Appendix

広告

Entries

ノストラダムスは医師としてもトンデモ 毒性ある水銀や一角獣推奨


 ノストラダムスの話をまとめ。<ノストラダムスは医師としてもトンデモ 毒性ある水銀や一角獣推奨>、<ペスト治療はデタラメ、有害な鉛白や宝石類を材料に調剤する>をまとめています。

2023/07/25追記:
●ペスト治療はデタラメ、有害な鉛白や宝石類を材料に調剤する
2023/12/15追記:
●近世まで西洋医学を支配していた「四体液説」、日本にも影響 【NEW】

大予言の嘘―占いからノストラダムスまで その手口と内幕
志水 一夫 (著)





●ノストラダムスは医師としてもトンデモ 毒性ある水銀や一角獣推奨

2023/05/05:『ノストラダムスの大予言』というトンデモ本が日本で昔流行りましたが、これは日本人が勝手に捏造したものであり、元ネタにされるようなへんてこな本を書いてしまったという罪(?)はあれど、全部ノストラダムスさんのせいではないでしょう。ところが、ノストラダムスさんは本業の医師としてもトンデモだったようなんですよ。

 これがわかったのは、医師としてのノストラダムス(ミシェル・ド・ノートルダム)さんが書いた『化粧品とジャム論』という妙なタイトルの書籍の中身を知ったため。彼が紹介した化粧品やジャムなどの材料には、水銀などの毒物や存在しない架空の動物である一角獣の角といったものが含まれていました。トンデモと言わざるを得ません。

 書籍の初版のメインタイトルは『若干の魅力的な処方についての知識を得たいと思う全ての人々にとって優良かつ大変有益な二部構成の小論集』というクソ長いものだったそうですが、「有益」どころか「有害」。ところが、この書は人気を博し、16世紀の間に10回以上版を重ねるベストセラーに。今もそれこそ『ノストラダムスの大予言』などのトンデモ本(最近は特に健康系)が大人気なので、今の人も昔の人をとやかく言えませんけどね。

<初版の扉には、『若干の魅力的な処方についての知識を得たいと思う全ての人々にとって優良かつ大変有益な二部構成の小論集。第一論文は顔を麗々しく、一層美しいものにするための美顔料や香料の作り方。第二論文は目次で多く言及されている通り、蜂蜜、砂糖、濃縮ワインなどをたっぷり使ったいくつかのジャムの作り方の手ほどきを示すもの。プロヴァンス州サロン・ド・クローに住む医学博士ミシェル・ド・ノートルダム師が新たに編纂し、新しく公刊されたもの』と記載されていた。この説明的な題名が示すように、第一部が化粧品論、第二部がジャム・菓子などの製法になっていた>
(化粧品とジャム論 - Wikipediaより)


●ペスト治療はデタラメ、有害な鉛白や宝石類を材料に調剤する

2023/07/25追記:前述の通り、第一部は化粧品論とされていたのですけど、ウィキペディアでは別の部分では「美容術・衛生法などについての処方が説かれている」とも説明。第8章では、ノストラダムスが1546年にエクス=アン=プロヴァンスでペスト治療に当たったときのことが略述されていたそうです。

 ウィキペディアでは、これについて「医師としてのノストラダムスを垣間見ることができる」と説明。こう聞くと、医師としては優秀だったように聞こえますが、彼が述べているペスト治療に用いた薬の効能については疑問視されており、やはり特筆すべき優秀さはないように思えます。

 また、ノストラダムスを安息香酸の発見者だと評価する日本人もいるそうですが、これまた支持されている意見ではないとのこと。ただ、少しフォローをしておくと、「彼の調剤は伝統的な医学理論に基づいたもの」とされており、ノストラダムスに限らず当時の医師はこんなものだった…とは言えるかもしれません。

<その第8章の処方に限らず、彼の調剤は伝統的な医学理論に基づいたもので、四体液の均衡を重視するものであった。その材料は高価な香料や香辛料、金・水銀・鉛白などの(一部には有害なものも含む)金属類、珊瑚・ラピスラズリ・真珠などの宝石類、様々な植物、はては実在しない一角獣の角など様々であった[3]。
初版の第18章(媚薬の製法)は、1557年以降の版によっては削除されている>


●近世まで西洋医学を支配していた「四体液説」、日本にも影響

2023/12/15追記:ウィキペディアでは、<彼の調剤は伝統的な医学理論に基づいたもので、四体液の均衡を重視するものであった>とありました。この「四体液の均衡」をフォロー。東西の古医書に見られる病と治療 - 附属図書館の貴重書コレクションよりでは、以下のような説明が見られます。

<人間と自然の調和を重視していたヒポクラテスなどの古代の医学者は、万物が火、風、水、地の元素からなるというエンペドクレス(紀元前490年頃~430年頃)の四大元素説を引き継ぎ、四体液説を唱えた。この説によると、人間の体内には栄養摂取による物質代謝の産物である血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁という四原液がある。正常な混合状態ならば、人間は健康であるが、異常混合になると病気が発生する。変調の原因となるのは、環境や生活様式、体質である。
 治療の目的は正常混合の復活である。黒胆汁の過剰による病気の性質は「冷」であるので、過剰な分の排出及び熱性の薬品の服用により身体内の均衡を取り戻さなければならない。「反対はその反対で治療される」(contraria contrariis curantur)というヒポクラテスによるとされている原則は医者の目を病気、薬草、風土及び人間の性質(temperament)に向かわせた。体液病理学(humoral pathology)は、後にガレノスによりさらに体系化され、近世まで西洋医学を支配するようになった。>

 17世紀後半、出島から日本に伝わった西洋の医療でも「体液説」が健在。西洋と同様に身体内の均衡を追求する漢方医学も、薬品の「性」を重視していたので、ギリシアの体液病理学に基づく四性(熱、寒、乾、湿)は、五行説に基づく本草学の「五性」(熱・温・平・涼・寒)の枠の中で解釈されたそうです。


大予言の嘘―占いからノストラダムスまで その手口と内幕
志水 一夫 (著)





【関連投稿】
  ■ノストラダムスの大予言を信じる日本に驚き!海外メディアの反応
  ■丸いなんて嘘!本気で地球平面説信じる信者が国際会議に大集合
  ■昔の日本人はこんなのを信じてたの?科学的根拠のない迷信の例
  ■村松大輔氏の電子雲の感情フォトン説 悟りを量子力学的に解説
  ■古市憲寿氏の理系版落合陽一氏 士農工商復活・カーストの幸福を主張
  ■海水デトックスで病気が治る?カントンの犬の実験の結果…
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由