Appendix

広告

Entries

経済学者もやりまくりな比較優位の誤解と産業育成政策が失敗しやすい理由


 後半の産業育成政策の関係からクイズを。

【クイズ】経済学者の高橋洋一教授の発言として正しいものはどれでしょう?

(1)「市場原理主義への評価は、先進国でも変化してきている。政府が戦略的に特定の産業に予算を分配することで、自由貿易よりも良い結果を得ることができるためだ」
(2)「予算配分は公正中立に、産業については市場原理に任せるというのが先進国の常識となっている」


●有名な経済学者もやりまくりな比較優位の誤解

 私が気になったのは別の話なんですが、比較優位に関する質問がQ&Aサイトにありました。(以下、引用部では適宜改行を追加)
比較優位の法則、発展途上国に不利ではないでしょうか? | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト azuma 2013年10月27日19時04分

経済学の世界では、リカードがモデル化した比較優位説がありますよね。法則というよりも、経済学的には大原則ともいえるものですが、これによれば、保護貿易は絶対的にそれを行う国にとっても、それで締め出しされる国にとってもためにならず、自由貿易をすれば、双方にとって益であるということになります。

そうなると、農業の保護政策というのも絶対的によくないことになりますが、「比較」優位というからには、なにかそうなるための条件があるのではないでしょうか。

また、リカードの例では、18世紀、発展途上国であるポルトガルは発展途上国だからといって、いつまでもワイン製造に甘んじているのではなく、先進工業国であるイギリスのように毛織物を生産したくなることもあるのでなないでしょうか?そこらへんをわかりやすく説明していただける方はいませんか?

 問題は最後の部分。これは比較優位を誤解していると思われます。実は有名な経済学者も間違いまくっているらしいので仕方ないのですが、絶対優位と混じっているのだと思われます。

 比較優位という概念では、ポルトガルとイギリスを直接的には比較しません。ですので、二国を比較している時点で、誤解しているとわかります。比較優位というのは、ポルトガルならポルトガル、イギリスならイギリス同士で比較します。この場合でしたら、ポルトガル国内のワイン製造と毛織物が比較されるわけです。
(全然違うケースですが、比較優位とは?逆選択とは? ~ためになる経済学用語~も参考)

 最初の回答者もそこらへんを指摘していました。
投稿者:iaraki1959 2013年11月09日23時03分

リカードのいう「比較」は国内産業同士の比較です。あの例では、ポルトガルは、毛織物生産においても、ワイン生産においても、イギリスに対し絶対優位を持っていませんでした。どちらの産業でもイギリスの方が生産性が高かったという想定です。(引用者注:次の回答者は逆にどちらも労働力が安いポルトガルが優位としていた。ただし、どちらにしてもこれは絶対優位であり、比較優位には関係ない)

しかし、国内産業同士で比較した場合、ポルトガルではワイン生産の方が毛織物生産よりも生産性が高く(1単位を生産するためにに投入しなければならない労働者の数が少なくてすむという意味で)、イギリスではその逆だったという事案において、それぞれの国がワイン生産、毛織物生産に特化すれば、より効率的な生産ができるというのがリカードの比較優位説だったはずです。

●産業育成政策の評価が難しい理由

 私が興味を示したというのは、次の回答です。
投稿者:The Sovereign 2013年11月10日02時57分

「比較優位」は静態的な概念であって動態的な概念ではないという点には注意が必要です。iaraki1959 さんが言及しているように、「幼稚産業保護政策」(infant industry protection policy)とか「産業政策」による戦略的産業育成という観点は抜け落ちています。(中略)政府が補助をして鉄鋼、自動車、さらにはハイテク産業といった付加価値の高い産業を育成して、「比較優位を『変える』」動機づけが生まれます。

このような「動態」的な考え方は理論的には説得力があるのですが、評価が難しいという問題があります。というのは、産業政策のコストは保護主義という形ですぐに顕在化しますが、その利益(benefit)は将来現れるということになります。将来の利益を現在の利益に置き換えるためには、「割引現在価値」(discounted present value)を計算しなくてはなりません。誰でも、今もらえる十万円と一年後にもらえる十万円を比べたら、今もらえる十万円のほうが価値があるとわかるでしょう。将来もらえる十万円の価値が今もらえるどのくらいの金額の価値と同等になるのかというのが「割引現在価値」です。つまり、産業政策の結果として将来比較優位が変わったとしても、その成果をコストと比較する際には成果を割り引いて考えなくてはいけません。

●国による産業育成政策が失敗しやすい理由

 また、この方は、共産主義国が低迷したことも、比較優位で説明しています。
20世紀の最大のできごとは、共産主義の台頭とその崩壊です。「比較優位」の法則に背を向けたソ連とその同盟国が崩壊し、世界中に資本主義が広まり、グローバリゼーションが世界経済を規定することになりました。

 そして、私が気になるのは、日本も産業育成政策が好きなことです。
ここまでは経済学の話ですが、幼稚産業保護政策にはもう一つ政治学的に大きな問題があります。特定の産業が(理由は何であれ)一度保護されてしまうと、それが既得権益化して、産業保護が経済的に不要もしくは有害となっても、それを取り除くのはとても難しくなってしまいます。

どの産業を保護するかという決定には、政府の恣意性が発生しますし、そこに癒着・汚職の余地が生まれます。日本は産業政策の成功例としばしば考えられますが、それが自民党一党支配と結びついて、政官産の癒着を生んできたわけですし、その精算を進める過程で様々な既得権益の壁に直面しています。多くの発展途上国で幼稚産業保護政策が失敗してきたのは、産業政策が経済性を無視して癒着と汚職に基づいた恣意性で決められてきたか、政策の将来利益を享受する前に汚職のコストが顕在化してきてしまったためです。

●産業政策をぼろくそに言っていた高橋洋一教授

 もう少し評価を見たいなということで、この後、Wikipediaも覗いてみることにしました。クイズもここからの出題です。

【クイズ】経済学者の高橋洋一教授の発言として正しいものはどれでしょう?

