Appendix

広告

Entries

日本の自殺者数の男女の比率 と 年齢・性別による理由・原因の違い


 自殺の原因・理由 経済問題(貧困)や健康問題(病気)などの比率で使った2010年の警察庁のデータをもう少し違う形で見ていきます。


●日本の自殺者数の男女の比率

 まず、日本の自殺者数の男女の比率。

【日本の自殺者数の男女の比率】
男性 69.5%
女性 30.5%

 ほとんど7割・3割といった感じで、きりの良い数字になっています。

 ちなみに以下が生の数字です。

【日本の自殺者数】
男性 23,171
女性 10,163
合計 33,334

日本の自殺 - Wikipedia(最終更新 2015年6月12日 (金) 02:50)


●10代でも男女で差が出るのか?

 次に世代によって差があるか?というところ。

【日本の自殺者数の男女の比率・世代ごと】

年齢 男性 女性
〜19歳 60.6% 39.4%
20〜29歳 70.0% 30.0%
30〜39歳 68.4% 31.6%
40〜49歳 74.9% 25.1%
50〜59歳 76.4% 23.6%
60〜69歳 70.3% 29.7%
70〜79歳 61.7% 38.3%
80歳〜 50.6% 49.4%

 10代より下では男女に差がないと予想したのですが、平均より下ではあるもののここでも男性が6割でした。私はこちらで差がつかないと思ったのは、前回出てきた自殺の理由です。

 "40歳代および50歳代の男性(いわゆる「働き盛りの男性」。日本を支える主力となっている層)の場合は「経済・生活問題」が1位であり、2位の「健康問題」を凌駕して"いるのが特徴でした。

 この世代以外でも、経済的な理由で自殺するのは男性が多いと予測しました。そして、経済的な理由の影響が薄い10代では男女に差がないと思ったのですけど、それでも差が出ました。予想外です。

 一方、70〜79歳でも19歳以下と同程度。さらに、80歳〜では、ちょうど半々くらいになっており、こちらの方が男女差なしという感じです。ただ、女性の方が長生きですので、女性の数そのものが多くなっている影響もありそうです。


●性別による理由・原因の違い

 自殺の理由・原因は前回やりました。今回は年齢ごとの理由・原因の内訳のみ見ます。

 前回の自殺の原因・理由 経済問題(貧困)や健康問題(病気)などの比率でも書いたように、1人1つの原因を当てはめているようです。また、こちらは男女では区別せず、年代ごとのデータしかありませんでした。

年齢 〜19歳
健康問題 25.8%
家庭問題 17.9%
経済・生活問題 3.5%
勤務問題 5.3%
男女問題 9.2%
学校問題 29.5%
その他 8.8%

 まず、19歳以下。こちらはいじめ問題でわかるように、学校問題が1位であることが他の世代にない特徴です。

 ただ、健康問題も既にほとんど変わらず、家庭問題もかなり大きい数字です。驚いたのはまだ働いている人が少ないにも関わらず、勤務問題が5%ほどあることです。

 その他、男女問題が9.2%というのも、全世代で2番目に多いということで特徴的です。男女問題は30歳代以下に集中しています。


年齢 20〜29歳
健康問題 38.4%
家庭問題 10.6%
経済・生活問題 15.3%
勤務問題 14.0%
男女問題 10.3%
学校問題 6.1%
その他 5.3%

 社会に出ている人が大半のため、20代で既に学校問題は6%まで減っています。1位は健康問題の38.4%。ただ、健康問題は10代以外のすべてで1位であり、これでもまだ少ない方です。

 特徴的なのは19歳以下で書いた男女問題。10.3%は全世代でトップであり、唯一の1割超えです。

 それから、経済・生活問題が勤務問題と僅差であるものの、2位に上がっています。よく見ると、3位だった勤務問題の14.0%もすべての世代の中でトップですね。


年齢 30〜39歳
健康問題 42.5%
家庭問題 13.8%
経済・生活問題 19.4%
勤務問題 12.3%
男女問題 7.8%
学校問題 0.1%
その他 4.0%

 30歳代は特徴が言い表しづらいです。

 健康問題が少し増えましたが、これは40歳代以降と異なる傾向です。ただ、非常に高いというわけではありません。経済・生活問題も増えていますが、これがもっと極端に増えるのは40歳代以降です。

 特徴としては、勤務問題と男女問題ですかね。勤務問題は20〜29歳に続く2位。これが二桁なのは、20〜29歳、30〜39歳、40〜49歳の三つだけです。

 また、男女問題も前述の通り、30歳代以下に集中しています。30歳代の場合は全世代中3位でした。


年齢 40〜49歳
健康問題 38.5%
家庭問題 13.7%
経済・生活問題 29.1%
勤務問題 11.7%
男女問題 3.3%
学校問題 0.0%
その他 3.6%

 こちらは先ほど出てきたように、何と言っても経済・生活問題が多いのが特徴です。全世代で2番目で3割近いです。30歳代で書いたように、勤務問題も高いため、仕事関係が多いとも言えるかもしれません。


年齢 50〜59歳
健康問題 39.5%
家庭問題 12.3%
経済・生活問題 34.3%
勤務問題 8.8%
男女問題 1.3%
学校問題 0.0%
その他 3.7%

 経済・生活問題の多さがさらに顕著になるのは、50〜59歳。1位ではないものの、健康問題にかなり近づいています。もちろん全世代で最も高い数値です。


年齢 60〜69歳
健康問題 52.5%
家庭問題 13.0%
経済・生活問題 26.4%
勤務問題 3.1%
男女問題 0.5%
学校問題 0.0%
その他 4.5%

 60代以降で最も特徴的なのは、健康問題の増加です。ただ、60〜69歳世代は経済・生活問題の多さの目立つ最後の世代でもあります。


年齢 70〜79歳
健康問題 68.8%
家庭問題 15.9%
経済・生活問題 9.3%
勤務問題 0.8%
男女問題 0.4%
学校問題 0.0%
その他 4.8%

 70〜79歳では、経済・生活問題が一気に減りました。代わりに健康問題が7割に手が届きそうなところまで増えています。


年齢 80歳〜
健康問題 72.9%
家庭問題 16.3%
経済・生活問題 2.0%
勤務問題 0.1%
男女問題 0.1%
学校問題 0.0%
その他 8.6%

 80歳〜はこれをさらに進めた形。経済・生活問題は2%と無視できる程度まで減って、健康問題がさらに少し増えました。

 ただ、複数の理由を当てていない調査ですので、健康と貧困というパターンも多いのではないかと思います。より苦痛なのが健康問題の方になった…という人もいるのではないかと予想します。

 また、全体を通して特徴的だったのが、家庭問題です。すべての世代で二桁だったのは、健康問題と家庭問題のみ。しかし、家庭問題は健康問題と異なり、世代的な傾向が見えずすべて10%台と安定していました。

 そのため、家庭問題は70歳以上の2つのグループを除くすべてで3位以下と目立たなかったにも関わらず、全体では2位になっています。家庭問題は世代によらず理由となるようです。


 関連
  ■自殺の原因・理由 経済問題(貧困)や健康問題(病気)などの比率
  ■芸能人の自殺報道より後追いが増える自殺者の職業 政治家などが多い理由
  ■民主党政権が自殺者を増やしたはデマ、高橋洋一の捏造 逆に低下している
  ■自殺の兆候・前兆を見逃すな!…というが、素人にわかるものなのか?
  ■日本の自殺者数が最大になったのはいつ?自殺者数の推移を見る
  ■人生・生活についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由