Appendix

広告

Entries

フィンランドベーシックインカム導入は誤報で実験 しかも大失敗に


 初期に書いていて、普段読まれない荒唐無稽?ベーシックインカムのメリットと問題点・批判と反論が珍しく読まれていて、日本の政治家が言及でもしたのかと思いました。すると、フィンランドが実施するとのこと。ついに来ましたか!

 …と思ったのですが、実際には誤報だったんだそうで、"誤報!フィンランドのベーシックインカム導入 実験ならカナダなどが実施"と言った話も追加しました。

2015/12/8:
●世界初!フィンランドがベーシックインカム導入 全国民に11万円支給へ
●ベーシックインカムの問題点である財源はどうなっているのか?
●オランダもユトレヒトで試験制度の導入を決定したとされている
●微妙なベーシックインカム…月11万円の支給額は安すぎるのでは?
●正直言うと微妙な内容…それでも極めて意義の高い壮大な社会実験
2018/04/25:
●実は誤報だった!フィンランドのベーシックインカム導入
●実験ならフィンランド以外で例がある…カナダなどが実施
2018/04/25:
●話題になったフィンランドはベーシックインカム実験、中止に
2019/02/17:
●フィンランドのベーシックインカム実験大失敗、期待はずれに終わる
2020/07/11:
●スペインでベーシックインカム導入決定と報道…でもまた誤報?
●ベーシックインカムを実施しても失業者は減らないというが…


●世界初!フィンランドがベーシックインカム導入 全国民に11万円支給へ

2015/12/8:ということで誤報だったのだそうですが、もともと話題になったときに出ていたのは、フィンランド、国民全員に800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給へ - BusinessNewsline(Posted 21 hours ago, by James Jackson)という記事でした。誤報の指摘については後述します。
フィンランドが国民全員に非課税で1カ月800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給する方向で最終調整作業に入ったことが判った。(中略)

最近行われた世論調査ではフィンランド国民全体の約69%が導入に賛成の意見表明を行っており、現状のままで世論動向が推移した場合には、フィンランドは世界で初めて、ベーシックインカム制度を導入する国家となることとなる。

●ベーシックインカムの問題点である財源はどうなっているのか?

 ベーシックインカム反対派は財源を問題にしますが、これは他の保障を廃止することでかなりの分を賄うことができます。
全国民に毎月11万円、フィンランドが世界初のベーシックインカム導入へ | BUZZAP!(バザップ!) 2015年12月8日09:37 by 深海

ベーシックインカムの実施には年間522億ユーロ(約7兆円)が掛かると試算されていますが、その代わりに全ての社会保障を停止する予定。Juha Sipila首相は「私にとってベーシックインカムは社会保障システムをシンプルなものにするということだ」と述べており、複雑化したシステムの維持にかかる費用を間接的に削減する効果もあると見込まれています。

●オランダもユトレヒトで試験制度の導入を決定したとされている

 実は、ベーシックインカム実現に向けて走り出しているのは、フィンランドだけではないようです。BusinessNewslineによると、"西欧諸国の間では、オランダもベーシックインカム制度導入のための試験制度を来年から導入することを既に、決定している"とのこと。

 BUZZAP!でも触れていて、こっちによれば、具体的にはユトレヒトで行われる試験みたいです。ただ、一都市での導入は極端な人口移動が起きるみたいな弊害があるんじゃないか?と、私は心配ですけどね。(EUの場合、人の移動が自由なので、一国でやっても似たような問題が出るかもしれません)
ユトレヒト - Wikipedia

ユトレヒト(オランダ語: Utrecht [ˈytrɛxt] ( 聞く) ユトレフト)は、オランダのユトレヒト州にある基礎自治体(フメーンテ)。オランダ第4の都市であり、ユトレヒト州の州都でもある。首都アムステルダムから30キロほど南に位置する。

人口 (2008年現在)
基礎自治体域 296,305人

●微妙なベーシックインカム…月11万円の支給額は安すぎるのでは?

 一都市での導入は弊害…と書きましたが、もちろん国全体でやっても問題は多いと思います。過去投稿読み直さずに曖昧な記憶のままで書いちゃいますが、一番気になるのは支給額の問題です。

 社会保障の廃止分の金額をそのまま全国民で割った場合は、当然ベーシックインカムの支給額は今まで社会保障で得ていた支給額より低くなります。私は特に障害者のような普通の人よりお金を得るのが難しい上に、生活するのにお金がかかりやすい人たちについて心配しています。

 フィンランドの物価が不明ですが、「11万円」というのも実際、かなり安く感じます。これだと、日本で言う生活保護世帯でもキツくありません?