(1)「市場原理主義への評価は、先進国でも変化してきている。政府が戦略的に特定の産業に予算を分配することで、自由貿易よりも良い結果を得ることができるためだ」
(2)「予算配分は公正中立に、産業については市場原理に任せるというのが先進国の常識となっている」

【答え】(2)「予算配分は公正中立に、産業については市場原理に任せるというのが先進国の常識となっている」

 上記以外にも、以下のように高橋教授は批判しまくりです。

「ビジネスに疎い役人が支援すべき成長産業を選別するというところに原理的な矛盾がある。産業政策手法の根本的な欠陥は、需要サイドではなく供給サイドに政府支援を行うことである[2]」
「『産業政策』は、先進国では例がない。政府がミクロ的な介入をするだけの能力がないからである。『産業政策』に相当する政策は開発途上国での『幼稚産業保護』くらいしかない[24]」
「日本の戦後成長の歴史を見ても、通産省がターゲットにした産業は、石油産業、航空機、宇宙産業などことごとく失敗している。逆に、通産省の産業政策に従わなかった自動車などは、日本のリーディング産業に成長している[40]」
「産業政策の失敗の例として、1985年に設立された基盤技術研究促進センターがある。2800億円の出資は結局8億円くらいしか回収できなかった。第五世代コンピュータやシグマプロジェクトも壮大な無駄使いであった。自分のカネで投資を行わない役所は、投資の結果に無責任なのでほとんどが失敗する[41]」
「経産省の『ターゲット・ポリシー』は産業選別という意味で、日本国外では通用しない。特定の産業の選別はえこひいきとなるし、そもそも政府に成長産業を選び出す能力がない」

 最近、高橋教授が自民党の御用学者化してきて驚いていますが、本来、自民党的な手法には批判的な意見が多い方でした。 同時投稿したなぜ国が東芝・シャープを支援するのか?倒産すべき企業への税金投入は無駄遣いという見方もなんかも、本当なら彼が批判すべきものだと思われます。


●成功例とされる日本ですら支援していない企業が多数成長

 では、Wikipediaの内容。Wikipediaは両論併記なので、評価している部分もありますが、ネガティブな意見がかなり載っています。
産業政策 - Wikipedia 最終更新 2015年11月25日 (水) 04:03

 評価

第二次世界大戦後の日本の産業政策については、1990年代初めまでは高度成長の実現など日本経済の驚異的な発展の主要な原因の1つという肯定的な評価がなされていた(ただし否定論も多い[15])が[16]、1990年代半ば以降、日本経済が低迷を続ける中で、非効率な産業を温存し、日本経済が長期低迷を続けてた原因となっているという否定的な見方が多くなった。

第二次世界大戦直後の傾斜生産方式による石炭産業と鉄鋼業の育成、その後の石油化学工業など重厚長大産業の育成に当時の通産省の産業政策が大きな役割を果たした成功例とされることが多い。その後も、二次にわたる石油危機を経て、日本経済を自動車産業や電機・電子産業といった加工組み立て型の製造業など高付加価値型の産業に転換していく上で、産業政策の役割を評価する声もある。

第二次世界大戦直後に成功した企業の中には、自動車会社ではホンダ、電機産業では松下電工(現 パナソニック電工)やソニーなど政府の産業政策の枠外で発展した企業が多かったため[17]、「どの産業・企業が発展するか」という民間に分からないことが政府には分かり得るのか(どの産業を育成すべきか政府に正しく判別できるのか)ということが疑問視されるようになり、産業政策の成果にも懐疑的な見方もある[18]。コンピュータ産業の育成や半導体産業の育成が成功したと見るかどうかは、意見が分かれている。

 政治家や官僚はそもそも商売のプロではありませんからね。むしろ商売下手と見られています。民間企業より彼らの方がわかっているという考えは無理がありすぎで、私には支持できません。


 なお、ちょうど東芝やシャープへの国による支援の話があったので、同時投稿でなぜ国が東芝・シャープを支援するのか?倒産すべき企業への税金投入は無駄遣いという見方もを上げました。高橋教授が言う自分のカネで行わない投資の例ですね。

 そちらでは、上記で成功例とされていた自動車産業の話をクイズにしていますので、興味ある方はごいっしょにどうぞ。


 関連
  ■比較優位とは?逆選択とは? ~ためになる経済学用語~
  ■自由主義は本当は敗者に優しい 徹底的な自己責任を求めるのは偽物の自由主義?
  ■市場原理主義への批判は大部分が勘違い?
  ■市場の失敗が生じる情報の非対称性の具体例 レモンの原理
  ■経済学の勘違い用語 不条理な人間の行動も実は「合理的」である
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由