Appendix

広告

Entries

日本企業の7割は社会貢献していない 寄付やCSRより大事なものとは何か?


 最初に読んだときは知りませんでしたが、今回出てくるマイケル・ポーター教授は競争戦略で有名な方でした。これについては、マイケル・ポーターの競争戦略 マクドナルドとモスバーガーの違いで書いています。最初のクイズは、これに関するものを出しています。

 ただ、今回の記事は全然別の内容で、企業は寄付や社会貢献でイメージアップするのではなく、もっとレベルが上のことをやろうという話でした。(2016/3/30)

 その後、日本の企業の7割は社会貢献していないという話があったので、追加しました。(2017/04/24)


【クイズ】マイケル・ポーターの競争戦略では、コストリーダーシップ戦略・差別化戦略・集中戦略の三つがあります。これらに関する説明で正しいものはどれでしょう?

(1)家具業界において、イケアは差別化戦略を取っていると考えられる。
(2)ハンバーガー業界において、マクドナルドはコストリーダーシップ戦略を取っていると考えられる。
(3)ハンバーガー業界において、モスバーガーは集中戦略を取っていると考えられる。


●企業はCSRなんかやめよう 寄付や社会貢献でイメージアップは間違い

 私は企業は本業で社会貢献すべきであり、本業に結びつかない社会貢献活動はあまり良いと思っていません。そんな考え方の記事かな?と昔取っておいたものがありました。
CSRの呪縛から脱却し、「社会と共有できる価値」の創出を:日経ビジネスオンライン 中野目 純一,広野 彩子 2011年5月19日

── 最近、CSRはやめて、CSV(引用者注:Creating Shared Value)をすべきと主張されているそうですが、その真意は。

ポーター(引用者注:マイケル・ポーター米ハーバード大学教授) (中略)寄付やフィランソロピー(社会貢献)を通して自社のイメージを向上させるという従来のCSR活動は、事業との相関関係がほとんどなく、正しいアプローチではないと指摘しました。

 実際、従来のCSR活動は必ずしも効果的なものだと言えなかった。社会に大きな影響を及ぼすには至らなかったからです。それも無理はありません。企業は、自社のイメージ向上だけに関心があり、社会にインパクトを与えて実際に社会を変えようとは真剣に考えていなかったのですから。

●CSRはまだレベルの低い活動

 ポーター教授は、CSRというのは、企業の社会的な問題への関与の第2段階に過ぎないとしています。

 第1の段階は、ポーター教授が「圧力政治」と呼んでいる形。動物の権利保護や遺伝子の組み換え、公害といった問題に活動家が抗議して、デモを行って企業を困惑させたり、訴訟を起こしたりということが起きました。そこで、企業は活動家のグループと良好な関係を築くため、寄付を行ってきました。圧力で寄付を呼んだという形です。

 CSRはこれよりは進んでいて、社会的な問題が企業の責任としてとらえられるようになったというのは前進です。CSR活動ということで、慈善事業としての寄付やボランティアに取り組んでみせる、といったことをしています。

 しかし、それは「企業の事業活動とはリンクしていない」と、ポーター教授は指摘しています。私もこの点が良くないと思っています。

 そして、より良い第3の段階というのは、「価値を共有する段階」という言い方をしていました。ただ、「企業の事業活動とはリンクしていない」が問題でしたので、その逆に「企業の事業戦略と社会を結び付ける」というのがポイントであるとわかります。社会問題を企業の事業活動とは切り離して別の課題として見るのではなく、事業戦略と一体のものとして扱うのです。


●CSRは中途半端で持続性もない?

 まどろっこしい言い方で全然わかりやすくないですが、一応、私の「本業で貢献しろ」という主張と同じなんですかね? 私が毎度書いている持続性の問題に言及していた他、従来型のCSRは中途半端といった指摘も見えます。
── なぜ企業は事業戦略と社会を結び付けることが必要なのでしょうか。

ポーター  いくつかの理由から重要です。まず、世界のありとあらゆる問題を解決し、すべての人を幸福にできる会社はありません。企業があらゆる社会運動をサポートしようとしても効果的ではないし、それで感謝されることもない。

 次に、社会に及ぼす影響について考えると、企業は単にイメージや宣伝だけではなく、CSR活動で結果を出すことに集中する必要があります。CSR活動を宣伝と考えている限り、様々な取り組みに手を出して結果を出せないままで終わってしまう。何をすれば本当に変化を生み出すことができるのか。そのことを考えなければなりません。

