Appendix

広告

Entries

アルファ碁の自己対戦は悪手だらけで囲碁界騒然 解説も呆然…アルファ碁の凡ミスは本当に「ミス」なのか?


 AIのアルファ碁はいろいろと予想外で、当初は世界最高の人に圧勝するとは思われていませんでした。そもそも囲碁ソフトがプロと対抗できるようになるのは、10年は先だろうとも言われていました。

 ただ、アルファ碁の本当のおもしろさは、単純に碁がより強いというのではなく、その打ち方が従来の常識からするとむしろド下手に見える場面があるということだと思います。(2016/3/12)

2017/06/09:"アルファ碁同士の戦いはおかしな手ばかりで囲碁界騒然"を追加


●井山裕太氏の予想が大外れ

2016/3/12:アルファ碁、世界トップ級イセドルに勝利 実は囲碁が弱い日本人で書いたので、もう少しグーグルが開発した人工知能「アルファ碁」についての話を読んでいました。

 先月の"欧州王者のプロ棋士にハンディなしで5戦5勝"した時点では、"日本囲碁界の第一人者である井山裕太王座(棋聖、名人、本因坊、天元、碁聖)は「すでにどちらが人間かわからない打ちぶりになった。さらに強くなっているとすると、李九段でさえ全勝できるかどうかはわからない」と話"していたそうです。
(人工知能がプロに5勝 グーグル囲碁ソフトの実力は? |NIKKEI STYLE 2016/2/27 山川公生より)

 しかし、前回書いたように李九段(イ・セドル)は、2戦を終えた時点で「一局ぐらいは勝てるように頑張りたい」と、井山さんの予想とは全く逆に、李九段側が1勝できるかどうかすらわからないということになってきました。

 …と下書き時に書いていましたが、投稿直前に見たニュースによると3連敗になったそうです。これで負け越しも決定しました。(2017/06/09追記:最終的には1勝4敗になっています)
最強棋士、囲碁ソフトに敗北=人工知能3連勝、賞金寄付へ—韓国 時事通信3月12日(土)18時39分

 【ソウル時事】囲碁で世界最強レベルの韓国人棋士、李世※(上に「石」、下に「乙」)九段と、米グーグル社傘下企業が開発した囲碁ソフト「アルファ碁」による5番勝負の第3局が12日、ソウルで行われ、アルファ碁が勝利し、李氏の3連敗で負け越しが決まった。李九段は、対局の途中で自らの負けを申し出て対局を終える「投了」を行い、この結果、アルファ碁が176手で「中押し勝ち」となった。

●信じれない凡ミスするのになぜか強いアルファ碁の謎

 NIKKEI STYLEの記事を見ていておもしろかったのが、アルファ碁がどうも凡ミスもかなりするソフトであるということ。めちゃくちゃ下手な手を打つのに、最終的には勝ってしまうのです。

 例えば、欧州王者のファン・フイ二段との対戦で、アルファ碁が素人丸出しのミスをしていました。
金八段(引用者注:コンピューター囲碁に詳しいプロ棋士の金秀俊)が注目したのは第2局(図1)だ。アルファ碁が黒番で、互いに最善の手順を打つとできる決まった形である「定石」を序盤で間違えた。(中略)「アマレベルの失敗で、定石の意味を理解していないと言われても仕方ない」と金八段。

 ただ、ファン・フイ二段もミスをします。おもしろいのがここからで、ファン・フイ二段は"間違いに気づいて動揺したの"か、さらにミスしてしまいます。

 確か日本の将棋のプロ棋士とのコンピュータの対戦でも言われていたと思いますが、こういう焦りみたいなものはコンピュータにありませんよね。冷静に人間のミスを突いて、勝利してしまいました。


