Appendix

広告

Entries

だからグーグルに勝てない 正論バカと正論を馬鹿にする日本企業


 私は正論というか、根拠に基づいた話をすべきという考え方で、感情論だとか、非科学的な主張だとかは大っ嫌いです。まあ、「非科学的」って言い方なら、オカルト好きの人でもない限り、なかなか肯定する人はいないでしょうけどね。

 で、そんな私がむむむ!と引っかかる『「正論バカ」が職場をダメにする (青春新書インテリジェンス)』という本があることを知りました。これは気になります。




●正論が弊害になるケースもある

 タイトルを見た時点で、正論が悪いことのように見える場合もあると一応思いました。正論と言うか、理想論的なものでしょうね。

 例えば、現状が悪い状況であれば、それより理想的な状況であった方が良いことは間違いありません。これは事実でしょう。

 しかし、困るのがいきなり理想的な状況にしろ!としたり、理想的な状況になっていないからダメと諦めたように現状否定で終わってしまったりといったものです。これはこれで非現実的ですから、こういう主張をする人が良くないというのも正論です。

 現実的なものとしては、いきなり完璧にならなくても、悪い状況からより良い状況に変えていくことです。仕事のコツシリーズの仕事が早い人になるには? 効率よく仕事をこなす7つのコツでも、仕事を細かく分割するのが仕事ができる人のコツという話が出てきました。段階的に変えていくというのは大事な話です。

 ですので、作者はここらへんの整理ができていないのかなぁ?と何となく思いました。


●だからグーグルに勝てない 正論バカと正論を馬鹿にする日本企業

 何度か書いていますが、私がこの正論というか、徹底したデータに基づいたやり方をしていて気に入っているのが世界的な大企業グーグルです。

 今回と同じようなタイトルで、なおかつ日本バッシングみたいなタイトルで申し訳ないですが、以前も社長や上司が偉い日本からはグーグルのような企業は生まれないというのを投稿しています。

 そこでも書いたように、グーグルでは上司の意見すら根拠がないと通らないそうです。一方で日本では、上司の言う非合理的なことも黙って聞く体育会系社員が良い社会人だ、なんて主張する人がいます。これはすごくもったいないと思うんですよね。


●意味のない仕事・効率悪い仕事を肯定し、論理的な思考を否定?

 書籍の題名だけ見て上記のように思って、『「正論バカ」が職場をダメにする (青春新書インテリジェンス)』の内容紹介を見ました。すると、ロジカルな考えまで否定する勢い。えっ、そこまで否定しちゃうの?
 内容紹介

「この仕事、意味があるんですか?」「そのやり方、効率悪くないですか?」「もっとロジカルに考えましょうよ」「他社でできることが、なぜウチではダメなんですか?」……今どきの職場で「自分は正しい! 」を押し通そうとする人々が急増する中、人も仕事も「正論」「論理」より「感情」で動くことを豊富な事例とともに解き明かした、すべてのビジネスパーソン必読の一冊!

 内容(「BOOK」データベースより)

人は論理よりも「感情」で動く。一見、「無駄」「効率悪い」仕事に意味がある。仕事は効率よりも「人間関係」。論理的な説明力より大切な「聴く力」。―できる人・できる職場が大事にしている、「場づくり」「関係づくり」の心理学。

 人が感情で動きやすいというのもまた現実ですから、これを無視するというのも非現実的です。相手の感情を考えながら仕事しましょう、ってだけなら正論なのですが、何だか雲行きが怪しいですね。

 「この仕事、意味があるんですか?」「そのやり方、効率悪くないですか?」「もっとロジカルに考えましょうよ」「他社でできることが、なぜウチではダメなんですか?」といった言い方。これらは相手の感情を逆なでする可能性が高く、効果的でないという指摘ならよくわかります。

 交渉のコツ10のポイント 心理学を応用したテクニックで頼み上手になどでやっているように、うまく相手を説得するというのも大事です。

 ただ、意味がない仕事や効率の悪い仕事のやり方などは、むしろ積極的に見直すべきものであり、最終的な目標としては間違っていません。これらまで否定しちゃうとなると、変な話ですね。

 最近書いたなぜ日本の労働生産性は低いのか?という日本は勤勉な国だと思ってたのに…労働生産性、先進国最低レベルも思い出してしまいました。


●アマゾンのレビューを見ると、むしろ論理性の大切さを痛感

 うーん…とうなりながらアマゾンのレビューを見ると、星5つが2つあるものの、他は星2つが1つ、星1つが3つと散々でした。以下は参考になるという上位レビュー3つですが、すべて悪い評価のものでした。
まあ、人の弱みに付け込む商売というか、
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/12/19

そもそも「顧客のニーズ」って「正論」なしで「うわべ」で勝ち取れるわけないし

買い物する時に
商品を作った会社の社内が仲良いからって、「大して良くないもの」を、人は買いたくはならいわけで

会社が儲からないなら、従業員の取り分も減るわけで

欧米だけでなく、発展途上国の出来る人達に仕事を取られてもいい従業員

自分のお金を食いつぶしても「社内の目先の雰囲気」を重視していはる経営者
には支持される本じゃないでしょうか



大きな気付きら得られたのですが
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/10/10

前半のロジカル馬鹿の気付きのところは面白いです。が、半ばから何故かありきたりなビジネスハウツー指南書になり、さらに終盤に、テクニックでコミュニケーションするなと、一刀両断のハウツー本否定。ロジカル馬鹿でなくても矛盾を感じるだろう不思議な構成


日本国内だけでビジネスができた高度成長時代の経験者の居酒屋での愚痴みたいなもの
投稿者 せんべい屋の寄宿人 投稿日 2015/9/12

コンプライアンスにこだわる人の話なのかなと思って購入したのですが、10ページ程度読んで後悔しました。同著者の「過剰反応社会の悪夢」は、クレームに対して敏感すぎることについての警鐘を鳴らす価値があると思っていたのですが、 この本は、日本国内のさまざまな場面での「昔からの慣習みたいなもの」を絶対視して、それに対して疑問を持つこと自体がおかしい、という姿勢から書かれた本と見受けられました。昔ながらの古きよき時代の日本の職場なのであれば、この本に書いていることは役に立つかもしれません。

 真ん中の論理矛盾に陥っているという指摘はおもしろいですね。作者がロジカルな考え方ができないせいかもしれません。反面教師として、むしろ正論は大事だね…と感じる話になりました。


 関連
  ■交渉のコツ10のポイント 心理学を応用したテクニックで頼み上手に
  ■仕事が早い人になるには? 効率よく仕事をこなす7つのコツ
  ■日本は勤勉な国だと思ってたのに…労働生産性、先進国最低レベル
  ■社長や上司が偉い日本からはグーグルのような企業は生まれない
  ■クレーム対応の禁止文句「ですから」「だって」「でも」 援川聡推奨のコツとは?
  ■嫌な上司との付き合い方 苦手な上司はこき使ってやると良い
  ■ビジネスやメールでの断り方のコツ 「前向きに断る」「断りの公式」など
  ■飲み会・お酒のうまい断り方7例 会社だけでなくプライベートも
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由