Appendix

広告

Entries

血液型性格診断に根拠があった!日本人が騒いだ論文は問題だらけ


【クイズ】血液型とは、血液内にある血球の持つ抗原の違いをもとに決めた血液の分類のことです。では、以下のうち、血液型について正しい記述はどれでしょう?

(1)Rh式血液型は赤血球膜の抗原による分類法で、40種以上の抗原がある。
(2)海外では血液型を知らない人が多いため、輸血の際に大きな問題となる。
(3)抗原は、ABO式血液型に加えて数種類知られており、その組み合せですべての血液型を示すことができる。


●血液型性格診断に根拠があった!日本人大喜び

 自由に見られるものですから、医療関係者が信じたわけではないと思うのですが、"20万人を超える医療従事者に利用されているとする医療ニュース「ケアネット」の「2015年医療ニュースランキング」の第1位、かつ「2015年医療ニュース『いいね!ランキング』の第2位は、6月に掲載された「本当だった!? 血液型による性格の違い」だ"ったそうです。

 このことを問題視した記事が、日本の常識は世界の非常識!? 血液型と性格の関係を未だに信じるバカがいる! |ヘルスプレス(2015.12.18 難波紘二)。

 一方、"「いいね!」が417個(12月17日現在)もついて"しまったという問題の記事は以下でした。
本当だった!? 血液型による性格の違い|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 公開日:2015/06/02

 日本の健常人において、ABO式血液型の遺伝子型と性格特性には有意な関連が認められることが、弘前大学の土嶺 章子氏らの研究により明らかになった。しかし、ABO式血液型の遺伝子型と持続性形質との間の関連が比較的弱い可能性があるため、本研究結果は注意して解釈するべきであるとのこと。PLoS One誌オンライン版2015年5月15日号の報告。

 ABO式血液型と性格特性の関連について、科学的なコンセンサスは得られていない。
しかし最近の研究で、ドーパミンβヒドロキシラーゼ(DBH)遺伝子はABO遺伝子と連鎖しているという仮説が立てられた。そこで著者らは、ABO遺伝子型と性格特性との関連を調査した。(ケアネット 武田 真貴子)

●呪術を信じる日本人

 医療関係者が信じたわけではないとは思うものの、医療サイトが載せたというのは問題でしょうね。よく言われるように、血液型性格診断は日本特有のもので、東アジアで広まっている程度です。(以下は、ヘルスプレスより)
 滞米30年、米国人と結婚して子供もいる娘も日本人以外と血液型が話題になった経験はないという。

 つまり「血液型と性格」の話は、日本と日本人だけに見られる現象なのである。(中略)

 英語版WIKIには<東アジアの日本、韓国その他の諸国には、個人のABO式血液型が性格、気質や他人との協調性を言い当てるという俗信が存在する。世界の他の地域で占星術が占めている役割に似ているが、日本では血液型信仰がもっとつよい>と書かれている。<日本では相手の血液型を尋ねるのが普通で、日本人は外人が自分の血液型を知らないのを聞くとしばしば仰天する>ともある。

 若杉ばあちゃんこと若杉友子さんの本の評判 マクロビのすすめでもそういう話がありましたが、これは呪術の世界です。
 占星術が個人の行動・性格・行為責任について影響力を持つと信じている文化があったら「呪術に支配された国」と呼ばれるだろう。何でも血液型のせいにする日本は「血液型依存症が支配する国」なのだ。

 クイズの回答はここでやっちゃいましょう。

【クイズ】血液型とは、血液内にある血球の持つ抗原の違いをもとに決めた血液の分類のことです。では、以下のうち、血液型について正しい記述はどれでしょう?

(1)Rh式血液型は赤血球膜の抗原による分類法で、40種以上の抗原がある。
(2)海外では血液型を知らない人が多いため、輸血の際に大きな問題となる。
(3)抗原は、ABO式血液型に加えて数種類知られており、その組み合せですべての血液型を示すことができる。

【答え】(1)Rh式血液型は赤血球膜の抗原による分類法で、40種以上の抗原がある。

 輸血の話はさっきの記事からで、以下のようにありました。
 医学・医療の上で血液型(ABO式だけではない)が重要になるのは、輸血する場合に血液型を合わす必要があるのと犯罪捜査に利用する場合である。しかし輸血する場合には、輸血用血液と輸血される個人の血液の適合性を調べるクロスマッチ試験を必ず行い、完全適合を確認する。だから患者が自分のABO式血液型を知っている必要性はまったくない。外国人が自分の血液型を知らないのは当たり前である。

 他はWikipediaから。Rh式血液型はRh+、Rh−が有名ですが、それだけじゃないんですね。
血液型 - Wikipedia

 Rh式血液型

赤血球膜の抗原による分類法。1940年ごろから明らかにされた。現在は40種以上の抗原が発見されている。その中でもD抗原の有無についての情報を陽性・陰性として表示することが最も多い。すなわち、Rh+(D抗原陽性)とRh−(D抗原陰性)である。

Rh−型の人にRh+型の血液を輸血すると、血液の凝集、溶血等のショックを起こす可能性がある。Rh−型の女性がRh+型の胎児を妊娠することが2回以上になると病気・流産の原因となることがある。日本人の99.5%はRh+である[2]。

 また、血液型はこのRh式とABO式だけでは表しきれません。
抗原は、赤血球・血小板・白血球・血漿などに存在し数百種類が知られており、その組み合せによって決まる血液型は膨大な数(数兆通り以上という説もあり)になる。世界を捜しても、一卵性双生児でもない限り自分と完全に同じ血液型をしている人はいないとすら言われる。この性質を利用して畜産、特にサラブレッド生産の分野において血液型が親子関係の証明に使われていた(現在は直接DNAを鑑定する手法が用いられる)。