●アルファ碁のアマチュアレベルのミスを攻めれば勝てそうに見えた

 アルファ碁の考えられないようなミスは、第4局でも出ました。形勢が黒に傾いたところで、「ここでもアマ級のミスが出ています」と金八段に指摘されていました。

 "勝負を決することができたのに、形勢を押し戻されてしまった"わけですが、実際にはその後接戦になっても、"再び厳しい手を次々と繰り出して圧勝してい"ます。

 第5局もやはり、"アルファ碁に悪手があったが人間側がうまくとがめられない"といった形でした。ミス自体はかなりしているのです。

 おそらく、そのためでしょう。"金八段は「ファン・フイさんは対局時、調子が悪かったのでしょう。大きなミスを李九段が見逃すはずはなく、勝つのは難しい」と展望"していました。

 井山裕太さんが「李九段でさえ全勝できるかどうかはわからない」という予想だったのも、同じような理由だと思われます。


●アルファ碁の意味不明な打ち方に戸惑いまくるプロ

 前述のように世界最強クラス相手ではアルファ碁の方がきついとプロも予想していたわけですが、実際のイ・セドルさんとの対戦では、アルファ碁が連勝しました。

 対戦までに期間があったので大きく改良してきたという可能性もあるものの、記事を読んでみるとやはり不思議な手を打ってくることには変わりなかったようです。

 以下の記事でのプロによる解説の戸惑いからも、アルファ碁の強さがさっぱり理解できないことが伝わってきます。
人間対AI:囲碁9段の解説者、解説できず視聴者に謝罪 2016/03/11 09:35 Chosun Online | 朝鮮日報 キム・スンジェ

「あれ…? あれ…? 今まで見てきた手の中で一番衝撃的な手のような気がする。これは不思議だとしか言いようがないのでは?」(チェ・ユジン囲碁アマチュア五段)

 「不思議だというよりも、あり得ない手です。プロの感覚では考えも付かない手です。どういう意味で打ったんでしょうか?」(イ・ヒソン九段)

 10日、韓国トップの囲碁棋士、李世ドル(イ・セドル)九段と人工知能囲碁ソフト「アルファ碁」の第2局を中継していた韓国棋院運営の「囲碁TV」解説者たちは「解説」ではなく「疑問」を連発した。

●解説も呆然…アルファ碁の凡ミスは本当に「ミス」なのか?

 前述の通り、アルファ碁は簡単な「ミス」をすると思われていたものの、結局勝ってしまうために、どれが本当の「ミス」なのかわからない状態になっているのかもしれません。

 これ以外にも戸惑いが伝わる記述が多数ありましたし、「ミス」絡みの記述も出てきます。

・「アルファ碁」の予測できない変則的な手や、ミスだと思われた手を到底説明できないといった様子だった。
・李煕星(イ・ヒソン)九段は「どうやってこの囲碁が…(『アルファ碁』が)勝てる囲碁になるのだろうか」とため息をついた。
・中盤を過ぎても次々と繰り出される「アルファ碁」の意外な手に、困惑を通り越えて恐怖すら感じているかのようだった。
・「『アルファ碁』はデータにない手を打っているようで怖い。『アルファ碁』の自己学習能力が進んでこういう碁を打つなら、人間はあまりにも無力な気がする」(金成竜(キム・ソンリョン)九段)
・中盤まで李九段が有利だと見ていた解説者たちは、後に「アルファ碁」の方が有利になっていくと謝罪した。
・「視聴者の皆さんに申し訳ない。李九段の敗着(敗因となった石の置き方)が分からない。人間の目で見ると、『アルファ碁』はミスばかりしていた。今までの理論で解説すると、『アルファ碁』の囲碁は答えが出ない」(宋泰坤(ソン・テゴン)九段)
・「対局を見ながら中継している間、狐につままれたような感じだった」(宋泰坤九段)
・劉昌赫(ユ・チャンヒョク)九段は、対局を見守る間、何度も首をかしげて時折言葉を詰まらせた。

