Appendix

広告

Entries

赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類


 いつもパプリカの何色が緑黄色野菜で、何色が緑黄色野菜ではない淡色野菜なのかというのがわからなくなってしまいます。そこで、覚書的なものを。

 信頼性の低い情報もあるものの、緑黄色野菜ではないのは黄色のパプリカのみのようでした。小さいパプリカは文部科学省の情報だと、緑黄色野菜であるようです。(2018/02/21)


●ピーマンの種類 パプリカは別名クィーンベル、イエローベルなどとも

2018/02/21:厳密な定義だと、トマトとピーマンは緑黄色野菜にならない 厚生労働省の基準で見るとカロチン含量不足でもやっているように、パプリカは全部緑黄色野菜だと思っていたのですけど、どうも違うらしいです。でも、いつもどれが緑黄色野菜で、どれが淡色野菜かわらかなくなります。なので、一つ別に書いておこうと思いました。

 今回調べていて初めて、文部科学省で日本食品標準成分表2015年版(七訂)というのを作っているのを知りました。これは素晴らしい。いつも検索だと、出典未記載の信頼性の低いサイトばかり出るので困っていました。

 こちらにあったピーマン類は以下の通り。青ピーマンってのが、たぶん普通の緑のピーマンのことです。

青ピーマン
赤ピーマン 別名パプリカ、クィーンベル
黄ピーマン 別名パプリカ、キングベル、イエローベル
トマピー  別名ミニパプリカ

 ただ、残念ながらオレンジパプリカの記載はなし。こちらは検索すると、別名をサンセットベルとも言うようです。また、パプリカ全体をジャンボピーマンとも言うみたいですね。


●赤ピーマンと赤パプリカは同じ?違う?

 赤ピーマン(カラーピーマンと呼んでいるサイトもあり)と赤パプリカは別だと説明しているサイトが多いものの、上記の通り、文部科学省では同じとしていました。

 ただ、パプリカ全体をジャンボピーマンというのでわかるように大きさの違いがあり、普通のピーマンが熟して赤くなったものとは違うよ…というのが、たぶん前述の赤ピーマンと赤パプリカは別としているサイトの根拠でしょう。

 たぶん日本食品標準成分表では、熟した普通のピーマン(カラーピーマン)は網羅していないのだと思われます。仕方ないので、熟した赤いピーマンは赤ピーマン(別名パプリカ、クィーンベル)の値を参考にしてください。


●黄パプリカだけ緑黄色野菜ではなく淡色野菜

 日本食品標準成分表2015年版(七訂)では、緑黄色野菜の基準となる可食部100g当たりのβ-カロテン)当量は以下の通りでした。

<可食部100g当たりのβ-カロテン(カロチン)当量>
青ピーマン(生) 400μg
赤ピーマン(生) 1100μg
黄ピーマン(生) 200μg
トマピー(生) 1900μg

青ピーマン(油いため) 420μg
赤ピーマン(油いため) 1100μg
黄ピーマン(油いため) 210μg

 緑黄色野菜の基準は600μg以上。ただ、厳密な定義だと、トマトとピーマンは緑黄色野菜にならない 厚生労働省の基準で見るとカロチン含量不足で書いたように、ピーマンは特別扱いで緑黄色野菜の仲間入りをしています。

 しかし、黄色ピーマンはその普通のピーマンの半分とさらに悪い値。黄パプリカのみ淡色野菜のようです。


●オレンジパプリカは緑黄色野菜?淡色野菜?

 表になかったオレンジのパプリカ。これについては検索で見てみました。出典明記の信頼できるサイトの記述はなかったです。とりあえず、黄色と赤の中間くらいといった説明や、普通のピーマンの30倍のβ-カロテンがあるといった記述がありました。

 ただ、普通のピーマンの30倍のβ-カロテンはあり得ないと思われます。異常すぎです。一桁違う3倍であれば1200μgで、赤ピーマンの1100μgと同程度ですし、間違いではないかと。これだから、出典のないサイトは信頼できないんですわ。

 仮に3倍であるのなら文句無しで緑黄色野菜。また、黄色と赤の中間だった場合でも650μgですので、こちらも緑黄色野菜の基準をクリア。

 信頼できるサイトが見つかればそちらに従いますが、とりあえず、オレンジのパプリカも緑黄色野菜として扱っておきます。


●トマピー(ミニパプリカ)というのはどんなの?

 あと、トマピー(ミニパプリカ)がわからなかったので写真を探すことに。Amazon・楽天ともに「トマピー」ではヒットせず、「ミニパプリカ」で出ました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【藤田種子】ミニパプリカ イエロー野菜のタネ
価格:540円(税込、送料別) (2018/2/21時点)




 私はもう少し細長いのを食べたことあるのですけど…と他を見ると、以下がそれっぽい感じ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【大和農園】ミニパプリカ ぱぷ丸 オレンジ 8粒
価格:700円(税込、送料別) (2018/2/21時点)



 上記のような形の違いの他、色違いもあり、ミニパプリカも種類がありそうですけど、とりあえず、文部科学省に従って全部緑黄色野菜として考えておこうと思います。


【本文中でリンクした投稿】
  ■厳密な定義だと、トマトとピーマンは緑黄色野菜にならない 厚生労働省の基準で見るとカロチン含量不足

【関連投稿】
  ■中国の豚の餌をありがたがって食っている日本人に驚き サツマイモの葉は健康食
  ■赤なすには3種類、熊本赤なすとトマトの別名と観賞用 トマトはナス科でナスの仲間
  ■子供の嫌いな野菜ランキング、ナスが1位 にんじんはむしろ好きな野菜
  ■冬瓜の旬は夏、春菊の旬は冬なのはなぜ?春菊だけじゃなく夏菊もある
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由