Appendix

広告

Entries

少子化でも増える大学入学者数 東大や医学部の定員の推移は?


 少子化で子どもが減っているにも関わらず、大学入学者数が増えていることはよく知られた話です。


●少子化でも増える大学入学者数

 国の資料である資料4-4 高校教育及び大学教育との接続の現状(2/2) - 1322874_2.pdfを見てもこれは明らかです。

【18歳人口と大学入学者数の推移】(単位:千人)

年度 18歳人口 入学者数
昭和41年 2,491 293 (18歳人口戦後1回目のピーク)
昭和51年 1,543 421 (18歳人口戦後2回目の減少)
平成 4年 2,049 542 (18歳人口戦後2回目のピーク)
平成11年 1,545 590
平成23年 1,202 613

 18歳人口戦後2回目のピークである平成4年の大学進学率はおよそ39%、現在(平成23年?)の大学進学率はおよそ51%といった数値も出ていました。

 この数値を導き出した計算がよくわからないのですが、上の数値から見てもまあ上がるのは当然だろうなという感じです。平成4年の18歳人口から見て、平成23年は4割ほども減っています。にも関わらず、入学者数はむしろ増えています。進学率は上がって当然です。


●難関大もまた少子化でも拡大路線だった?

 私が気になっていたのは、こういうよく知られた話ではなく、難関大の定員です。難関大もまた少子化にも関わらず、むしろ定員を増やしているのではないか?と疑っていたためです。

 少子化にも関わらず大学が増えているため、定員割れで苦しむ大学は増えていますが、それはやはり人気がない大学が多いです。ブランド力のある上位大学は比較的学生を確保しやすいので、定員を増やしたとしても大丈夫な可能性があります。大学の利益を増やすのなら、当然検討される選択肢でしょう。

 こういった難関大の定員の推移は簡単に見つかると思ったのですが、残念ながら良いものがあまり見つかりませんでした。経営重視なのだから特に慶応大学や早稲田大学のような有名私立大学がやっていると思ったのですが…。

 ただ、数値がないものの、拡大路線だったんだろうなとわかる記述はありました。私は早稲田大学はむしろマンモス化を進めた例だと聞いた覚えがありますが、今になって減らす計画を検討しているという話もありました。
私立大学のスリム化はなにをもたらすか - report140828.pdf  玉川大学 小原一仁 ニッセイ基礎研究所

私大が大学経営を考えるにあたり、どうしても軽視できない事項として入学定員の管理というものがある。これは、その後の4年間のキャッシュフローに最も大きな影響を与える要素であるためである。本稿は、その中でも長い間、不可侵的に取り扱われてきた入学定員の削減に焦点を当ててきた。日本においては、この入学定員の削減という経営政策は依然積極的に議論されてはいない。せいぜい、2012年に早稲田大学が中長期経営計画の中で発表した学部生の2割削減構想ぐらいであろう。この構想の発表がその当時社会に与えたインパクトは、残念ながら我々が期待していたほど大きくなかった。拡大路線からの大転換ということで、本稿では非常に注目をしており、今後の早稲田大学の入試動向等にも注視していきたいところである。

●東大の募集人員は増加?減少?

 私立大学の方が欲しかったものの、最難関大である東大については、データが見つかりました。募集人員と合格者数両方載っていたものの、"京大の併願が可能な年で多くの入学辞退者を出してい"るとのことで、募集人員を見る方が良さそうです。

【東大の募集人員の推移】

年度 募集人員
1965 2821
1979 3063
1986 3218
1987 3218
1988 3396
1989 3396
1990 3416
1991 3536
1992 3586
1997 3476
1998 3416
2000 3253
2008 3053

リンク切れしているが、元データは"『大学受験・進学60年史プロフィール』(http://univ.howtolearn.biz/) "とのこと。
東大募集人員の変遷 - 東大早慶合格率から見る首都圏進学校 2011-05-23

 こうやって見ると、一貫して増えているという単純なものではありませんね。近年はむしろ減少傾向です。ただし、子どもの減り方と比べるとかなり減り方はゆっくりです。

 ちょうど良い年がないので、1992年と2008年、2009年あたりで比較。

平成 4年(1992年) 2,049 千人
平成21年(2009年) 1,212 (前述の推移では省略した年)

 18歳人口は41%低下しています。

 一方、東大の募集人員。

1992 3586
2008 3053

 こちらは15%の低下ですね。

 定員は18歳人口に合わせて頻繁に変えるようなことはありません。18歳人口戦後2回目のピークである1992年で計算したため、多少大げさになっているとは思います。ただ、減り方が少ないのは明らかです。


●医学部入学定員は増加?減少?

 もう一つ、難しいという意味では、医学部入学定員の推移というのもおもしろいかもしれません。

【医学部入学定員の推移】

 国公私立79大学

昭和59年 8,208
平成19年 7,625
平成23年 8,923

 国立大学42大学

昭和59年 4,580
平成19年 4,090
平成23年 4.843

医学部入学定員の推移(大学別) - 1313980_03.pdf

 医学部の増員も国策なんでしたっけ? 一時は減っていたものの、ここ最近はすごい増え方をして以前のピーク(昭和59年)を上回りました。


●大学のレベルが下がるのは当たり前

 以上のように、難関校でも定員が少子化に合わせて減っているというデータは見当たりませんでした。したがって、大学に入りやすくなっているだけでなく、難関大にも入りやすくなっていることがわかります。

 途中で引用した「東大早慶合格率から見る首都圏進学校」さんでは、以下のような感想を漏らしていました。
 余談ですが、大学進学率の差はありますが、団塊世代の受験時は3000人を割っていた東大の募集人員が、団塊ジュニア世代以後の少子化でも依然として3000人を超えていますから、随分、広き門になったという気がします。

 気をつけたいのは、「今の大学生のレベルは落ちている」という話は、少子化を考慮に入れる必要があるということです。少子化の中で大学のレベルが下がること自体は当然であり、むしろ下がらないと考える方がおかしなことだと言えます。

 もちろん私は大学レベルが下がることが良いと考えているわけではありませんし、レベルを上げる努力を惜しむべきではないと考えていますけど、下がって当然な状況であることは頭に入れておきたいです。


 関連
  ■日本の大学生の学力低下は嘘でもあり本当でもある 少子化の影響
  ■全国学力テスト都道府県ランキング2013年中学生 秋田県1位の理由は?
  ■ビリギャルの残酷な真実 金の力・進学校でのビリ・元から頭が良かっただけ
  ■ゆとり世代の学力低下説、実は怪しい 学力テストはむしろ向上
  ■高3の英語が中学生レベルと報道も、高校生を馬鹿にできない理由
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由