 こうなると、ミスと思われたものの中に、ミスではなく今までにない画期的な打ち方というのが含まれている可能性があります。

 前回、中国・韓国では、「高いレベルの若手が集って、共同研究をし、布石の流行形を徹底的に研究しつくしている」という話が出ていました。

 今は衝撃の方が強くそこまで考えられないと思いますが、これは人間がコンピュータから学ぶチャンスだと思います。それで新しい世界が開けていくわけですから、前向きに捉えて良いと思いますけどね。


●アルファ碁の自己対戦は悪手だらけで囲碁界騒

2017/06/09:アルファ碁同士の棋譜公開 碁界騒然「見たことない」:朝日新聞デジタル(大出公二 2017年6月2日17時24分)という記事が出ていました。"AI(人工知能)「アルファ碁」を開発したグーグル傘下の英ディープマインド社が、対局に備えて積み重ねたアルファ碁同士による自己対戦の棋譜50局を公開した"というニュースです。

 そして、やはり「こんな碁はいまだかつて見たことがない」と碁界が騒然となる事態になっています。

・手数が進んだ特殊な状況に限り有効とされていた「星への三々(さんさん)入り」を序盤の早いうちに互いに打ち合う。
・双方の石がぶつかり合って手抜きがしにくい接触戦のさなかに戦いを放置して他方面に転戦する。

 はてなブックマークでも、以下のようなコメントが人気していました。

“見たが、すごかった。愚形、悪形、拍子抜けの手抜きのオンパレード。2線のハイなんか慄然とする。これまでの棋理なら明確に悪手と言い切れるレベルの手が、ずらずらと並んでいる。”(ko2inte8cu 2017/06/02)

 これらのすべてが「実は良い手」ということでもないと思います。普通に悪手が含まれているのでしょう。しかし、その悪手を打つAIが人間に完勝したというのも事実。最初の投稿の後、アルファ碁はもう1人の世界最高クラスである中国の柯潔九段にも3戦連勝してしまいました。

 なので、やはり人類が良くないと思っていた手の中に、実は良い手が含まれているのは間違いなさそうな感じ。はてなブックマークでも、そういった反応が多く人気していました。

“スタニスワフ・レムのSF小説に、AIの生成した文学作品がAI向けになっていって、もはやAIにしか理解できなくなって人間は疎外されていく話があったけど、そんな日も近いのかも。”(henno 2017/06/02)
“囲碁とかいうめっちゃ古いのに人類には早すぎるゲーム/人間の打つ手は人間が思っていたほどルール上の勝敗に最適化されてなくて、言語や肉体芸術に近い領域で創造性を競っていたということなんだろう。”(teebeetee 2017/06/02)
“人類が1000年以上かけて編み出してきた定石を、遥かな高みから神様が「あーあ、違うったら。こうだって。」ってやってる感じすげえゾクゾクする。”(mcgomez 2017/06/02)
“人間がやっていた碁は碁に可能なことの一部分でしかなかった、みたいな話ホント面白い”(moondriver 2017/06/02)
“ヤムチャはサイヤ人の戦いのすごさがわかっていいよな。俺たちはミスターサタンに煽られて彼が最強だと疑わなかった一般人だからさ…”(plutonium 2017/06/03)

 AIの発展に脅威を覚えている方もいるでしょうが、私もこういうのにわくわくしてしまう性質です。興奮しますわ。


【本文中でリンクした投稿】
  ■アルファ碁、世界トップ級イセドルに勝利 実は囲碁が弱い日本人

【その他関連投稿】
  ■テクノロジーの発展で貧富の格差が拡大 ネオ・ラッダイト運動に繋がるか?(アルファ碁の話も出てくるもの)
  ■将棋でなぜ二歩は禁じ手なのか?反則にしている理由はあるのか?
  ■加藤一二三九段、新たな伝説 75歳にして前代未聞の定食ダブル注文
  ■実際にプロがやった将棋の反則ランキング 二歩などの禁じ手、二手指しなど
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由