 試しに軽く検索すると、これは年金の支給額すら下回っている感じです。おそらく働けない人にはキツイ金額でしょう。(関連:年金で生活できないのは当然 年金は最低生活保障ではなく保険)
国民の62%が信頼するフィンランドの年金制度 - 靴家さちこ|WEBRONZA - 朝日新聞社 2012年05月15日

 国民年金と所得比例年金の合計平均月額は1415ユーロ (約14万円)と、一般労働者の平均賃金の約6割に相当する。性別に分けると、男性が1610ユーロ (約16万円)、女性が1258ユーロ (約12万円)と、女性の方が低い。女性の平均賃金が男性より低く(男性の約8割)、育児などで女性の方が就職期間が短いことなどが原因とされている。

●正直言うと微妙な内容…それでも極めて意義の高い壮大な社会実験

 とはいえ、私はこういったチャレンジには好意的です。BUZZAP!は、私が書こうと思っていたそのままの表現で、"ある意味壮大な社会実験とも言える今回の取り組みは世界的に注目されることは間違いなさそう"と書いていました。非常に興味深いチャレンジであることは間違いありません。

 失敗したとしても、学術的な価値や他国の参考例(日本の政治家は馬鹿なので、失敗とわかっている軽減税率や朝型勤務に前向きなのですが)として、非常に意義深い社会実験です。

 唯一付き合わされる国民はたいへんだと言えるものの、前述のように賛成が明らかに多いですから、ここもあまり問題になりません。このまま国民の同意を得られた中での実施になると、最高ですね。


●実は誤報だった!フィンランドのベーシックインカム導入

2017/04/27:…などと書いていたのですけど、誤報だったんだそうな。フィンランドでベーシックインカム導入と“誤報” 実際の進ちょく状況は? | THE PAGE(ザ・ページ)(2015.12.26 18:01 同志社大学教授・山森亮)によると、英字紙記者が、情報源のフィンランドの地方紙の記事を読んだ際に、フィンランド語の知識が十分ではなく誤解。これに他の英字紙や日本メディアも追随したんだそうです。

 では、実際のフィンランドの動きは?と言うと、ベーシックインカムの「給付実験」の検討中というもの。実験の実施をめぐる様々なアイデアや情報について、フィンランドで報道がなされており、そのうちの一つを、件の英字紙記者は誤読したと思われています。

 あと、私は過去にベーシックインカムの類似の制度があり、参考にすることが可能で、なおかつそれはベーシックインカム推進派にとって不都合な内容なのではないかと予想していました。しかし、記事によると、1970年代にはアメリカとカナダで、今世紀に入って、ナミビア、ブラジル、インドで行われており、いずれも傾向としては、人々が生産活動に従事することを辞めたりはしない、という肯定的な結果が得られているとのことでした。


●実験ならフィンランド以外で例がある…カナダなどが実施

 また、こうしたベーシックインカムの新たな実験として、カナダ・オンタリオ州のニュースが入ってきました。貧困層にベーシックインカム試験導入、カナダ・オンタリオ州:時事ドットコム〔AFP=時事〕(2017/04/26-14:42)という記事です。

 カナダのオンタリオ州は、貧困ライン以下で生活する4000人を対象に3年間にわたって、ベーシックインカム(最低所得保障)制度の試験導入することを発表。受給者と公共財政への影響を測ります。

 収入を補助する額は各年、単身者の場合で1人当たり最高1万6989カナダドル(約140万円)、夫婦で最高2万4027カナダドル(約195万円)で、障害者にはさらに6000カナダドル(約50万円)が支給されるとのことでした。

 ただ、貧困ライン以下だけ支給というのは、ベーシックインカムの理念と全然違いますからね。また、実験の場合は支給が停止されることが予見できてしまいます。恒久的なものとは全然違っていて、そもそも全然ベーシックインカムと似ていないようにも見えます。

 先ほどの肯定的な結果が得られているという各国の実験もそうなのですが、この「恒久的」ってところは全くクリアできていない可能性があります。ここらへんはいつか調べてみたいですね。


●話題になったフィンランドはベーシックインカム実験、中止に

2018/04/25:フィンランドはベーシックインカム導入ではなく実験でした…というのが前回の追記でしたが、この実験も中止になったとのこと。で、この説明を見ると、それってそもそも全然ベーシックインカムじゃなくね?というものでした。

 今回の記事によると、フィンランド政府は、既存の失業給付がとても高額なため、失業者の就業意欲を低下させる原因になっていると主張しており、失業者の就業意欲を高める目的で、長期失業者の一部を対象にベーシックインカム制度を試験導入したという経緯があったそうな。実験期間中に対象者が就業したとしても支給をやめないため、失業者は早く再就職して支給金との両取りを狙うはず…というシナリオのようでした。

 で、フィンランド政府はベーシックインカムの対象を一部の長期失業者のみに。これじゃあ、単なる失業保険の改悪版でしょう。ベーシックインカムとは全然違うく見えます。実際、ベーシックインカムの支持者たちは「フィンランドの全国民を対象にすべきだ」と主張していました。

 そして、フィンランド政府の目的が全然違うものであるため、中止となったのもそちらの関係。失業者に対し「最低18時間の労働を行うか、3カ月間の訓練プログラムに参加すること」を求めており、仕事が見つけられなかった場合には、失業給付を減額すると規定した、失業者の就業意欲を高めるための新しい法案を可決したためという理由でした。

