Appendix

広告

Entries

なぜ伝統を守る必要があるのか?人口減少に苦しむ島の自業自得な伝統


 「人口減少に苦しむ島の自業自得な伝統」から始まって、伝統とかしきたりとかそういったものをあれこれ。部活・体育会系文化、ブラック企業、宴会芸といった感じで、いろんな話を出しています。(2016/3/15)

 その後、最初の島の伝統と似たようなケースが出てきましたので、"地域を廃れさせないために!祭りを休んだ人から青年会が罰金1万円徴収"を追加しました(2017/05/22)。

2018/09/26:
伝統を守るべきという無意味で非論理的な主張


●宴会芸強要でパワハラも

2016/3/15:以下のツイートが話題になっていて、おもしろいなと思いました。


 これは新人などに宴会芸を強要するのと似ていますね。残念ながらすべてのケースでパワハラとなるとは限らないようですが、宴会芸の強要はパワハラになるケースがあります。
男性上司 KARAのお尻ダンスを女子社員にやらせ処分される 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版(更新 2012/2/14 16:26)

 韓国の女性グループ「KARA」の歌に合わせて、若い女性からいい年をしたオジサマまでがお尻をフリフリ……。昨年、職場の忘年会や歓送迎会などでよく見かけた一コマだ。

 しかし、エンターテインメント業界で働く、とある部長は、この宴会芸が原因で処分された。(中略)

「異動してきたばかりの女性社員が『余興を強要された』と、社内の相談窓口に訴えたんです。会社側はパワーハラスメントにあたると判断し、女性の上司である部長は減給処分を受けたようです」(同社の関係者)

 この関係者は、「お堅い金融機関ならともかく、エンタメ業界は人を楽しませてナンボでしょ。しかも、際どい服装をしろなどとムチャなことも言ってないのに……」と驚くが、これは立派なパワハラだ。

●受け継がれる部活のしごき

 また、理不尽な習わしと言うと、部活でもおなじみです。このテーマを取り上げた爆笑!ああ、体育会の青春 先輩から人生の「理不尽」を学んだ日々(2012年02月17日(金) 週刊現代)は、批判的なものではありません。副題も「明大ラグビー部・PL学園野球部ほか あの頃には戻りたくないけど、なぜか語りたい」となっていて、悪いことばかりではなかったというニュアンスを感じさせます。

 しかし、この副題にあるPL学園野球部がこの後大問題になりましたし、体罰で死者が出る事件もありました。こんなものが良いはずがないと思うのですが、不思議な事に経験者ではプラスに捉える人が多いです。
全文表示 | PL学園野球部「暴力は伝統」だった 番長・清原「1年生のときからアザだらけ」 : J-CASTニュース 2013/3/ 4 18:28

高校野球の名門校、大阪・PL学園硬式野球部で、上級生の下級生に対する暴力行為が発覚した。これにより春季大会大阪府予選への出場を取りやめるという。

大阪・桜宮高校バスケットボール部で起きた顧問教師による体罰と生徒の自殺で、体罰問題がクローズアップされるなか、PL学園卒業生の元プロ野球選手、清原和博氏がメディアで「大胆発言」をした。在学時に上級生から頻繁にしごかれたが、チームが強かったのは「しごきがあったから」というのだ。

清原氏は2013年3月3日放送のスポーツ情報番組「S1」(TBS系)に出演。司会を務めるお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんが、PL学園で上級生が下級生に暴力をふるった一件についてコメントを求めた。すると口から出たのは、予期せぬひと言だった。

「PL学園といえば伝統ですから、暴力は」

(中略)清原氏は、「僕が1年生で甲子園に出ていたころから、体中アザだらけでした」と明かしたのだ。

これには田中さんも意外だったのか、「でも体罰はダメですよね」と問いかけると、自身が高校時代に母校が強かったのはしごきがあったおかげという趣旨を述べた。

 海外の話を出すと、外国と比べるなと怒る人がいますが、ここらへんはかなり感覚が異なります。(高校野球の球数制限 アメリカ「過酷な負担」日本「日本の良さ」も同様の例)
自身が学生時代に受けたしごきや体罰を告白する例はほかにもある。米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手は2012年7月5日付の米紙ニューヨークタイムズに高校野球部時代を語ったが、そのエピソードは強烈だ。「体罰が当たり前だった時代に育った最後の世代」と紹介され、(1) あまりの喉の渇きに監督の目を盗んで川やトイレの水をすすった、(2) 監督から「罰走」を命じられ、朝9時から監督の就寝時間まで15時間、4日続けて飲まず食わずで延々走らされた、といった経験が描かれている。

