Appendix

広告

Entries

中国の逆転以来報じられない日本と中国の名目GDPの比較と推移


【クイズ】2014年の中国のドル換算の名目GDPは、日本の名目GDPの何倍くらいだったでしょうか?

(1)およそ1.2倍
(2)およそ1.5倍
(3)およそ2.3倍


●中国が日本のGDPを抜いたのは2010年

 中国が日本のGDPを抜いたのはいつだっけ?と検索すると、2010年でした。算出年は翌年の2011年。最初実質GDPで比較するつもりでいましたが、名目GDPでの比較だったんですね。
中国、日本抜き2位確定 10年名目GDP  :日本経済新聞 2011/2/14 10:59

 2010年の日本の名目国内総生産(GDP)の実額は、年間を通じて初めて中国の名目GDPを下回った。1968年以来、日本は米国に次ぐ世界第2位の経済規模を保ってきたが、10年年間では中国に次ぐ第3位になったことが確定した。

 内閣府の試算では、日本の10年の名目GDPはドル換算で5兆4742億ドル(円ベースでは479兆2231億円)。これに対して中国の名目GDPは5兆8786億ドルで、日本が中国を4044億ドル下回った。

●2010年の逆転までの中国と日本のGDPの推移

 中国のGDPって話をすると「嘘だ」という声が出るので先に断っておきますが、今回の値はIMF(国際通貨基金)の値です。これで文句ないだろうと検索したら、「IMFは接待漬けで買収されている」みたいなものも発見。面倒くさいですね。

 とりあえず、2014年の世界銀行、国際連合、CIAワールド・ファクトブックのランキングを見ると、IMFと順位はいっしょですし、前後の国との差もそう大きくは変わりません。IMFで見ていきます。

 最初の記事で出ていた世界2位になった年の10年くらい前から見た推移は以下です。というか、これだと2009年の時点で日本を抜いていましたね。やはり元データで異なるせいですね。これくらいの誤差は出ます。

年 日本の名目GDP 中国の名目GDP
2000 4,730.99 1,205.26
2001 4,161.03 1,332.25
2002 3,980.90 1,461.92
2003 4,304.60 1,649.92
2004 4,656.41 1,941.75
2005 4,572.41 2,268.62
2006 4,356.85 2,729.75
2007 4,356.35 3,523.28
2008 4,849.19 4,558.90
2009 5,035.14 5,059.72
2010 5,498.72 6,039.55

単位: 10億USドル
日本のGDPの推移 - 世界経済のネタ帳
中国のGDPの推移 - 世界経済のネタ帳

 ドル換算だと為替レートのせいでかなりブレるわけですが、単純に前年比を見ると以下の通り。中国がものすごい勢いで伸びていることがわかります。

年 日本 中国
2001 -12.0% 10.5%
2002 -4.3% 9.7%
2003 8.1% 12.9%
2004 8.2% 17.7%
2005 -1.8% 16.8%
2006 -4.7% 20.3%
2007 0.0% 29.1%
2008 11.3% 29.4%
2009 3.8% 11.0%
2010 9.2% 19.4%


●ここ3年間はめちゃくちゃ下がっていた日本の名目GDP

 この順位変動があった頃は中国との比較に触れた記事が多かったのですが、その後はめっきり話が出なくなりました。そこで、それ以降はどうなっているの?と見ようとしたら、そもそも日本は下がりまくっていました。

 これは円安の関係ではあるんですけど、ものすごい下がり方ですね。こりゃ誰も比較したがらないはずですわ…。

年 日本の名目GDP 前年比
2010 5,498.72 9.2%
2011 5,908.99 7.5%
2012 5,957.25 0.8%
2013 4,919.59 -17.4%
2014 4,602.37 -6.4%
2015 4,116.24 -10.6%

単位: 10億USドル
2015年はIMFによる2015年10月時点の推計


●中国の逆転以来報じられない日本と中国の名目GDPの比較と推移

 見たくもない!という感じですけど、予定通り中国と比較してみましょう。

年 日本の名目GDP 中国の名目GDP
2010 5,498.72 6,039.55
2011 5,908.99 7,492.53
2012 5,957.25 8,461.51
2013 4,919.59 9,490.85
2014 4,602.37 10,356.51
2015 4,116.24 11,384.76

単位: 10億USドル
2015年はIMFによる2015年10月時点の推計

年 日本 中国
2010 9.2% 19.4%
2011 7.5% 24.1%
2012 0.8% 12.9%
2013 -17.4% 12.2%
2014 -6.4% 9.1%
2015 -10.6% 9.9%

 あれ?予想以上の差です。2倍どころじゃありません! 以下、倍率を出してみました。

年 中国÷日本
2010 1.10
2011 1.27
2012 1.42
2013 1.93
2014 2.25
2015 2.77

【クイズ】2014年の中国のドル換算の名目GDPは、日本の名目GDPの何倍くらいだったでしょうか?

