Appendix

広告

Entries

岡山大の森山芳則教授と榎本秀一教授、不正指摘の報復で解雇か?


★2015/12/12 岡山大の森山芳則教授と榎本秀一教授、不正指摘の報復で解雇か?

 久々に岡山大の件の続報。STAP細胞問題より前からあった話で、私はこの件で追加情報ないかな?と検索したときに、STAP細胞疑惑が研究不正スレで出てきていたことを知ったということで、なかなか思い出深い研究不正疑惑です。

  ■岡山大で不正論文とその隠蔽を内部告発 告発者は森山芳則薬学部長ら
  ■岡山大不正告発の報復で名誉毀損?森山芳則・榎本秀一教授らが提訴
  ■岡山大学、31論文全てで不正なしと結論 柏倉祐司元議員の論文も


●岡山大の森山芳則教授と榎本秀一教授が不正を指摘

 岡山大の件がややこしいのが、研究不正疑惑を指摘したところ、相手からパワハラを指摘し返されて、お互いに不正を言い合っていたことです。内部告発潰しかな?と個人的には思うものの、ここらへんはきちんと調べてもらわないとわかりません。

 ただ、不正の指摘側は解雇されかかっているみたいで、一方的な展開になっているようだ…というのが、今回の話です。

 とりあえず、不正の指摘という話から。
全文表示 | 岡山大が「内部告発」教授への「報復」? 「論文不正」指摘後の「停職」「解雇」裁判騒動 : J-CASTニュース 2015/12/10 20:02

薬学部の森山芳則教授と榎本秀一教授は、2012年12月と13年3月に医学部の論文に不正があると告発した。(中略)

同大は15年3月、調査結果をサイト上で発表。対象となった1本の論文について「実験結果の画像と異なる画像を誤って掲載した」と認めつつも、「誤って掲載したものであり、故意によるものではないことから、不正行為は認定しない」とした。

●両教授がパワハラで停職処分

 しかし、14年9月にこの両教授がパワハラしたとして、"停職9か月の懲戒処分"になります。これについては、別記事も見つかりました。
岡山大医学部と製薬会社の癒着を告発した2教授が停職処分に│NEWSポストセブン 2014.10.21 07:00

 9月25日に岡山大学が学長名で2名の教授に対して9か月の停職処分を発令した。(中略)

 両教授への処分理由は「複数の職員に対するハラスメント」と発表されたが、記者会見に詰めかけた記者の質問は、「論文不正問題を内部告発した両氏に対する報復ではないのか」という点に集中した。

●不正指摘の報復でついには解雇に?

 J-CASTニュースに戻って、今年の話。停職処分から1年2ヶ月くらい後ですね。
大学側は明らかにしていないが、教授側の訴状によると、その後、大学の教育研究評議会は15年10月26日付で2教授を解雇する審査結果を出した。

2教授は12月7日、岡山地裁に「解雇権の乱用で無効であることは明らか」などとして、解雇停止の仮処分を申し立てた。

●大学と製薬会社の問題も告発

 間に入れたNEWSポストセブンでは、昨年の週刊ポスト10月31日号でジャーナリストの伊藤博敏さんが、以下のような話を書いていたことも伝えていました。
複数の大学院生の博士論文に剽窃やデータ改ざんなどの不正があることを発見した両教授は、やがてその背後に潜む利権構造に気付いた。

 有力教授が製薬会社から多額の奨学寄付金を受け取る一方で、その製薬会社の薬の構造の効能を謳う研究論文を書く、といった不適切な関係が浮き彫りになった。

 週刊ポストはどうもこの利権構造うんぬんというか、医者叩きというかそこらへんが好きなようで、岡山大の最初の記事もそんなノリでした。

 一方で論文不正の方には関心が低かったようで、岡山大の件を報じた直後にも関わらず、STAP細胞問題はアンチが騒いでいるだけと、書いていて呆れました。

 さらに、どうしても医学部を叩きたいらしく、医学部出身の研究者が対立するそれ以外の学部出身者を攻撃しているとも書いていました。ただ、これは当時も書いたように、STAP細胞のキーマンであった笹井芳樹副センター長(当時)が医学部出身であり、ちゃんと調べてから書けアホ…という話でした。

 製薬会社の問題はノバルティス不正の件など根が深いのは確かなんですけど、週刊ポストは週刊ポストで自分の好きな話に持って行きすぎてしまうので信用なりません。

 ただ、岡山大の件に関して言えば、内部告発潰しの可能性がありますので、週刊ポストにももうひと踏ん張りしてほしいところですし、他のマスメディアも取り扱ってほしいですね。何か最近、喉元過ぎれば熱さを忘れるといった感じになっていて心配です。


★岡山大、論文の画像改ざんを隠蔽 生データ未確認で不正なし結論

2016/1/4:岡山大の森山芳則教授と榎本秀一教授、不正指摘の報復で解雇か?の件の続報。

 不正指摘の論文はシロの判定だったものの、岡山大学側が指摘者に対して事実上の報復行為をするなど、相当怪しい感じでした。

 で、実際、闇が深そうな感じです。毎日新聞が、不正なしの判定は杜撰であったことを指摘する記事を出してきました。


●岡山大、論文の画像改ざんを隠蔽 生データ未確認で不正なし結論
告発に生データ見ず「適正」 岡山大調査委 毎日新聞2016年1月3日 08時30分(最終更新 1月3日 08時39分)