記者は、「米国では、こういった扱いは犯罪行為とみなされるだろう」と厳しく断じた。日米で文化の違いがあるとはいえ、子どもに対する虐待であり「暴力コーチ」と言われても仕方がないと、専門家も指摘している。

●死者が出ても美談とされる部活の習わし

 先ほどの爆笑!ああ、体育会の青春 先輩から人生の「理不尽」を学んだ日々(2012年02月17日(金) 週刊現代)だと、以下のようなエピソードもあります。

「東海大学であった練習試合では、45km離れたグラウンドまで走りました。朝出発して、着いたのが午後3時半。道中、水の入ったヤカンをずっと持って走ってる奴がいて『俺、もうダメだぁ』なんて言ってる。水なんか、どこにでもあるのに(笑)。7時間走りっぱなしで試合なんて、さすがに負けますよ」
「怪我をしても、病院に行ったらすぐに出てきて、ギプスをしたまま片足で走る。何しろ監督が『戸塚ヨットスクールは甘い!』って言ってましたから。ついていけない奴は3日で逃げます。合宿もすごくて、大分県にある監督の実家近くの自衛隊基地に、全員2ヵ月泊まりこんで練習です。基地から線路を辿って逃げた奴もいました。それでも誰も文句は言えない。子どもを預けるとき、親が『何があっても学校・監督の責任ではない』という誓約書を提出していますから」

 戸塚ヨットスクールの名前を出していますが、ここは何人も亡くなっているところであり、ポジティブな文脈で使える話ではありません。(関連:戸塚ヨットスクールの戸塚宏、体罰自殺を語る「あの子だけということは、あの子にも問題があった」)

 タイトル以上に記事の中身は美談というスタンスですね。"過酷で理不尽な環境の代名詞・体育会。強豪校であれば、その辛さは尚更だ。それなのに、出身者たちは当時の思い出を喜々として話してくれる"としていました。(語っている上重聡アナは、ブラック企業対策のかとくがABCマートを送検 上重聡アナ癒着疑惑の企業の人)
 猛練習、理不尽なしごきと並ぶ〝体育会系三大地獄〟の三つ目は寮生活。寮で上下関係や集団規律を徹底的に叩きこむ強豪校は多い。

 この寮制度があるからこそ、チームは強くなる。そう話すのは、PL学園高校野球部の元エースで、'98年夏の甲子園で横浜高校の松坂大輔と延長17回の死闘を繰り広げた、日本テレビアナウンサー・上重聡氏だ。

「僕の4級下の学年から、野球部も普通科の生徒と同じ寮へ移ったんです。その頃から、PLが甲子園で活躍する機会が減った。やはり関係があったんじゃないか、と思います。僕らの頃は寮で精神面も徹底的に鍛えられていたから、甲子園でも全く緊張しなかった」

●スポーツ選手はむしろ伝統を無視した方が良い?

 一方、最近若いスポーツ選手が活躍するようになったのは、逆に体育会系文化が薄れたためでは?という見方もあります。若い選手の活躍については、データ的な根拠が甘いのですが…。
日本の20歳と21歳がスポーツ界を席巻する理由|SPORTS セカンド・オピニオン|ダイヤモンド・オンライン  相沢光一 [スポーツライター]【第377回】 2015年12月22日

 世界王者になった羽生、桃田、奥原、萩野、瀬戸、そして大谷、藤浪、浅野、南野らは同学年。その前後に生まれた選手たちにも将来のスター候補がずらりといるわけで、1994年と1995年は大豊作の年だったのだ。(中略)