(1)およそ1.2倍
(2)およそ1.5倍
(3)およそ2.3倍

【答え】(3)およそ2.3倍

 暫定値ですが2015年はもう3倍近い差になっています。正直ここまで差があると思いませんでしたので、驚きました。GDPだけで見ると、全然相手になっていませんね。

 日本のマスコミはあまり日本に都合の悪い情報を出していないだろうということは予想していたものの、正直ここまで差が大きいとは思いませんでした。

 私はGDPはあまり気にしすぎない方が良いという考え方ですし、見るのなら円で出した実質GDPの方が良いと思います(日本の株価は高すぎる バフェット指標で見ると日本株は過大評価だったで書いたように、ここ3年くらいの実質GDPはむしろ良くないんですが)。

 ただ、さすがにこの数字はショックでした…。


●経済産業省の統計に長年の改ざん発覚 ほぼ全品目改ざんで、10倍の差も

2017/01/07追記:関係ない話なのですが、追記するにふさわしい記事がなくてここに。中国のGDPは捏造だ!って言う人が多いので、その連想からここにねじ込みました。
経産省、繊維統計を改ざん 請負業者が告発  :日本経済新聞 2016/12/26 23:14

 経済産業省は26日、繊維製品の在庫量などを調べる「繊維流通統計調査」で長年、実態と異なる数値を記載していたと発表した。40超の品目ほぼ全てで改ざんがみられ、10年以上前の数値がそのまま記載され続け、実際の数値と最大で10倍程度の差が生じた例もある。11月に経産省から業務を請け負う業者の告発があり、不正が発覚した。

 同統計は1953年から実施しているが、同省は不正発覚を受け年内で廃止する。政府は統計の精度を高める取り組みを進めているが、同省の対応はあまりにずさん。経産省によると、繊維業の所管部署が調査の回答企業数を水増しし、2016年9月分は有効回答数258社に対し、調査票を配った733社の95%以上が回答したことにしていた。

 各項目の数値も調査票が十分回収できていた当時の数値を“横置き”してそのまま使い続けていた。不正開始時期は不明だが、経産省が発足した01年当時の数値のままだった項目もある。

 中国のGDPが改ざんされていたとしても、さすがに日本と逆転するってことはないんじゃないかと思います。捏造を主張する方もそこらへんの数字ははっきり言いません。

 ただ、この日本の例を見ると、信じられないレベルでの捏造もあるみたいですね。GDPでは、日銀が「本当は日本のGDPはもっと上がっているんだ!」と、別の数値を出していたましたが、やっぱり簡単に信用しない方が良さそうです。


●経産省の統計は「捏造」で「深刻」、国交省でもGDP関連の統計が問題に

2017/02/10追記:経産省の改ざん、統計委、経産省の改ざん問題を検証 委員長「非常に深刻」  :日本経済新聞(2017/1/27 20:35)という続報記事が出ていました。

 これによると、2017年1月27日、政府統計の「司令塔役」である総務省の統計委員会が、経済産業省の繊維流通統計の改ざん問題について、検証したそうです。

 その上で、西村清彦統計委員長は、「捏造(ねつぞう)であり非常に深刻。統計改革の動きがあるなかで、信頼性に影響する問題」と指摘しました。「深刻」なんだそうです。

 また、同日開かれた統計委員会の部会では、国土交通省が昨年12月、建築着工統計を13年に遡って4カ月分修正した件も検証しています。これは国内総生産(GDP)の推計にも使われる統計で、額が大きければGDPの修正につながりかねないとのこと。


●夕刊フジが騒ぐ「中国のGDP47兆円水増し」が大したことない理由

2017/02/10追記:それから、「中国のGDPが改ざんされていたとしても、さすがに日本と逆転するってことはないんじゃないかと思います。捏造を主張する方もそこらへんの数字ははっきり言いません」と書いたことに関連して、もう一つ追記。

 大ウソ!中国、GDP47兆円水増し 国家統計局の信頼性にまた疑問符 夕刊フジ / 2017年2月10日 17時12分が、まさに私の言ったような、中国のGDPは捏造だ!という記事。

 夕刊フジは鬼の首を取ったように騒いでいるものの、読んでみると、地方の値が間違っていて、その合計が国の数字より大きいという話。つまり、中国全体のGDPが間違っていたという内容ではありませんでした。

地方政府が個別に公表したGDPの合算 > 中国国家統計局が発表した全国GDP統計の総額

 国家統計局の発表では、香港やマカオを除く全土の16年GDPが名目で74兆4127億元。これより、「2兆7559億元(約47兆円)も超過していた」というのが、夕刊フジは強調していたもの。

 確かにひどい話だは思うのですが、前述の通り、日本との比較で使われる中国全体の数字はそのまま。変化あるわけではありません。また、この数字が仮に中国の数字に関わったとしても、3.7%。そんなに違ってたらおかしいという数字ではあるものの、日本と逆転するような大きさではないのです。

 なので、中国の数字は怪しいけども、日本の数倍のGDPであることは事実…くらいの理解で良いと思われます。


【その他関連投稿】
  ■1人当たりGDPランキング3調査 日本は世界で何位?
  ■2050年の日本のGDPは中国の2倍でアメリカに迫る プレストウィッツ氏が予想
  ■世界各国のGDPランキング ~183ヶ国の順位~
  ■日本の一人当たりGDP、ドル換算で過去最高に
  ■「中国が日本のGDP逆転」に意味はあるのか?
  ■一人当たりGDPランキング、ルクセンブルクがダントツ1位の理由
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由