Appendix

広告

Entries

もっと早くできるでしょ?営業と技術が対立しない大企業GE(ゼネラル・エレクトリック)


2016/2/10:
●もっと早くできるでしょ?営業と技術が対立しない大企業GE
●大企業なのに…ベンチャー企業に学ぶ姿勢があるGE
●スピード以上に大事なのは「変化すること」
●変わらずに続ける企業と変わる企業、業績を比較してみると…



●もっと早くできるでしょ?営業と技術が対立しない大企業GE

2016/2/10:GEジャック・ウェルチは嫌われ者だった 徹底した選択と集中に非難でもやったGE(ゼネラル・エレクトリック)の話。ここはいろいろとおもしろい会社ですね。

 今回は、GEの口ぐせ (PHPビジネス新書)という本の紹介記事からです。
(GEに学ぶ、大企業病に陥らない組織作り ~『世界の超一流企業であり続ける GEの口ぐせ』(安渕 聖司著)を読む|イノベーション的発想を磨く|ダイヤモンド・オンライン(文/情報工場シニアエディター 浅羽登志也)より)

 営業と技術が仲悪いというのが普通。例えば、営業が「これって十分に速いの? もっと速くできるんじゃない?」「もっと開発スピードを上げよう。まずはお客様に聞こう」といったことを言い出したら、普通は技術がブチ切れします。

 著者の浅羽登志也さんはブチ切れするとは書いていたなかったものの、技術力を売りにしている会社で、冒頭のようなことを営業担当者が言い出したとしたら、開発現場から「今回の開発がいかに技術的にチャレンジングかわかっているのか?」「ちゃんとお客様に説明したのか?」といった反発の声が上がりそうだとはしています。

 しかし、GEではそんな対立はないらしい…という話です。本当ですかね? にわかには信じられません。ただ、とりあえず、「もっと速くできるでしょ?」という会話がGEでは普通になされるとのこと。ひょっとしたら、営業ではなく技術自ら言うのかもしれませんね。


●大企業なのに…ベンチャー企業に学ぶ姿勢があるGE

 前述のようなやり取りは、大企業ではないベンチャー企業であれば、珍しくはない、よくある光景だとも言います。ベンチャー企業ですら信じられないのですけど、GEのような巨大企業は特に無理でしょう。私が行っていた会社でもあり得ない話であり驚きです。しかし、GEは実際にベンチャー企業に学んだとされていました。

 このベンチャー企業に学んだ内容自体はなるほどと筋が通ったもの。GEの典型的な製品開発では、まず機能を限定したプロトタイプをすばやく作って顧客に提示するといいます。そして、顧客からフィードバックをもらい、それをもとに軌道修正をかけながらスピード重視で前へ進んでいくことが是とされています。

 いきなり完成品ではなく、ある程度の形を先に作って方向性を確認しよう…というのは、以前仕事のコツシリーズでもやりました。検索すると、仕事が早い人になるには? 効率よく仕事をこなす7つのコツの「4」ですね。お客さん自身も何がほしいのかイマイチわかっていない場合もよくありますので、先に形を見せるというのは大事です。

4. 10分の1くらいの未完成の状態で確認する
<作業をする方向性の大枠が決まったら、その状態で見せるとムダな差し戻しが防げる。相手がダメ出しをする部分を先に出し尽くせば、ムダな差し戻しなく作業ができる>


●スピード以上に大事なのは「変化すること」

 このGEの姿勢は危機感によるといいます。GEの社員たちは「“大きくて遅い会社”になったら競争に負ける」という強い危機感をもって仕事をしているとのこと。そして、「さらに効率化できないか」「それ、もっとシンプルにしようよ」といった言葉が社内のあちらこちらで交わされるなど、常にスピードアップを念頭においたプロセス改善に社員たちの意識が向いているそうです。

 また、このスピード感とともに大事…というか、GEの口ぐせ (PHPビジネス新書)というタイトルからすると、こっちがメインなのかな?と思うのが、「変化すること」です。

 大きな組織の場合は、いざやり方を変えようとしても、その変革を組織のすみずみまで浸透させるのは容易ではない…という指摘は理解できます。大企業に限らないだろうとも思いますが、トップダウンで変えさせようとしても、現場からの激しい抵抗は避けられないというのもわかります。

 ところが、GEでは、現場が自らもっと変革しようと口にするとされていました。記事では、こういったことは、事業環境の変化の激しい現代に企業が生き残っていくために必須だと指摘。新しいサイクルで生き残るためには、以前のサイクルでの成功体験を捨てなくてはならないという理由です。自社の運営の根幹に関わるものまでも、移りゆく環境に合わせて大胆に刷新することができない企業は淘汰されてしまうとされていました。


●変わらずに続ける企業と変わる企業、業績を比較してみると…

 実は企業がかつてのメイン事業を捨てて変わらなくちゃいけないという話もよく言われています。変わらずに続ける企業と変わる企業、業績を比較してみると、変わる企業の方が良いみたいなんですよね。これは、これから伸びる企業=変化する企業 M&Aや事業構造の変化が大切でやった話です。

 ただ、そもそもGEというのが、GEジャック・ウェルチは嫌われ者だった 徹底した選択と集中に非難でやったように、当時は罵倒された選択と集中を実行して変身した企業でしたからね。

 変化し続ける企業としては、GEが本家本元みたいなものかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■仕事が早い人になるには? 効率よく仕事をこなす7つのコツ
  ■これから伸びる企業=変化する企業 M&Aや事業構造の変化が大切
  ■GEジャック・ウェルチは嫌われ者だった 徹底した選択と集中に非難

【関連投稿】
  ■会社経営のヒントになる成功事例 商品が売れないお店は縁を切れ
  ■倒産企業の特徴 社員のリストラを躊躇する会社・高齢社長・人情に弱い社長
  ■同業他社ではなく異業種の成功事例に学べ ディズニーに学ぶ歯医者さんが人気に
  ■残り物には福がある? 逆張りでカセットテープ会社が過去最高の生産数に
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由