Appendix

広告

Entries

悲観大国日本、フランスよりは楽観的


 日本人ほど悲観論が好きで、悲観的な人種はいないものだと思っていたのですが、どうやら世界レベルで見るとまだまだ甘いようです。


 日本人が悲観的というのは、日々のニュースや雑誌の記事を見ていると、あまり説明はいらないかなと思います。

 それはたとえば、「1年後、日本の社会は今より良くなっていると思うか」という問いに対し、「非常に良くなっている」「ある程度良くなっている」と回答した人は計8.5%にとどまった一方、「あまり良くなっていない」「まったく良くなっていない」とした人が計91.5%に上ったという連合が11日発表した意識調査みたいなものです。(意識調査は、日本の将来、9割超が悲観=閉塞感浮き彫りに-連合調査 2011/01/11 時事ドットコムより)

 これは景気を反映したものですが、そういったものに限らず、危機感を煽る記事というのはここのところずっと主流になっています。


 また、日本人はなぜ悲観論が好きか 2008年4月11日 フランスの日々は、日本人が悲観的だという共通理解があるという前提で書かれたものです。

 ここでは「3年ほど前(引用者注:2005年ごろ?)にフランスに短期滞在した際、友人の中国人に日本人は悲観的だと言われた」という経験のほか、日本に対する悲観論と言うのは結構歴史があるものだとして、古くは民主主義や資本主義の西洋から導入にまで悲観しているとしています。

 ただこちらのブログでは、日本人は自分に対する批判を聞くことで、それを直せばもっと良くなると信じる楽観主義であり、批判を求めているのだとしています。


 で、おもしろいのが、日本人を悲観的だと評価したはずのフランス人が、世界で一番悲観的だというのです。(以下、世界で一番悲観的なのはフランス人、世論調査 2011年01月12日 AFPBB Newsより)

 BVAギャラップ(BVA-Gallup)が3日発表した53か国を対象に実施した世論調査の結果によると、2011年に経済は悪化すると答えたフランス人は61%で、53か国平均の28%を大きく上回った他、前年よりも悪い年となると答えたフランス人は37%で、14%のアフガニスタン、12%のイラクよりも高かったそうです。

 これについては、Facebookで、

BVA Gallup poll of Pessimism - France tops the list at 61%, UK 52%, Spain 48%, Italy 41%, Vietnam 30%, Nigeria 20%, Brazil 14%, India 14%, China 14%, Afghanistan 14%, Iraq 12% - Iraqi's and Afghans more optimistic about the future than the French and us!!!

 というコメントも見つけました。

 アフガニスタンやイラクはもう下がる余地が無いからとも言えそうですけど、まあ、あれだけ物騒な中での話ですから、確かに驚くほど楽観的です。


 実はフランス人が悲観的だという事実は目新しいものではなく、フランスの抗うつ剤の消費量は欧州で最も多いという話も記事にはありましたが、これは一時的なものではないということなのでしょうか?


 気になるのは、この53か国に悲観的なことなら負けていられない、我が日本が入っているのかということです。

 この記事だけだとわからなかったので、英語記事やBVA Gallup(フランスみたいですね)内のページをいろいろ探していた(先のFacebookなんかもそのときに見つけました)のですが、日本も調査対象であることはわかったものの、一覧で表にして数値を示しているようなものは見つかりませんでした。


 一応、fichier_voice_of_the_people_-_janvier_2011150c5.pdfというPDFに、図(9ページ目)が一つありました。

 フランス語でよくわかんないのですが、たぶんこんな感じの縦軸と横軸です。

縦軸:2011年に経済が良くなると考えた人のパーセント(de ceux qui pensent que 2011 sera une année de prospérité économique)。上に行くほど高い数値。

横軸:一人当たり所得のレベル(Niveau de revenu par habitant)。右に行くほど高い数値。


 何だ、結局経済の話だけなんですね。これだと日本はワースト10にも入っていません。(14位程度?)

 一応ワースト5を書くと、フランス、アイスランド、ルーマニア、セルビア、イギリスといったところです。

 ついでにベスト5も紹介すると、ナイジェリア、ベトナム、ブラジル、ガーナ、中国です。(ブラジルとガーナは同程度)

 ただ、これだと年によってばらつきそうなので、何か違うものでフランスが一番だと納得したのですが……。


 それっぽいのが、「Situation personnelle:Les Français dans le top 5 des pessimistes」(個人的な状況:悲観論者トップ5にフランス)というところかなぁ?

 これが文章なので面倒なんですけど、数字が判明しているのを抜き出すと、

フランス 37%
チェコ 38%
ウクライナ 37%
セルビア 51%
ロシア 48%
アフガニスタン 14%
パキスタン 29%
イラク 12%

 といったところ。

 とりあえず、悲観論者のパーセントでのトップ5というのは、1位セルビア、2位ロシア、3位チェコ、4位フランス、ウクライナなのでしょうか?


 こうやって並べて見ると、確かにフランスは異色ではありますね。


 関連
  ■その他の日本と海外の比較について書いた記事
  ■ヨーロッパで仕事するには交渉力が必要
  ■日本人と欧米人との違い
  ■日本人の論争は、中身よりも相手を馬鹿にすることが大事
  ■日本人は発音にうるさい
  ■「いいえ」と言えるドイツ人?

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由