Appendix

広告

Entries

部下を叱れないのはダメ上司でなく、叱る方がダメ 研究で判明のより良い方法とは?


 似たような話は何度もやっているのですが、未だに子どもや部下などを「叱る」という話の方が好まれて「美談」とされる傾向があります。なので、しつこくやっておこうと、"上司は部下の叱り方を調べるより思いやりを持て 研究論文が示唆"というタイトルで書いていました。その後、部下を叱れない「ダメ上司」が急増していると主張している人の話を見つけたので、冒頭に追加。全体のタイトルも変更しています。


【クイズ】変化に関することわざとして実際にあるものはどれでしょう?

(1)男心と秋の空
(2)女心と春の風
(3)妻の心と川の流れは一夜に変わる


●上司にできない失礼なことを平気で部下にする傲慢さ

2017/03/28:部下を叱れない「ダメ上司」が急増している理由 | ダイヤモンド・オンライン(2017.2.21)という記事があって、ダメそうだなと思って読んでみたら、やっぱり研究の裏付けなしの話。書いているのは、学者や専門家ですらなくコンサルタントでした。安藤広大・識学代表取締役社長のお話です。

 後述するように、研究によって、「叱る」は全く効果がないわけではないものの、あまり良い効果はなく、相対的に見て、「褒める」あるいは「認める」といった別の行為の方が望ましいことがわかっています。部下を叱れないのはダメ上司でなく、叱る方がダメ上司なのです。

 ただ、研究うんぬん以前に、記事における「部下を叱る必要がある」という理屈が、そもそもたいへん脆弱でした。作者の主張は、「叱る」とは「目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる」と辞書(デジタル大辞泉)に書いてあるから、やはり、組織を運営していくにあたっては、「よくない」ことを部下がしている時には「叱る」必要はありそうだ、といったもの。全然、根拠がありません。

 そもそも、組織を運営していく中で、「よくない」ことをしているのは、目下のものだけだとは限りません。目下のものだけが悪いことをするというのは、根拠のない前提で、現実ではあり得ないとわかりますよね。上司にあたる人が良くないことをしていることも、全く珍しいことではないのです。

 そして、上司にあたる人が悪いことをしている場合に、あなたは上司に対して「叱る」にあたるような行為を取りませんよね?という話。おそらく失礼にならないように気を使って、是正に取り組むはずです。「叱る」の意味が「目下の者」にしかやらないことと定義されていましたが、目上の人にできないような失礼なことを目下にやるというのは、その上司の傲慢さ出ている行為だと言えるでしょう。


●部下を叱れないのはダメ上司でなく、叱る方がダメ上司

 欧米でも二流企業は日本と同じなんじゃないかと思いますが、グローバル企業では、叱る上司は失格だとされていました。なぜか?と言うと、欧米の場合はそれによって部下が会社を去って、別の会社に行ってしまうためです。叱ることで人材流出が起きるので、経営者的には叱る上司の評価を下げなくてはいけません。

 欧米で上司が部下を叱った際、どういうことが起きるか考えてみましょう。叱られた部下は、まず「上司に評価されていない」と判断するそうです。そして、上司に評価されていないことが将来にも悪い影響を及ぼすと考えるため、評価される別の会社へと転職してしまうとのこと。おそらく上司の評価が給与に影響する場合は、なおさらそうなるでしょう。合理的な考え方です。

 逆に言えば、日本の場合は、転職文化のなさが、「叱る」のような上司の甘えた行動を許しているのかもしれません。「叱る」とはやや異なりますが、体罰が野球と比べてサッカーに少ないのは、所属チームの選択肢が多いからではないかと言われていました。選択肢がないと、ダメな組織は淘汰されず温存されてしまうと考えられます。


●「きみのため」と言って叱る意味不明の行動、全く部下に伝わらず

 また、ある外国人が仕事を辞めるときに、何かにつけてケチをつけていた日本人の同僚に「親身に思っていた」みたいなことを言われて唖然とした、という話も聞いたことがあります。気持ちと行動が正反対ですから、外国人には理解できない話で、不合理だということがわかる逸話でしょう。