 ベーシックインカムの専門家であるオリ・カンガス教授は「信頼できる結果を得るには時間とお金をかけるべき」ともしていたのですけど、そもそもまともな実験をするのは大掛かりすぎて難しすぎるのもかもしれません。
(フィンランドの「ベーシックインカム実験」が2018年12月で中断 - GIGAZINEより)


●フィンランドのベーシックインカム実験大失敗、期待はずれに終わる

2019/02/17:フィンランドのベーシックインカム実験の続報。中止になったとはいえ、途中までのデータはあり、2年間のうち1年目の調査結果が発表されました。前回書いたように、このベーシックインカムは目的がへんてこ。失業給付が就業意欲を低下させる原因になっていると主張して、失業者の就業意欲を高めようというものでした。ところが、参加者の就労状況はそれほど改善されなかったとのこと。結局、一番期待したことは駄目だったみたいですね。

 実験では、従来の基礎失業給付や労働市場補助金を停止する代わりに月額560ユーロ(約7万円)のベーシックインカムを支給しました。ただ、ベーシックインカムの実験参加者の年間雇用日数は49.64日で、それ以外のグループの49.25日に比べてわずか0.39日多いだけ。つまり、失業給付が就業意欲を低下させている…ということではなかったようです。

 また、自営業では実験参加者の年収は4230ユーロ(約52万6000円)で、それ以外のグループの4251ユーロ(約52万8600円)より21ユーロ(約2600円)逆に少なくなる結果に。おそらくこれも従来の失業給付が就業意欲を低下させているという仮定で、そうではない制度の実験参加者は年収が上がることを期待していたのでしょう。大失敗です。
(「おカネをただで配りましょう」ベーシックインカム実験の結果はどうなった フィンランドからの報告(木村正人) - 個人 - Yahoo!ニュース 2/9(土) 19:36より)

 なお、この結果は、「生活保護給付額が高額なせいで、わざと働いていない」といった主張をも怪しくさせるものかもしれません。残念なことではありますが、おそらく現実には「働けるのにお金がもらえるからわざと働いていない」ではなく、「様々な理由で働けない」という人が多いのだと思われます。


●スペインでベーシックインカム導入決定と報道…でもまた誤報?

2020/07/11:新型コロナウイルスの問題が拡大したときに、ベーシックインカム的なものを検討する国があるのではないかと思っていました。で、実際スペインがやる…と聞いて記事を探してみたものの、これまたベーシックインカムとは違うように見えますね。

 ベーシックインカムと報じているところが多いものの、スペイン、低所得世帯に最大月12万円 コロナで計画加速 | NewSphere(2020年6月6日)はタイトルにベーシックインカムがない記事でした。そもそもベーシックインカムとは異なるだろうというタイトルですよね。このタイトルからすると、むしろ生活保護に性質が似ていると感じます。ただ、本文読んだら、やはりベーシックインカムという書き方でしたわ。

<新型コロナウイルス感染が拡大したスペインでは、ロックダウンの影響もあり、生活に苦しむ人が増えている。政府は弱者救済のため、ベーシックインカム(BI)制度を閣議で承認した。これまで各国でBIの可能性が議論されており、パンデミックを機に制度を導入する初の国として注目を浴びている>

 上記の後、<今回の決定は、国民全員に一定額を給付するユニバーサル・ベーシックインカムとは異なり、実質的には最低所得保障となる>としています。やはり生活保護に近い性質だと感じます。もともと選挙前からの公約であり、新型コロナウイルスによる経済悪化で加速される結果となったと説明されていました。


●ベーシックインカムを実施しても失業者は減らないというが…

 なお、ブリュッセルのシンクタンクのシニア・フェロー、Zsolt Darvasさんは、給付によって働かず家にいることが助長されるようなら間違いだとしていました。ただ、前述の通り、フィンランドでは給付金を減らしても収入はほとんど変わっていませんでしたからね。給付金と労働意欲とは、あまり関係がなさそうに思えます。

 一方、記事では、フィンランドやイタリアでも同様のプログラムが実施されたものの、給付で失業率が低下するという証拠は得られなかったとも強調。ただ、生活に苦しむ人に給付金を与えるというものなので、失業率上昇が目的ではなく、ずれた攻撃のように見えました。ベーシックインカム類似精度のせいで失業者が上昇する!って批判ならまだわかるんですけど…。

 記事では、他にも反対意見を中心に展開。左派からも政府の所得保障を盾に雇用者が労働者に低い賃金を提示する可能性を危惧する声が出ています。ただ、オックスフォード大学の調査では、欧州では70%の人々がBIのコンセプトを支持しているということで、庶民の支持はかなり得ているみたいですね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■荒唐無稽?ベーシックインカムのメリットと問題点・批判と反論

【関連投稿】
  ■年金で生活できないのは当然 年金は最低生活保障ではなく保険
  ■軽減税率はトラブルだらけ ビスケットをケーキと認めさせる訴訟も
  ■ベーシックインカムの本当の反対意見
  ■ベーシックインカム批判への反論 山崎元編
  ■政治・政策・政党・政治家についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由