 岡山大(森田潔学長)の大学病院幹部が著者に含まれる医学論文について、研究不正の告発を受けて調査した学内の調査委員会が、実験画像の切り張りを確認したものの、本来必要な生データとの照合をしないまま「不正なし」と結論づけていたことが分かった。調査報告書は文部科学省や告発者に提出されたが、切り張りや生データについての記載はなく、別の論文でも実験条件を示した画像説明に食い違いがあったのに問題視しなかった。

●STAP細胞論文と同じバンド画像の画像改ざん疑惑

 毎日新聞は「切り貼り」と書いていますが、これは要するに画像の改ざんですね。これがあったのは、"2006年に米国の内分泌学専門誌に掲載されたステロイドホルモンに関する論文"です。

 問題となったのは、"濃さが異なる横長の棒(バンド)が横に12個並"んだ画像。バンド画像の改ざんは、小保方晴子さんらのSTAP細胞論文でも疑惑のあったもので、バイオ系の画像改ざんでは最もメジャーなもの。画像の不正疑惑と言うと、十中八九、バンド画像というイメージです。

 "大学によると、病院幹部から「1枚の連続的な写真ではない。代表的なバンドの写真を参考として添付した」と説明があった"ということで、改ざんがあったこと自体は把握していました。しかし、"切り張り前の生データは「8年以上経過し、残っていない」として提出され"ないまま、不正なしと結論づけてしまいました。

 加えて問題になるのは、この改ざんの事実を把握していたことすら、当初は隠蔽していたことです。ただ、これは国の問題でもあるようで、"研究不正についての国のガイドラインは、不正なしと判断された場合は調査結果を公表しないと定め"ているとのこと。たいへん隠蔽しやすいしくみになっています。


●もう一つの疑惑は「画像の使い回し」か?

 毎日新聞が書いていたもう一つの問題は、"08年に循環器関連の米医学誌で発表した論文と、10年に岡山医学会雑誌で発表した日本語の論文"で、同じ画像が別の実験条件で説明されているというもの。

 毎日新聞は直接そういう言い方はしていないものの、これはいわゆる「画像の使い回し」という疑惑でしょうね。これもSTAP細胞論文で生じた疑惑であり、やはりメジャーな不正です。

 ただ、前述のものを含めて、"調査委員長を務めた同大学の山本進一理事は「国のガイドラインや大学の規定で定める研究不正(捏造、改ざん、盗用)には当たらない。だから本調査はしなかった」と説明している"とのこと。よくわかりませんね。


●東北大前総長の研究不正疑惑との類似点

 上記のうち「画像の使い回し」については、不正でない場合として、画像をうっかり貼り間違えた、説明をうっかり間違えたなど考えられそうです。ただ、違う条件でやったが、たまたま瓜二つの画像になったというのはあり得ないと思われます。

 過去にあったこのあり得ない同じ画像、つまり、画像の使い回しが疑われている例としては、東北大の件を思い出しました。以下は当時書いた<東北大の井上明久前総長の研究不正疑惑 外部調査しないと幹部が決定>(怪しい井上明久東北大前学長論文不正問題 損害賠償裁判では勝利にまとめ)の内容です。
 井上明久前総長は複数の問題が指摘されており、今回の告発でも複数の不正に触れています。ただ、前述の大学側の回答は「複数の論文で同じ画像が使い回されている疑い」についてだと思われます。

 "2001年に井上氏らが発表した論文"で"金属を電子顕微鏡で撮影するなどして得たとされる画像が、1999~00年発表の別の論文と同じだったり、極めて似ていたりする"という問題です。

 告発書では「論文全体が極めて不自然。写真を取り違えたなどの単純ミスというより、新しい実験データに基づいて書かれた論文を偽装した研究不正が強く疑われる」としていました。"論文に掲載された金属の作製条件は、それぞれ異なるため、同じ画像になることはあり得ない"ため、不正の疑いが濃厚なのです。

 しかし、その画像の問題を認めながら、なぜか不正ではないと断定。

 東北大の話は研究不正の話題が多いバイオ系ではなく、金属という珍しいものでした。ただ、なぜこの問題を私が思い浮かべたか?と言うと、論文の疑惑の対象が大学のお偉いさんで、なおかつまともに調査されずもみ消されたように見えるという点が共通しているためです。

 これら二つの大学の疑惑は本当に不正なしなのかもしれませんが、現在の研究不正調査は権力者が疑惑の対象となった場合に、隠蔽される可能性が高く問題があるとは言えます。権力者の力が届きづらいしくみに変えるべきです。


 関連
  ■岡山大で不正論文とその隠蔽を内部告発 告発者は森山芳則薬学部長ら
  ■岡山大不正告発の報復で名誉毀損?森山芳則・榎本秀一教授らが提訴
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由