 このケースでは「日本文化を理解しない外国人が悪い」と思うかもしれませんが、先の記事の作者は、部下を叱れない「ダメ上司」が急増している理由は、上司が「部下からの“評価(評判)”が下がるのが怖い」からだとしていました。つまり、最近の日本人の部下たちも叱られることに納得していないため、上司に悪い評価をつけやすいということです。外国人だけの話じゃないんですね。

 これもまた「上司の気持ちを理解しない部下の方が悪い」と主張するかもしれませんけど、それがまた上司の甘えだと言えます。就職希望の学生にコミュニケーション能力なるものを求めておきながら、自分たちはコミュニケーションを取るのに完全に失敗しているわけですからね。

 この場合に上司が言っているのは、言い換えれば、「お前らはオレがわかるように話をするように努力しろ。でも、オレはわかりやすく言う努力はしないから、お前らはオレの言葉を理解できるように努力しろ」ということ。傲慢以外のなにものでもありません。

 そもそも人にわかりやすく説明できないというのは、ビジネスマンとしても普通に無能ですよ。顧客や上層部を説得する必要があるときに、どうするんですか?という話です。上司という立場を利用して強引に物事を進めるのではなく、論理的に説明しながら納得させていく方が良いビジネスマンになりやすいでしょう。


●上司は部下の叱り方を調べるより思いやりを持て 研究論文が示唆

2015/10/29:ここから最初の投稿時の話。使用した記事は、「褒める」ではなく、「思いやり」という話をしていました。子どもの教育では「褒める」より「認める」の方が良いとは言われていたものの、ビジネス関係では「褒める」の先の話はあまり出てきたことがありませんでした。これはちょっと目新しいです。

 あと、今回の記事部下への「思いやり」は「叱責」に勝る | HBR.ORG翻訳リーダーシップ記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー(2015年09月28日 エマ・セッパラ  スタンフォード大学の心理学研究員)では、これでもか!という感じで、論文を並べているものの、全部紹介していたらたいへんなので、適当に選んでいきます。

<ミスをした部下に対する従来の対処法は、何らかの方法で叱責することである。何らかの罰によって教訓を与えることが本人のためになる、というのがその意図だ。叱責によって不満を表明すれば、上司自身のストレスや怒りが和らぐという効果もある。さらに、叱責は他のチームメンバーの気を引き締めることにもなり、今後の失敗を避けることにつながるという意義もあるのだろう>

 ただし、叱ることが良いという意味ではなく、別の方法と比較してみようという話。「思いやりと関心を用いる」という表現がされていましたが、そういう上司もいるんですね。そして、さまざまな研究では実は、この思いやりを持って対応するほうがより好ましい結果となることが示されているといいます。


●思いやりは上司の尊敬を呼び、叱責は忠誠心を損なう

 ニューヨーク大学のジョナサン・ハイトさんらの研究によれば、部下が上司を尊敬しその思いやりに心を動かされていると、それだけ上司への忠誠心が高くな"そうです。では、叱責はどうでしょうか? 「あなたのためを思って怒っているんだよ」というのは、先に書いたようにむしろ美談とされることが多いです。私はそんなものクソ喰らえで、普通に頭に来ますけどね。

 論文では「度を越して」ではあったものの、叱責はやはり得策ではないというものがありました。ペンシルバニア大学ウォートン・スクールのアダム・グラント教授は、"部下に度を越して恥をかかせたり叱責したりすれば、自分への災いとして跳ね返ってくる"としているそうです。

 叱責した後には、「忠誠心の一部が失われている可能性がある」というのは、そりゃそうだろうという当たり前すぎる話だ思うのですが、前述の通り、今の日本ではまだ全然当たり前ではありません。叱ることが良いことだと思っている人が多いわけです。


