Appendix

広告

Entries

撤退続き…日本の携帯スマホメーカーは何社でシェアはどれくらい?


 スマホの話をまとめ。<撤退続き…日本の携帯スマホメーカーは何社でシェアはどれくらい?>、<中国以外総負けの状態…逆に言うと、中国いじめで復活の可能性>、<相次ぐスマホメーカー撤退で、日本が「世界一Pixelが売れる国」に>などをまとめています。

2023/11/24追記:
●相次ぐスマホメーカー撤退で、日本が「世界一Pixelが売れる国」に 【NEW】


●撤退続き…日本の携帯スマホメーカーは何社でシェアはどれくらい?

2018/08/28:富士通が携帯事業を売却する方針であると報じられた頃に書かれた2017年の富士通もついに白旗。国内携帯メーカーの事業撤退が止まらない - まぐまぐニュース!(佐藤昌司)という記事。ここでは、富士通が携帯事業売却となれば、国内メーカーは事実上、ソニー、シャープ、京セラの3社のみとなると書いていました。

 しかも、シャープは台湾の鴻海傘下ですので、日本人的にはシャープと京セラの2社だけという気持ちかもしれません。2000年当時、国内の大手携帯電話メーカーは11社あったことを挙げていましたので、どえらい減り方でですね。11社から3社ないし2社ですから、8割くらいの会社が撤退したことになります。

 ただし、富士通の携帯事業売却は、少なくともこの2017年のときには起きませんでした。その後、スマホや携帯端末を開発する100%子会社 富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)の株式は、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに譲渡されることが決まっています。
(富士通、携帯端末事業をポラリスに売却。arrows ブランドは継続 - Engadget 日本版 Ittousai, 2018年1月31日より)

 譲渡を受けた投資ファンドが海外の会社であった場合、これまた実質海外メーカー扱いとする人もいるでしょう。ただ、ポラリス・キャピタル・グループは、日本の投資ファンドみたいですので、今のところはまだ「日本の会社」。つまり、これを書いている2018年8月時点では、4社の日本の携帯電話・スマホメーカーが残っているということになります。

 最初の記事では、MM総研による、16年度の国内携帯端末市場シェア(出荷台数ベース)も載っていました。

<16年度の国内携帯端末市場シェア>
1位 アップル 43.5%
2位 ソニー 12.5%
3位 シャープ 10.0%
4位 京セラ 9.7%
5位 富士通 8.0%

 記事ではこれについて、「ソニーとシャープ、京セラ、富士通が束になってもシェアではアップルに敵わない状況」としています。ただ、世界シェアの上位を占めるサムスンや中国メーカーが上位ではないので、私にはむしろ健闘しているように見えました。


●スマホ出荷が激減、撤退もあり得るとされた日本メーカーはどこ?

2020/08/29:日本企業以外のスマホメーカーを含めて撤退するのでは?という記事なのですけど、スマートフォン出荷が激減、事業撤退もあり得る「3社」の苦境 | WIRED.jp(2019.01.25)というものが出ていました。日本企業以外では、韓国のLGエレクトロニクスと台湾のHTCが苦しんでいるという話です。

 韓国メーカーが苦戦している話も日本人の大好物でしょうけど、うちのこのページは日本メーカーについてということで、この中で唯一の日本のスマホメーカーに関する話を主に引用。記事で苦境としていた唯一の日本メーカーは、あのソニーでした。前回引用した日本国内のシェアでは、日本メーカーで最高の2位だったんですけどね。

 記事によるとソニーの出荷台数は、2015年末には1,530万台であったのが2017年末には400万台にまで激減しています。HTCはそれ以上に減っているものの、LGの場合は1,530万台から1,390万台に低下した程度で、かなり減り方が異なっている感じです。

 ただ、記事ではむしろソニーの場合は、スマートフォン事業が一部の市場では成果を上げているとしていました。日本国内での成功を言っているのかもしれません。なお、この記事では一部で成功しているだけに、撤退すべきなのに徹底の決断ができない…というネガティブなニュアンスでの言及でした。