 まあ、1994年、1995年生まれに大物アスリートが集中しているのは偶然だろう。注目したいのは20歳前後で世界王者になったり、日本を代表する実力を持つ選手が登場するのが当たり前になったことだ。昔も20歳前後で日本のトップになるアスリートがいなかったわけではないが、飛び抜けた才能の持ち主であり、そう数は多くなかった。「体育会系」と呼ばれる日本独特の選手育成環境があったからだろう。

 子どもたちが競技を始めるのは大体、中学か高校の部活。体育会系の育成は年上を敬い、礼儀を学び、部の規律や秩序に守るといった効果はあったが、その一方で無意味なことも多かった。たとえば球技の部活。入学後数ヵ月、あるいは1年生の間は球拾いと声だしに明け暮れるというケースも少なくなかった。走り込みなどはさせられるから体力はつくが、肝心のスキルを身につける時間を無駄にしているわけだ。大学ではさすがに球拾いから始めることはないが、それでも「4年神様、3年貴族、2年平民、1年奴隷」といわれるような厳しい上下関係がある。下級生は練習の後も上級生の世話などに忙殺されるわけだ。

 そんな環境にいれば才能にあふれる選手でも突き抜けることはできず、段階を踏んだ目標を立てるようになる。高校ではインターハイの上位に入り、大学で全国大会で戦えるレベルになる。社会人になっても競技を続けられれば日本のトップを目指し、世界に挑戦するのはそれからでいいや、と。そうした発想で行くと世界のトップレベルになる時は20代半ばになっているわけだ。

 しかし今は違う。多くの子どもたちが小学生の頃から競技を始め、そこで才能を見い出されれば英才教育をされるようなる。学校の部活も体育会系の残り香がないわけではないが、大分薄れている。

●体育会系の伝統が日本企業の文化を作る

 体育会系の方には申し訳ないのですが、前述のような理不尽な伝統の強要が日本のブラック企業問題の基礎となっているという話を何度も書いています。(ブラック部活がブラック企業の源泉 体育会系社員が重宝される理由など)

 また、東芝の不正会計問題と、前述の宴会芸を繋げている方もいておもしろい視点だと思いました。宴会芸の強要が、東芝不正会計事件の温床? : brevaxen(2015年08月02日)によると、東芝出身の高橋雄一郎弁護士が以下のツイートをされていたそうです。


 ただ、例によってこれはプラスに捉えられています。


 というか、東芝の不正会計を擁護しだしましたよ、この人。弁護士なのに大丈夫なんでしょうか?


●内部告発者潰しも日本の伝統?

 ここの場合は、新人芸の伝統そのものは潰えていたそうです。


 しかし、これをブログ作者は、"もし、退職されなければ、今回のような不正会計はおきなかったかもしれません"と捉えていました。これは岡山大が不正指摘を理由に森山芳則・榎本秀一の2教授を普通解雇(懲戒解雇ではない)のような内部告発潰しの問題とも考えられますね。

 そういえば、同じく不正をやったオリンパスですが、ここは不正発覚前に激しい内部告発者潰しで裁判になっていました。(参考:オリンパスの内部告発者いじめ・報復・パワハラ 裁判の判決も無視)

 さらに話が変わりますが、柔道の体罰(というか暴力)関連でも内部告発者叩きになっていましたね。

  ■内部告発者が匿名なのはおかしい、「痛み」も伝わらない 柔道五輪代表暴力問題で大手新聞社
  ■橋下聖子の内部告発者の名前公表要求に見る日本のパワハラ・いじめの背景


●伝統が素晴らしいという根拠なき妄想

 最後は内部告発絡みの話に逸れてしまったのですが、伝統が本当に良いのか?という話では、町内会なんかもう不要 太平洋戦争の置き土産、戦時中の隣組がベースもあります。

 また、高齢者がお餅を食べるのが自殺行為であるにも関わらず、こんにゃくゼリーばかり叩かれるのも、伝統文化であるかどうかが大きいと思われます。(関連:高齢者のお餅は自殺行為と医療関係者 こんにゃくゼリーの30倍危険なお餅が許される理由)