●共感してくれるリーダーに対しては、信頼感が強まる

 私は先程の子どもに関して「認める」という言葉を使いましたが、「共感」というわりと近いイメージのワードも、記事の中では出てきました。

<ワシントン大学のカート・ダークスらの研究によれば、人々はリーダーの信頼性に対して非常に敏感だが、思いやりを示されるとリーダーへの信頼感を強める。簡単に言えば、共感を示してくれる上司に対して人の脳はよりポジティブに反応するのであり、これはケース・ウェスタン・リザーブ大学のリチャード・ボヤツィスらによる脳神経画像の研究によって実証されている>


●リーダーの怒りは部下のストレスになり、生産性も落ちる

 スタンフォード大学の脳神経外科医ジェームズ・ドーティ博士は、以下のように説明しています。

「恐れや不安に満ち信頼感の欠如した環境では、人々は自分を閉ざしてしまう。神経科学によれば、人間は恐れと不安を抱くと脅威に対する反応が起動し、認知制御が悪影響を受ける。その結果、生産性と創造性が損なわれてしまう」

 リーダーの怒りが部下のストレスになるというのは、これもまた当たり前でしょという話なのですが、何度も言うように世の中では理解されていません。逆に、"安全だと感じている時には脳のストレス反応が弱いことが、脳撮像研究でわかっている"という話もありました。


●怒っている人は馬鹿っぽく見える…というのは本当?日本だと…

 以前書いた中で出た「部下を叱る上司は皆馬鹿である」は、ジョーク的なものであり、研究的な裏付けはありませんでした。ただ、怒りを爆発させる上司というのは、部下から見ると賢くないように見えるみたいですね。

 "研究によれば、リーダーが怒りというネガティブな感情を露わにすると、部下は実際にはその能力を低く見る"そうです。そういや、60歳の老人と6歳児はキレやすさがいっしょなんて話もありました。感情のコントロールができない困った大人のようにも感じられます。

 そして、逆に"人当たりがよく、厳しさではなく温かさを感じさせることはリーダーにとって明白な利点となることが、ハーバード・ビジネススクールのエイミー・カディらによって示されている"そうです。

 ただ、叱られた部下から見るとそう見えるだけで他の人は違うのか、日本人ではまるっきり考え方が異なるのか、やっぱり厳しく叱る上司の方が、日本だと幹部からは評価されているように感じます。残念ながら、なかなか状況は変わっていかないでしょうね。




2021/02/22:ここから、「褒めるだけでなくたまに叱るのも大事は根拠なし?割合より一貫性が大事」や「褒めるだけでなくたまに叱る(怒る)のも大事というのは本当か?」というタイトルで書いていた投稿。内容的に近いだろうということで、こちらにまとめました。


●いつもひどい上司よりもたまにひどい上司のほうが悪い?

2016/5/4:研究・調査を見ていると、そもそも叱る効果はそれほど大きくないようです。そうなると、わざわざ叱る必要はないでしょう。褒める方が良いのです。ただ、最近ちょくちょく見る「褒めるよりさらに認めることが大事」という系統の研究に私は着目しています。このことからすると、あまり良くないタイトルだと思う[FT]ひどい上司は一貫してひどくあれ(2016/3/29 6:30 By Lucy Kellaway 2016年3月28日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)というものがありました。

 ひどい上司というのはもちろん良いわけがありません。ただ、この記事の内容でわかるのは、一貫してひどい上司は、たまに優しい上司よりはまだマシだということ。要するに怒ったり優しかったり安定しない上司というのが、すべてのタイプの中で最悪だということですね。

 以下は、ミシガン州立大学のある研究論文の内容だそうです。この研究結果でも、叱るより褒める方が良いことわかるものであり、叱り続ける上司が良いということは示していません。「ひどい上司は一貫してひどくあれ」は本当ひどいタイトルでしたね。

<研究者たちは一連の実験を行い、学生を3つのグループに分け、全員に仕事を与えた。1つ目のグループは絶えず褒められた。2つ目のグループは絶えずひどい扱いを受け、3つ目のグループは2つが混ざった対応を受けた。1つ目のグループは全くストレスを感じず、2つ目のグループはややストレスを感じた。そして3つ目――ムチを食らうか、アメをもらうか分からなかったグループ――が圧倒的に大きなストレスを感じ、一番不幸だった>


●褒めるだけでなくたまに叱る(怒る)のも大事というのは本当か?

