Appendix

広告

Entries

学習到達度調査1位は日本・シンガポール・台湾・中国・韓国?


 OECDの行っている学習到達度調査(PISA)で、日本は1位ではありませんでした。しかも、1位ではないどころではなく、過去と比較しても相当悪い結果になっています。今回の凋落は順位低下がゆとり教育の結果ではなかったことを示していますし、そもそもゆとり教育世代が悪かったという事実もありません。

 また、「スマホ依存」や「本を読まない」などといったものを、順位低下の理由を挙げている人もいるものの、こちらもまた根拠不明。むしろデジタル機器に触れる機会が少ないことが順位低下に繋がっていることを示唆するデータがあり、逆の方向性のように見えました。(2019/12/04)

2019/12/04:
●「脱ゆとり教育」で学力アップのはずが、逆に学習到達度調査で凋落
●学習到達度調査1位は日本・シンガポール・台湾・中国・韓国?
●日本の子供の学力低下でデジタル機器に批判も実際には逆か?


●「脱ゆとり教育」で学力アップのはずが、逆に学習到達度調査で凋落

2019/12/04:経済協力開発機構(OECD)は、世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に2018年に行った学習到達度調査(PISA)の結果を公表しました。この調査の2003年調査のものでは日本の順位や平均得点が下がって「PISAショック」と呼ばれ、文部科学省が「脱ゆとり教育」の路線を本格化させたというものです。

 ただし、そもそもゆとり世代の定義で判明 究極のゆとり世代の学力はむしろ高いという不都合な真実でやっているように、ゆとり教育が日本の学力を低下させたという見方は間違っています。データ的に根拠がありません。

 そして、「脱ゆとり教育」が学習到達度調査に良い影響を与えたのか?というのも、これまた疑問。日本は「読解力」が15位となり、前回15年調査の8位から後退。「数学的応用力」は6位(前回5位)、「科学的応用力」は5位(同2位)となっています。この結果は、「ゆとり教育」を受けた世代での最悪のものよりはマシです。ただ、「ゆとり教育」を受けていた多くの世代よりもむしろ悪くなってしまいました。「脱ゆとり教育」で成績が良くなる…といったことは、なかったようです。
(日本の15歳「読解力」15位に後退 デジタル活用進まず  :日本経済新聞より)


●学習到達度調査1位は日本・シンガポール・台湾・中国・韓国?

 日本の順位は前述の通りで、全然1位ではありませんでした。ただ、日経新聞は世界トップクラスだとしています。また、順位を見てわかるように、分野によって順位が異なります。しかし、予想外だったのが、トップ3はどの強化でも全く同じ顔ぶれだったことです。日本以外の結果は今まで見たことがなかったので、驚きました。

 日経新聞は、国・地域別の順位は3分野すべてで1位が北京・上海・江蘇・浙江、2位がシンガポール、3位がマカオとなり、アジア勢が上位を席巻したと書いています。ただ、これは全部中国系・中華系が多いと言って良い国であり、そう表現した方が適切かもしれません。また、IQランキングでは、日本や韓国も上位であり、東アジア系が上位と考えるのも良いでしょう。遺伝子的にも似ています。

 今回のランキングでも、前述の通り、日本もまた上位ではありました。また、香港は「読解力」、「数学的応用力」、「科学的応用力」でそれぞれ4位、4位、9位となっています。台湾の場合は悪い教科があるものの、16位以下、5位、10位といった感じ。韓国は日本よりやや良い9位、7位、7位となっています。やはり東アジア系の強さが確認できます。

 なお、中国はIQランキングですと、IQの高い国ランキング、アジア最強 日本人は世界で3位、1位と2位は?だと上位ではあるものの、トップ争いではありませんでした。今回の調査では中国だけ、「北京・上海・江蘇・浙江」という書き方をしており、地域格差があることも考えられるかもしれません。


●日本の子供の学力低下でデジタル機器に批判も実際には逆か?

 ところで、日本の読解力急低下の件ですが、例によって「スマホ依存」や「本を読まない」などといった批判が出ています。ただ、これもゆとり教育同様に根拠のない偏見である可能性を感じます。

 また、日経新聞の場合は以下のように、デジタル機器の対応の遅れを指摘するものでした。日本の子どもたちはパソコンを持っている子が少ないという指摘も聞いたことがありますし、似たような問題は今回同時に行われた調査でも見えています。論理性やデータ的な根拠もあるため、こちらの説の方にずっと説得力がありました。

<読解力調査では、インターネットで情報が行き交う現状を反映し、ブログなどを読んで解答を選んだり記述したりする内容が出された>
<OECDのシュライヒャー教育・スキル局長は「日本の生徒はデジタル時代の複雑な文章を読むのに慣れていない」とみる>
<IT(情報技術)機器を扱うスキルが影響したとの見方もある。PISAは15年調査で、紙に手書きで解答する方式からパソコンで入力する方式に変更しており、文科省は「日本の生徒は機器の操作に慣れていないことが影響した可能性がある」とする>
<OECDが今回の調査と同時に実施したアンケートでは、1週間の授業で「デジタル機器を使用しない」と答えた日本の生徒は、国語が83%、数学が89%、理科が75.9%を占めた。利用率はいずれもOECD加盟国中で最下位で、デジタル活用が進んでいない実態も示した

 日本の子どもたちは、文章の中から必要な情報を探し出す問題が苦手で、情報が正しいかを評価したり、根拠を示して自分の考えを説明する問題も低迷した、とされていました。ただ、上記のような結果なのにも関わらず、安易に「スマホ依存」や「本を読まない」と言ってしまう日本の大人たちの能力にも大いに問題を感じますね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■ゆとり世代の定義で判明 究極のゆとり世代の学力はむしろ高いという不都合な真実
  ■IQの高い国ランキング、アジア最強 日本人は世界で3位、1位と2位は?

【関連投稿】
  ■本当に頭がいい人はむしろ字が汚い?「悪筆の天才と達筆の秀才」説
  ■ビリギャルの残酷な真実 金の力・進学校でのビリ・元から頭が良かっただけ
  ■少子化でも増える大学入学者数 東大や医学部の定員の推移は?
  ■学力テスト、石川県が初の1位 沖縄県躍進など、都道府県で差なし
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由