●中国以外総負けの状態…逆に言うと、中国いじめで復活の可能性

 また、記事によると、王者であったアップルやサムスンすらも苦戦。ほとんどの高級スマートフォンメーカーが苦境に立たされているといいます。その理由は中国メーカーの台頭。大手2社が画期的ではないにも関わらずスマホの価格を釣り上げているおかげで、ファーウェイ(華為技術)やZTE(中興通訊)、ワンプラス(OnePlus、万普拉斯)、シャオミ(小米科技)などの中国ブランドが競争力を高めているという説明です。

 ただ、中国メーカーの台頭が他のスマホメーカー不調の原因だとすれば、むしろ光明があるのでは?と私は感じました。2019年時点の記事のせいか、記事ではあまり重視されていませんでしたが、トランプ大統領による中国いじめは過激さを増し、他の国にも踏み絵を迫っています。中国スマホ失速の可能性はありそうです。

 ということで、他力本願であり、難癖をつけて中国メーカーを潰してくれるのを願うという、性格の悪い望みではあるのですが、日本メーカー復活の可能性はありそうな感じ。記事では、ソニーのスマホ事情は赤字垂れ流しで、5Gでも復活できないだろうとしていましたが、今は我慢して中国勢が消えるのを待つというのも一つの手かもしれません。


●相次ぐスマホメーカー撤退で、日本が「世界一Pixelが売れる国」に

2023/11/24追記:最近のスマホの話を検索。シェアの話もあった記事で、目についたのは、 Pixelが世界で最も出荷されたのは日本──Counterpoint調べ 徐々に勢いを増す理由は? 2023年07月11日 00時30分 公開[金子麟太郎,ITmedia]という記事でした。意外性がありますが、まずシェアの部分を引用します。日本国内だけのシェアみたいですね。

<MM総研が公開している2022年に出荷されたスマホの台数は、Appleが50.4%と首位につき、2位にシャープ(321.3万台、シェア10.8%)、3位にソニー(246.1万台、シェア8.2%)、4位にサムスン電子(243.5万台、シェア8.2%)が続いた。5位のFCNT(240万台、8.0% 引用者注:元富士通系で独立も、調査後の2023年9月にアメリカが本店で中国に本社を置くレノボ傘下に)の後を追うようにして、6位となったのがGoogle(137.4万台、シェア4.6%)だった。>

 Googleは6位止まり。しかし、Pixelシリーズの国内出荷台数が2023年1から3月にかけて34%と世界最多になったそうで、Pixelシリーズとしては、日本が最も売れているようです。理由の一つは「安いから」というなんてことないもの。ただ、25万円台~28万円台という高いモデルも存在感があるといいます。

<Pixelが急速に勢いを増す理由の1つに「大幅値引き」が挙がる。(中略)Googleと大手キャリアが5月11日に発売した「Pixel 7a」でもキャリアの端末購入プログラム適用後の実質負担額は税込みで2万円台となっており、そのコスパは際立つ。>

 安い以外のもう一つの理由の方がおもしろいですね。「Pixelが着々と売れるもう1つの理由に日本メーカー2社の撤退が挙がる」とのこと。上記で注記したように、記事の後、FCNTの方はスマホ事業の継続が決まったのですけど、日本メーカーの撤退が相次ぐために、自然と売れやすくなる状況なのかもしれません。

<京セラが汎用(はんよう)的な個人向け携帯電話事業の撤退を発表し、FCNTとその親会社であるRENOWAホールディング、グループ会社のジャパン・イーエム・ソリューションズ(JEMS)が民事再生手続きを開始。事実上、携帯電話事業からの撤退を余儀なくされた。>


【関連投稿】
  ■格安スマホを使っているのは低所得者より高所得者の方が多いという事実!
  ■日本のスマホはすごいのになぜシェア低い?海底放置でも動いた!ソニーの技術力
  ■中国の売春都市東莞のホワイト企業ジオニー(金立・Gionee)、鴻海フォックスコンの1.4倍の賃金
  ■マルチディスプレイスマホに注目!中国企業ZTEは欧米で4位の携帯電話会社
  ■LINE対抗の+メッセージ、ソフトバンクだけ初日から配信停止というひどすぎるスタート
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由