 記事では、「一貫性が重要だというこの考えは、リーダーシップに関する文献のどこにも見つからない。創造性と破壊を尊ぶ世界では、予測可能性は退屈で魅力がないと考えられている」としていました。ただ、確かに論文にはなっていないのかもしれませんが、データを重視するグーグルが過去にこれを証明しています。できる上司は意外な行動をしない、とグーグル 学歴・IQも無関係で書いていました。

 また、リーダーの資質はただ1つ リーダーにしてはいけない人の条件は3つで書いたように、これまた論文ではないものの、当時も書いたようにあのドラッカーが一貫性の重要性を説いていたんですよ。 …とここまで書いて記事の続きを見たら、フィナンシャル・タイムズもグーグルの件については触れていましたわ。

<私が見つけられた限りでは唯一、予測可能性を明確に大事にしている会社がグーグルだ。グーグルはデータを集めることに喜びを感じ、絶えずリーダー全員を評価しているために、一貫性が最も重要な資質の一つだと知っている。上司に一貫性がないとき、人は最善の成果を出すことができないのだ>


●退屈が実は良い?人はそもそも変化することにストレスを感じる

 記事では、さらにこれを広げて、労働そのものに一貫性が大事なのではないか?としていました。これは科学的な根拠がないものですけど、人間が変化を嫌う生き物であることは経験的に理解できます。記事では、職場で予測可能性が重要なのは、上司との関係だけでなく、ほぼすべての関係において重要だとしていました。

 毎日が変化に富む仕事を持ちたいとよく人は言います。ただ、現実にそのようなことを望んでいる証拠はほとんどないとのこと。むしろ米国での複数の研究は、勤務時間が予想できない労働者は、規則的な予定に沿って働く人よりも大きなストレスを感じ、満足度が低いことを示しているといいます。これは一応科学的根拠でしょうか。

 …最後にクイズの回答。「女心と秋の空」が有名ですが、「男心と秋の空」が先にあって、それを変えたものみたいです。なんで女性バージョンばっかりゆうめいになっちゃっったんでしょうね。ただ、「男心と秋の空」の方は範囲が狭く、愛情の変化だけを普通言うようです。


【クイズ】変化に関することわざとして実際にあるものはどれでしょう?

(1)男心と秋の空
(2)女心と春の風
(3)妻の心と川の流れは一夜に変わる

【答え】(1)男心と秋の空


 他の選択肢は適当に作ったので実在したらすみません。「(2)女心と春の風」は「女心と冬の風は変わりやすい」から、「(3)妻の心と川の流れは一夜に変わる」は「男の心と川の瀬は一夜に変わる」から改変したものでした。なお、フィナンシャル・タイムズでは、人というのは一貫性ある行動を取ることがすごく苦手だともしていました。このように気持ちの変化に関する慣用句が豊富であることも、その現れかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■部下を叱る上司は皆馬鹿である 最低でも3回褒める・1回怒るのバランスが必要
  ■60歳の老人と6歳児はキレやすさがいっしょ
  ■できる上司は意外な行動をしない、とグーグル 学歴・IQも無関係
  ■リーダーの資質はただ1つ リーダーにしてはいけない人の条件は3つ

【関連投稿】
  ■「褒めて伸ばす」の絶大な威力 青少年犯罪が半減した警察署の試み
  ■マネージャーの役割4 ~褒め下手の直し方~
  ■理屈っぽい男性は嫌だけど、論理立てて叱って欲しい女性の感情
  ■部下を叱るのもパワハラ?上司という立場に甘えた日本の管理職ら
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由