●日本人が騒いだ論文は問題だらけ

 血液型性格診断の話に戻ります。

 そうは言っても論文があるじゃないか!と思うかもしれませんが、STAP細胞論文がわかりやすいように論文が出たから正しいなんてことは全くありません。

 STAP細胞の小保方晴子さんは専門を途中で変更した方でしたが、土嶺章子さんも転身した方だそうです。これ自体はただちに問題だとは言えないものの、その変更分野で学んだ形跡がないというのは問題です。
(多くの保守派の研究者はバランスが取れていない、外務省が認める 高橋史朗教授も右翼団体「日本青年協議会」の幹部で偏りまくりの高橋教授は、さらに極端な別分野での主張をしている方です)
ネットで話題の血液型・性格相関論文は“河童のヘソ”だった!〜問題の論文を検証|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS 2016.01.08 難波紘二

(引用者注:カテコールアミンなどの濃度が気質・気性に影響を与えるという研究で良い結果が出なかった)彼女は2014年から突然分野変えをして、ホルモンや血液型(ABO式)といった精神科とはまるで関係のない分野の研究を始めた。普通、分野変えをしたら、最低でもその分野の基礎的文献を読み、新技術を習得する必要があるので、他の研究室に席を置くか、あるいは留学などをするものだが、彼女にはその形跡がない。

●血液型論文の掲載雑誌は信頼性がない

 また、論文の客観的な評価には、"「インパクト・ファクター(IF)」といい、その雑誌が他の専門誌に何回引用されているかという指標"があります。

 STAP細胞論文が載ったことでわかるように、41.45(2014年)とインパクト・ファクターが高いネイチャーですら問題がある論文は珍しくありません。一方、血液型論文のPLOS oneは3.53(2014年)だそうです。

 さらに、"「PLOS one」は電子雑誌であり、紙雑誌と異なり投稿から掲載までの時間が短いこと、査読者が1名なので審査が厳しくない"ということで、かなりゆるゆるです。全く信頼できません。

 にも関わらず、血液型論文は、掲載まで「7カ月以上かかっている」ことを作者の難波紘二・広島大学名誉教授は訝しんでいます。"「ネイチャー」「ランセット」「ニューイングランド医学雑誌」のような紙の週刊誌でも、問題のない論文ならこれほど時間を要することはない"のだそうです。


●土嶺章子氏の論文そのものも低評価

 上記は雑誌の評価でしたが、土嶺章子さんのこれまでの論文の評価も極めて低いものです。"論文そのものが他の研究者によって何回引用されたかを示す"「サイテーション・インデックス(CI)」が、極めて低いのです。
 土嶺の代表的論文である「ドーパミンD2受容体の多形性と健常日本人の個性との関連」という英語論文10)について、IFとCIを調べてみた。この雑誌の2012年のIFは3.55で、大して読まれていない。論文のCIは2015年までにたった2回で、(中略)多数羅列した中のひとつに過ぎず内容への評価はない。

●論文で使われた仮説の根拠はすでに否定されている

 最も問題なのは、そもそも土嶺さんのアイデアの元となった仮説というのがすでに否定されているということでしょうね。専門的で難しい内容なのですが、私なりにまとめてみます。

(1)土嶺論文はホブグッド(Donna Hobgood)の仮説を検証したもの。そして、ホブグッドの仮説は「ABO式血液型の遺伝子のごく近くにカテコールアミンの代謝にかかわる酵素遺伝子があり、2つがリンクして遺伝されるために、性格と結びつくのではないか」と主張したものである。

(2)ホブグッドの仮説は、ルイジアナ州立医大・生化学遺伝学教室のウィルソンらの1988年の研究が根拠。ABO式の血液型と血中のカテコールアミンの濃度が遺伝的にリンクしている可能性を示したもの。

(3)しかし、1991 年にヴァンダービルト大内科のペリーらの論文で、血中のカテコールアミンの濃度を規定する遺伝子は多数あり、働き方も異なることが明らかになっているために、ウィルソン論文は成立しない。


 疑似科学ではこのようにすでに否定されたものを何度も使うということがよく行われます。専門家じゃないと騙されやすいとは言えるのですが、もうちょっと怪しんでほしいところです。


●二重三重に馬鹿らしい血液型性格診断の根拠論文

 ちなみに、土嶺さんが使ったホブグッドさんも科学的に信頼できると思われていないようで、全然引用されていません。上記の「仮説論文」のサイテーション・インデックスにいたってはたった1だそうです。

 つまり、"この論文を引用ないし「本気にした」論文は「PubMed」を調べた限り世界で"ただ1本、この土嶺論文だけというわけです。

 したがって、すでに否定された研究を元に、信頼されていない研究者が作った信頼されていない仮説を、同じく信頼されていない研究者が引用して書いた信頼されていない論文というのが今回の血液型論文だ、という話みたいです。

 このバカみたいな論文を、多くの日本人がありがたがっているというのですから、気が滅入る話ですね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■若杉ばあちゃんこと若杉友子さんの本の評判 マクロビのすすめ
  ■多くの保守派の研究者はバランスが取れていない、外務省が認める 高橋史朗教授も右翼団体「日本青年協議会」の幹部で偏りまくり

【その他関連投稿】
  ■血液型診断の祖・古川竹二の論文が予想以上にひどい 根拠以前の問題
  ■WHOも電磁波過敏症の存在を認めている…は本当か?携帯電話の発がん性の論文も
  ■久保田カヨ子のトンデモ発言に批判 子供のアレルギーは恥なのか?
  ■トンデモ・疑似科学批判のある親学は何が問題か?発育障害に関する非科学的主張
  ■保守派と密接な親学と高橋史朗 親学推進議員連盟は安倍首相など超豪華
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由