 変化を生み出すことができるのは、企業が事業活動に密接した社会問題の解決に取り組む時だと私は信じています。なぜなら、社会と共有できる価値を創造するのに必要なスキルや技術、人脈は企業の事業活動の中に蓄積されているからです。

 社会と企業との間で価値が共有されるようになるのは、社会だけでなく企業も利益を得るからです。長い目で見れば、より持続可能な競争上のポジションを企業は作り上げることができます。

●地域の団体の支援や社員のボランティアは積極的に

 ただ、あれ?と思ったのは、以下のような話もしていたことです。これはむしろ従来型な感じがします。
ポーター  企業は地域の団体を支援し続けるべきですし、従業員がボランティアをしたり社会運動に参加したりすることを許容すべきです。このように良き市民であることは企業にとって必要なのですから。また、企業がもたらすネガティブな影響を軽減することは、企業にとって所与の条件であると言えます。

 とはいえ、「ですが、それだけでは十分ではありません」と続いていたので、やはりこれも第2段階という理解で良い可能性があります。


●競争戦略で有名なマイケル・ポーター教授

 最初のクイズの話。それぞれの説明をしていないのでわかりづらい不親切な問題になってしまいましたが、マクドナルドがコストで勝負というのはイメージ通りだと思います。

【クイズ】マイケル・ポーターの競争戦略では、コストリーダーシップ戦略・差別化戦略・集中戦略の三つがあります。これらに関する説明で正しいものはどれでしょう?

(1)家具業界において、イケアは差別化戦略を取っていると考えられる。
(2)ハンバーガー業界において、マクドナルドはコストリーダーシップ戦略を取っていると考えられる。
(3)ハンバーガー業界において、モスバーガーは集中戦略を取っていると考えられる。

【答え】(2)ハンバーガー業界において、マクドナルドはコストリーダーシップ戦略を取っていると考えられる。

 マイケル・ポーターの競争戦略 マクドナルドとモスバーガーの違いで出てきた記事では、イケアについてもコストリーダーシップ戦略と分類されていました。

 また、当時の記事では、モスバーガーは差別化戦略だとしていました。

 残った集中戦略というのが名前だけだとわかりづらいものの、特定の地域や特定の消費者などに集中してどちらかの戦略を行うというもの。コストリーダーシップ戦略・差別化戦略の深化版です。

 例えば、ただ低コストを武器にするというだけでなく、北海道だけとか、若者だけみたいなやり方ですね。

 この競争戦略の話はなかなかおもしろかったです。


●日本企業の7割は社会貢献していない

2017/04/24:本業をおろそかにした社会貢献は本末転倒 | 王道経営 | ダイヤモンド・オンライン(新 将命 2017年3月17日)という記事では、「日本企業の7割は社会貢献していない」とされていました。

 ただ、この投稿に追記したことでわかるように、寄付していないとかCSRしていないって話ではありません。「ビタ一文税金を納めていない会社がおよそ70%ある」という、かなりひねった解釈での「社会貢献」です。

 作者である新 将命さんは、私と同じく「社会貢献は本業を通じて行う、これが企業の社会貢献の基本」という考え方。もちろん"寄付や慈善事業、ボランティア活動など本業以外の手段で社会に貢献することも、それはそれで立派な社会貢献である"としていて、こちらを全否定しているわけではありません。

 しかし、私がいつも書いているように会社に持続性がないと、寄付などもできなくなります。"本業をおろそかにして会社を危うい状況に追い込むことは、本末転倒であり、しょせん長続きできない"のです。

 これはまたちょっと別の問題になってきますが、会社が存続しないことで、その会社の寄付などによって存続していた慈善活動などの活動そのものが終わる危険性というのもあります。補助金・寄付に頼る危険性 途切れると速やかに破綻 文楽、エコカー・エコポイント、公共事業で書いたように、寄付に依存した活動をしている側も、考え方を改める必要があると思っています。


【本文中でリンクした投稿】
  ■マイケル・ポーターの競争戦略 マクドナルドとモスバーガーの違い
  ■補助金・寄付に頼る危険性 途切れると速やかに破綻 文楽、エコカー・エコポイント、公共事業

【その他関連投稿】
  ■慈善型CSRをやめて本当の社会貢献を ~エーザイの無料薬と東電の尾瀬国立公園の違い~
  ■山口絵理子「社会貢献は利益を出さないことの理由にならない」 マザーハウス代表取締役の言葉
  ■寄付よりもっと役に立つ社会貢献
  ■楽しみながら社員をうつ病自殺に追い込もう!社労士の木全美千男氏のブログが炎上・閉鎖
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由