 「伝統だから」という思考停止が理不尽を許し、むしろ害悪になっているという例は多数あります。伝統が素晴らしいという考えは一旦捨て去ってから物事を考えてみた方が良いでしょう。


●地域を廃れさせないために!祭りを休んだ人から青年会が罰金1万円徴収

2017/05/22:最初の「人口減少に苦しむ島の自業自得な伝統」に近いケースを発見。淡路島の北部、兵庫県淡路市育波の里地区では、春と秋のお祭りに、なんと「罰金制」が存在するというもの。祭りは、宵宮と本宮の2日間、春と秋合わせて年4日催されるが、それぞれ、休むなら罰金として1万円を支払わなければならないそうです。「青年会」が徴収しています。

 ただ、最初の島のケースと違うのは、むしろこの罰金が過疎化を食い止めているという理解。取材では、「祭りがなくなれば、地域そのものがすたれる」という言葉をよく聞いたといいます。

 でも、これが本当に過疎化を食い止めているかどうかはわかりません。まず、罰金を課す習わしが始まったのは約30年前。少子化や勤め人が増えた影響で、重さ数トンの布団だんじりを上げる担ぎ手の不足になり、だんじりを担ぐことはおろか、祭りの存亡に関わると罰を与えることにしたんだそうな。需要ないのなら祭りの方を廃すべきなんですけどね。

 で、私が効果に懐疑的になったのがこの後の部分。罰金が始まってから10年ほどたった1998年4月、淡路島と本州を結ぶ明石海峡大橋が開通し、「仕事を求めて島を離れる人がさらに増えた」と書かれていたためです。罰金で祭りを存続することでは、地域が廃れるのを防げないという証拠じゃないです、これ?
(神戸新聞NEXT|社会|祭り休むと罰金1万円! その深層には… 淡路島 2017/5/21 10:50神戸新聞NEXTより)


●伝統を守るべきという無意味で非論理的な主張

2018/09/26:タイトルにした「なぜ伝統を守る必要があるのか?」に関連が深い投稿として、伝統を守るべきという無意味で非論理的な主張 なぜと聞かれて説明できない暗黙のルールというのも後に書いています。ここではいくつかの話が出てきますけど、アルジェリアの山奥に住むカビル族の「伝統」の話が一番わかりやすいかもしれません。

 彼らの住居は必ず長方形で、低い壁によってふたつのスペースに分けられています。そこで、「なぜ家をこのように配置するのか」と尋ねてみても、カビル族は怪訝な顔をするだけで、誰も理由を答えることができませんでした。そもそも彼らには、これ以外の家の配置はあり得ないため、説明しようがなく、合理的な理由があったわけではないのです。

 しかし、私たちのように外部に済む人間であれば、世界にはそれ以外にも多くの部屋の配置の仕方があることを知っています。「伝統」を無条件にありがたがるというのは、このように意味のない非合理的なことを作り出すことがあるんですね。しかも、世の中にはこうした非合理的な伝統はよくあることで、なおかつそれがときには甚大な被害を及ぼすことがあるという話でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■伝統を守るべきという無意味で非論理的な主張 なぜと聞かれて説明できない暗黙のルール
  ■町内会なんかもう不要 太平洋戦争の置き土産、戦時中の隣組がベース
  ■高校野球の球数制限 アメリカ「過酷な負担」日本「日本の良さ」
  ■高齢者のお餅は自殺行為と医療関係者 こんにゃくゼリーの30倍危険なお餅が許される理由
  ■ブラック部活がブラック企業の源泉 体育会系社員が重宝される理由
  ■内部告発者が匿名なのはおかしい、「痛み」も伝わらない 柔道五輪代表暴力問題で大手新聞社
  ■橋下聖子の内部告発者の名前公表要求に見る日本のパワハラ・いじめの背景
  ■戸塚ヨットスクールの戸塚宏、体罰自殺を語る「あの子だけということは、あの子にも問題があった」

【関連投稿】
  ■プレミアム商品券で地域活性化は不可能 典型的な愚策である理由
  ■村がない県はいくつ?多い県はどこ? 村が多い都道府県ランキング
  ■プレミアム商品券は高所得者支援?低所得者では消費喚起効果弱い
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由