、以後アニメ番組の制作費が常に安いという弊害が生まれた”といったニュアンスのコメントをしていた。これは漫画家・手塚治虫に対しては尊敬の念を持ちながらも、アニメーション作家としての手塚に対しては恨み節とも取れる発言だった。

 しかし、前回出た宮﨑駿さんらの『アルプスの少女ハイジ』(1974年)は、やりがい搾取型のブラック企業的な労働の典型に見えました。

 当時の組織のトップではなかったから責任はないってことなのかもしれないんですけど、宮﨑さんが手塚治虫さんに罪をなすりつけるのは妙な感じがします。


 関連
  ■アニメ業界はやりがい搾取型ブラック企業 「夢がある」と誘う離職率90%の世界
  ■アニメーターの年収は結局いくら? 110万円は大嘘、300~400万円程度
  ■サザエさん視聴率低下で終了観測も 磯野家の設定に無理あるため?
  ■アニメ・漫画の残念な実写化ランキング ルパン三世が1位タイ
  ■バカボンのパパとムーミンパパの名前(本名)は? パパ以外が苗字?
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由